« 2010年11月 | トップページ | 2011年4月 »

2011/03/17

大地震後まとめその3 金返せ

大地震発生後の個人的まとめ その2 の続き

火曜日。
通常の7割運行なのに、正直いつもの中央線→山手線よりスムーズ!
前日遅刻したのでもっと早めに出たら、到着早すぎた。
月曜日に出勤不可だった人もやってきて、部署全員揃った。

lこの日もともと予定されてた、来期の会社のなんとか戦略とか
組織変更とかの説明会が予定通り行われた。
社長が加齢いや華麗にパワポを操って30分休みなく喋り続けた説明の
内容はすでに周知済みで、私にとってはいろいろ「萎える」要素が満載
だったから、気が向いたらつっこみいれようかなーとも思ったけど、
社員(2人)の質問に社長が熱く応えているのを見て、ますます萎えて
どうでもよくなってしまった。
この説明会って、今この状況でもやらないといけないものなのかなー。
優先順位を完全に取り違えている。

この日、同じ派遣社員の某さんから、呼びかけのメールが。
事務方部署にいる別の女子社員の実家が放射能の危険にさらされて
いるので、少しでも防げるものを購入して送ろうという内容。
社内の全員宛メールだったので、事務方の確認とったのかな?と
思ったけど、趣旨には賛同したから、お金を拠出。
そのちょっと後、事務方部署から、わけのわからないお見舞いメールが
同じく全員宛で届いた。
「ご家族が被災された方はよければ申し出てください
えー?それこそ一人ひとりに確認することじゃないの?申告制なの?
うちの実家も被災したといえばしたんだけど、報告する気になれない。
ますますピントずれてきてるな、大丈夫か?

仕事上はさほどトラブルもなかったので火曜日もほどほどで帰宅。
帰宅して姉に電話して寝る。

水曜日。
「有志でお見舞い」の声をあげた某さんから話を聞いたら、
事務方のほうから呼び出され「勝手なことすな」と「説得」され、
じゃあ集めたお金をそちらのいいようにしてください、とまるごと
引継ぎしちゃったんだそうだ。

なんだそれ。
自分の中でちょっと整理してみた。

事務方が気にしているのはこんなこと?
-特定の人の関連の被災者だけでなく、広く「関連被災者」の情報を集め、
その人たち全員に最適なお見舞いしたい。
-個人の事情をいきなり全員宛メールで送るのは個人情報保護的に
コンプライアンス違反みたいな。

最初に言い出した某さんがぬかったのはこんなこと?
-事務方に確認とらず、全員宛メールで「会社有志」のお金を募ろうとした
-全社的になると趣旨がかわってくるのに、お金出した人に確認せずに
事務方に移管した

私は某さんの趣旨に賛同したからお金出したのであって、
前2エントリにわたって悪口書き続けている事務方に預ける気は
さらさらない。
お金戻してもらっていいですかー?と、返金をお願いした。
趣旨が違ってきちゃうんで個人としてしかるべき筋で送りますと。
そもそも、会社は会社のお金で義援金を送るもんじゃないの
心ある人から募る「有志」の「見舞金」の対象者のリストを作るのは
事務方の仕事かもしれないけど、募って集金して管理して、
「有志」の見舞いの品の選定したり送ったりをコントロールするのは
違うんじゃない?
社員より派遣社員のほうが多い職場なので、コンプライアンス的に
個人的なことを聞けないと思ってるのかどうかはわからないが、
だれかひとりが各部署回って全員の状況と関係の被災者の有無を
確認してまとめて、対応を周知すればよかったんじゃないの?
指摘したところで、またピントのずれた反応が返ってくるだけだろうしなあ。
事務方、社長はじめ、エライ人ほど非常時に個別事案対応しかできず、
組織的な行動方針を打ち出せない会社。
みんなもっとできる人たちだと思ってたのに。
残念すぎる。
終わりだ。この話題も、あれもこれも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大地震発生後の個人的まとめ その2

前記事の続き。

月曜日は3月14日。
1ヶ月前に女性2人の連名(「伊達直人」案も検討)で配ったチョコの
お返しが、各人からやってきて、お菓子に囲まれて仕事していた。
みなさん出勤するだけで大変だったろうに、お気遣いありがとうございます。

