2010/04/27

説得力はいらないのかな

起業とか、海外で働くことを勧める人が、
サラリーマンを「社畜」などと言って必死になってるのを見ると
そういうこといわないほうが説得しやすいのに…
と思うこと多し。
昔よく見かけた、Microsoft製品を毛嫌いするMacユーザーみたいな
印象を受ける。
「一面提示」より「両面提示」のほうが説得力あるのだ。
好きなものとか便利なものとか、とにかく「こっちのほうがいい」と
思っているなら、いいと思ってることを主張すればいいのに、
自分がいいと思ってない「もの」「こと」はともかく、
それを選択している「人」のことまで批判するのは
みっともないと思うのだよ。
まーそれをわかっててあえて過剰にやった末の
ひいきの引き倒しネタである
「にんしんゲーム天国」とか傑作だけどさー。GK乙。
にんしんさんみたいなネタ化しないと、
またこいつの「日本はダメ」ネタかー
次は「サラリーマンはダメ」ネター?
などと、胃もたれしてくるんだよ、私。
いいこと書いてあるかもしれないけど読みたくなくなってしまう。
最初から説得力とか考えずに書いてるのかなぁ。
まあ、読んでも読まなくても自分の好きにすればいいと
言われれば、それまでなんだけど。
はてなブックマークとか見ると、みんなよく飽きずに
コメントしてるなーと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/16

ナイス公共事業

最近阿佐ヶ谷駅南口ロータリー付近の変化が著しい。
ロータリーの真ん中の公園スペースになんか鉄板(?)で
囲われた建屋ができている。
環七の地下にあるような、大雨のときの雨水を一時ためておく
施設を、中杉通りの地下に作るための竪坑の入口だそうだ。
しかしその建屋の高さが、3階(4階?)建てくらいはある。
南口真正面の例の野村不動産のマンションはもう完成して
人も住んでるみたいなのだが、
阿佐ヶ谷駅の南口に出てもこの建屋(兼囲い)にさえぎられて
上の階ほうしか見えなかったりする。
この工事が完成して視界をさえぎるものがなくなったときには、
隣のもっと高くて大きい下のほうにお店が入った再開発
マンションが完成してそうなので、
野村のマンションが駅前に単独でかっこよく建っている光景
というのは永遠に見られないことになる。
しかもロータリーの真ん中の公園部分の半分くらいをふさいで、
駅とマンションの間に立ちふさがるように建ってるから、
駅の真正面にあるにもかかわらず、まっすぐにマンションまで
歩いていくことができないのだった。
まーロータリーの外周の歩道をぐるっとまわればいいんだけど。

地下の工事を計画した人たち(都?)は、
南口正面の両方のマンションが完成したタイミングで、
ちょうどキレイな駅前になるように計画たててるのかもしれないけど、
先に完成したマンションにとってはイヤガラセ以外のなにものでもない
別にあのマンションの中に住む人には何の悪感情も持っていないが、
建てるときの無神経さが気に食わなかったので、
ほくそ笑んでしまうのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/06

駅周辺不具合箇所

一つめ。
駅南口のロータリーの下に排水のためのなんかを
作る工事をしていて、ロータリー周辺のバス停と
タクシー乗り場の位置が全部変わってしまった。
バス停はまあいいんだけど、
タクシー乗り場がひどい。
タクシーの右側から乗り込まないといけないのだ。
初めて意識したのだが、タクシーの自動ドアは、
運転席の対角線上、後部左側についている。
道路でも歩道があるのは車の左側で、
運転席側は通常対向車線に面しているのだから、
当然そうなる。
ところが、この乗り場だと人が待つほうが運転席側。
乗ろうとする人は、手動でドアを開けないといけない。
別にそれくらいはいいんだけど、通常の反対側から客が
乗ってきては、運転手もやりにくかろう。
ロータリーはまだまだ工事中なので、
一時的な措置かと思ったんだけど、
タクシー乗り場の人の待つ場所にはちゃんと屋根もついて、
その屋根にばっちり
「タクシーのりば」
って書いてあるんだよねー。
あそこまで固定的な施設だと、今後このままって気もする。
しかし、ちょっと考えればわかるはずなのになぜ右側から乗車なんてことに?
設計ミスじゃないの?誰が設計したの?
気になる。

