2017/10/10

祈られてさえいない

X社案件で9月いっぱいひっぱられてダメだったので
先週Y社のほうで複数のお仕事に応募してみたが、社内選考にかけるという連絡以降、
平日3日間音沙汰がなく、反応悪いからだめかもしれない....と思ってたら
案の定、さっき全部社内選考でハネられたという連絡あった。
こちらはどうでしょう?という別件の紹介もない。

前Y社で応募したときは、社内選考待ち期間中、
日を置かずに「こちらならすぐご案内できますよ!」という
別案件の案内があり、会社訪問したけどだめだった。
で、自分で応募したやつは全部社内でハネられた。

あ!Y社、自分で応募した仕事はひとっつも社内選考通ってないじゃん!
今気づいてどうする。

困った。
また同じように応募しても全然うまくいく気がしない。

気分立て直して検討する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/05

2017年9月後半の記録

【これまでのああらすじ】
2016年11月からの派遣の仕事にいろいろ無理があったので、
2017年4月いっぱいで自己都合で終了。
その時の派遣会社(X社)から1か月放置後、いくつか仕事の紹介があったが、
すべて不調に終わる。
7月後半から登録済みの他の派遣会社(Y社)で仕事を探し、
事業所訪問(会社見学?)まで行ったところもあったが、断られる。
Y社で受かりそうな仕事がだんだなくなってきたので、
ダメもとでX社のwebから応募したら珍しく反応があり、
1社事業所訪問して断られたのち、続けて紹介された案件に応募して、
事業所訪問することになる。


9月11日に、9月1件目の事業所訪問した際は、
事前に担当営業の方から待ち合わせの場所と日時、当日連絡先が
メールで送られてきた。
待ち合わせも事業所訪問も問題なく終了し、結果は2日後に判明(断られた)。
その後、この仕事を紹介してくれたキャリアアドバイザーだかの人が、
以前から紹介していた別の仕事を再プッシュしてきた。
通常は断る、遠くて交通費も高い就業場所だったが、その時9月が半分過ぎてしまっていて、
早く就業したかったこともあって、受けてみることにした。
その企業の本社で顔合わせといいう名の面談することになった。
しかし、そのキャリアアドバイザーの人のメールに書いてある訪問の日付、
月日と曜日が合ってない。確認のメールを出した。
もちろん訂正が入って、正確な日時は判明した。しかし、そのメールには
指定の日時に、○○ビルの△△階に来てください
しか情報がない。
当日電車が止まっちゃった時とか、どこに連絡すればいいの?
前回同様、担当営業の人から改めて連絡あるのかな?
.......来なかった。

ビルの位置は知ってたけど、オフィスフロアの入り方がわからないので、
当日は待ち合わせの1時間くらい前にビル下まで到着。
指定の階への行き方を確認してから、時間つぶし。
待ち合わせ時、必ず営業から携帯に電話がくるので、携帯握りしめて
いたのだが、今回は最後まで電話はなかった。
訪問先の無人受付付近でうろうろしていたら、他の複数の人と打ち合わせ
している営業っぽい人がいたのだが、
連絡先知らないからこっちから電話できないしー、
と、さらにぶらぶらしていたら、ようやく声かけてきた。
今回、異なるポジションで複数名募集なので、まとめて顔合わせするんですと。
で、無事に顔合わせして、その営業氏がお決まりの意思確認をしてきたので、
働きたい旨回答したら、営業氏曰く、先方はスキル的には申し分ないと
おっしゃっていたと。結果は来週月曜日にわかる予定とのこと。
そして翌週月曜日、連絡はなかった。
しかし営業氏は名刺をくれなかったので直接連絡できず、
同じく訪問時にいたのに名刺くれなかったキャリアアドバイザー
のメールに対し、問い合わせの返信を送ったのが火曜日。
その日のうちに営業氏から「今週中までには回答がある予定です」という返事がきた。
その週は9月最終週だった........
さらに、その企業は週末にも決められず、最終的に「お見送りになりました」
回答があったのは、今週月曜日!
今年度下半期というか第3四半期は始まってしまっている.....

