2013/11/14

妖怪種まきばばあ参上

さすがに当初よりはましになったとはいえ、いまだお時給泥棒状態が続いている。
作業を依頼してくる人(1名)以外の人との仕事でのかかわりほとんどなく、
当然のごとく会話もなし。
何かの報告メールを出してもまったく反応がなく、精神的に堪える日々が
続いている。
むしゃくしゃするので、植物テロをぶちかますことにした。

庭に生えてきた野良白ユリ(外来種のタカサゴユリ)は年を重ねるごとに増え、
今年は100輪くらい咲いた。というか今も咲いている。
夏ごろ、うっかり芝と一緒に刈っちゃったのが、9月10月と暑さが長引いたために
再び伸びてつぼみをつけ、ついに先週開花したのだ。この寒い中。

一方、9月ごろ咲いた100輪のほうは、もうすっかり立派な実になっていて、
実(莢?)の先端が開くと、中から小さくて軽い大量の種子が出てきて、
風に乗って飛んでいく。
でも、これ以上うちの庭で増えられるのもなーと思い、先日、実の部分を
全部切り取って集めて、割って中の種子をスライドジッパーつき食品保存袋に
入れてみた。
さすが100輪、大サイズの袋いっぱいの種子がとれた。
その後、その種子の一部は、隣のお庭に、3つかみくらい、風に乗せて飛ばしてみた。
いや、隣のお庭は、今年は生えてきたヤブカラシを放置してたので、
地下からも地上からもうちの庭に侵入してきて、ヤブカラシとり大変だったのよ。
うちの庭には去年までヤブカラシは生えてなかったから、あきらかにお隣の庭
が原因。
ということで、こちらからはヤブカラシのお礼にユリの種を数千ほどプレゼント
いたしました。
でも大丈夫、お隣の庭は木が植えてあってうちより日があたらないので、
実際にユリが生えてくるのはおそらく数本がいいとこ。
そう思うと、もっとこう、この繁殖力旺盛な白いユリが、いっぱいに咲き乱れ
ることができるような場所に、種を飛ばしてあげたいなーと思うようになった。

自宅近所は住宅密集地なので、適した場所がなかなか見つからなかった。
そこで目をつけたのは今通っている派遣先近辺。
タワーマンションが立ち並ぶ割には人通り少なく、程よく放置された広い地面が
ある!よし!ここに飛ばすぞ!

たくらんでいるだけで、まだ実行はしていない。
実行したとしても、結果がわかるのは来年の夏の終わり。
今の派遣仕事、最長でも来年3月までなので、成功したかどうか確かめる
のは、ちょっとめんどくさい。
来年の夏、自分の庭で咲いたら、今頃あそこでも咲き乱れてるのかなーと
妄想するだけで十分だな。
う...外来植物の種子をばらまくとか...通報されちゃうかしら......

書いているうちに気づいた。
結局、
「誰も知らなくてもいいけど自分がなんかやった証拠を残したい」
んだなー。
病んでるなー。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/01

ユリ増えた

去年、植えたわけでもないのにユリが生えてきて白い花が咲いたが、
今年はそれが3株に増殖。

Dvc00038

去年も存在を確認していたがつぼみがつかなかった2株目、
だいぶ栄養を貯めたらしく、今年はいきなりひと株でつぼみを4つつけている。

Dvc00036n

去年1輪咲かせてくれた株は今年はちょっと元気がないが、つぼみひとつ。

Dvc00037

そして昨年存在を確認できなかった3株目は、
他の株より日当たりのいいところに生えてきたので一番元気。
つぼみはひとつだけれど大きくて最初に咲きそう。

どれも去年より丈が高い。
今年は生育条件がよかったのかなー。

ちなみに去年くらいまでは庭で2匹くらいヤモリをみかけたが、
今年は「なんか小さい魚の骨みたいなのが落ちてる」
と思ったらヤモリの死骸だった、という事件が3回ほどあり、
生きている姿にお目にかかっていない。
猫か鳥の仕業だろうが、今年に限って連続。
もしやこの死骸がユリの栄養に…

この写真撮影から1週間経過。去年咲いたのはちょっと遅れ気味だが、
他はつぼみがだいぶうつむいて、かなりユリらしくなってきた。
でも去年はここから咲くまでがけっこう長かったからなー
気長に待とう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/23

生えてきた

うちのマンションの庭にユリが生えてきた。
雑草とりしていたときに、ユリっぽい葉っぱだったので
なにげに残しておいたら、ほんとにユリだった。
つぼみがこんなに大きくなってるし!