二つめ。
駅周辺というか、駅前の西友に3日ぶりに行ったところ、
1・2階の食料品売り場、前は2階が閉鎖になっていたが、
今回は1階がほぼ閉鎖になっていた。
2階は真っ黒な棚にかわって、すっかり改装されていたが、
1階閉鎖中のためまだ商品の置き場が暫定的な感じで、
ちょっと荒んだ印象。
なぜか吉祥寺の西友の地下食料品売り場は
通常もこんな感じで、商品の置き方とか大雑把だけど。
しかし、もっと大変だったのは3階以上で、
フロア構成が大幅に変わるらしいのだが、まだ移動の途中らしくて、
どこに何が売っているのかよくわからない。
たぶん店員さんにきいてもわからないと思う。
だったらいったん閉鎖して改装に専念しろよー!
せめて、改装後はどういうフロア構成になるのか
計画だけでもわかっていれば、この一時的な混乱も
なんとか我慢するんだけど、
「23日にリニューアルオープンしますのでお楽しみに!」
って書いてあるだけだと、買い物しにくくてストレスが
たまるだけだ。
何を意図してのリニューアルなのか、さっぱりわからないのが
よけいイライラするのだ。
これでリニューアル後さらに取扱商品の種類が減ったり、
売り場構成が使いにくくなったりしたら、
先日予告したとおり、キレるぞ!と再度思った。

しかし、さきほどまでMXTVでやっていた新番組
「未公開映画を観るTV」で、現在西友のバックにいる
米ウォルマートの極悪ぶりを紹介しているのを見て、
とりあえず西友がんばれ!負けるなよ!
という気持ちになってしまった。
同じウォルマートでも国が違えば労働条件は違うって
映画でも紹介されてたから、西友はあんなひどくないとは思うけど。
まーウォルマートの傘下に入る前から西友を利用してるけど、
ウォルマートならでは(?)の商品みたいなのもないし、
(以前あったけど人気なくてすぐ消えた気もする)
傘下に入ったメリットを感じたことは一度もないんだよねー。
いろんな意味で大雑把になっていってるとしか感じられない。
ただ、食料品売り場が24時間で、それ以外の売り場も遅くまで
やってるのはとても便利なので、店ごとなくなったりはしないでほしい。
意味のわからない改装しても怒らないから。

改装とか改修とかするのは結構だけど、
最終的にどうなるのか完成図を見せてもらわないと、
もしやこの不便な状態のまま?って不安になるものなんだなーと
同時多発的なこの2箇所の不具合で実感した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/30

またまたお役所レポート

仕事で某所に入るときに本人確認として
「顔写真つきの身分証明証の提示」が必要みたいなので、
運転免許証もパスポートも持ってない私は困りそうな気がする。
つか、もしパスポート持ってても仕事に携帯したくない。
検討の結果、区役所で作ってくれる「区民証」てやつを作りに行った。
他には顔写真つき身分証明を要求される場面はあまりなく、
せいぜい区役所くらいなので、だったら区民証でいいやと思ったのだ。

幸い、去年くらいから地元の区役所は住民課だけ土日もあけてくれている。
ところが行ってみたら、申込書の記入場所にいた職員の人に
「区民証よりは住基カードのほうが利用範囲が広いですよ」
と、セールストーク的にすすめられて、住基カード(写真入り)を作ることに。
窓口で申請書を出してから説明を受けて、区民証を作る手数料は300円で、
住基カードは500円かかることを知った。
まー住基カードはICカードだから、差額200円分も実費だろうし、
区役所の儲けになるわけじゃないのはわかるけど、
住基カードの機能が必要だったわけではないので、
「やっぱ区民証にしとけばよかったかも」と思った。

ちなみに区役所でこの手のものを発行してもらう場合、
本人確認のとき、写真つき身分証明を提示できないと、
住所に郵送される「確認票」を受け取ってから、
もう一度窓口にいかないと発行してもらえない。
国民健康保険に入ったときもそうだったので知ってはいたが、
「写真つき身分証明がないから」作りに行ったのに、
めんどくさいことこの上ない。
しかも仕事で必要なものだってのに、働いているおかげで
平日は区役所に行けないから、結局次の土日に取りに行くしかなく、
申し込んでから手に入れるまでに1週間かかることになる。

でも、土日も(ごく一部ながら)窓口があいてるし、
彼らなりに気を遣って「住基カードのほうがお得」(?)とか
すすめてくれるので、区役所の窓口のサービスレベルは
ハローワークよりも高いと思ったよ。私は。
杉並区は確か去年まで住基ネットに接続してなかったから
接続した今となっては、わざわざローカルな区民証を作る意味が
なくなったから、デフォルトで住基カードをおすすめしているに
違いない。
あ、住基カード持てば、来年確定申告やるならネットでできるじゃん。
(そのときはまたカードリーダ買わないといけないけど)
来年の確定申告のための準備だということにしておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/28

重箱の隅的お役所仕事指摘

もちろん、ハローワールドクのこと。
失業給付の日数がある程度残っている時点で就職できたら、
再就職手当というのが出る場合もある。出ないこともあるらしい。
就職が決まったら就職先の会社に「採用証明書」その他の
書類を書いてもらってハローワークに提出すると、
いろいろ審査をされて支給が決定したら、出るとのこと。
私の場合、最初の認定から最初の就業日までが短く
会社に書類を書いてもらう余裕がなかったので、就業初日に
派遣会社の人に書類を手渡しした。
なるべく急いでもらうようお願いしたので、3日後くらいには
郵送で手元に届いた。どうもありがとうございます。
さて、あとは自分で中身を確認してコピーとって送るかー
と思ったら、ハローワークからもらったプリントには、
郵送の場合は、下記宛先まで簡易書留
って書いてあるのだよ。
郵送する書類の中には、就職の前日までの失業を認定して
もらう書類もある。
つまり、この書類は就職後に提出しなければならないわけだ。
で、ハローワークの窓口があいてる時間には自分は
働いているから、どうしても提出は郵送になる。
それを自腹で簡易書留で送れと?
先週まで失業してた人に?働き始めたとはいえまだ
一銭ももらってない人に?
まー、失業の認定に行ったとき、就職決まったことを書いたら、
再就職の手続きは窓口別だし、
仕事開始日の前日に来てほしいから明日また来てください
と言われた時点で、お役所仕事なのはわかってたけどー。
大事な書類だから書留で送らないといけないというのもわかるけど。
派遣切りとかに遭って食いつめてホームレスになってしまった人の中には
就職の面接に行きたくても交通費がないって人もいるのに、
気軽に簡易書留とか書かないでほしいよね。
失業からやっと再就職したばかりの人に余分な金なんかないに
決まってるでしょ!
このご時勢にハローワークも平日大変なのはわかるけど、
土日にも窓口あければいいじゃん。
幸い私は簡易書留で郵送する金は手元にあったが、
ハローワークの、なんかこういう細かく無神経なところが気に入らない。

ちなみに、派遣会社から返送されてきた書類といっしょに、
雇用保険に加入するための書類と、雇用保険被保険者証を
会社に送るための返送用封筒が同封されていたけど、
普通郵便で、郵便代は会社払い。
どっちがいいとか悪いとかじゃないけど、
企業と役所の差がはっきり表れているなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロールモデルとかいらないし

土曜の朝にこんな文を読みました。
たまたま私がこないだネタとして使った勝間和代さんが
ここでもネタに。

「女って程々の成功は許されないんですよね」

ここでいう「成功」ってあくまで世間の評価だからねー。
「成功したと認められること」にこだわらなければ、すごく楽になるんだけど。
この文中に登場する後輩さんは、割と「成功」に近いところにいるのかな?
常にそういった世間一般の評価にさらされているとか。
近いところにいる人じゃないと、そもそもロールモデルとして意識しないのでは。

私が勝間氏を苦手ともうらやましいと思わないのは、すごく遠いところにいる人
だからだと思う。
同性で同年代の生活者として見ると、忙しくて大変そうな生活なので
「すごいなー。がんばってるなー」と思うけど、「ああいうふうにしたい」とは
思わないしね。