あー、やっぱあのとき「場所が遠いから」って断って、Y社のほうで仕事探せばよかった!
しかし、1週間も回答なかったら、派遣会社のほうも安全策としてなんか別の仕事
紹介してくれるもんじゃない?
しかしこれ、企業もひどいけど、派遣会社も、
-キャリアアドバイザーが、訪問の日付を間違えて送ってくる
-営業が連絡してこない、名刺くれない、安全策の提案もしないで10日以上待たせる
と、X社のケースの中でもかなりダメな対応された。
すごい雑に扱われた気がする。
私に就業してもらいたくなかったのかしら。

これ以降(といってもまだ2日だけど)上記X社からは音沙汰がないため、
Y社のほうでいくつかの仕事にエントリーしている。
X社は、webから応募しても社内選考に通らなかったら本人には
何も連絡しないという鬼のような仕様だが、
Y社は確認の電話が来て、社内選考して何営業日までには結果を
ご連絡します、と明確なのが良い。
(仕事の決まらなさはどっちも似たようなもんである)

今回に限って余りにも雑に扱われてダメージ大きいのに、
配偶者くらいにしかぶちまけられず、つらくて活動停止しそうに
なったので、記録に残してみた。

追記:
過去の記事見たら、以前もX社に「雑に扱われた」と憤慨していた。
忘れてた自分がまぬけなのだが、数週間の間に、同じ会社の2人の営業に
まともな対応とダメ対応されるとさすがにイラっとする。
営業のスキルにばらつきがあるんだよねー。
X社はweb応募が鬼仕様なんだから、その壁を突破してようやく連絡
とれる営業の人の対応スキルは同じレベルに揃えておいてほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/06/11

自分史上最速クビ

ひさしぶりの更新がこんな悲惨なネタになってしまうことを
先にお詫びいたします。

直前のエントリのお時給泥棒職場は期間限定だったので、
円満に年度末で契約満了。
年度替りだからか、景気がよくなったのか、次のお仕事の案内が
3月はじめくらいから来て、面談行ってだめなところもあったけど、
なんか時給が派遣仕事で最高額のお仕事に決まったのだった。
もちろん長期予定。
これも自分の派遣仕事で初めて、間をあけずに、前のところを
去った翌日には次の派遣先で仕事を始めた。
しかし、はじめてみるとなんか仕事しにくい、技術以外の、
苦手とするスキルが求められているなー、働きにくいというか
なんかつらい....と思っていたら、それを見抜かれたらしく、
5月に派遣会社から3ヶ月契約の次期更新の問い合わせがあったので、
更新希望したのだが、更新してもらえなかった(=クビ)。

派遣会社の営業の人が派遣先に来て帰っていったらしき後、
派遣先の社員のチームリーダーの人からクビ宣告を受けた。
新卒の社員の配属が5月からだったので、ようやく5月中ごろに
開催された歓送迎会+キックオフの会に参加した
ちょうど1週間後のことだった....
そのときリーダーが言ってた私の至らない点はどれも耳に痛い
ものだったし、このまま仕事するのつらいかも...と思っていたので
安心した部分もあったのだが、その後のリーダー氏の言葉
「来月いっぱいまではやる気をなくさず、今までどおり仕事を
進めてください」
にあっけにとられ、その瞬間に全やる気が雲のむこうに飛んで
いってしまった。

あれから2週間ちょっとたつ。
なんかもう私はいないものとされてるんじゃないか、という孤立ぶり。
みんなが忙しい中、私にだけ新しい仕事がふれないんだから
しかたないんだけど、とにかく仕事しててもなんかいたたまれない。

