2007/11/29

神雕侠侶

DVD発売元webサイト
チャンネルNECO番組webサイト(放送終了)

毎日って標榜してたのにずっとほったらかしで、ほんとすんません。
原作は、今年文庫版が出た「連城訣」と同じ金庸先生の、
かの国では超有名な小説です。
今までにも何回もドラマ化されてるそうです。
実は原作の小説は最後まで読んだのですが、
なにせ相方所有DVDなので、最後のほうはまだ見てません。

ストーリーはDVD発売元とかnecoのサイトで紹介されてるだろうから
いいとして(ぉぃ)
とりあえず私の感想を。

主人公の楊過を演じる黄暁明が松平健似なのはひと目でわかるが、
それはこのドラマ出演にあたり、増量を指示されたからであって、
通常時のこの人はすごく細身で別人。
マツケン似でも黄暁明はかっこいいし、原作でも男前ってことに
なってるからいいんだけど、最初の方に出て来る楊過の子供時代を
演じる子役が……どう考えてもイケメンの子供時代じゃない!
中村梅雀さんにそっくり(梅雀さんごめんなさい)。
愛敬あるし、演技はすごくうまいから、この子単体で見ると
とても上手な子役なんだけど、
どうがんばっても、梅雀さんが成長してマツケンにはならないよ。
古墓で修行しながら数年が経ち、子役から成人(黄暁明)に
交代するシーンに無理がありすぎる。

他のキャストでは、李莫愁ねえさんが好きー。
見た目の雰囲気が原作とちょっと違うけど
(原作では黄色がイメージカラーで一見手弱女、だけど凶悪)
李莫愁ねえさんのキャラクターには合ってたと思う。
ねえさんのキャラクター:
男にふられた腹いせに関係ない一家皆殺し、等、超冷酷で凶悪。
でも、破門されても古墓派の教えを守って、身もちはかたい。
おかげで三十路でも二十歳くらいに見えるし、そもそも美人。

しかし、金庸のお話は出て来る人がみんなキャラ立ちすぎ。
一人一人が他の人の小説なら主役はれるくらい強烈だ。

さて、人物以外にも注目した点はいっぱいある。
いろいろCGで追加してるとこはあるにしても、ロケ地の景色が絶景だらけ!
さすが中国、うらやましー。
本編を見てるだけであきらかに山のほうで撮ってるのはわかったが、
メイキングで「オールロケ」でしかも「撮影時期が冬から春先」
だと知って、
あーだからみんな息が白いんだー、と納得。
麗しのヒロイン小龍女の鼻から白い息がピューっと長く出てた。
鼻息白いってどんだけ寒いのよ。
水に浸かったりずぶぬれのシーンで人の吐く息が白かった
ときには
「おい!大丈夫かよ!死ぬぞ!」と本気で思った。

お話自体はファンタジーとも言える内容なんだけど、
諸悪の根源で、ドラマ見た人の多くから「死ね」と言われている、
美人だけど性格も頭も悪い登場人物、郭芙(逆怨みして、楊過の右腕を
切り落したりします)が、最後まで特にひどい目にあわないどころか、
すごくいい人と結婚して幸せになったりとか、
微妙に現実世界っぽくて身につまされる(笑)。

十六年後、主人公楊過とヒロインの小龍女の再会のとき、
「玉蜂の蜜と魚を食べて過ごしたら体に入っていた毒が抜けた」
という説明に、
……それは、デトックス
と思ったのは私だけではないはずだ。

小龍女は毒が抜けた上に、若く美しいままでいられたわけだが、
そのためには16年間ずっと、玉蜂の蜜と魚を主に食べて、
しかも谷底に落ちて何もない状態から、
玉蜂の巣箱を自作して養蜂を営み、魚ももちろん自分でとって、
住むところも衣類もみんな自分で作って、という自給自足生活を
しなくてはいけないんだな。
究極のロハスだ。
時代を先取りしてるな金庸先生。

さらに女子的視点でみると、
小龍女や李莫愁ねえさんの流派「古墓派」の修行をつむと
いつまでも若く美しくいられるらしい。
古墓派入りてー
と思ったのも私だけではないと思う。
暗い穴の中に住んで氷のベッドで寝て、素手で雀を捕まえる
修行とかしないといけないけどな。

