« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012/04/06

無職カウントアップ

無職も6日目になりました。

次の仕事はまだみつかってない。
有給休暇がおしいので、とりあえず同じ派遣会社のみで探して
いるところ。
先月応募してみた仕事は、
「他の人で進めています」という門前払いをくらったのだが、
その後1ヶ月ウォッチしてみたら今もまだ募集中。
つまりなんか、差別になるからおおっぴらには書けないけど、
企業側から言われてる条件があって、私はそれにひっかかってる
んだと思う。
同じ企業らしき案件はいくつもあって、私に合ってそうな案件って
そこくらいしかなかったので、今週もうひとつ受けてみたら、
また同じ理由で門前払い。
その仕事も1か月前からずっと募集中なんだよね....
絶対別の理由だよね....

あ、そのどこだかわからない企業にこだわってるわけじゃなくて、
別の仕事にも応募しているよ!

派遣会社からおすすめされたお仕事も二つあったけど、
「社内」「運用管理」「Windows・Linuxのサーバー」で共通。
先月までやってた仕事を見てもってきてくれるからしかたないんだけど
前と同じような仕事はできるかぎりやりたくない....
うそっぽい理由で門前払いする担当者もいる中、仕事を紹介してくれるだけで
ありがたいとは思うのだが、長期やる仕事内容については慎重にならざるを
得ない。
もうちょっとがんばろう。


ところで、今までは無職になると何も考えずに国民健康保険に入ってたけど
健康保険に関しては、今まで入ってた健保組合の任意継続にしたほうが安いことが
わかったので任意継続にするつもり。
すぐには仕事決まらなさそうだし。

派遣会社からは、準備よく仕事終了1週間前くらいに
「終わったらとっとと保険証を返送してね」と返送用封筒まで送ってきたので、
とりあえず返送。
そしたら保険証のないそのタイミングで、
ぎりぎり最終週で受けた健康診断の再検査のお知らせがきたよー。
しかも直接電話で!重病だったらどうしようどうしよう。
でも保険証がないからすぐには再検査受けられないよ....
と、一時その不安のストレスで体調崩しそうなくらい動揺したけど、
気をとりなおしたところ。

まあ、とりあえず家あるし、食べ物もあるし、テレビ見たりブログ書いたり
できてるから、仕事してない以外はいつもの生活。
ただし、1週間後の状況がわからないので、薄く不安の層がある日常
を過ごしているかんじ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

値踏みされたら考える

まだ次の仕事も決まってないので、
これで最後のひと絞りとしよう。
(やめる前に書いて、やめたあとで公開しました)

私の派遣の形態は、コンピューター系には比較的多い
「特定派遣」(常時雇用)ではなく、「一般派遣」(派遣の間だけ雇用契約)。
なので、仕事が終わると派遣会社との雇用契約も終了し、
派遣会社は次の仕事を探してはくれるが「自分でも応募してください」
といわれる。給料とかまったく出ない。
そこで重要になってくるのは、
「今この仕事でどういうスキルを身につけられるか」
ということだ。

私がいた約3年の間に、あの職場に、同じ派遣会社から「紹介予定派遣」で
来たエンジニアが、正社員になる前に2人やめている。
一人は仕事を続けられない事情があったんだけど、もう一人は
「派遣で働き続けるんだったらいいけど、正社員にはちょっと」
と正直に言ったら、会社から「今すぐ辞めろ」的な対応をされたとのことで、
私がお盆に有給休暇をとってる間にいなくなっていたのだった。
そのときは、気持ちはとってもよくわかるけど正直すぎだわ、と思った。
会社側が正社員になってもらうつもりなのに、そういう風に値踏みされて
怒るのも無理はないかなーと思った。
しかし、そこで
「なんで自分たちはそんな風に値踏みされてしまうのか?」
ということを、会社側は少しでも考えてみたのだろうか?

最初に説明したとおり、私たちは「一般派遣」だ。
いったん仕事をやめて、次の仕事を探すときに重要なのは
自分のスキル、ただそれだけ。
だから、新しい仕事で新しい職場に来て、仕事をはじめたとき、
ここでのキャリアが、今後別の新しい仕事をするときに役に立つのか
ということを、意識的にではないにしろ、必ず評価はする。
つまり、値踏みは必ずするのだ。
会社のほうは、自分たちだけが値踏みして雇ってあげる的な感覚
なのかもしれないけど、私ら一般派遣エンジニアは、もっともっとシビアに
職場や職務内容を値踏みしているんだよ。
別に一般派遣だけでなく、他の会社から特定派遣で来てる人だって、
他の現場で働いたことがある人なら、絶対値踏みはしてると思う。

で、私一人に限定して、キャリアに役立つ仕事かどうかの値踏みをすると、
あの職場は、かなり低い。
ここでしか通用しない、外に出たときまったく意味のない縛りが
多すぎて、技術的スキルを伸ばす機会がなかなかない。
機会の少なさはどんな職場でも似たようなもんだろうけど、
無駄な縛りの多さ、これだけはほんとにひどい。

そいう指摘をされて「じゃあどうしたらエンジニアが長く働きたいと
思う環境にすればいいか」って考えればいいのに、
「自分たちの会社のやりかたを否定された!」みたいな反応を
するんだよね。あの会社は。
紹介予定だった人にああいう反応を示したということは、
おそらくそういうことなのだ。
特定派遣の会社なら、営業とかリーダーが、ちゃんと
お客であるあの会社のプライドみたいなものを傷つけないように
立ち回るんだろうけど、
私らの派遣会社から来てる人間は、個別に判断してるもんで、
正直に振舞うと、個人に対してきっつい対応をされることになる。

ああいう会社と、自分のスキルの市場価値を正確に認識する必要のある
私ら派遣とは、永遠にすれ違ったままかもしれないなー。
もう関係ない会社だからどうでもいいけど。

まあ、私は低く値踏みされたら、納得いかない部分は問いただすし、
評価を上げるための改善点が見つかったら改善するよー。できる範囲で。
それができなくなったら、個人だろうが組織だろうが、先はない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »