« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012/03/03

pros/cons か?

まだたまったものが全部出きってないので、
もうちょっと書かせてください。

今のお仕事終了で困ることと、よかったことをあげてみよう!


【困ること】

-次の仕事が決まらなければ生活に困る。金。とにかく金。
-少ないながらも好感の持てる同僚はいるので少しさびしい。
(特にいやな人や悪い人はいないんだけど、親しめる人は少ない)

これくらい…
親しい同僚とは今後も連絡とればいいし、次の仕事が決まったら
金の問題も解決する。


【よかったこと=今のお仕事でいやだったこと】

-トイレが狭い。間に壁があるとはいえ、昼過ぎに誰かが歯を磨いている
すぐそばで大小便するのがいやだった。
-座っている席が、喫煙所の出入り口(会社裏口)のドアにもっとも近い。
冬は寒い。風向きによっては臭い。
-隣の席の人の咳払いがうるさすぎて仕事中よくびっくりしている。
 本人に罪はないけど話し声もつらかった。
-プロジェクトに全然アサインされず、孤立感高まる。
-特に特定の一人から仕事的にはかなり避けられてた。
-親会社の企業文化が生理的にダメ
-総務系部署に意味のわからない合理性を欠いた行動が見受けられた。
(特に震災後にいろいろと)

その他もろもろいくらでも出てくる。
ただし、ひとつひとつは、全然重大な問題ではない。でもたくさんある。

うーん、これだけ細かく細かくやなことがあるんだったら、
辞めたら私、だいぶ楽になるかも…

ちなみに pros/cons は、
この1年仕事で私を見事にはぶってくれた、「コンサル部署」でよくやってる。
というか、実は私、
「とりあえず、辞めたらまずいことと、よくなることををあげてみたら、
よくなることのほうが多くね?」と
自然に思いつき、書いてみてから「これpros/consじゃんか!」と気づいた。
たぶんそうだよねー。
誰にも教わってないからわからない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/01

縁起物はオレ

まず、前職の常駐先でこんな出来事があった。

「子宝の席」と格差社会
働く母に無責任にがんばれーと言ってみる

さて、私は今月いっぱいで、業務を引き継ぐ相手もなく
このまま派遣先を去りそうな雰囲気なのだが、
同じ部署の別方面からも、「引継ぎ」という言葉が聞こえて
くるのに気づいた。
あれ、この部署のもう一人の女子が…彼女もここから去るの?
どこか他の現場に?それとも何かわたしのとばっちり?
などと微妙に悶々としていたら、本人がきっちり教えてくれた。
おめでただってー!
おめでとう!
ついでに「私も私も。今月いっぱいで退場。」と、めでたくもないのに
カミングアウトしてしまった。

ところで、前職場での「子宝」は、席か、もしくはその席の正面に
いた課長の力によるものではないかといわれていた(笑)。
最初にご懐妊した正職員の女性は、結婚して何年もたって
たんだけど、なかなか恵まれなくて、異動してきたらすぐご懐妊。
「やっぱり環境かわると影響あるのかもしれない」と言っていた。
そして、その人の産休育休の間に来ていた派遣女性3人のうち2人が、
またまたご懐妊だったんだから、すごい子宝の席(または課長)だ。

で、今回「おめでとー!」の人は、ちょうど前職場の正職員の人と
同年代。初産としてはかなり遅め。結婚して結構経ってそう。
しかも、計画して妊娠したわけではなさそう。

もしかして…もしかして、子宝に恵まれる縁起ものって、
あの席とか課長とかじゃなくて、私なんじゃないか?
私と同じ部署で仕事してると、妊娠しやすくなるんじゃない?

とりあえず、妊娠したいのになかなか恵まれないという女性は、
ぜひ私の近くで働いてみてください!

……
もちろんそんなの、中二的邪気眼発想というか、妄想。
でも、自分は割と不運な目にあっててても、
幸運を他人にあげられている、という妄想は、けっこう楽しい。

これを何か勘違いしてしまうと、
自称霊能者とかになってしまうんだろうか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

辞めログふたたび

2009年3月末から不本意ながらも続けてきた現在の派遣先での
業務が、今月末をもって終了することとなりました。

原因は私がしくじったんだけどー。
でもどうもそのしくじりのレベルと、契約更新なしという処分の
レベルが違いすぎる。
なんかきっかけあったら更新なしにしたかったんじゃないのか
派遣先のほうも。

急な話なので、うろたえたり腹立ったりはしている。
でも、「ちょうどよかったかも」という気持ちが6割くらい。
派遣会社の営業さんから今期限りと聞いた日の夜、
相方に「契約切られちゃったよー」と報告したら、
「やめたいって言ってたんだから、よかったじゃん」
と返されて、
そういえばそうだわ
と。
外ではさすがにないけど、朝起きた直後とか日曜の夜とか、
家の中では無意識に「会社行きたくないー仕事やめたいー」
と口癖のようにつぶやいていたんだったよ。
その夢が叶った(違)。

仕事の状況を見ると、かなり人手が足りず、常にやめたいと
思っている私でも「こりゃ今私抜けるの無理だわ」と空気を読んで
「契約延長希望」と打診していたのだが、この結果。
そして現場の上の人は、私が切られるという処分に対し
「それは困る」と抵抗してくれたらしいのだが、
派遣先の決定権を持っている上層部としては
「困れ」ということらしい。
もしくは、あいつのかわりなんかすぐに入れられるだろ?みたいな。
ひどいよねー(ぼうよみ)。

一方私は、あらためて考えてみたら、
今月いっぱいで辞めて
「あーあれやっておけばよかった」
とか
「あれの行く末だけは見ておきたかったなー」
という仕事があったかというと、
ひとつもない
んだよ。

最近、誰かがやんないと困るけど比較的誰にもできそうな
作業ばっかしやってたからね。メインの何かにはまったく
かかわってなかった。
作業のボリュームはそこそこあったので黙々と片付けてはいたが、
目が死んでる状態だった。
そして今月いっぱいで、そんな状態をもう終わりにできるわけだ。
私は、とりあえず今と違う新しい仕事をするチャンス(よくいえば)
を得て、今までよりテンションあがって若干生き生きしてるかもしれん。

残される人たちがもし4月以降、仕事でとっても困ってた
としても、私じゃなくて自分たちの働いている会社をうらんでください。
私が契約切られたのは私自身のせいだけど、みんなが困るのは
そういう判断をした会社のせいなんだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »