無料ブログはココログ

温泉

  • Img_0123
    2006年11月10・11日 母の誕生お祝い温泉旅行@伊豆 IXY digital 900IS 撮ったままです。いじってません。

空と地面(阿佐ヶ谷住宅)

  • Dsc00163
    阿佐ヶ谷住宅、その他阿佐ヶ谷近辺で撮った写真

近所をうろうろ

2008年5月26日 (月)

水路のある、ほっこりした駅。

(生活雑誌ぽいタイトルつけてみました)
仕事帰り、武蔵野線に乗って割とすぐに、
車内アナウンスで、現在中央線が止まっているという
お知らせがあったので、
中央線乗り換え駅の西国分寺まで行かず、
ひとつ手前の新小平で降りて、
西武多摩湖線青梅街道駅まで歩いて、西武線で帰宅してみた。

以前自転車で迷ってこのあたりを通ったときは、
すでにとっぷり日が暮れて、周囲が暗くて非常に
心細かった記憶があるが、今は18時半でもまだ明るいから
安心して歩ける。
今回、ゆっくりとまわりの景色を見ながら歩いたら、
青梅街道沿いに長ーい生け垣の広ーいお宅が。大きい農家かな。
敷地内に欅の木が生えてたり、竹薮(!)があったり。
うちと同じ東京都とは思えない景色だ。
そりゃ夜真っ暗なわけだ。

まっすぐな青梅街道の前方に踏切を発見し、
そのすぐ横に青梅街道駅もみつけた。
片方にしかホームがないけど、ここから乗って大丈夫かな。
以前、上り下りそれぞれ専用の改札しかない駅で
改札を間違えて、泣く泣く反対方向の電車に乗って
引き返したことがある。
しかしそれは取り越し苦労だった。
西武多摩湖線は単線だった。
線路が1本しかないんだから、ホームも片側1つで足りる。
ちょうど萩山行きが行ったばかりで、10分ほどホームで
のんびり時間待ち。間に反対方向の国分寺行きが1本。
ふと見ると、ホームのしたから細い水路が出ている。
線路の下をくぐって、隣接する道路の下もくぐって、
その向こうの竹薮の中を静かに流れて行く。
水路好きな私にはぐっとくる景色だ。

あーこれは、小平市内で青梅街道の両側を流れている、
玉川上水の分水のなんだっけ……後であのサイトで調べよう。
と思って帰ってから調べたら、小川用水という名前の水路だった。
(あのサイト:東京西北部の中小河川 )
そして、この小川用水を辿っていくと、
出勤時に西武新宿線の車内から、小平駅の手前に見える水路
につながっていた。なるほど。

新小平駅前は、ごくふつうの郊外の雰囲気だったのに、
青梅街道駅付近はなんかもう、地方に旅行に来た雰囲気だなー。
ちなみに、多摩湖線と同じく国分寺から出て、
東村山に行く西武国分寺線はたまに通勤に利用するけど、
どの駅ももうちょっと規模が大きい。
Google Mapの航空写真で見るかぎり、お隣の一橋学園駅も
ここよりは大きめに見えるので、周囲の環境も含めて
こんなほっこりした駅はここだけかもしれない。

次の萩山(終点)で降りたら、
西武新宿行きの急行に乗り換えできて、まっすぐ鷺ノ宮まで帰れた。
あとはバスで阿佐ヶ谷まで。
実は萩山で、中央線運転再開のお知らせを聞いたんだけど、
すっかり西武線の気分になっていたから、いまさら国分寺に戻る
気にはなれなかった。
西武線にはまだこういう小さくて懐かしい感じの駅が点在している。
西武新宿線では、上述の、改札間違えると大変なことになる
上井草駅が、ほっこりしてます。

追記:

急行の車内から通過する上井草駅を見たら、
あの長ーいベンチはなくなってて、駅構内もピンクに塗られてる!
サンライズの最寄駅だからか、駅前にはガンダムの像も建ったらしい。
ぜんぜんほっこりじゃなくなっている…


ピンクじゃなくてケロロ軍曹色に塗ってくれたらよかったのに。

さらに追記:

これが青梅街道駅(手ブレつき)だ!

Dsc00003_2

2007年11月 3日 (土)

ランドスケープ from 高架

中央線三鷹-国分寺間(下り)が高架になって、
今まで存在すら気づかなかったものをいくつか発見した。
以下、阿佐ヶ谷から下りで行く順に。

  1. 今まで注意していないと見逃していた仙川が中央線をくぐっているのがよく見える(南北)
  2. 武蔵境を出てすぐの北側、大学の馬術部があるのは知っていたが馬の姿を初めて確認
  3. 馬術部の建物のすくそばの線路沿いに釣り堀があった!
  4. 北側、田無タワー(西東京スカイタワー)が見える時間が10倍くらい長くなった!
  5. 武蔵小金井と国分寺の間の南側、野川の谷の向こう側に見える大都市は府中だった!

こうやって書いてみるとほんとどうでもいいことばかりだなー。
でも、今まで往復していた線路のすぐ横にいたはずのお馬さんとか
つり堀とか、4年間見てなかったんだもんなー。
発見したときには、それは感動した。

それから、府中の大都会ぶりが見えると同時に、
高架じゃなかったころは、
線路の北側にも南側にもずーっと平らな地面が続いているようにしか
見えなかったのが、
何年か前に野川上流を歩いてわかったとおり、
線路南側は国分寺の日立中央研究所に向かって野川の谷(国分寺崖線)が
ずいっと中央線にせまってきているというのが
景色として一望できるようになった。通勤電車の中から!

