2010/04/20

捨てていいもの、悪いもの

駅前の書店で見かけた「片付け特集」の雑誌「クロワッサン」を
買ったんだけど、雑誌を買って家に持ち帰ること自体、
モノを増やしているというこの矛盾。

読んでたら中に「捨てることはすばらしい」という内容(想像)の
書籍の広告が出ていた。
Amazonでの評判がいくつか書いてあるのだが
「ゴミ袋を○○袋出しました」「身も心もすっきりしました」
の連発である。きもちわるい。宗教かこれは?
自分も現在捨てようと努力してる立場ではあるが、
「捨てる系」の気持ち悪いところは精神論にしてしまうところ。
まー、子供のしつけになるといえばそうかもしれないが…

片付いてるほうが生活しやすいから片付ける。
もう必要ないし所有しててもしかたないから捨てる。
これでいいじゃん。
他人から見たら「どうしてこんなものを?」というものを
取っておいてためる人もいるから、第三者からそれを
つっこんであげるのはいいかもしれないけど。
物への執着を断ち切るためには、何か宗教的な境地に
達する必要があるのかもしれないが、
物を捨てて部屋が片付いたら、関係ない問題まで片付いた
ような気分になってしまう偏った精神状態こそやばいと思う。
もし自分の汚部屋がそこそこ片付いたら、感動するし
気分もいいとは思うけど、
別にそれで人生変わるわけじゃないから。
というか、変わったら嫌だ。
まー部屋が汚くて人を入れられないことで発生していた
問題は解決するけどね、確実に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/06

駅前の公共性と、阿佐ヶ谷的なもの

今住んでるマンションを買うときの思い出話を書こうとして、
「そんなに広告しなくても順調に埋まった」
という販売会社の話を思い出し、ふと考えた。
阿佐ヶ谷近辺の住人の多くは、ゴージャス仕様の
大規模マンションには魅力を感じないんじゃないか。
阿佐ヶ谷パールセンターの終点にある明和の巨大マンションは、
エントランス付近にゴージャス階段とかシャンデリアが見えるし、
分譲当初の値段がムダに高かったこともあってか、
広告もチラシもしつこく出てた割には、なかなか埋まらなかった。
売出戸数も多かったから30戸のうちとは比較にならないが。

今、駅前の南口真正面に建設中の野村のマンションも
最上階は2億円とかいう噂を聞いたが、正直
買う人いないんじゃね?
と思っている。
阿佐ヶ谷に2億円のマンションは似合わない。
というより、2億あるなら駅からそんなに遠くないところに
広めの一戸建てが買えそうなんだけどな。
しかもこのマンション、駅の真正面なのに、
1Fに店舗入れないとのこと。
駅前商店会が、野村に店舗を入れるように申し入れたが
拒否されたそうだ。
その後、商店会その他がいきなり奮い立って(?)、
野村マンションの隣に、駅前再開発ビル建設計画を発表した。
あきらかに野村マンションに対抗してる(笑)
だって野村マンションは13階建てだけど、再開発ビルは16階。
しかも5~6階くらいまで店舗を入れる計画になってるし。

近所なので、再開発ビルの建設計画説明会の資料を見ることができたが、
(そういえば野村マンションの建設説明会とか聞かないな)
1階に誰でも通り抜けできる通路を作ることになっているし、
少なくとも野村マンションよりは近隣住民に配慮しているから、
再開発ビルは歓迎、というか楽しみ。
急に計画が進んだため、再開発用地で営業していた
昭和な感じのお店がのきなみ閉店(いくつかは移転)
しちゃったのは残念だけど。

個人的には、自宅最寄り駅の真正面にただ立派なだけのマンションが
建ったところで、更地となんの違いもない。
それどころか、前にその場所にあった銀行ATMがなくなって、
不便になったくらいだ。
野村不動産が買った土地をどうしようが文句言う筋合いはないが、
駅前に、そこに住むせいぜい100人とか200人の役にしか立たない
建物を建てようという発想が理解できない。

とにかく、
再開発ビルが完成したら確実に駅から家への通り道だから、
帰宅途中に寄れると便利なお店が入ればいいなー。
でも、オシャレな店ばっかじゃなくて、
焼鳥屋とかスナックとかもいっぱい入ればいい。
すると野村マンションは
「飲み屋とゲーセンにはさまれた高級マンション」
になる(笑)
エントランス前にゲロ吐かれたりは日常茶飯事になるはず。
あのあたりは飲み屋街の入口にあたるから、
今だって毎日のように見かけるしね。
そんな光景こそ阿佐ヶ谷駅前の日常。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/18

