« 発電所について私が知りたいこと | トップページ | 忘年会が嫌 »

2011/04/10

そうなるように努力する

茨城県の沿岸には原子力関連の施設がいくつかあり、
私たち家族も、水戸の祖父母の家に行くときは、大洗の
動燃大洗工学センター(当時)の横を通ってたりしたので、
原子力はわりと身近にあるものだった。
ちなみに、旧動燃の正しい名称は
動力炉核燃料開発事業団。
「原子力」じゃなくて「核」。
大洗の国道バイパス通るとき毎回見てたので、
「つまり、核燃料あるんだよねーここに」
と、中学くらいで思っていたなー。

郷里を離れて東京に出てきた後、東海村で臨界事故が起こり、
事故のあらましがわかってきたとき、
まずは「バ、バケツで?」と思ったが、一方で
もっともっとひどい事故が起きたら、私たちも郷里を
捨てざるを得ないのかもしれない、とうっすら考えた。
同じ県内で放射性物質があんなテキトーに扱われていると
わかったし。

今回の震災で事故おこりまくりの、福島の原発近隣の人が
避難するときに
「安全だと言ってたから原発たてたのに」
と言ってた気持ちはよくわかる。
でもこうも思う。
どんなに対策とってても、原子炉の中には危険なものが
がっつり入ってるんだから、絶対安全はありえない。
でなきゃ、東京電力なのに東京から離れたところに
原発建てないよ。
地元の人はそういうことも全部わかってて、万が一のときでも、
東電や国が被害を最小限におさえてくれると思ってたから、
ダメダメ対応に絶望したんだろうとは思うけど。

東京に住んで働いている私は、危ないよね、安全なわけないよね、
しかもその不安を遠いところに背負わせてるんだよね、と思いながら
電力を消費していたつもりだった。
だから福島原発地元の人たちは、東京電力と同様に私たちを非難して
もらって全然かまわない。
あくまで、原発で被害を蒙っている福島の人は。

でも、福島の人になったつもりの人のあれこれ言うのは
なんか全然響かないよ。
言うのは自由だけどねー

原発は危なそうなところから止めていけばいいと思うぞ。
ただし代替の電力を確保しながら。
しかも、原発は止めてもその後片付けるのに時間がかかる
し、お金もかかるから、計画立ててやっていかなければ。
少なくとも、今後原発続けていくというなら反対するよ。
これが私の意見。
そうなるように努力する。
それだけ。

|

« 発電所について私が知りたいこと | トップページ | 忘年会が嫌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53222/51350643

この記事へのトラックバック一覧です: そうなるように努力する:

« 発電所について私が知りたいこと | トップページ | 忘年会が嫌 »