たぶんまわりの別の会社の派遣の人やクビ宣告をした社員の人は、
私が、
次の仕事が決まらなければ即無職
の登録型派遣だってことを知らないんだろうな。
知っててクビにして平気でいるんだったら逆にすごい。

そんなわけで今絶賛お仕事探し中なのだが、
あの3月のお仕事案内ラッシュはなんだったの?
というくらい、大丈夫そうなお仕事がない。
だから余計に不安にかられ、仕事に集中できない。
今私は、完全にうつ状態。
いちばんしっかりしないといけない時なのに、
自己評価最低になっちゃってるし。

私がやることになっている日にちのきまった作業があるために、
休むに休めず、かといって仕事もはかどらず、つらい日々が
続いている。

なんかもう評価も最低になってそうだけど、
来月から関係なくなる会社の評価なんてもうどうでもいい。
まわりがどんなに忙しくても関係ない。
ふられている仕事をなんとか終わらせて、有給休暇を
まとめて取りたい。そのためにがんばる。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/14

妖怪種まきばばあ参上

さすがに当初よりはましになったとはいえ、いまだお時給泥棒状態が続いている。
作業を依頼してくる人(1名)以外の人との仕事でのかかわりほとんどなく、
当然のごとく会話もなし。
何かの報告メールを出してもまったく反応がなく、精神的に堪える日々が
続いている。
むしゃくしゃするので、植物テロをぶちかますことにした。

庭に生えてきた野良白ユリ(外来種のタカサゴユリ)は年を重ねるごとに増え、
今年は100輪くらい咲いた。というか今も咲いている。
夏ごろ、うっかり芝と一緒に刈っちゃったのが、9月10月と暑さが長引いたために
再び伸びてつぼみをつけ、ついに先週開花したのだ。この寒い中。

一方、9月ごろ咲いた100輪のほうは、もうすっかり立派な実になっていて、
実(莢?)の先端が開くと、中から小さくて軽い大量の種子が出てきて、
風に乗って飛んでいく。
でも、これ以上うちの庭で増えられるのもなーと思い、先日、実の部分を
全部切り取って集めて、割って中の種子をスライドジッパーつき食品保存袋に
入れてみた。
さすが100輪、大サイズの袋いっぱいの種子がとれた。
その後、その種子の一部は、隣のお庭に、3つかみくらい、風に乗せて飛ばしてみた。
いや、隣のお庭は、今年は生えてきたヤブカラシを放置してたので、
地下からも地上からもうちの庭に侵入してきて、ヤブカラシとり大変だったのよ。
うちの庭には去年までヤブカラシは生えてなかったから、あきらかにお隣の庭
が原因。
ということで、こちらからはヤブカラシのお礼にユリの種を数千ほどプレゼント
いたしました。
でも大丈夫、お隣の庭は木が植えてあってうちより日があたらないので、
実際にユリが生えてくるのはおそらく数本がいいとこ。
そう思うと、もっとこう、この繁殖力旺盛な白いユリが、いっぱいに咲き乱れ
ることができるような場所に、種を飛ばしてあげたいなーと思うようになった。

自宅近所は住宅密集地なので、適した場所がなかなか見つからなかった。
そこで目をつけたのは今通っている派遣先近辺。
タワーマンションが立ち並ぶ割には人通り少なく、程よく放置された広い地面が
ある!よし!ここに飛ばすぞ!

たくらんでいるだけで、まだ実行はしていない。
実行したとしても、結果がわかるのは来年の夏の終わり。
今の派遣仕事、最長でも来年3月までなので、成功したかどうか確かめる
のは、ちょっとめんどくさい。
来年の夏、自分の庭で咲いたら、今頃あそこでも咲き乱れてるのかなーと
妄想するだけで十分だな。
う...外来植物の種子をばらまくとか...通報されちゃうかしら......

