2010/05/26

ホームベーカリーについて

私にとって、言ってることは参考になったりならなかったりする
勝間和代さんだが、
自転車通勤とかパン作りとか、はまったことには共通点があったりするので、
決して嫌いじゃありません。
こないだ勝間さんがテレビで家電を紹介していたときに、
ホームベーカリーをおすすめしていて、
その関係かブログでホームベーカリーに関するエントリをあげてらっしゃった。
内容にはおおかた同意なのだが、
スーパーキングやゴールデンヨットを「おいしい粉」と言い切ってしまうのは微妙。
上記2種類の粉は「最強力粉」といって、食パンなどを作る用に、
ふわふわもっちりとよく膨らむように、強力粉にたんぱく質などの成分が添加というか
追加されている粉なのだ。
ホームベーカリーでこれらの粉を使ってパンを焼くと、ふつうの強力粉と比べると、
すごくよく膨らんでふんわりして確かにおいしいが、
追加物なしの小麦粉で作ったパンもまたおいしい。
私は別に添加物排除派じゃないので、ふわふわパンを焼きたいときは最強力粉も使っていた。
ふだんふつうの強力粉で焼いてて、たまに最強力粉を使うと、
ホームベーカリーの蓋がもちあがりそうにふくらむので感動するのは確か。
でも味の差はそんなに気にならなかった。
勝間さんも実ははるゆたかだったか、国産小麦を使ってた気がするので、
「初心者がホームベーカリーで失敗なくよくふくらむパンを焼くためのおススメ」として
最強力粉をあげたのだと思う。
まーでも「業務スーパー」で売ってた安い「イーグル」(強力粉)でも、
マニュアルどおり材料を計ってセットすれば十分おいしいパンができるのだ。
材料よりも正確な計量と操作が大事。
あとドライイーストも金サフじゃなくて赤サフでじゅうぶんよく発酵する。
確か金サフはお砂糖の多い生地でも発酵する、耐糖性の高いやつじゃなかったか。
でも赤いほうでもかなり耐糖性があると聞いたことがある。
そういうわけで勝間おすすめレシピよりもコストダウンしても、
そこそこおいしい食パンが作れると思う。

私ですらこれくらい語れちゃうんだから、
これくらいの情報はぐぐればすぐ見つかるよー。
個人的には
「焼きたてのあったかいのを手でちぎって食べられる」
のがホームベーカリーのいいところだ。
あと私、食パンとかバゲットとか、何もつけないで(飲み物は必要だけど)
もりもり食べられる人間(甘いパンより味なしパンが好き)なので、
そういう人には強力にホームベーカリーをおすすめするよ。

追記:
私が使っているホームベーカリー(最近は全然使えてない)は、
4年くらい前の象印のやつ。1斤焼ける。
コンパクトで音が静かだが、特殊な配合にしたときとか、
こねが足りないことがあるので、しっかりこねたいときは
一次発酵の手前までやって中止して、
また最初からスタートする、なんて感じの「運用でカバー」。
でもプレーンな食パンを標準的な強力粉やイーストを使って
マニュアルどおりの分量で作るなら、全自動でおいしく焼ける。
プレーンなパン好きにはこれくらいで十分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/14

天然生活で金井美恵子先生発見

あと1週間くらいで次の号が出そうな「天然生活」6月号を買ってみた。
付録がついてて高かった。
基本的においしそうな写真がのってるときは買う。
創刊号から断続的に買っているのだが、創刊直後くらいは
価格が今より100円くらい安くて、実用記事は1.5倍くらい
載ってて読みごたえあったんだよなー。
季刊~隔月刊だったから編集に余裕があったと推測。

で、「朝食」の特集の写真がおいしそうだったので買った
6月号、帰宅後ちゃんとページをめくったら、
金井美恵子先生の朝食+文章+取材記事が!
金井せんせいの小説は好きだけど、エッセイは「別にー」って
思っていた私だったが、内容が食事のことだと、こういう短文も
すごくいい。おいしそうで。

誌面で紹介された、いつもほぼ決まったメニューだという朝食を
食べながら、金井先生が考える今晩のメニューがまた妙に
おいしそうだった(たぶん文章の力であろう)し、
自らを高齢者とおっしゃるものの、そのメニューの内容に
やはり自分の親とかと比べるとえらくしゃれたものを
召し上がってるわー、と思った。
今手元に雑誌がないので具体的にどういうメニューだったか
書けないけど。

体調がよくないと聞いていたので、
こうしてお元気に毎日しゃれてておいしそうなものを
召し上がって生活されていることがわかったのが喜ばしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/19

