2020/11/27

洗濯と香りについて

最初にお詫びいたします。

病んでいる記事を連投して放置した挙句、この記事はどうでもいいふつうの内容となっております。

 相変わらず仕事のことでは病んでいるのだが、気力は底を打って状況も多少変わり(良くなってはいない)、病んでる内容はTwitterに放流している。

そのTwitterのTLで発見したのが以下のblogエントリ。

http://www.nurs.or.jp/~ogochan/essay/archives/5698

 

このエントリに出てきた「抗菌ビーズ」、私は違う香りのものを愛用している。昨年のGWに家の洗濯機が壊れて以来、コインランドリーを利用しているのだが、以前行っていたランドリーではドラム式の洗濯のみ乾燥なしの洗濯機を使っていて、扉を開けたときにうっすら漂う雑巾っぽい匂いが気になって使い始めた。

コインランドリーのドラム式洗濯機は洗剤と柔軟剤は自動投入で、洗濯終了まで扉を開けることができない。そのため、洗濯開始時に衣類と一緒に入れておくタイプのこの抗菌ビーズが最適だった。

そのランドリーで売っていた数種類の柔軟剤(乾燥機に入れるタイプ)の香りが全部だめだったので、抗菌ビーズも無香料がよかったのだが香り付きのものしかなく、西友の棚の前でくんくん嗅ぎながら慎重に選んだ結果、「部屋干しDX グリーンフレッシュハーブ」(緑のビーズ)に決定。

初回、パッケージに書いてある使用量を守って使ったら、干してる部屋中に充満するほど香りが強かったので、以降は量は加減したが、香りそのものは不快ではなかったため、そのまま使用継続。2回ほど詰め替を買ってリピートしている。

今世紀初頭くらいの大手メーカーの洗濯洗剤や柔軟剤の香りは、気持ち悪くなるものが多かったのに、無香料のものは全然売ってなくて、無香料を探した結果石けん洗濯をしたり、海外製の高価な洗剤(今も家で使用中)を買ったりしていた。

今回香りのする製品を使ってみたら、

「大丈夫なにおいのものがあった」

ので、私が嫌な香りを回避している間に、大手メーカーの香りに関する認識も変わってきたのかな?と思ったのだった。

でも、相変わらずだめなにおいのものも確実に存在はしている。

うっかり洗濯に緑のビーズを持っていくのを忘れて、やむを得ず途中にあるドラッグストアで、同じ抗菌ビーズの違うタイプ(クールリフレッシュの香りという青いビーズ)を買って使った。その結果。

使用量の加減はいつも通りだったのだが、干してるときも、乾いてからも、なんか苦手なにおいが残っている!

香料だから明確な悪臭ではないのだが、私の苦手な、甘ったるい匂いが最終的に残るという、一番よくないパターン。全然クールじゃないよこれ、とツイートした。

とりあえず自分の衣類には使いたくないが捨てるのももったいなく、処理に困った私は、相方に

「部屋干し臭も加齢臭もとれるよ~」

と、青いビーズを渡した。

相方は初回こそパッケージの指示通りの量入れてしまって「におい強すぎ!」と苦しんでいたが、その後は1回につきひとつまみ程度しか入れなくなったそうで、あの嫌な残り香にも耐えられるらしい。ただ「いいにおい」とはあんまり思ってなさそう。

ここにきて、上記のblogを読んだ。

あの青いビーズの香りが苦手な仲間がいた..