書いているうちに気づいた。
結局、
「誰も知らなくてもいいけど自分がなんかやった証拠を残したい」
んだなー。
病んでるなー。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/01

縁起物はオレ

まず、前職の常駐先でこんな出来事があった。

「子宝の席」と格差社会
働く母に無責任にがんばれーと言ってみる

さて、私は今月いっぱいで、業務を引き継ぐ相手もなく
このまま派遣先を去りそうな雰囲気なのだが、
同じ部署の別方面からも、「引継ぎ」という言葉が聞こえて
くるのに気づいた。
あれ、この部署のもう一人の女子が…彼女もここから去るの?
どこか他の現場に?それとも何かわたしのとばっちり?
などと微妙に悶々としていたら、本人がきっちり教えてくれた。
おめでただってー!
おめでとう!
ついでに「私も私も。今月いっぱいで退場。」と、めでたくもないのに
カミングアウトしてしまった。

ところで、前職場での「子宝」は、席か、もしくはその席の正面に
いた課長の力によるものではないかといわれていた(笑)。
最初にご懐妊した正職員の女性は、結婚して何年もたって
たんだけど、なかなか恵まれなくて、異動してきたらすぐご懐妊。
「やっぱり環境かわると影響あるのかもしれない」と言っていた。
そして、その人の産休育休の間に来ていた派遣女性3人のうち2人が、
またまたご懐妊だったんだから、すごい子宝の席(または課長)だ。

で、今回「おめでとー!」の人は、ちょうど前職場の正職員の人と
同年代。初産としてはかなり遅め。結婚して結構経ってそう。
しかも、計画して妊娠したわけではなさそう。

もしかして…もしかして、子宝に恵まれる縁起ものって、
あの席とか課長とかじゃなくて、私なんじゃないか?
私と同じ部署で仕事してると、妊娠しやすくなるんじゃない?

とりあえず、妊娠したいのになかなか恵まれないという女性は、
ぜひ私の近くで働いてみてください!

……
もちろんそんなの、中二的邪気眼発想というか、妄想。
でも、自分は割と不運な目にあっててても、
幸運を他人にあげられている、という妄想は、けっこう楽しい。

これを何か勘違いしてしまうと、
自称霊能者とかになってしまうんだろうか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/25

忘年会が嫌

半年以上おいといていきなりこんネタ。本当にすいません。
しかし今強く思っているので書く。
職場でやる忘年会に出たくない。
去年とか一昨年とかは割と抵抗なく出てたのに、今年はすごく出たくない。
なぜかしらー。
去年の忘年会のときは「来年はもういないぞー」って思っていたからか?

とにかく、条件は去年までと同じなのに、
-お酒がほとんど飲めないから飲み放題全然うれしくない
-立食だと食った気がしない
-実行委員が一所懸命準備したゲームとか超だるい
-時給もらえないのに時間外拘束される
とかなにもかもいやなことだらけ。

2回の実績から、実際参加したらゲームもちゃんとやるし料理も食べて、
それなりに参加できるんだけど、その後ものすごく疲れるのだよ。

もともと忘年会とクリスマスが嫌いだと繰り返し書いてきた。
12月生まれだから。
12月のイベントといえば自分の中で一番重要なのは誕生日なんだけど、
世間は忘年会とかクリスマスで盛り上がってるので、
他人からはたいてい忘れられるか優先度は最低にされるわけだ。
イベントをのぞいても年末はあれこれ忙しいし。
子供の頃は誕生日とクリスマスはプレゼント一緒にされたし。
長じては誕生日を祝ってくれても忘年会と一緒にされたり。

もともと忘年会嫌いな上に、職場や仕事でもいろんなものが積み重なっている。w
今の職場で仕事して2年半の間に、モチベーションは下がる一方。
一昨年より去年、去年より今年と、どんどんこの職場で働いてる意味が
わからなくなってきている。
なので、実は忘年会自体は毎年ほとんど変わってないのだが、
私が今まで「まいっか」とスルーしてきた嫌いな部分がスルーできなくなっている。