チャイナフリーからフリーになろう

前に味噌漬けするのに買った安いお味噌のパッケージをよく見たら
「長野味噌」つーとこの製品なんだけど、
この会社が製造元じゃなくて輸入元って書いてあるのだ。
でもさらに袋の説明を読んだところ、
自分達のレシピを持っていって中国の工場で作りました
と正直に書いてあったので好感もてました。
中国の工場名も書いとけばなおよろし。
委託製造だから「輸入」になってしまうのだね。
レシピを渡して中国で作ってもらうというのは
以前大騒ぎになった冷凍餃子と同じなんだけど、
私は、それほど中国産(中国製)を嫌う気持ちはないのよね。
中国から日本にきた観光客が、お土産買うのに中国製を
避けるのは当然だと思うけど。
まー、お味噌汁に使うお味噌は、実家や親類が大量購入した
「おいしい高いお味噌」をわけてもらっているからなー。
味噌漬けとか味噌何百グラムも使うようなレシピだと
もうこれでいいじゃん、と思う。
私はユニクロはあまり利用しないけど西友の安い服も買うし、
デパートで高い服も買う。それと同じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/04

届いた!

届いた!
毎年恒例、実家が和歌山の友達から桃が届いた。

いつもありがとうー。

この桃、減農薬栽培とのこと。
私が毎年送っているメロンは温室(ハウス?)栽培なので
重油たきまくりで育ててるのかと思ったら、
寒い時期はワラとかかぶせて暖かくして
燃料たかないで作っているらしい。

無農薬とか有機とかを手放しで喜ぶような人間
じゃないが、薬剤や肥料や燃料とひきかえにかかる手間との
バランスをとって採算に合う栽培で、
私たちにも手の届く価格帯でおいしいものを作ってくれたら、
とってもいいことだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/14

給料日前

前職辞めてから今まで、生活費(と税金とか健康保険料とか)の
財源というと
-貯金
-国税還付金
-失業給付と再就職手当
-3月に働いた分(7日)の給料
くらいであった。
4月に働いた分の(まともな額の)給料日を前にして、
計ったように銀行の普通口座の残高が3桁になった。

端的に言うとお金がないので、
昨日と今日はお昼はお弁当を作ってもってきた。
その前に1日、おにぎり(中身は梅干のみ)と
おかずはウインナーソーセージのみの
シンプルなお昼をもってきた日があったが、
後が続かなかったなー。
給料日前的な気分を盛り上げないと、
2日連続お弁当を作れないダメ人間である。
携帯用保温水筒を何本も持ってるわりには、
ペットボトルのお茶は毎日買ってるし。
今日のごはんは黒豆ごはん。
以前買ってあった黒豆(丹波産はお高いので北海道産)を炒って
ごはんと一緒に炊いただけだが、
砂糖も塩も入れてないのに、米よりも黒豆が甘い。
栗ごはんの栗より甘いかも。
この甘さはいったいなんなんだろう。

弁当を作りつつ今週不安だったのは、
給料日前日の朝の時点で、いつも数日前にシール式ハガキで
郵送されてくる給与明細が届いていなかったこと。
今月はさかのぼって社会保険に加入したため、
保険料が2ヶ月分ひかれることになっているから、
イレギュラーな計算で遅くなるのはわかるのだが。
しかもタイムカード〆日の先月末日を過ぎてすぐ
ゴールデンウィークがきて、〆日からまだ7営業日目
だから、給与の処理大変だろうとは思う。
でも万が一明日給料入ってなかったどうしようとか、
入るにしても正確にはいくら振り込まれるのかわからない
とか、弁当食べながら不安にはなるのだった。
さすがに、帰宅したらギリギリセーフで届いてたけど。
さらに、これまた計ったように給与明細と一緒に
「国民年金の納付書」が届いていた。
平成20年度の未納分と、平成21年度分が。
21年度は最初から厚生年金でこの給料から天引き
だから払わないよっ>社会保険庁
タイミングがいいんだか悪いんだかわからない。

5月は暦どおり出勤しても日数が少ない=次の給料は
少ないから、しばらく給料日前気分を維持して弁当作りに
励むことにする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/02

10年前から味は違う

母親が先の週末に、御茶ノ水~上野あたりの
「駅からハイキング」に姉といっしょに参加して、
おなじみ黒門町(上野)の「うさぎや」でどら焼きを買ったが、
食べてみたら、黒門町の親類がのれん分けで始めたという
阿佐ヶ谷のうさぎやのどら焼きのほうがおいしい気がする、
と言っていた。
一番有名なのはもちろん本家である上野のうさぎやで、
私たち家族が初めて食べて感動したのも、ここのどら焼きだ。
でも最近私が買って行く阿佐ヶ谷のばっかり食べてたせいか、
姉も母も阿佐ヶ谷の味が標準になっっちゃったのか。