サンプル数3くらいだけど、青いビーズの香り(特に残り香)が苦手な人が複数いる。

P&Gさん、青いビーズの香り、もうちょっと改良してくれませんかねー

私は緑のビーズは大丈夫というか、最後まで残る香りも「いいにおい」として感じられるから緑のを使っているが、無香料が出たら、そっちを使いたい。

消臭・防臭のために、あらかじめ香料の匂いをつけておく、という仕様なのかもしれないし、無香料にすると、すごいケミカルな原料臭がしてしまうのかもしれないけど、

そこはまあ、大手メーカーの技術力でなんとかしてほしい。

 

 

続きを読む "洗濯と香りについて"

| | コメント (0)

2019/08/30

自家中毒

前エントリ、気持ちをわりとそのまま書いていて、
今もだいたい同じような気持ちなのだが、
一方で、横から生えてきた第三者的自分が、
やはり被害妄想が過ぎるのでは、
とも思い始めた。

 

少なくとも、社員の皆さんはよかれと思って私に別の仕事を進めている
のだと....思いたい。
「扱いにくいからもういらん」と思われてるというのは、被害妄想で
あってほしい。

 

確かに、
自分でもこんなめんどくさいやつ相手にしたくないわ、
とは、前エントリ書いた時点で認識していた。
でもどうすれば自分が納得できるのかがまったくわからない。
勝手に孤立感を深めてしまう自分にはありがちなパターン。

 

こういう、自分の中だけでの都合で「今の仕事やめたい」と言い出すと、
派遣先は「あ、そうですか」なんだろうけど、
家では相方が、正面から反対はしないものの、とても苦い顔をするので、
それも、自分の中で勝手にプレッシャー化してしまう。
自宅ではうかつに辞めたい意思が表明できず、
それが歪んだ形で「今のところで仕事を続ける」ことへのこだわりに
なっているのかもしれない。
ほんとは辞めたいけど辞めるの怖い。これがすべて。

 

いっそのこと前のところみたいにあっさりクビにしてくれれば、
堂々と派遣先の悪口言いながら次の仕事を探せるのだが、
今の派遣先は向こうから切ってくることはなさそう。
そして、自分から仕事を変わるには、相当の準備が必要。
今まで自主的に仕事かわろうとして、まあまあうまくいった実績が10%くらい。
ブランクあきすぎていたり、つなぎと思って不本意な仕事についてしまったり。

今の状態では解決策などとても見出せないので、
土日くらいは一旦考えるのをやめて休めればいいんだけど、
考えるのやめられないのが今の状態だからなぁ。
やはり医療機関を受診したほうがいいのか。

 

 

| | コメント (0)

2019/08/29

どうしましょう

現在の派遣先、11か月め。
前のところは9か月で切られたので、それよりは長く働けた。
技術的にはスキルを十分発揮できていないけど、ひさしぶりにCisco製品いじれたり、
ある程度設計みたいなことできたりして、勉強になった部分もあった。
前の仕事でもCisco製品あったけど、すでにある手順書を参考にして
必要な作業だけする、みたいなかかわりかただったので、その点は
よかった。
しかし専門的な業務以外にも、外部のベンダーの作業立ち合いとか、
発注にかかわる紙の書類の処理(製本・スキャン・文書保管担当への依頼・
郵送など)も頼まれており、エンジニアなんだけど.....と思いつつも対応。
一方、所属するグループ全体の業務が見えてくると、社員にしかできない仕事が多く、
やりたいけどできないのか、と歯がゆい思いをすることも多くなってきた。
そんな中、今期で1年を迎えるにあたって
「せめて時給をあげてもらえないか」と、派遣会社の営業を通して交渉を
依頼した。
それから、最近、派遣先の社員の方々がフレックスタイム制になったため、
自分もせっかく時給なのだから、勤務時間の運用をもっと弾力的にできないのか、
尋ねてみた。
回答はどちらもNoだった。
おっかしいなー以前早番遅番のある仕事では、1か月ガッチガチにシフトを
組んだりしないで、担当者間だけで柔軟に対応していたのに。
時給交渉のほうは、
派遣先は現在、派遣の人を減らそうとしているので、このタイミングで
時給交渉は無理
という回答だった。
派遣減らしの原因は、派遣先の会社固有の事情や、半年後に来るらしき
「同一労働同一賃金の徹底(正社員とその他非正規の間で)」
への対策ではないか(用意周到すぎ)という話も聞いた。
この、同一労働同一賃金の方針は以前から知っており、
「実施前に派遣が大量に雇止めになって終了なのではないか」
との予想も目にしていた。
まさに予想されたその事態が目の前で進行している。
それどころか、自分もその対象かもしれない。
そういえば、今月に入ってから、今までとてもよくしてくれた、
人格的にはイラっとすることも多々あるけど、頼りにしていた担当の社員の方が、
本来社員のやるべき業務を全然私にふらなくなっている。
あまつさえ「新しい仕事にチャレンジしてみたら!」と、
ざっくり辞めるのを勧めてきたりもしている。
なんだかもう、すごく悲しい。