…忘年会はかわらないと言っても、職場のほうはかわってるんだよなー。
詳しくは書かないけど、私の印象としては
妾のようなビジネスモデルになってしまった。
同時に、親会社がこうだから、服装規程を作りました!とか、
やたらに親会社はこうなんです!とうるさくなって、本当にうんざりだ。
親会社はグローバル企業なのに、なんでそんな内向きなの?
その親会社どころか客先にだって行かない私に、
ジーンズ禁止(もともとはいてきてないが)とかレギンス禁止(意味がわからない)
とか、文句ばかりつけてきやがる。理不尽だ。
派遣なのに親会社に忠誠心を見せないといけないとかありえんだろう。

「実行委員たてて、みんなで盛り上がろう」って、昭和とは言わないけど
どう考えても20世紀のノリだしなー。
新卒入社した会社ではこういう忘年会やってたな。吉祥寺のホテルの宴会場とかで。
20年ちかく前、1990年代前半のお話。
だから2011年の今、宴会場借りて会社主催の忘年会でゲームやってとか言われると
古臭い!大企業体質丸出し!
と、抵抗感が年々強まってくる。
去年は身近な人が実行委員だったから、出なきゃしゃあないなーと思って出たけど、
今年はどんな用事を作って避けようか、今から考えている。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011/04/10

大地震後、そのあと

春分の日を含む3連休の真ん中の1日に実家に帰ってみた。

現地に向かうとき、姉と同じ便の高速バスに乗れたので、
「なんか料理いっぱい作ってるっぽいよ。」
「まだ余震もひどいって言ってるから、まさか天ぷらとかは
揚げてないよねー」
「まさか揚げ物はしないでしょー」
と話していたのに、実家に着いたら玄関先で油のにおいが。
天ぷら山盛り揚げていたよ。
母の危機意識がよくわからない。
そのほかにも、米を7カップも炊いてちらし寿司作ってたし、
完全にいつもの「お彼岸」のノリであった。

実家から歩いて5分の鹿島神宮の大きな鳥居が崩れて
すっかり片付けられた跡とか、ばらんばらんになった石の灯篭が、
江戸時代とかけっこう古いものだったりとか、鹿島神宮の中の
被災状況の写真は撮ってきたけど、
津波の跡だったり、電柱がナナメになってたり、液状化の跡やら
道路の舗装がめくれてたりしてたのは、「被災地観光」みたいで
撮れなかったなあ。
実家があるのは縄文時代から人が住んでる台地の上なので、
津波の被害はなかったのだが、台地の下は、
鹿島港が内陸掘り込み式の港であることがたたって、
海の見えない奥のほうまで津波が来たそうだ。
高速バスが下道に下りたあと、その津波被害の一部を
垣間見た。
港のそばに置いてあったはずの貨物コンテナが、
流されて田んぼの中の水路に斜めにささっているのが見えた。
ちなみに台地の下でも、昔から集落があった場所は
液状化の被害が比較的少なかったそうだ。
新しく宅地化したところは、浦安のような埋立地ではなかった
ものの、もとは田んぼや湿地だったわけだからねー。
台地の上でも、ブロック塀が崩れたり、屋根の瓦が落ちたり
ずれたりしたところは多かった。
お彼岸だったので、お墓参りも行った。
墓石はのきなみ倒れたりずれたりしてたそうだが、
お彼岸前に皆とりあえず元に戻したらしく、土がついちゃってる
お墓とかもあった。付属品の灯篭とかは倒れたり壊れたまま
のお墓が多かった。これから石屋さん大もうけだろうなあ。
ちなみに7年前に死んだ父の墓にはまだ墓石を建ててない
ので、うちの墓は被害ゼロ。貧乏でよかった(笑)

