無料ブログはココログ

温泉

  • Img_0123
    2006年11月10・11日 母の誕生お祝い温泉旅行@伊豆 IXY digital 900IS 撮ったままです。いじってません。

空と地面(阿佐ヶ谷住宅)

  • Dsc00163
    阿佐ヶ谷住宅、その他阿佐ヶ谷近辺で撮った写真

« メロンその後に その1 涸沼編 | トップページ

2009年7月 4日 (土)

メロンその後に その2 スネーク&海編

つづき。

涸沼を見て「海みたーい!」とテンションあがった私であったが、
その後、昨年のメロン購入の後に行った海岸の県立公園に
行くことになった。

その途中、海岸の国道に出る道沿いに「子生(こなじ)の弁天様」
があることがわかって、寄ってお参りした。
国道は実家から水戸へ行くルートで、子生弁天の
入り口だけはいつも認識していたが、実際に行ったのは初めて。
正式名称は厳島神社。大地に深く切れ込んだ谷津地形の谷頭に
あたる場所で、急斜面を降りていった下にある池(おそらく湧水池)
の上に、神社の社殿がある。

周囲との高低差がかなりあり、私たちのほかには誰もいなかった
ので、昔の人がここを神聖な場所として神社を建てたのも
なんとなくわかるなーと思った。

お参りしてさあ帰ろうと思ったそのとき、
「蛇がいる」という声が。
蛇が相当嫌いな母と姉はものすごい勢いで逃げて行った。
私も気持ち悪いと思ったけれど、好奇心が勝って、
蛇がうにょうにょっと塊になってのっかっているという
木の枝を下から観察。
なんか頭が2個確認できるので、2匹がからまってるらしい。
両方ともけっこう長くてでっかいのと、色からして
アオダイショウだと思われる。
目がつぶらで顔もけっこうかわいいし。

姉の夫のしげちゃんは、上から携帯で写真を撮ったので、
それを赤外線で私の携帯にもらった。

Dvc00031_2

さすがに拡大してみると「ぎゃー気持ち悪いー」と思うので
小さいサイズでしか見られません。

なんで2匹がこんなからまってたのかっていうと、
それは、やっぱ交尾しかない。写真見る限りどっちかの腹
というか途中のところがすごく太くなっているし。

母と姉は「おおやだ、おおやだ」といって写真もよく見なかったけど、
なんか「子生弁天」で「蛇」が2匹からまってまったりしているなんて、縁起いいと思うんだけどなー。

だから自分の携帯に入れた写真もとってあるのだ。金運とかよくならないかなー。

その後は海だ!と国道を南下していったら、海側からにわかに濃い霧が立ち上った。
それでも公園に到着した後は歩いて海岸まで行く。
去年まだまだ造成中な感じだったので、どこまでできたか見たかったりもした。

浜辺に下りてみたら、……なんにも見えません。

Dvc00026

かろうじて波頭だけが見える。

Dvc00024

ちなみに同じ日の数時間前の涸沼の浜辺(?)はこんな感じ。

Dvc00022

波の高さこそ違うけど、そんなに違いはないような。

それ以外にも地元産物直売所やら、涸沼シジミの直売所で
いろいろ買い物して、楽しい1日でございました。

« メロンその後に その1 涸沼編 | トップページ

地方をうろうろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53222/45538761

この記事へのトラックバック一覧です: メロンその後に その2 スネーク&海編:

« メロンその後に その1 涸沼編 | トップページ