実は、10年ほど前に御徒町付近の仕事場で働いていたとき、
昼休みに上野のうさぎやでどら焼きを買い、
同時に阿佐ヶ谷のも買って食べ比べてみたことがある。
そのときすでに「身びいきではなく阿佐ヶ谷のほうが私好みだ」
という結果を出していたのだよ。
10年前の私基準によると、
上野のは、
・あんこは割と濃いめ
・皮はかため
阿佐ヶ谷のは、
・あんこは水分が多くてやわらかめ
・皮はふんわり系
どちらも、その辺のどら焼きに比べればとってもおいしいが、
比較してみると、上野のほうが硬くて濃いめの「江戸の味」?
上野ののほうがおいしいって言う人もきっといる。
阿佐ヶ谷のはふつうの(「朝生」の)和菓子も売っていて、
私は桜餅や草餅も買って食べるけど、
つぶあんもこしあんも全体に水分が多め。
商品ラインナップによって、小豆の炊き方、あんの練り方が
違ってくるのかもしれない。

ちなみに親類関係の「うさぎや」は、日本橋にもあるけれど、
そこのどら焼きもまた違った味だった。
「うさぎまんじゅう」もそれぞれの店にあるけど、
仕様がそれぞれ違う。
チェーン店じゃないと、全店のを食べて比べてみたくなるのは
単なるマニア心?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/10

レンズ豆白玉ぜんざい

レンズ豆白玉ぜんざい
写真のファイルサイズ制限があってめんどくさいので、
携帯で撮ったらあんまりおいしそうに見えない…
家にストックされていた豆を煮るシリーズ。
しっかりゆでこぼしたから、えぐみはとれた。
水のみで15分煮てゆで汁を捨て、新しい水と砂糖と塩少々を加えて煮るだけ。
白玉は別にゆでて食べるときいっしょにもりつける。
レンズ豆はゆでこぼしさえちゃんとやれば、小豆より早く煮えるから
なかなか便利。
ストックが切れたからまた買ってきてしまったよ。
先週、同シリーズで賞味期限が去年だった「大納言小豆」を煮てみた
けれど、豆が古いせいか煮方が悪かったのか、皮も中身も妙に硬い
煮豆ふうゆで小豆になってしまった。
それはそれでちゃんと食べられたけどちょっと残念。

余談だが、白玉を写真のような形に成形(真ん中をへこます)
するといつも「赤血球みたい」と思う。
赤血球の形は写真でしか見たことないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/27

豆修行中

家にいて、正月実家から15キロほどもらった米を
地道に炊いて食べていたら、
働いていたときには食べないまま古くなってた米が
ぐんぐん減っていく。
米以外の家にあるものも食べていかないと。
一昨年くらいに豆を煮たい気持ちになっていたらしく、
何種類か豆を買ったが、実際煮るとこまでいかなかったようで、
室内で賞味期限が切れた豆を何袋か発見。
それを煮て食べようと思う。
乾物だし未開封だったからまあ毒はないだろう。
まず雑誌に作り方が載ってて一度作ったことがある、
レンズ豆を煮たシロップをかけたココナツミルクくず餅という
なんだか不思議なスイーツを作った。
くず餅はうまくできたが、レンズ豆、へんな匂い。
食べるとちょっとえぐい。
でも食べられないほどではないので完食した。
作り方のとおり、1時間つけた水をすてて、新しい水入れて
煮たんだけど、ゆでこぼしたほうがよかったかもしれないなー
と思いつつ、別の本で、また違うデザート用にレンズ豆を
煮るレシピを見たら、ちゃんとゆでこぼしてるじゃん。
ゆでこぼして再チャレンジだ。
なんつーか、作り方の通りにするとちょっとアレで、
自分で具合を見て対処すべき場合もあるもんだよね。

レシピに頼らないでアドリブでやろうとしたらしたで、
予想外の出来事が起こるけどねー。
レンズ豆の前に、白花豆を煮てスープに入れたんだけど、
煮えた豆は乾燥時と比べると驚くほど巨大化してて、
バランス取ってスープのほうも作ったら全体が大量に
なってしまった。
おいしかったけどどんぶり1杯食べたら飽きた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/30