仕事のほうは特に変化なし。
つか、
これがこの会社クオリティだよね、もともと
というレベルのまま。
「せっかく作ったBCPも、何の役にもたたない」ということは
よーくわかった。
データセンターが大災害で破損することは想定してても、
停電するかもしれないなんて想定してなかったからね。
えらい人たちは、大停電になったらもうどうしようもないから
何もしないみたいなことを言い出している。
実際作業する私らは、
停電したらデータセンターに自転車でかけつけるかねー
とか、
ITのためのITじゃない対応策」を検討したりした。
想定できる状況を洗い出して、出来る範囲の対策は考えるでしょ、
エンジニアならば。コンサルタントはどうか知らんけど。

それから、いち早く被災地支援活動を言い出して会社に文句つけられた
同じ派遣会社の同僚が、会社を去ることになった。
業務終了してすぐボランティアに行って来るんだって。
さすがの行動力だ。
私は上にも書いた夏のサーバたちが心配ではあるので、
夏に何が起こるか見届けようかなぁ、と思う。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/17

大地震後まとめその3 金返せ

大地震発生後の個人的まとめ その2 の続き

火曜日。
通常の7割運行なのに、正直いつもの中央線→山手線よりスムーズ!
前日遅刻したのでもっと早めに出たら、到着早すぎた。
月曜日に出勤不可だった人もやってきて、部署全員揃った。

lこの日もともと予定されてた、来期の会社のなんとか戦略とか
組織変更とかの説明会が予定通り行われた。
社長が加齢いや華麗にパワポを操って30分休みなく喋り続けた説明の
内容はすでに周知済みで、私にとってはいろいろ「萎える」要素が満載
だったから、気が向いたらつっこみいれようかなーとも思ったけど、
社員(2人)の質問に社長が熱く応えているのを見て、ますます萎えて
どうでもよくなってしまった。
この説明会って、今この状況でもやらないといけないものなのかなー。
優先順位を完全に取り違えている。

この日、同じ派遣社員の某さんから、呼びかけのメールが。
事務方部署にいる別の女子社員の実家が放射能の危険にさらされて
いるので、少しでも防げるものを購入して送ろうという内容。
社内の全員宛メールだったので、事務方の確認とったのかな?と
思ったけど、趣旨には賛同したから、お金を拠出。
そのちょっと後、事務方部署から、わけのわからないお見舞いメールが
同じく全員宛で届いた。
「ご家族が被災された方はよければ申し出てください
えー?それこそ一人ひとりに確認することじゃないの?申告制なの?
うちの実家も被災したといえばしたんだけど、報告する気になれない。
ますますピントずれてきてるな、大丈夫か?

仕事上はさほどトラブルもなかったので火曜日もほどほどで帰宅。
帰宅して姉に電話して寝る。

水曜日。
「有志でお見舞い」の声をあげた某さんから話を聞いたら、
事務方のほうから呼び出され「勝手なことすな」と「説得」され、
じゃあ集めたお金をそちらのいいようにしてください、とまるごと
引継ぎしちゃったんだそうだ。

なんだそれ。
自分の中でちょっと整理してみた。

事務方が気にしているのはこんなこと?
-特定の人の関連の被災者だけでなく、広く「関連被災者」の情報を集め、
その人たち全員に最適なお見舞いしたい。
-個人の事情をいきなり全員宛メールで送るのは個人情報保護的に
コンプライアンス違反みたいな。

最初に言い出した某さんがぬかったのはこんなこと?
-事務方に確認とらず、全員宛メールで「会社有志」のお金を募ろうとした
-全社的になると趣旨がかわってくるのに、お金出した人に確認せずに
事務方に移管した