電球生活

ずいぶん更新してなかったな。
なんかゆとりキャンペーン期間に入ったら、高次脳機能が停止してしまった。
実は、ゆとり期間に入ってすぐくらいだったか、
家のリビングの照明(シーリングライト)がつかなくなってしまった。
蛍光管が切れたんじゃなくて、スイッチ入れると点灯するが、
数十秒後にふっと消えて保安灯だけになるので、
照明器具そのものが壊れたらしい。
それ以来、同じ部屋のダイニング側のペンダントライトをつけて暮らしているが、
電球1個の灯りはよく言えば間接照明ふう、端的に言えば薄暗い
なんとなく、この薄暗さが脳機能を低下させているのではないかと
照明のせいにしてみる。
早く新しい照明買って入れればいいんだけど、
壊れた蛍光灯は、ダイニングも含めた部屋全部の照明にしていたので、
同等の12畳以上用のシーリングライトを見ると、けっこー高い。
2万5千円以上する。
私にとっては気に入らなかったらすぐ取り替えられるような値段ではないから、
じっくり選びたいのだが、高い割には機能的にもデザイン的にこれといったものが
見つからない。
もう何週間も薄暗いリビングでテレビ見てるのだった。
そしてそのままお盆休みも終わってしまったよ。
欧米のすてきなリビングは間接照明主体で、蛍光灯で煌々と照らす日本人は
だっさいというセンスの人もいるみたいだが、
明るくないとすげー不便だよっ!
ソーラー電卓が使えないよっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/22

ごほうび

仕事中いきなり不動産屋から携帯に電話があって、
敷金けっこう戻ってきそうだよ。
汚いことは汚いけど、掃除したし、破壊したってわけではないし、
前のアパートを引き払った際も数万円戻ったので、不思議ではない。
でも、敷金の話をすると、
「返ってきたことは一度もない」という人ばかり。
不動産屋とか、大家さんによって違うんだろうけど、
期待していて、戻らないときのダメージはでかい。
ということで、額もまるで予想つかないし、敷金の戻りは
つとめて期待しないでいたのだ。
不動産屋によると、台所の床とかキッチンセットの側板とか補修するらしいが、
大家さんと折半で、半額負担すればよいとのこと。
ごあいさつもせずに逃げるように去ったけど、大家さんいい人だ。
というか、阿佐ヶ谷近辺は、ちゃんとアパートの敷金が戻ってくる
土地柄なんじゃないかなあ。
それに、家賃は相場でまちまちだが、似たような間取りのアパートなら
クリーニング料金はだいたい同じだから、
家賃が安い=敷金も少ないアパートなら、当然戻りも少ないか、ゼロになるかもね。

やれやれ、身も心もすりへらしてやっと明け渡せたアパートから、
ごほうびをもらう気分だよ。
マッサージの回数券でも買おう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/03/08

新築キラー

あをなじみ春の更新まつり。

いわゆる引越し屋さんによる引越しはまだだけど、自分(人力)で運べるものを
運んで新居で生活を始めている。
私は姉と二人暮らしをしていたときこそオンボロ中古マンションだったが、
その後一人暮らしをはじめてからは新築→新築と来て、また新築!
初トイレ使用も初お風呂もゲットしたぜ!
新築じゃなきゃダメとかいうこだわりはないのだが。
誰も使ったことのないトイレとかお風呂に入るってなんというか、
征服欲を満たされるような。
いかんいかん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/13

全員姑になった日

新築マンションの内覧会というのに行ってきたよ。
ちょうど一年前にも友人の内覧会に行ったのだ。
まさか1年後に自分のに行くことになるとは。
実物を見たときがっかりしないように、頭の中でイメージを縮小しつづけて
いたので、思ったより広くてよかった。
でも、最後にデジカメで撮影したら、狭くてあまり後ろに下がれないせいで、
できるかぎり部屋全体を撮影しようとしても、壁しか写らずやや悲しい。

ネットワークもちょっと情けなかった。
このマンションはUSENの100M共有で、一世帯に1本カテゴリー5(推定)
が来ていて、そこからハブで分配して各部屋の壁に配線している。
(と、部屋の見取り図から推定された)
内覧会で、玄関の靴箱の中のブレーカーの入っている箱の蓋をあけたら、
「BUFFALO」って書いてあるハブ(たぶん安いスイッチングハブ)がー。
とほほー。
電気関係の人にきいたらこのハブは買取で家の一部なので、
取り替えられないこともないらしいが、詳しくはUSENに聞かないと不明。
あと各部屋の壁に来ているケーブルがカテゴリー6になってるかどうか、
質問するの忘れた。
スイッチ取り替えられたら家の中はギガで通信したいな。
私はギガで通信できる機器は持ってないんだけど。

1年前の友人の家の内覧会のときも、フローリングの傷だのなんだの、
他の部屋の人の何倍も手直し項目をあげた私たちだが、
今回もあれこれあれこれ質問して、施工会社の人が「えーそんなところまでー」
とかなり渋い顔をしていたのがおもしろかった。

いや、でも実用に影響はないながらも結構な問題(?)も見つかって。
フローリングが一部だけ3ミリ沈んでいた…
水準器まで用意して行ったので、「ほら、ここがナナメに!」ってばっちり指摘。
私ら畑は違うけど、一応エンジニアっすから!あ、私は偽だけど。
内覧会の醍醐味を堪能させていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)