P8140569

最初は上を向いていたつぼみがユリっぽくうつむいてきたので、
もうすぐ咲くぞ!と思ってから1週間、まだ咲かない。
白い花であることはわかったけども。

実家のほうで野生のユリとしてよく見かけるのは、
花が大きく、花弁に模様のあるヤマユリだが、
うちに生えてきたのは葉っぱの形が違う。ヤマユリに比べるとかなり細い。

お盆に実家で聞いたところでは、ここ20年くらいの間に
海岸のほうの空き地に群生するようになった、
種で増える白いユリがあるそうで。
確かに私も高速バスが通りかかる海の近くのほうで、白いユリがたくさん
咲いてるのを見たことがある。
種類はよくわかんないけど、あんまり爆発的に増えるので
「バカユリ」って呼んでる人もいるそうだ。

webで調べてみたら、うちに生えたのは葉っぱの形などから、
おそらく台湾原産の「タカサゴユリ」の交雑したものと思われる。
種でものすごく増えるそうなのだが、発芽して1年目には
球根を育てるために花は出ないという。
なんでこのマンションが建って4回目の夏に突然生えてきたの?
と思ったけれど、2年目くらいにどこかから種が飛んできたんだろう、
と納得。
種は風で飛んできたかもしれないし、隣のアパートとの境界近くのほうに
生えてるところを見ると、外からこの庭に出入りしていた猫が
体にくっつけてきたのかもしれない。
でも近隣で咲いてるのは見たことないからちょっと不思議。
実家と群生地も数キロ離れているから、実家から持ってきたとも
思えないし。

それにしても、隣のお庭は芝生をはがして造園業者入れて
ばっちり木を植えて素敵なお庭(自動水やり装置もある)になってるし、
反対側のお隣も毎年何かしらの植物栽培に果敢にチャレンジして、
今年は紫陽花を植えて花を咲かせている(しかし、色がないつーかうすみどり色)が、
うちは、雑草とって芝を適当に刈ってるだけで、ネジバナと百合が生えてきた。
赤紫蘇と山椒も生えてきたし。
お金をかけず最低限の手間で勝手に花が咲いてくれるんだから、
自然の恵みってすばらしい!
薬剤はおろか肥料も使用してない。天然+人為的取捨選択。
つーか、古い木から落ちた実が発芽して育った梅の木をそのまま大きくして、
今年は百個以上実を収穫して梅干をたくさん漬けた実家の母と同じことを
やっているだけのような気がする。

まー、手も金も必要最低限だけかけて、間口だけは広く取っておく
つーのは庭に限ったことではなく、生活全般においてそんな感じか。

唯一ピントが合ったネジバナの写真。
P7050559

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/17

箱座りできない季節

住んでる街区(○○×丁目)は、なんだか猫だらけで、
駅から家まで徒歩5分弱の道のりで、猫を見ない日はないのだが、
こう暑いと外にはいないだろうと思いつつ見てみると、
ちゃんといる。
というか、ふだん外にいる猫は、飼われてはいるけれど
基本的に家の中には入らないみたい。それって飼い猫なのか。
暑いとき、屋外で猫はどのように過ごすか。
歩いている猫以外は、全部の脚を投げ出して横になって
地面にべったりと、まるで死体のように寝そべっている。
死んでるのかと思ってよく見ると呼吸はしているのだが、
とにかくぴくりとも動かない。
どの猫も、いつもなら脚はちゃんとたたんで箱座りしてるんだけど、
あの姿勢では暑いんだろうなー。それでなくても全身毛皮だしねー。
路地の奥でべったり、車の下で2匹べったり、
とあるお宅の庭の隅の草の陰でべったり。
昨日帰宅途中には、路地の奥で3匹脚を投げ出して寝ているのを
見た。
もちょっと数が多ければ、猫大量虐殺?と見間違いそうな感じだった。