私は某さんの趣旨に賛同したからお金出したのであって、
前2エントリにわたって悪口書き続けている事務方に預ける気は
さらさらない。
お金戻してもらっていいですかー?と、返金をお願いした。
趣旨が違ってきちゃうんで個人としてしかるべき筋で送りますと。
そもそも、会社は会社のお金で義援金を送るもんじゃないの
心ある人から募る「有志」の「見舞金」の対象者のリストを作るのは
事務方の仕事かもしれないけど、募って集金して管理して、
「有志」の見舞いの品の選定したり送ったりをコントロールするのは
違うんじゃない?
社員より派遣社員のほうが多い職場なので、コンプライアンス的に
個人的なことを聞けないと思ってるのかどうかはわからないが、
だれかひとりが各部署回って全員の状況と関係の被災者の有無を
確認してまとめて、対応を周知すればよかったんじゃないの?
指摘したところで、またピントのずれた反応が返ってくるだけだろうしなあ。
事務方、社長はじめ、エライ人ほど非常時に個別事案対応しかできず、
組織的な行動方針を打ち出せない会社。
みんなもっとできる人たちだと思ってたのに。
残念すぎる。
終わりだ。この話題も、あれもこれも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大地震発生後の個人的まとめ その2

前記事の続き。

月曜日は3月14日。
1ヶ月前に女性2人の連名(「伊達直人」案も検討)で配ったチョコの
お返しが、各人からやってきて、お菓子に囲まれて仕事していた。
みなさん出勤するだけで大変だったろうに、お気遣いありがとうございます。

お菓子に囲まれて一応定時の間会社にいたのだが、上司が出勤不可だったこともあり、
「出勤できない人がいる場合かわりは誰がやるか」
「節電を考えると、輪番出勤にしなくていいのか」
など、まったく検討することができなかった。
いや、事務方とかえらい人たちは検討してたのかもしれないが、
周知はまったくなし。
事務方からいつものようにピントのずれた「無理して出勤しなくていいです」
というメールくらいはきてたような。でもその「無理」の基準がどこにも書いて
なくて、そこは「自己判断」「上司に相談」という暗黙のルールが
あるらしい。明記してないからわからんが。
じゃなくてー、会社としての基準とか方針とか、示してもらえないわけ?
えらい人たちは今日の社外での打ち合わせや、今週の予定のキャンセルの
電話をかけている
のが聞こえてきた。
あのー、そんなことより自分のいる会社のほうをまず…
そして金曜と同じように、ついったーでは「会社は15時あがり」などという
ツイートが流れているのに、私の職場では「無理しないで(=自己判断で!)」
という曖昧ですらない指示にもならない連絡しか来なかった!
なんかどっと疲れたのでそそくさ帰宅。
とはいっても、30分遅刻したから、定時以降30分働いて、その後帰った。
「気をつけて、無理しないで」といいつつ、後で「じゃあ地震の影響で遅れた
分は時給計算していいですか?」と聞いたら、「それはそれ、これはこれ」
手のひらを返しかねない人たちなのだ。
抗議すると「規定でそうなっているから」とにべもないので、後で足元すくわれ
ないように、事務方の甘言には常に気をつけている。
駅に着いて山手線のホームに行っても電車はなかなか来ないし、すごく込んでそうだし、
あきらめて改札を出て、中野行きバスの座席に座って寝て中野まで。
中野駅は人であふれてたのでそのまま歩いて自宅まで。
くたくた。必死に持ち帰ったお菓子をつまんで、そのまま寝た。