3年以上以前の自分だったら、
もういいよ、辞めてやる!
と思ってたはずなのだが、
2年前の、8か月近く無職の、派遣の仕事をいくつも受けて落ちまくったときの
ことがトラウマになっていて、自主的に仕事を変えることがものすごく怖い。
もう2週間くらい、寝ても中途覚醒して寝られず、そのまま起きて出勤したり、
ものを食べてもあまりおいしく感じなかったり(おいしくないレベルで食べられるので、やせない)
ここ数日は、仕事中泣きそうになることもある(仕事自体はなんとかやっている)
家でもことあるごとに泣いている。
受診をすすめられるレベルの状態である。
とはいえ、精神科とか心療内科って、今予約しても診察1か月先だったりするらしいし。

前の仕事のときも、求められる仕事が全然できなくて精神的に追い詰められて
業務は全然進まずムダに時間外をして、食欲も落ちてたぶんけっこうやせて、
1日1時間は泣いていた、ひどい時期があった。

やはり、8か月失業して、自分の経験やスキルにまったく自信を持てなくなったのが
原因かもしれないなぁ。

まず、メンタルを立て直す必要があるのだが。
ただでさえ排除されてる妄想(妄想じゃないかも)強いので、
ゆっくり休むというのも無理だしなぁ。

どうしましょう。

| | コメント (0)

2019/08/23

手術記念日

10年前あたりから後の当ブログ記事を読み返していて、8月22日に手術したのか、今日じゃん!と気づいたのが昨日の朝。

手術から7周年だった。

結局、記録をほとんどつけなかったので、手術日も8月の20日すぎ、くらいにしか覚えていなかった。

術後の再発防止の治療のうち、ホルモン療法は、最初の2年はリュープリンというお高い注射を3か月に一度おなかに刺されて、閉経状態にされていたので、治療中という意識があったが、その後の3年は飲み薬のみで大きな副作用もなく、職場をかわった後は、治療中であることを誰かに気づかれることもなかった。

サブタイプはルミナルAだったと思われ、ホルモン療法のみで、いわゆる抗がん剤の治療は一切行っていない。

ホルモン療法でも、更年期障害の症状に苦しむ人もいるのだが、私は関節がちょっと痛いかなーくらいで、大きな問題もなく過ごせていた。

そのため、

がんの治療=抗がん剤で脱毛したり吐き気で大変

のイメージとは程遠い、ふつうの健康な人間として暮らしており、「私はがんサバイバーです!」と主張できるような気がしない。

もちろん部分切除で手術した側の胸はボリュームが対側の3分の2くらいで大きく変形しており、大浴場のようなところに行くのはけっこう気が引ける。いわゆるおしゃれ系の水着も着られない。まあ水着はそれ以前に体形の問題がありすぎてそもそも無理だけど。

それで誰か(治療がもっと大変だった人)からマウント取られたというわけでもないのだが、がん患者だったけど全然大変じゃなかったなー、あまり声高に主張するのもなーという遠慮がどこかに存在している。

