2018/04/28

ネガティブライフログ(2)

今の仕事、派遣会社は直近と同じところ。
webで見ていくつも応募して社内選考ではねられて、たまーに面談にこぎつけても
全然決まらなかった、ある意味一番お世話になったあの派遣会社では、
ついに仕事がみつからなかった。特に残念だとは思わないが。
この仕事は、年末が迫り、もうどうにもならない状態で紹介されたもので
-就業場所が今までなら断ってきた、都心だけど自宅から通いにくいエリア
-客先常駐案件(派遣先の会社ではないところで働く、実質二重派遣)
という、通常お断りしていた条件には目をつぶり、なんでもいいから働ければ、
と応募してみたら、働けることになった仕事。
個人的にはまったくマッチしていなかった上に、当初提示された時給がやや少なかった
ため、
前職より交通費(自腹)かかるのに前職より時給安いのは困る
と交渉して時給を前職と同じにしてもらった。

そして、派遣の仕事では、最初は1か月契約で社会保険に入れず、
お試し期間みたいにするのが恒例になっているが、
今回はいきなり3か月と年末数日を連続した契約で、
最初っから逃げられない感はあった。
案の定、1か月くらいで、これはこの現場合わないわーと思ったのだが、
あと2か月しないと契約の切れ目が来ない!
といっても、契約の切れ目がきても、更新しないとおそらくまた無職になるので、
更新しないわけにはいかないし....
これがしんどい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネガティブライフログ=グチを書くぞ

突然再開してまたすぐ中断したこのブログ、
2107年の年末に、ようやく派遣先が見つかり、仕事について4か月。
直近の現場とは正反対の、大規模な現場。チームで仕事。
2つ前のエントリで思い出を語った3か月でクビになった仕事に一番近い。
今までの知識とか経験がまるで使えず、
自分、全然仕事できない......
という思いにさいなまれ続けている。

なんだか話がまったくかみ合わない相手とか、
社会人キャリアは私の10分の1くらいだけど、ここでの仕事にすごく適応して
ばりばり仕事をこなしていて、全然ついていけない人とか、
かかわった相手とことごとく合わず、ちゃんと仕事ができた実感がまったくない。
でも相手が悪いわけではなく、なんで自分、うまく対応できないのだろう、と
思い悩む。

端的に言うと
私にはまったく向いてない職場
なのだ。

合わない相手がいるがその人たちのせいにしてもしかたないし、
現場のやり方とか雰囲気にもまったく合わないが、そのせいにしても何も解決しないし、
合わない自分のほうをなんとかするしかないのだが、どうにもならない。

せめて、
どう合わないのか、どうつらいのか、ここでグチとして書いていくことにする。
カテゴリ新設「ネガティブライフ」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)