« 消滅寸前 | トップページ | 絶賛ひきこもり中 »

2013/03/26

いろいろひどかった2012年度をふりかえる

10ヶ月くらい前の、なんだかすごくネガティブなエントリで
更新を止めてしまっていた。
見に来てくださった方には大変申し訳ありませんでした。

今年度も今週で終わりなのでふりかえってみようと思う。

2012年3月いっぱいで雇い止め→次の仕事が決まらない
という、最悪の始まり方をした今年度。
3月終わりごろ、駆け込みで受けた健康診断で要精密検査に
なったことは、前回のエントリにも書いた。
3月終わりに健診受けて4月はじめに連絡があり、
精密検査のための紹介状と問題の撮影フィルムを受け取ったのだが、
ちょうど健康保険を任意継続に切り替えている最中だったし、
3割負担でも検査ってけっこーお金かかるよねーと
いろいろぐずぐずしていて、2ヶ月以上精密検査に行かなかった。

1ヶ月くらいで決まると思っていた次の仕事が決まらず、期限が過ぎて
有給休暇も消えたので、離職票をもらって失業給付もらって
さらに会社都合雇い止めだったので、国民健康保険だと
保険料がずごく安くなることがわかり、派遣けんぽの任意継続から
国民健康保険にきりかえたりした。

6月になってから紹介されたお仕事がなぜか顔合わせまで行き、
7月から仕事開始が決まってしまった(ぉぃ)ので、
6月最終週にあわてて再検査してくれる医院(産婦人科だけど乳腺も専門)に
予約もなしで行った。
さらに検査が続くことになり、7月から仕事が始まったにも
かかわらず、休んだり早退したりしながら検査の日々。

最初に精密検査したときの反応で察しはついたんだけど、
乳がんなので手術しましょうねーということになり、
大学病院に紹介してもらって、派遣先のお盆休み明けに入院し、
8月22日に手術。

せっかく決まった新しい仕事だけど、もうクビだなぁ、と思っていたが、
入院から療養で1ヶ月ほどお休みをもらって復帰するまで待ってもらえた。

病理診断の結果、幸い転移もなくて抗がん剤治療はしなくてもよかったが
10月からは仕事しながら週5日放射線治療に通うこと30回。
終わったときには11月も末になっていた。

今は、再発予防の治療として、3ヶ月に1回の皮下注射と飲み薬の
ホルモン療法を受けている。注射は2年、飲み薬は5年の予定。
簡単に説明すると「女性ホルモン出なくする治療」である。
今、体の中は完全に更年期状態。

治療に関してはいろいろ細かい事件が起きた。
さあ放射線治療はじめるわよー!と放射線科の診察受けたら、
なぜかファイバースコープで鼻の奥を見られたり。
詳細はあとで書くことにしよう。

そして12月。
手術以降、大きく体調を崩すこともなく、放射線治療も終わって
これでフルに働けるぞ!と思っていたのだが....
あれ?なんか仕事があんまりない。
今まで「治療に通ってるからこんなもんか」と思っていた給料が
フル稼働になってもあんまり変わらない.....
内容もなんか、以前「さいはて」で働いていたときに
「これだけはやりたくない」と思っていた仕事が多いわー
打ち合わせもなく、言われた仕事(作業)をただやるだけ...

ぶっちゃけ、収入激減なのだ。
1年前クビにしてくれた呪わしい前派遣先に比べると
時給が240円安く、定時は15分短く、
時間外は月30h→多くて5hくらい?に激減
(しかも1日8時間までは割増なし)
ということで手取り月収10万円以上減。

入院前とか放射線治療中は
「働かせてもらえるだけでありがたい」
と思っていたのに、現金すぎるかなー。
でも、治療にもお金かかるんだよ.....

あー、もうちょっと時給高いかたくさん働ける仕事にかわりたい!
激動の2012年度の終わりに、まさかこんな気分になろうとは。

一応深刻な病気がわかって、手術したんだから
生き方を考え直したりとか、成長してもよさそうなんだけど
むしろ退化した気がする。

気分は以前とかわらずネガティブだし、体も思ったより元気なので、
あんまりかわってないってことでもある。
このブログで病気のことをはじめて知った方も、ご心配なく!

病気に関しては少しずつ詳しく書いていく予定。


|

« 消滅寸前 | トップページ | 絶賛ひきこもり中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53222/57036903

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろひどかった2012年度をふりかえる:

« 消滅寸前 | トップページ | 絶賛ひきこもり中 »