今、仕事でエンジニアとしてまったく評価されてなくて完全に自信を失っている影響かもしれない。

治療がある程度落ち着いた、3年くらい経った後か、

「働きながら治療がんばったのに、大変だったね、とか誰にも言われてない」

と気づいて、悲しくなったことがあった。

世間でのイメージほど深刻じゃなかったけど、治療は何年も続くし、検査のたびに再発してないかと不安になるし、お金はかかるし、やっぱり負担はあるのだよ。でも身内以外の周囲はまったくそれを知らず、気づかない。

治療の負担や不安を抱えながら、ふつうの健康な人として暮らすがんサバイバーのなんと多いことか(チコちゃんに叱られる風)。

こういう気持ちを共有する(元)患者グループがいくつもあるのも、よくわかる。

5年で内服薬も終了して、今は治療は何もしていないが、

自分、治療がんばったよね。

と自分をねぎらい、称えようと思った、手術記念日。忘れてたけど。

| | コメント (0)

2017/10/05

激動巨編 「我に仕事を」 これまでのあらすじ

突然再開したこのブログ、
前記事とその前の記事の間に3年ほどのブランクがありますが、
どちらの記事でも、私は無職。
さすがに3年間ずっと無職だったわけではありません。
前々記事の後、4か月後に前記事のX社で見つけた派遣先に5か月勤務しましたが、
時給がやや低めで定時短く時間外も少なく、稼ぎが少なくて思い切って自主的に契約終了。
次はAWSやってみたかったので、X社のAWS使う派遣仕事に応募したら、
その仕事には就けなかったものの、X社のAWSトレーニングを受けることができて、
20日のブランクで次の仕事に就くことができました。
2015年春から2016年夏までは、そこで働いていましたが、企業側の都合で、
8月いっぱいという中途半端な時期に仕事自体が消滅。しかもそれが決定したのが
7月末という、控えめに表現してもひどい企業様でした....現場の人はいい人だったし、
仕事もきつくはなかったのですが。
すぐ次の仕事に就きたかったのですが、そこは不本意なブランク作りには実績あるX社、
予想通り全然決まりませんでした。
年度下半期開始の10月からの仕事も決まらず、11月下旬に、やっと仕事が見つかりました。
通勤しやすい場所だし、時給もまずまずだし、仕事もスキル的にはなんとかなる仕事
でしたが、
・派遣の私がサーバの面倒を見る唯一の担当者だった
・作業依頼が口頭で来る上、納期がきっつきつ
・前から分かってた作業でも誰も動かなくてぎりぎりになって大慌て
・当然進捗管理は誰もしてない
・関係深い別部署に私の後に入った人が、ぶっちゃけ能力低いくせに注意されると逆ギレする最悪の人で関わりあいたくない
などの理由で、後任に正社員の方を入れていただき、引継ぎをして、
2017年4月、円満に(?)契約終了しました。
すぐに次の仕事に就かないと死ぬので、4月末に1回事業所訪問しましたが仕事決まらず、
面談は5回くらいにしてるのに、X社でもY社でも決まらぬまま、5か月......。
でも、生きています。2017年8月をもって、手術から5年、再発の兆候もなく、
術後の再発予防治療は終了しました。次の検査は1年後です。

生きてるだけでめでたい、とは思うのですが、
今は社会的にほぼ死んでるし、経済的には滅亡寸前です。

もちろん、派遣じゃなくてもいいのですが、どなたか仕事をください。
何卒、お願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/21

梅雨が明けない

無職になって3週間。
まだ次の仕事は決まっていない。
というか、6月までの仕事が、実質クビだった上に、
スピード感を要求される現場で、かなり最後のほうまで
「終わらなかったらどうしよう」と思いながら働いてたせいか、
自分はもう忙しい職場では働けないのではないか、とすっかり
自信喪失している。
精神的に疲れ果てて、今、仕事したくない気分。

一方、無職で無収入なことがほぼ確定した今月、
4月につめものがとれて、根管治療からやりなおしになっていた
歯の保険外の材料の支払いがあったり、
例のお高い注射を打つ予定があったり、
先月末が納期限だった住民税も払わなくてはいけなかったりで、
最後の給料はほとんど残らず、来月からいきなり金に困ることは
目に見えている。