抹茶とあんずのパウンドケーキ

最近バターはお店で見かけるようになってきたが、クリスマス前は特に
いっぱい生クリームやらバターやら出てたので、
少しずつ買いためてお菓子を作った。
安原さん編集「抹茶のお菓子」のパウンドケーキを。
お菓子作りは割と得意だと思っていたのだが、今回は衝撃的だった。
干しあんずがやわらかく煮えすぎて、
水分をたくさん含んだまま、刻んで生地に混ぜちゃったので、
焼けてるにもかかわらず、型から出したとたん、
ダラーっと崩れていった。びっくりしたー。
原形をとどめないパウンドケーキって初めてだ。
数日後、2個目に挑戦し、あんずの汁気をしっかり切って入れたら、
ちゃんとパウンドケーキの形にできあがった。
でもまだ水分が多目なのか、焼きあがるのに本に書いてあったより
時間がかかり、すぐには型から出せなかった。

食べてみたら、おいしいけど干しあんずがすごくすっぱい!
シロップで煮てあるのにあんなにすっぱいとは。
別の干しあんずならこんなにすっぱくないのだろうか。
量を少なめにしたほうがいいかもしれない。
年が明けたら再挑戦しよう。

このあんずを煮たシロップ(焼いたケーキに塗る)が、とってもいいにおい。
今回、塗布用にとってもまだ残ったが、捨てるのはもったいないと思って
いたら、料理に利用できた。
野菜と一緒にスープで煮た、豚ロースかたまり肉用のソース。
気軽に鍋に放り込んでいい感じに煮えたまではよかったが、
かたまり肉を食べるにはソースが必要だと後で気づいた。
冷蔵庫を捜索し、生クリーム+粒マスタードに塩を入れて鍋で温めてみた。
が、味見したらマスタードの味しかしなくて絶望。
ところが、思いついてそこにあんずシロップを入れたら、
いきなり風味豊かなおいしいソースになったのだ。
もちろん、以前にジャムを入れたちょっと甘酸っぱい豚肉用のソースの
レシピを見たことあったから入れたんだけど、
余ったシロップが意外なところで使いまわせたのが妙にうれしかった。

うまくいかなかったら原因を考えて改めるってのは仕事も料理もかわらないねー。
あと、ある仕事の結果がまったく別の場面で役立つのはうれしい。
仕事や料理に限らず、日常の行動すべてがそんなものか。
次に同じ失敗をしないように、「あんずがすっぱい」とか
「焼き時間もっと長く、でも上がこげるので途中でアルミ箔をかける」とか
「真ん中からきれいに膨らまない」とか、
うちのオーブンが原因と思われるのも含めて、気になった点は紙切れに書いて
作り方のページにはさんでおくのは、仕事でついたクセかもしれない。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/10/11

ゲテじゃないっす

(注:これもおととしあたりに書いたネタと思われ)
去年のクリスマス(イブじゃなくて当日)のお昼、
もちろんふつうに仕事をしていたのだが、
いつも現物(肉とかパンの耳とか)を気前よく提供してくださる
職場のエロい人が、我々に大鍋いっぱいのシチューを
ふるまってくださった。
見た目はビーフシチューだったが、お肉は鹿だそうで。
しかも(だじゃれじゃないよ)、猟で獲った鹿なんだって。
やわらかくておいしいお肉だった。
というか、昔鹿肉の刺身と食べたことがあるが、
刺身で食べてもやわらかくておいしかったなー鹿は。

後日、職場の他の課の女性職員たちと立ち話したとき、
鹿シチューおいしかった、鹿刺しもおいしいよ
という話をしたら、私がひそかにマダムと呼んでいる、
毎週美容院に行かれてるという美人女性職員の方が
「シス○(私のいる課)は忘年会もモツ鍋だしねー」
とのたまった。ひどいっ。
確かに狭くてそんなにキレイでもない店でモツ鍋食べて
忘年会だったけど、おいしかったぞっ。
まあでも他の課の忘年会は毎年会費1万円以上だというし、
モツ鍋?という反応はしかたない。
でもさー、鹿っつったらジビエだよ?
ジビエを味わったのに、あの反応はどうよ。
と思いつつ、自分でもジビエって正確にはどういう定義なんだか
よく知らないことに気づいて、ぐぐってみた。
「狩猟でとった肉全般」
みたいな感じらしい。野鳥とかウサギとか鹿とか。
ほらーやっぱりあのシチューのお肉はジビエじゃん!
それも、冷凍とかしてない国産ものだよたぶん。
グルメだよ、グルメ!ほんとか。

別にジビエとかじゃなくても、私は羊肉も好きだし、
鹿の肉も猪の肉も食べたことあるけど、みんなおいしい。

と、おいしいもの(肉ばっかだが)を並べてみると、
好き嫌いがないほうがいろんなおいしさを味わえるんだなぁと思い、
なんだか得した気分になった。

あぁちなみに、鹿の肉というと眉をひそめるマダムは、
職場最寄りの駅前のごくふつうの食堂で、私に何度も
ラーメンとかおごってくれました。
そこがマダムのおもしろいところ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)