それに、そもそも成功ってどこかから「求められ」てる?ほんとに?
なんつーか「成功」って外的要因によって形成されるもんだから、
「自分に求められている」と思ったら負けな気がするんだけど。
求められていると思い、かつそれに応えられるがんばりやさんが
「成功」するってことだけど、そんな人はごくわずか。

まー私はそこそこに働きつつ、結婚はしたけど子供は生まないし
家事もろくすっぽしない、まったくがんばらない奴だから、
誰からも何も求められてないし、自分自身も評価されることを
あきらめてしまっているということか。
それでも、世間からちょっとでいいから自分の名前を認知して
もらえたらなーとかいう気持ちはあるんだけど、
世間一般的に「成功」したいとは思わないんだよね。

求められるがそうできない(しない)から、後ろめたい気持ちに
なるんだと思うけど、
「求められることに応える」んじゃなくて、
自分でそうしたいからそうする、っていう発想の転換をすると、
気持ちの負担は減るんじゃないか。

いまいち整理がつかないな。まー現状こんなとこだ。

あと、「普通」もけっこう大変。
普通を日々こなすのに精一杯で「成功」とか考える余裕
のない人がほとんどだと思う。
でもそういう大変な「普通」を連綿とやっていける人こそ
私は尊敬しているなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/23

批判者の自意識

昔からときどき読んでる、業界であるていど名の知れた、
著書もいくつもある人のブログ
(ブログができる前からwebの文章は読んでいた)で、
勝間和代批判が繰り返し書かれているなー。
私は、勝間氏の本業であるお金関係のことは全然知らないし
興味もないし、著書に書かれているらしい仕事の効率アップも、
まるで興味がなくて読んだこともないし、
新聞雑誌テレビで書いたり喋っていたことくらいしか知らない。
彼女に対する批判も2ちゃんねるとかブログでちらほら見た
ことしかないが、その批判ポイントって、ほとんどは彼女が
「たいした内容でもないことを本に書いて、その本が売れて、
世間ですごい人として認識されていること」
だと思う。
だったら、批判するにしても
「この人は世間で評判になってるほどすごくはないぞ。
理由はこれこれこういうこと」
って書けばいいと思うんだけど、
2ちゃんねるではもちろん人格的なことが批判されてるし、
(何回離婚しようがネイルサロン行こうがどうでもいいじゃん)
ちゃんと名を名乗って批判してる人でも、
勝間和代のやることなすこと全否定的に書いている文章が
多い。私の見てるところが偏ってるのかもしれないが。
逆に信者的な人の文とかほとんど見たことがない。
私は勝間氏と同い年なので(昨年知った)、
年代的に彼女のやってきた(学生時代に資格取ろうとしたとか)
ことの理由はなんとなくわかる気がするし、
たとえ実際に2ちゃんねるで悪く書かれている通りの人
だったとしても、まー自分で稼いで子供生んで育ててるんだから、
私にはまねできないくらいがんばってるじゃん、と思っている。
ただし、基本的に自分と関係ないところで活躍している人だから、
自分の仕事術とか生活術に参考になりそうなところは
ほぼない。今後も著書を読むことはないだろう。
だからかえって、なんであんなふうに批判する人が
わいてくるのかが不思議に思える。

勝間氏関連に限らず、
世間で評判になってる人を「実はダメ」などと批判する人って
世間の大勢の人は騙されてるが、騙されてない自分は
世間一般より賢い人間だ

と、意識的かどうかわかんないけど思っているように見える。
無論、私だって世間で評判の物事や人を批判するとき、
ちょっとは「騙されてない自分エライ」と思っているはずだ。
でも、話題の人物への批判をダシに、その人の「信者」をまとめて
バカにするのは、単なる歪んだ自意識の表出ではないのか。
自意識を表出するならせめて素直に「騙されてる奴バーカ。俺偉い」とか
「あいつが妬ましい」と書きたいものだ。