6月までの仕事の派遣会社はけっこういろいろ仕事を紹介して
くれるのだが、なにしろこっちは実は仕事したくないし、
この派遣会社でやったお仕事は2つきりなのだが、
期間限定の昨年度末までの仕事→
最初に聞いてた時給以外の支給分がまったくもらえず、
月給が驚きの安さとなって「話が違う」と思いながら7ヶ月。
長期予定の先月までの仕事→一度も契約更新しないでクビ
と、ろくな目にあってないので、紹介があっても、またろくなことにならんの
ではないか、と不安(不信?)がわきおこり、
時給が高い仕事→どうせ受かんないのでは
時給が安い仕事→安いからやだ
と、ことごとく断ってしまった。
もうひとつの派遣会社のほうは、前に書いた遠くて安めな案件を
ぐずぐず引き伸ばされて断って以来、1件くらいしか仕事の案内がなくて、
ここのところ音沙汰なし。

やっと届いた離職票をよく見ると、4月からの3ヶ月は高給だったけど、
その前の3ヶ月が、正月休みのある1月と、そもそも短い2月を含んでいて
月給がえらく安く、ならして計算してみたら失業給付の日額が思っていたより
かなり少なかったことも、絶望に拍車をかけている。
まあ、会社都合にはなるらしいので7日待機後すぐ給付開始するみたいだし、
年齢がちょうど1段階アップしたところなので、給付日数は今までよりも
長くなるかもしれない。そんなに長く給付を受けるつもりはないが。

お金もないし汚い家の中を地道に片付け掃除をしようと思っていたのに
かえって荒れていく一方で、毎日「何もかもいやー!」と思うダメスパイラル。

人に会えば少し気分も変わるのかなー。
ところがここ半年くらい、親しくしていた人にもかなり不義理をしていたので、
微妙に誰にも連絡しづらくて、身内の人間にしか会ってないのだった。
かといって知らない人といきなり会うのは今の状態では難しいしなー。

唯一なんかしてるといえば、夏物の編み物なのだが、これまた
部屋が片付いてなくてスチームアイロンあてられない
という障害により、編みあがっているのに完成しない作品が数点。
そうだ。まず、スチームアイロン環境を整えて、完成させよう。
小さなことからひとつずつ達成しよう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/14

妖怪種まきばばあ参上

さすがに当初よりはましになったとはいえ、いまだお時給泥棒状態が続いている。
作業を依頼してくる人(1名)以外の人との仕事でのかかわりほとんどなく、
当然のごとく会話もなし。
何かの報告メールを出してもまったく反応がなく、精神的に堪える日々が
続いている。
むしゃくしゃするので、植物テロをぶちかますことにした。

庭に生えてきた野良白ユリ(外来種のタカサゴユリ)は年を重ねるごとに増え、
今年は100輪くらい咲いた。というか今も咲いている。
夏ごろ、うっかり芝と一緒に刈っちゃったのが、9月10月と暑さが長引いたために
再び伸びてつぼみをつけ、ついに先週開花したのだ。この寒い中。

一方、9月ごろ咲いた100輪のほうは、もうすっかり立派な実になっていて、
実(莢?)の先端が開くと、中から小さくて軽い大量の種子が出てきて、
風に乗って飛んでいく。
でも、これ以上うちの庭で増えられるのもなーと思い、先日、実の部分を
全部切り取って集めて、割って中の種子をスライドジッパーつき食品保存袋に
入れてみた。
さすが100輪、大サイズの袋いっぱいの種子がとれた。
その後、その種子の一部は、隣のお庭に、3つかみくらい、風に乗せて飛ばしてみた。
いや、隣のお庭は、今年は生えてきたヤブカラシを放置してたので、
地下からも地上からもうちの庭に侵入してきて、ヤブカラシとり大変だったのよ。
うちの庭には去年までヤブカラシは生えてなかったから、あきらかにお隣の庭
が原因。
ということで、こちらからはヤブカラシのお礼にユリの種を数千ほどプレゼント
いたしました。
でも大丈夫、お隣の庭は木が植えてあってうちより日があたらないので、
実際にユリが生えてくるのはおそらく数本がいいとこ。
そう思うと、もっとこう、この繁殖力旺盛な白いユリが、いっぱいに咲き乱れ
ることができるような場所に、種を飛ばしてあげたいなーと思うようになった。

