無料ブログはココログ

温泉

  • Img_0123
    2006年11月10・11日 母の誕生お祝い温泉旅行@伊豆 IXY digital 900IS 撮ったままです。いじってません。

空と地面(阿佐ヶ谷住宅)

  • Dsc00163
    阿佐ヶ谷住宅、その他阿佐ヶ谷近辺で撮った写真

暗渠・川・水路

2007年11月12日 (月)

最寄駅まで

夏の早い時間に帰れるとき
(個人的に「ゆとりキャンペーン期間」と呼んでいる)
仕事場所から路線バスに乗ろうとしたが、
バス停までの時間をはかり間違えて、
目の前で走り去られてしまった。

まだ明るかったので、歩いて帰ることに。
暗くなるとちょっと歩けない道なのだ。
写真を見れば一目瞭然。何もありません。

駅から職場に行く途中で渡る柳瀬川の支流の東川の支流の
そのまた支流?用水路?

途中までは地図に載っているのだが、このへんは地図には
載ってない。でもしっかり水路だった。

Img_0535

仕事場所から、駅に向かって右側。

Img_0536

同じく左側。

そのうち、流れをたどってどこまで遡れるか行ってみるつもり。

水路から坂を上ってまた下る。
おや、なんか道路を渡る渡り廊下が。

Img_0538

実は(ってこともないが)所沢市東部クリーンセンターの建物の一部。
渡り廊下のメタリックな感じが、昔の近未来っぽくて、
山の中に作られた秘密基地を彷彿とさせる。

Img_0539

横断歩道が全然なくて歩行者には不便極まりない国道を
渡るため、トンネルで下をくぐる。

この後は写真がないんだけど、渡り廊下とトンネルの間に、
上の写真の水路の元の支流があり、
トンネルで国道を越えた先もまた下り坂になって、
さらに本流の東川を渡って、やっと駅前に着く。
川を3本渡るので、地面を下って上って、を3回繰り返し。
なかなかいい運動だと思うが、早足でも35分かかる上に
夜は通れない道なので、めったに歩けないのが残念だ。

2007年11月 3日 (土)

ランドスケープ from 高架

中央線三鷹-国分寺間(下り)が高架になって、
今まで存在すら気づかなかったものをいくつか発見した。
以下、阿佐ヶ谷から下りで行く順に。

  1. 今まで注意していないと見逃していた仙川が中央線をくぐっているのがよく見える(南北)
  2. 武蔵境を出てすぐの北側、大学の馬術部があるのは知っていたが馬の姿を初めて確認
  3. 馬術部の建物のすくそばの線路沿いに釣り堀があった!
  4. 北側、田無タワー(西東京スカイタワー)が見える時間が10倍くらい長くなった!
  5. 武蔵小金井と国分寺の間の南側、野川の谷の向こう側に見える大都市は府中だった!

こうやって書いてみるとほんとどうでもいいことばかりだなー。
でも、今まで往復していた線路のすぐ横にいたはずのお馬さんとか
つり堀とか、4年間見てなかったんだもんなー。
発見したときには、それは感動した。

それから、府中の大都会ぶりが見えると同時に、
高架じゃなかったころは、
線路の北側にも南側にもずーっと平らな地面が続いているようにしか
見えなかったのが、
何年か前に野川上流を歩いてわかったとおり、
線路南側は国分寺の日立中央研究所に向かって野川の谷(国分寺崖線)が
ずいっと中央線にせまってきているというのが
景色として一望できるようになった。通勤電車の中から!

家のあたりの中央線高架だとどっちもだいたい平らな地面なので、
「地形」が見えるとなんだかわくわくする。

線路沿いにお住まいの方には迷惑な代物かもしれないけど、
景色観察者にとって高架ってすばらしい施設だなー。

2007年9月27日 (木)

ママ下湧水のおもひで

庵魚堂さんが最近、国立市谷保の「ママ下湧水」の周辺を
紹介してくださったので、
私が以前自転車こいで同所に行ったときの写真を探してきた。
確か私の初デジカメ、FinePix700で撮ったはずだから、
かなり前のことだなーと思ったら、日付は2002年3月14日。
5年前。
Dsc00014

説明板。どの地点にあったかは忘れた。

Dsc00015_2

湧水地点から田んぼに降りてきた道方面を見て。

Dsc00017_2
反対方向。今できているという道路は影も形もない。

Dsc00016

Dsc00018

Dsc00019
私が見つけたこの湧水地点は、今はどんなになってるんだろう?
橋の下かなー。

2007年7月22日 (日)

阿佐谷北のほそ道

自宅から見て中央線のむこう側、阿佐谷北。
中杉通りの高円寺側は、桃園川の上流部の跡が何筋もあって、
思わず写真を撮る。

Img_0509

Img_0506

水路跡じゃないみたいだけど、やたら細い道も発見して写真を撮る。

Img_0510

水路がそもそもの原因と思われる、地面の小さなアップダウンとか
行き止まりの道が多いので、誰でも簡単に迷子になれる地域だ。

適当に歩いていたら早稲田通りに出たので、渡ってさらに北上して
中野区に侵入。野方駅前→中野駅と大汗かきながら歩いた。

Img_0511

これは阿佐ヶ谷に戻ったときに出会った猫さん。

2007年6月26日 (火)

屋外うろうろ記録について

仕事以外のプライベートは基本引きこもりなのですが、
散歩するのも自転車に乗るのも嫌いじゃありません。
そして外に出ると、狭い路地(たまに水路の跡だったり)や
傾いた塀や建物、木や草の写真を撮ります。
ただし写真そのものに対する情熱があまりないのか、
撮影技術は向上しません。デジカメの性能でカバー。
外歩き系の人にまとまった情報をお伝えするために
屋外ネタ専用ブログを作ってみました。
写真もたくさん載せようと思っています。