私なんか平日昼間はエアコンのある(設定温度高いけど)ところで
仕事してるから、日中の暑さをダイレクトに感じていない。
猫の寝方を見て「ほんとうに暑いんだな」と実感してるような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/16

さわやかコミュニケーション

日曜日の夜に、西友でしこたま買物して、
重い荷物をぶらさげて家に帰る途中、
前方のバレエ教室前で白い猫がすたすた
歩いているのを発見。
背後の私にいつ気づくかなーと思いつつ
猫の後ろ姿をじっと見ながら後をついて歩いたら、
30秒くらいしてからふっと振り向いてこっちをみた。
その顔に警戒とか敵意が感じられなかったので、
思わず「よっ」と声をかけたら、
奴も「にゃっ」と返事をした。
まるで道端で近所の顔なじみと会ったみたいな感じ。
ありがちな猫との交流
ネコ「にゃーん」(甘えた声)
ヒト「よしよし」(なでてあげる)
みたいな感じではなくて、あくまで対等に、なにげなくご挨拶。
いい気分になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/31

日曜日

麻布十番へ行きました。
天気がもてば、界隈の写真でも撮ろうかと
サイバーショットのほうを持っていきました。
かばんはもっこりです。
900ISは……充電忘れてた。とほほ。

用事が済んでから、商店街を歩いたり、
暗闇坂を上ったりしたけど、人が多かったり
立ち止まれないほど歩道が狭かったりで、
なかなかカメラを出せません。
もう一度坂を下って、麻生十番駅の近くの
古川(港区内での名称。上流は渋谷川)がスゲー曲がってるところに到着。

Dsc00227

地図的に言うと、一の橋交差点のあたり。
川の両側に公園があって、両岸に木道が作られていました。
公園内で川の両岸を結ぶ橋も、一応木製っぽくなってます。

Dsc00232


木っぽい橋から見える、高速道路の裏側。

Dsc00231


日本橋あたりでは邪険にされてる川のうえの高速道路だけど、
実は私はこういう景色もけっこう好き。

川の護岸のところに、緑色の鳥が。
高倍率望遠できるデジカメ持ってきてよかったー
と思ったら、動きが早すぎて鳥の形に写らなかった。

Dsc00235


あえて拡大とかトリミングしてません。さて、鳥はどこにいるでしょう?

鳥たちが地面近くまで上がってきたので、
対岸から移動して撮ろうと思ったら、
案の定逃げられた。
でも、緑色のボディに目のまわりが白いことが肉眼で確認できました。
あれはおそらくメジロ。

私が撮ってる間には見られなかったけれど、
この公園のところでは、定期的にこの川の護岸の
とこから噴水が出るそうです。
川を公園の池のかわりに使ってるわけですね。
噴水にはこのへんにわいている湧水を使っているとか。

そういえば、岡本かの子「金魚繚乱」の中に出てくる昔の麻布では、
小さい谷状の地形から湧く水を利用して金魚の養殖が行われて
いたと書いてありました。
その麻布の谷というのはおそらく今の六本木ヒルズのところ。
ヒルズといいながらもともとは一部が谷の地形(北日ヶ窪町)で、
再開発されるまでは金魚屋さんがあったということ。
ヒルズができる前に行ってみたかった。
そういえばまだ六本木ヒルズに行ったことないな。

| | コメント (0)

2006/10/23

また動物

夜、相方が帰ってきて玄関のドアが開いたのだが、
ドアを開けた手だけが見えたまま、中に入って来ない。
玄関まで行って声をかけたら、
「ねずみがいる」と言う。
ドアから顔を出してのぞくと、
玄関横にあるエアコン室外機の陰に隠れるように、
茶色い毛皮のねずみがじっとしていた。
けっこーでかい。
しっぽには毛が生えてない。
見た目、ドブネズミとかクマネズミではなく、
人を見ても逃げないでじっとしていたから、
ペットっぽいんだけど。

今回は外廊下側で発見したため、
そのままほっといて勝手にどこかへ去ってもらった。

しかし、1週間の間に猫とねずみを間近で見るとはなー。
まだほ乳類だっただけましか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/10/19