そういや、冒頭で書いた勝間批判を繰り返す人はだいぶん前に
私が全然納得いかなかった三浦展「下流社会」には肯定的な
こと書いてたな。
勝間氏の活躍が気にならない私とは批判のツボが正反対なのか。
でも私は「下流社会」が流行ったからって、三浦展の人物批判を
しようとは思わないなー。本人に興味ないし。
「この人の意見はダメだ」と思ったら自分が参考にしなければいい
だけだし。
批判するならば、対象は「信者のバカさ」じゃなくて、論とか意見の
内容そのものに絞らないといけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/21

いまさら問題視かよ

毎日で見つけた記事。

群馬老人施設火災:生活保護者が入所 大半が東京から

群馬県渋川市の老人施設「静養ホームたまゆら」の入居者の多くは、東京都墨田区などから受け入れた高齢の生活保護受給者だった。背景には、都内の施設が飽和状態で入所先探しに行政が苦慮していることがあり、受け入れる施設にとっては保護費で入所費などを確実に回収できる「ビジネス」として広がっている実態がある。都の調査によると、都外で暮らす保護者は約500人(昨年1月現在)だが、その不透明さを指摘する証言もある。

あ、やっぱ墨田区?と思った。私の父が長く入院していた病院(今は経営母体が
かわっている)にも、当時墨田区の生活保護受給者の高齢者が数人入院していた。
高速バスで2時間くらいかかる茨城県だよ。
思い出話をここに書いている。
東京から来た入院患者
もうだいぶ昔から東京(特に墨田区)の生活保護受給者は北関東の施設や病院に
まどめて送り込まれているのだよ。
しかも施設に入所だったら本人の意思もある程度通じると思うけど、
私が見聞きした病院のケースでは、入院して空いたアパートを本人の知らないところで
引き払われたりしていたらしいぞ。
そういう事実を知ってるだけに、受け入れ側の施設だけが悪いとも思えない。
しかし、なにいまさらニュースにしてんだよ。おせーよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/16

仕事が決まりました

先々週、派遣会社から紹介されて先週話が進んで
先週末に仕事が決まった。来週から仕事だー。

2月に紹介された仕事みたいに妙に遠いところじゃなくて
自宅から都心方向の割と近くだったので引き受けた。
私の経歴で先方から断られないような仕事内容なんて
範囲は狭いから、内容はみんな大してかわらないし。

決まってみると、もちろんほっとはしたけど、
うれしい感じはなし。
というか、かえってどんよりしているのはなぜだ。
3ヶ月ダラダラした挙句、何もできてないからか。
失業給付がやっと出始めて(まだ6日目くらいなので
実際にはもらってない)なんとなく惜しい気がするからか。
ちょうど今週認定日で職安に行くので、
来週から働きますよろしく、的な手続きはそのときに
できると思うからいいタイミングなんだけどね。

それから、最初に派遣会社から紹介された情報では、
時給に200円ほどの幅があったので
実際の時給はいくらになるのかと思ったら、
提示されていた時給の最低額+40円
だったもんだから
あーその程度に値踏みされちゃったのか
とちょっとがっかりしたってのもあるな。
200円の幅のちょうど真ん中あたりなら納得したと思ふ。

気を取り直して、こんどの仕事のいいとこをあげると、
通勤時間が短いし、定時が短い!
時給制だと定時が短いのは不利ではあるけど、
仕事がなくても6時まで帰れないよりは、
仕事が終わったら5時半に帰れるほうが私にはいい。
朝家を出るのも前職より30分以上遅くていいし。
逆に残業になっても、最寄が山手線駅だから
午前0時くらいまで働いても電車で帰れる。

このような仕事が決まったことを相方に話したところ、
相方の会社(小企業)のほうはいよいよ大変で、
全従業員が週休3日になったそうだ。
休業分は無給なのかと思ったら、賃金の何割分かは
国からの補助が出るとのことで、給料ガタ減りって
ことにはならないらしいが。
生計を一部共有している立場としては心配しないと
いけないところだが、
若干「正社員ウラヤマシス」という気持ちもある。
相方(の会社)が雇用の危機に直面している一方、
派遣の仕事は減ってるながらもあって、私にも
見つかってしまうわけで、世間の会社もいろいろ
だよなー。
やっぱり、相方がこういう状況なんだから、
私もワガママ言ってないで、家計のためにも
働かなきゃいかんのだよな。週5日勤務で。
今回断ったらいつ仕事見つかるかわかんないし。
急に身動きとれない状況になってしまったような。
だからどんよりしてるのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/28