自宅近所は住宅密集地なので、適した場所がなかなか見つからなかった。
そこで目をつけたのは今通っている派遣先近辺。
タワーマンションが立ち並ぶ割には人通り少なく、程よく放置された広い地面が
ある!よし!ここに飛ばすぞ!

たくらんでいるだけで、まだ実行はしていない。
実行したとしても、結果がわかるのは来年の夏の終わり。
今の派遣仕事、最長でも来年3月までなので、成功したかどうか確かめる
のは、ちょっとめんどくさい。
来年の夏、自分の庭で咲いたら、今頃あそこでも咲き乱れてるのかなーと
妄想するだけで十分だな。
う...外来植物の種子をばらまくとか...通報されちゃうかしら......

書いているうちに気づいた。
結局、
「誰も知らなくてもいいけど自分がなんかやった証拠を残したい」
んだなー。
病んでるなー。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/08/28

夏休みそろそろ終了

来月(=来週)からとりあえずの仕事が決まった。
通勤はけっこう遠い。海のほう。
先週、会社「見学」に行って聞いた話によると、
ほぼ定型で今年度いっぱいで終息の、期間限定のお仕事。
そんな内容なので、時給もそんなに高くないんじゃないかなー
と思ったのだが、派遣会社の営業さんががんばって交渉してくれた
みたいで、7月までやってた仕事より高い時給に決定。感謝。

前の仕事の終了後1ヶ月という最短記録で次の仕事に就くことができた。
前の仕事は、その前の仕事が終了してから3ヶ月決まらなかったんだから、
世間では去年よりは今年のほうが景気がよくなってるのだろうか。
いや、前の仕事探しのときは同じ派遣会社でしか探してなかったからかも。
今回は、ちょっと残っていた有給休暇を捨てて、別の派遣会社にお世話に
なることにした。

ところで、8月のメインイベントとして、手術後1年の節目検診というか、
いろいろな検査をしたのだが、血液検査と肺のX線以外の画像診断系検査で
びみょーな所見が出てて、現在、むちゃくちゃモヤモヤした気分。
体調は問題ないので、一旦忘れて仕事開始に集中しないといけないのだが
なかなか切り替えられん。

時系列にならべると
検査→会社見学→就業決定→検査結果わかる
って感じ。
去年の病気発覚時も、「仕事終了の駆け込みで受けた健康診断で要精検だったのを
放置してて、仕事決まった時点であわてて精密検査受けたらクロだった」
という経緯で、仕事が始まってすぐ休んだり早退したりしながら検査受けたり
していたから、私らしいタイミングなんだろうけど。

今後、病気のほうは、ブログを分けて、昨年あったことから地道に書いていく予定。

病気のあれこれもあるけど、仕事も始まる前からすでに何の期待もしてない内容
なので、余計浮かない気分なんだなー。
外に出てほどよく日光浴びて来よう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/01

縁起物はオレ

まず、前職の常駐先でこんな出来事があった。

「子宝の席」と格差社会
働く母に無責任にがんばれーと言ってみる

さて、私は今月いっぱいで、業務を引き継ぐ相手もなく
このまま派遣先を去りそうな雰囲気なのだが、
同じ部署の別方面からも、「引継ぎ」という言葉が聞こえて
くるのに気づいた。
あれ、この部署のもう一人の女子が…彼女もここから去るの?
どこか他の現場に?それとも何かわたしのとばっちり?
などと微妙に悶々としていたら、本人がきっちり教えてくれた。
おめでただってー!
おめでとう!
ついでに「私も私も。今月いっぱいで退場。」と、めでたくもないのに
カミングアウトしてしまった。