だいぶ遅くなったわけ

おとといの朝起きたら、前の晩からの腹下しが直ってないことに
気づき、薬を飲んで午前中仕事をお休みした。
3時間くらいで調子がよくなったので、もう出かけるか、
と思ったら外で猫が鳴いてる。
庭をのぞくと、2日前の夕方マンションのとなりの部屋の庭で
にゃーにゃー鳴いてたのと同じ猫が、うちの庭に置いておいた
空のプランターに入っていた。
私に気づくとさっと逃げて、フェンスの下をくぐってまたお隣の庭に。
逃げたくせに、フェンスのむこうから私を見てにゃーにゃー鳴いている。
おととい見たときは、おとなりの窓に向かって鳴いてたので、
おとなりで飼ってる猫かと思ってほっといたんだけど、
マンションでは猫も犬も室内飼いなはず。
どこかの飼い猫が間違ってマンションの庭に侵入して、
出られなくなったみたいなのだ。
マンションと外を隔てる塀をのぼることはできないが、
各住戸の庭を区切るフェンスの下はくぐれるので、
うちの庭とかさらに奥の部屋の庭とかをいったり
きたりしては、部屋の中をのぞいてにゃーにゃー鳴いている。

とりあえず捕獲しようと思ったのだが、呼んでも来ないし近付くと逃げる。
そのくせこっちを見てにゃーにゃー、私が部屋に入るとガラス戸の外まで来て、
のぞき込んではにゃーにゃー。どうせいっちゅうねん。
牛乳をやってガラス戸のそばまでおびきよせて、そっと戸を開けたら、
こんどは逃げるどころか部屋の中に入ろうとする。
あーやっぱ室内飼いされてたなこいつ。
でも私の靴下のにおいをかいではひきさがる(笑)。
ひきさがりつつも、やはり家の中に入りたいらしく、
ガラス戸付近でじっとしていたので、がしっとつかまえて、
そのまま玄関までつれて行って放してやったら、
ものすごい勢いで走ってどこかに消えていった。

こんなわけで、午後1時には出勤するつもりだったのに、
2時近くになってしまった。
猫つかまえるには、仕事して帰ってきてからじゃ暗いし、
なにより奥側隣の庭の芝生でおしっこしてるのを見てしまったので、
はやいとこ庭から出さないとウンコだってされかねない、
というかもうどこかでしたかもしれない。

翌日相方が帰宅してきたとき、マンションのそばの路地で
自分を見てにゃーにゃー鳴いているしっぽのふわふわした猫を
目撃したとのこと。
結局お家に帰れなかったのね。
でもうちの近所は猫の面倒を見る人にはことかかないから、
地域猫として定着しちゃうかもね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/11

こんな近所に

土曜日、珍しくお出かけして帰ってきたとき、
うちのすぐ近所のバレエ教室前の自動販売機でジュースを買っていたら、
なんだか非常に臭いにおいがただよっていた。
しかも、お向かいの家のほうから、ちゃぽちゃぽと水の流れる音がする。
割と敷地いっぱいに建ってて、庭のあるようなお家じゃなかったので、
池はないだろうし、なんだろう?と気にはなったが、夜だったので
そのまま家に帰った。

翌日も午前中から外出して、明るいうちに帰宅。
前の晩の水音のことを思い出して、そのお家をさりげなくのぞいてみたら、
塀と家のちょっとしたすきまに小さい池(水槽?)があって、カメが数匹
こうら干しをしていた!
たぶんアカミミだったと思うけど、こうらの長さ30センチくらいの
立派なやつ。
水音と、たぶんにおいのもともこいつらだなー。
ここんとこずっと池のある公園に行ってないのでカメにもごぶさた
と思っていたら、ものすごい近所にカメスポット発見。
今のとこに住んでもう1年以上たってるのに、発見はあるものだ。
この界隈には外をうろつきまわる猫もいっぱいいるんだけど、
猫に襲われたりしないのかなー、あのカメたち。
猫より強いのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/11

黒猫ふたたび

数日後の深夜庭をチェックしたら、同じところで同じ黒猫発見。
最初の日に撮った写真は暗かったので、翌朝また盗撮撮影してみました。

Dsc00082

この日は15分くらい、ずーっと毛づくろいしてました。
それにしても、干し草のベッドってまるでハイジのようだ。
しかしこのベッドは露天なので、雨の降った日は寝に来ない。


で、全身を丹念に毛づくろいして、出かけるのかと思ったら、

Dsc00087

二度寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