こんなコメントはいやだ

Aさんがブログで
「こうこうこういうことをする人を見た。
自分には信じられない!」
みたいな体験的批判記事を書く。
または、誰かまた別の人のブログやら著書の感想として
「この人の言ってることはこういうふうにおかしい」と批評する。
とある人の言動に対する批判。
これらは、ブログにはよくある内容だ。

しかし、その後に気になることが発生する。
Aさんの仲良しらしきBさんが、コメントを書く。
「その人はきっと○○なんですよ!」
と、Aさんに同意する内容。
「きっと○○」という分析的なことも書いてはあるが、その根拠は書いてない。

私がよく読むブログの筆者のうち、面識のある人は数人しかいないので、
もちろん上記のような場合のAさんともBさんとも面識はないのだが、
「その人はきっと○○なんですよ!」みたいなコメントを見ると
Bさん、「その人」に会ったことあるの?
もしくは「その人」の書いてるブログとか本とか、読んだの?
と、気になってしまう。

Bさん(たち)がそんなコメントをを書く意図を(憶測で)考えていたら
こんなオチできた。

その人、きっと元記事の意見(または書いた人)に同意したいだけなんですよ。

もちろん、単に書いてないだけで、Bさんたちだってちゃんと
それなりの根拠があってコメントしたかもしれない。
実際、「その人はきっと○○なんですよ!」と書いた同じBさんが、
別の記事に対して適切なコメントを書いているのもたくさん見ている。

ただねー、私は昔、ブログもなかった頃、某ホームページ運営者に
抗議のメールを送って、返事がなかったので無視されたと思ってたら、
いきなりそのホームページでメールの文面を部分引用された上に、
その文章の内容だけを根拠(?)に、
「この人(=貝柱)は、リアルで会ったとしても後で文句言うに決まってる」
と、一方的に決め付けられた経験があるのだ。
事実無根なので、当時は怒りに震えた(今でも思い出すと腹が立つ)が、
なんで、1回か2回メールを出しただけの人からこんな決め付けをされるのか、
決め付けできるその人の精神構造っていったいどうなっているのか、
と非常に不思議に思ったのだった。
抗議に対する回答とか、私に対するまっとうな批判ならよく読んで
反論もするが、事実無根だったからねー、私が
宴会であんまりしゃべれなかったことを人のせいにする
とか、身に覚えもないし、宴会どころか会ったこともない人から言われて。
しかもその人、子分(私から見ると)が多い人だったので
子分の人たちからすると、その人が書いたままの人=私ってことになる
んだなーと思ったら、ぞーっとした。

そしてそれ以降、この体験を反面教師として、

根拠なく「よく知らない人を」決めつけるような内容をwebに載せない
ただし、思い込みを排除するのではなく、思い込みと認識した上で、
読んだ人に誤解をされないように表明する

ということを心がけて、webに文章を公開している。

そういうわけで、
自分が「知らん人を勝手に決めつけちゃいかん」と強く思っているので、
他人のブログの人物批判記事に対する他人のコメントが
気になってしょうがないんだね。
元記事自体が「憶測」「決めつけ」だったらどうしようもないが、
元記事にはそれなりの根拠がありそうなのに、同意はしてるけど
憶測の混じったコメントが入ってるの見ると、
「せっかくの内容が台無しだ」と思う。

副作用で、私自身がひとさまのブログにコメント入れようと思うと、
半日考え込んで推敲しまくらないとできないのだった。
つか半日考え込んで推敲しまくった挙げ句、結局投稿しなかったりもする。
自意識過剰なのは承知の上だ。

人としゃべってる中では、私だってけっこう「それは○○なんじゃないのー?」
と適当なことを言うけれど、聞いてる人が特定されてるもんな。
AさんのブログにBさんがコメント入れても、読むのはAさんだけではない、
というあったりまえのことを、
……重大に考えすぎてるのは私だけ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)