ところで、前職場での「子宝」は、席か、もしくはその席の正面に
いた課長の力によるものではないかといわれていた(笑)。
最初にご懐妊した正職員の女性は、結婚して何年もたって
たんだけど、なかなか恵まれなくて、異動してきたらすぐご懐妊。
「やっぱり環境かわると影響あるのかもしれない」と言っていた。
そして、その人の産休育休の間に来ていた派遣女性3人のうち2人が、
またまたご懐妊だったんだから、すごい子宝の席(または課長)だ。

で、今回「おめでとー!」の人は、ちょうど前職場の正職員の人と
同年代。初産としてはかなり遅め。結婚して結構経ってそう。
しかも、計画して妊娠したわけではなさそう。

もしかして…もしかして、子宝に恵まれる縁起ものって、
あの席とか課長とかじゃなくて、私なんじゃないか?
私と同じ部署で仕事してると、妊娠しやすくなるんじゃない?

とりあえず、妊娠したいのになかなか恵まれないという女性は、
ぜひ私の近くで働いてみてください!

……
もちろんそんなの、中二的邪気眼発想というか、妄想。
でも、自分は割と不運な目にあっててても、
幸運を他人にあげられている、という妄想は、けっこう楽しい。

これを何か勘違いしてしまうと、
自称霊能者とかになってしまうんだろうか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/26

人として低下中

ひさしぶりにブログ書いて、
アクセス解析も本当にひさしぶりに見てみたところ、
参照されてる以前のエントリのタイトルだけ見ても、
自分で何書いたのかほとんど覚えていない。

管理画面で記事一覧を出して、4年前くらいまで拾い読みしてみたよ。
「自分いろいろ考えてるし、やってんじゃん」という感想を持った。
あんま考えずにtwitterでダラダラ流すようになって、
ちゃんと自分の考えをまとめて書けなくなってるかもしれない。
今の仕事を始めてからしばらくは、家事やら散歩やら、いろいろ
やってたしなー。
それに比べると、今は何もやってない。
考えることの範囲もだいぶ狭くなってる気がする。
あれやりたい、これやりたいという思いつきはあるんだけど、
実行に至るものは5パーセントあるかないか。

なんか、だめになってるぞ自分。
何が原因なのかはうまく説明できないなー。
薄い疲労が積み重なっているような感じかなー。
疲労の原因はやはり仕事だろうか。
今の仕事が始まったばかりのころのエントリ見ててわかったが
やっぱり、最初におまかせされた仕事と、今やってる仕事は
あきらかに違っている。
せめて自分の得意分野の仕事をしたいのだが、派遣会社は
なかなかいい仕事がない、と不本意な仕事に私をとどめようと
する。
一方職場は、柱としていく仕事の内容が変わって、
私に任せられていた仕事はまったく顧みられなくなっている。
仕事に行くたびに、この職場では本当にたいしたことない自分、
毎日仕事してても全然進歩のない自分を思い知らされてるというか。
こんな状態で仕事してると、毎日むやみに疲れるし、
日々自尊心が磨り減っていくから、いろんな意欲が低下して、
日常生活でいろいろできないことが増えてくる。

ちゃんと仕事が続く人は、こういう疲労感をうまく解消できてるんだろう
なー。どうやって解消してるうんだろう。

アドバイスはいらないけど、こういう話を誰かに聞いてほしい。
先日、twitterで「コーチング」とか「傾聴」という手法をを思い切りイヤなものとして
否定したんだけど、あれ、派遣会社とか利害関係のある人が自分たちのために
使うことに嫌悪感があるんだということに気づいた。
つまり私は、利害関係のない人と話をしたいんだなー。

さてどうしよう。考えてみよう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