さらに続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/16

大地震発生後の個人的まとめ

3ヶ月半ごぶさたでした。
3月11日に東北・関東で大地震が起きた。
備忘録としてそのときのことを書いておく。

当日(金曜日)。
私はなんだかんだ言いつつまだあの派遣先で働いているので、
机の下にもぐってやりすごし、その後「月曜日にデータセンター見にいかないとねー
とか言いながら、携帯でテレビ見たりついったーをずっと眺めてたりしていたのだが、
TL上のどこか他社の人は
「会社から指示があったので待機」とか「徒歩で帰宅」とか、
皆それなりの指示があったもよう。
しかし私の派遣先は、最初のゆれからしばらくして
「外出してる人はないね?」
と社長(だった気がする)の確認があったきり、指示まるでなし。
あとは、以前登録させられた「セコムの安否確認システム」
から携帯にメールが来て、「無事だったらこのサイトのボタンを押せ」
っていう内容なのだが、そのサイトが込み合っててつながらない。
しかたないから定時まで待機して「もう帰っていいんだよね?」
と思いながら、徒歩で帰れそうな人は三々五々退出。
私ももちろん歩いて自宅まで帰った。
青山学院近くから阿佐ヶ谷駅近くまで、2時間10分くらいかかった。
実家のある茨城も2度目の揺れの震源で、それなりの被害もあり、
あたりまえのように電話はつながらない。
自宅に帰り着いて、しばらくはテレビやネットで情報収集していたが、
力尽きて寝落ち。

翌日(土曜日)
目が覚めたら朝もだいぶ遅い時間だったので、ためしに実家に電話かけたら
つながった。実家の母は怪我はなく、家はものが散らばって大変だし、
断水もしてるけど、飲み水も風呂の残り湯もあるし、ガスと電気は使えるから
まだ大丈夫とのこと。

日曜日。
自宅の固定電話に、コードレスしかない電話機しかつないでなかったので、
コードあり電話機をかってきて、つなぎかえた。
原発はもちろん、鹿島の工業地帯にある火力発電所も止まったため、
計画停電の話が出てきた。
日曜夜はまだ詳しいことがわからず、寝るに寝られなくて、
深夜から月曜にかけて、停電の状況と、週明けの鉄道の運行状況をチェックしながら、
-月曜はたぶん出勤できない人がいるから、その分対応しないといけないかも
-データセンターは停電しなさそうだけど、いらんサーバは節電のために止めなくちゃ
-もしかするとデータセンター停電もありうるから、そのときの対応手順も考えないと
とか、月曜出勤して検討すべきことを頭の中で整理していた。

月曜朝。
計画停電は始まってなかったけど、中央線は駅に入れないくらい込み合って
いたので、青梅街道を新宿方面に歩きながら、入り易そうな丸の内線の駅を
探っていたら、東高円寺は奇跡のようにすいていた(すぐ改札通れた)。
激込みの車両に乗って、新宿へ。新宿で乗り換えた山手線は
通常よりすいていて、通常よりスムーズに走っていた。
30分遅れで職場に到着。
私の部署は、一人出勤してきていた。その人が一番あてになる人なので、
昨晩整理したことを雑談レベルで相談して、とりあえずいらんサーバを
シャットダウン。その前に監視停止依頼とか。
そのうち、居住地が遠くてとても出勤できない人と、予定の休みだった人を
のぞいて、ぼちぼちやっててきた。

社長とか、えらい人もだんだん揃って来たので、
出勤してきた人全員集めて何か指示とかあるのかなーと思っていたら、
まったくなし!
なぜか金曜日に発動した「安否確認システム」から「出勤できるかどうか」
を選択してください、というメールが来たので「出勤済み」を登録。
全社で60人くらいしかいないのに、誰が出勤してきているのか、
名簿片手に「○○さんはきてますかー」と確認しに来る人はおらず。
さらに、事務方から全員宛メールで「誰が出社しているのか確認したい
ので、派遣の人もサイボウズでタイムカードをつけてください」というお願いが。
だーかーらー、どこかに全員の名前書いた模造紙でもはって、
出勤した人に印つけさせればいいでしょ!
ただでさえ出勤大変なのに、携帯とサイボウズと、毎日両方やれと?
それ事務方が楽したいだけじゃないのー?

もともと、何やってもピントがずれてて、むこうはよかれと思っていても
こっちは全然うれしくない「心遣い」とか、そういうことばっかしてくる
事務方だったのだが、この非常時にそのダメさが爆発した。

続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