家のあたりの中央線高架だとどっちもだいたい平らな地面なので、
「地形」が見えるとなんだかわくわくする。

線路沿いにお住まいの方には迷惑な代物かもしれないけど、
景色観察者にとって高架ってすばらしい施設だなー。

2007年9月27日 (木)

ママ下湧水のおもひで

庵魚堂さんが最近、国立市谷保の「ママ下湧水」の周辺を
紹介してくださったので、
私が以前自転車こいで同所に行ったときの写真を探してきた。
確か私の初デジカメ、FinePix700で撮ったはずだから、
かなり前のことだなーと思ったら、日付は2002年3月14日。
5年前。
Dsc00014

説明板。どの地点にあったかは忘れた。

Dsc00015_2

湧水地点から田んぼに降りてきた道方面を見て。

Dsc00017_2
反対方向。今できているという道路は影も形もない。

Dsc00016

Dsc00018

Dsc00019
私が見つけたこの湧水地点は、今はどんなになってるんだろう?
橋の下かなー。

アキバで発見

秋葉原に行った。
目的はパソコン関係?オーディオ関係?
いいや、
フルーツパーラー
である。
具体的な店名とかは書かない。
中央通りと山手・京浜東北線の線路の間にあるよ。
阿佐ヶ谷から30分弱、交通費290円をかけていったのだが、
目当てのフルーツパーラーは臨時(?)休業中。とほほ。

でも、駅からそこまで行く途中で、
ポンジュース専門の自動販売機
を発見。

Img_0574

お茶やコーヒーもあるんだけど、
よく見るとお茶もコーヒーもみんな「POM」ブランド。

私も相方もみかんジュース好きなので、
大喜びで
「ストレート」「みかん・いよかん混合」「氷結みかん」
の3本を買ってゴクゴク飲んだ。
見上げると、この自販機のある建物は
「株式会社えひめ飲料」でしたー。なるほど。

おなかがすいてたので、それから御徒町方面へ移動。

最近再開発の激しい秋葉原も、表通りから1本はずれると、
すっかり昭和の街並み。

Img_0579
途中、実験用品などを扱っている「理科ショップ」みたいな
お店の前で、オリジナルのガチャガチャをやった。
Img_0580_2
すっかり「モヤモヤさまぁ~ず」みたいな流れに。
そのあと結局神田まで行ってごはん食べて、
また秋葉原に戻って、CDとか買って、家に帰った。
ポンジュース自販機はおすすめ!
基本100円で安いし、70円のも170円のもあって
よりどりみどり。

2007年7月24日 (火)

となりの敷地

鷺宮テラスハウス撮影のため進入した、となりの都営アパート。
Img_0489_1
細長い棟がいくつも建っているようだが……
Img_0491
裏はつながっていて、ひと棟だった。
前の出っ張り部分は増築したのかな?

たぶん、阿佐ヶ谷住宅テラスハウスの兄弟

阿佐ヶ谷住宅のテラスハウスと同じ設計のものが、
烏山と鷺宮にあるという。
烏山のほうは、何年か前に烏山川探訪を繰り返していたとき
目撃したような記憶があるし、写真の載ってるサイトもいくつか発見。
鷺宮のほうは比較的情報が少ない。
具体的な場所や団地名もよくわからぬまま、テラスハウスを探して
何度か妙正寺川近辺をさまよったが、発見できなかった。

ところが、先日休日に相方と中杉通りを北上し、
関東バスの白鷺一丁目折り返し所の横の道に入ったら、
たぶんこれ?と思われる物件を発見。

Img_0480

阿佐ヶ谷住宅に比べると密集して建っているので、
ひと棟全部をおさめるため、となりの都営アパートの敷地から撮影。

といいつつ実は、テラスハウスが密集してると、
敷地全体に強いプライベート感が漂ってるような気がして、
「関係者以外立入禁止」にびびって入れなかったのさー。
ひと様がお住まいのお宅の写真を間近でパチパチ撮影するは
気がひける。
でもちょっと離れた場所からはパチパチ撮るヘタレ。
Img_0481


Img_0485

すごい増築。建坪もとの倍くらいじゃないか。


Img_0487

この棟は、もとの建物の屋根を抜いてバルコニーにしているらしい。

Img_0488

大きい窓を作って採光をよくしたのかも。

阿佐ヶ谷住宅では見られない大胆な増改築がまたおもしろい

鷺宮のテラスハウスでした。

2007年7月22日 (日)

阿佐谷北のほそ道

自宅から見て中央線のむこう側、阿佐谷北。
中杉通りの高円寺側は、桃園川の上流部の跡が何筋もあって、
思わず写真を撮る。

Img_0509

Img_0506

水路跡じゃないみたいだけど、やたら細い道も発見して写真を撮る。

Img_0510

水路がそもそもの原因と思われる、地面の小さなアップダウンとか
行き止まりの道が多いので、誰でも簡単に迷子になれる地域だ。

適当に歩いていたら早稲田通りに出たので、渡ってさらに北上して
中野区に侵入。野方駅前→中野駅と大汗かきながら歩いた。

Img_0511

これは阿佐ヶ谷に戻ったときに出会った猫さん。