単純にドラマとして見ただけでも、わくわくどきどき、次はどうなるの?
って感じで、夢中で見てしまう。
もう日本のTVドラマ(映画も)見られなくなりそうなくらい。
主人公はマツケン似の立派なイケメンだし、美女もいっぱい出てくる。
そしてなにより「武侠もの」なのに、私の予想に反して
女も強い人がいっぱい出てきて対等に戦ったり大活躍するのが魅力的。
それにしても、こういう小説を48年前に書いた金庸先生はほんとにすごい。
日本では原作になりえるものがないし、こういうTVドラマ作るの絶対ムリだよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/04

カナリア

鑑賞日:2006年11月26日

石丸ソフト館で私が買ったのはこっち。
昔から好きな甲田益也子目当てで買いました。
けっこう前に出てたんだけど、店頭であんまり見かけなくて
ようやく手に入った。
オウム真理教をモデルにしたと思われる教団で、
母に連れられて共同生活を送っていた少年と妹。
教団が解体した後、少年は祖父に引き取りを拒否され、
妹と引き離されて児童相談所にいたが、
祖父が連れていった妹を取り戻すため、児童相談所を脱走。
祖父の家にたどり着くまでのロードムービーっぽい話。

劇場公開時の評判が微妙だったため、
適当に早送りしつつ見る。
数少ない巷の評判通り、主人公の少年はいい感じ。
なんとなく「だれも知らない」の柳楽君風味だけどな。
めあての甲田益也子は主人公の母親役だったけど、
カルト宗教幹部、ってけっこう合ってるなぁ。
「白痴」のときといい、やはりフツーじゃない役をやるとはまる。

……というくらいしか印象がない。
気になったのは、主人公の少年とか、彼と一緒に東京まで旅する
関西弁の少女のセリフはいいんだけど、
大人たちのセリフはなんか説明的だったり説教くさかったりで不自然。
意識的にそうしたのかなあ。
そもそも邦画を全然見ないので感覚がつかめないのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/30

連城訣

2006年11月25日

メーカーのwebページ

 

給料も出たので相方と秋葉原へ行って、
石丸ソフト館で相方の買ったのがこれ。

中国の武侠ものドラマの総集編。
ちなみに、相方は同じ金庸原作の武侠ドラマのDVDをすでに
いくつか持っていて、私も切れ切れには見ている。
なにしろ連続TVドラマ、しかもこの「連城訣」以外は完全版だから、
長くて全部は見られないのだ。
「連城訣」も、最初から見ている相方のところに途中参加して、
最後まで見てしまった。
私が見たのは主人公の雲が牢獄の中で丁典と
出会ったあたり。
相方によると、最初のほうでは、「連城訣」をめぐって、
陰謀また陰謀って話なんだそうだ。
出て来る人は大抵、立派に見えても実はいろいろ企んでいたり。
主人公と主人公に近い人以外はほとんど何かたくらんでいる
というすごい話だった。

そんな中登場した極悪人、血刀老祖が最高だった。
殺人鬼で強姦魔で凶悪なんだけど、
人格者ぶって人を陥れたりするわけじゃなくて
自分は悪人だ!と言い切っているところが、
この話の中ではサワヤカにすら思えるのだった。
しかもすげー強いし。

すごい極悪非道だけど、
このお話の中で一番かっこいいぞ血刀老祖。
一応お坊さんなので頭つるつるなのはともかく、
眉毛もつるつるなのですげー恐いぞ血刀老祖。
どうも、原作者も
人格者のふりして欲望を必死に隠していろいろ企む人の醜さ
を引き立てる意図で、血刀老祖を、
欲望をストレートに実行している極悪人として生き生きと
描いたようだ。

原作にない脚色シーンはほとんどカットした総集編だけど、
話はちゃんとつながってるし充分楽しめました。
でも相方はカットされたシーンが見たくなったみたいだから、
そのうち輸入版屋でオリジナルのDVDを買って来るに違いない。
オリジナル版は日本語字幕ないから私にはつらそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/29

毎日DVD:はじめに

こんなDVDを見たよ、という感想文券備忘録をつづっていきます。
毎日は見てないんですけどね。
相方が、1日1枚ずつ見ても余裕で1年以上もつくらい
DVDを持ってるので、それを見たりとか。
あとは毎日録画しているテレビ番組についても書くかも。

基本的に備忘録なので、

映画のあらすじなんかはあまり書かないと思います。

ものの役には立たないと思いますがよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)