お菓子に囲まれて一応定時の間会社にいたのだが、上司が出勤不可だったこともあり、
「出勤できない人がいる場合かわりは誰がやるか」
「節電を考えると、輪番出勤にしなくていいのか」
など、まったく検討することができなかった。
いや、事務方とかえらい人たちは検討してたのかもしれないが、
周知はまったくなし。
事務方からいつものようにピントのずれた「無理して出勤しなくていいです」
というメールくらいはきてたような。でもその「無理」の基準がどこにも書いて
なくて、そこは「自己判断」「上司に相談」という暗黙のルールが
あるらしい。明記してないからわからんが。
じゃなくてー、会社としての基準とか方針とか、示してもらえないわけ?
えらい人たちは今日の社外での打ち合わせや、今週の予定のキャンセルの
電話をかけている
のが聞こえてきた。
あのー、そんなことより自分のいる会社のほうをまず…
そして金曜と同じように、ついったーでは「会社は15時あがり」などという
ツイートが流れているのに、私の職場では「無理しないで(=自己判断で!)」
という曖昧ですらない指示にもならない連絡しか来なかった!
なんかどっと疲れたのでそそくさ帰宅。
とはいっても、30分遅刻したから、定時以降30分働いて、その後帰った。
「気をつけて、無理しないで」といいつつ、後で「じゃあ地震の影響で遅れた
分は時給計算していいですか?」と聞いたら、「それはそれ、これはこれ」
手のひらを返しかねない人たちなのだ。
抗議すると「規定でそうなっているから」とにべもないので、後で足元すくわれ
ないように、事務方の甘言には常に気をつけている。
駅に着いて山手線のホームに行っても電車はなかなか来ないし、すごく込んでそうだし、
あきらめて改札を出て、中野行きバスの座席に座って寝て中野まで。
中野駅は人であふれてたのでそのまま歩いて自宅まで。
くたくた。必死に持ち帰ったお菓子をつまんで、そのまま寝た。

さらに続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/16

大地震発生後の個人的まとめ

3ヶ月半ごぶさたでした。
3月11日に東北・関東で大地震が起きた。
備忘録としてそのときのことを書いておく。

当日(金曜日)。
私はなんだかんだ言いつつまだあの派遣先で働いているので、
机の下にもぐってやりすごし、その後「月曜日にデータセンター見にいかないとねー
とか言いながら、携帯でテレビ見たりついったーをずっと眺めてたりしていたのだが、
TL上のどこか他社の人は
「会社から指示があったので待機」とか「徒歩で帰宅」とか、
皆それなりの指示があったもよう。
しかし私の派遣先は、最初のゆれからしばらくして
「外出してる人はないね?」
と社長(だった気がする)の確認があったきり、指示まるでなし。
あとは、以前登録させられた「セコムの安否確認システム」
から携帯にメールが来て、「無事だったらこのサイトのボタンを押せ」
っていう内容なのだが、そのサイトが込み合っててつながらない。
しかたないから定時まで待機して「もう帰っていいんだよね?」
と思いながら、徒歩で帰れそうな人は三々五々退出。
私ももちろん歩いて自宅まで帰った。
青山学院近くから阿佐ヶ谷駅近くまで、2時間10分くらいかかった。
実家のある茨城も2度目の揺れの震源で、それなりの被害もあり、
あたりまえのように電話はつながらない。
自宅に帰り着いて、しばらくはテレビやネットで情報収集していたが、
力尽きて寝落ち。

翌日(土曜日)
目が覚めたら朝もだいぶ遅い時間だったので、ためしに実家に電話かけたら
つながった。実家の母は怪我はなく、家はものが散らばって大変だし、
断水もしてるけど、飲み水も風呂の残り湯もあるし、ガスと電気は使えるから
まだ大丈夫とのこと。

日曜日。
自宅の固定電話に、コードレスしかない電話機しかつないでなかったので、
コードあり電話機をかってきて、つなぎかえた。
原発はもちろん、鹿島の工業地帯にある火力発電所も止まったため、
計画停電の話が出てきた。
日曜夜はまだ詳しいことがわからず、寝るに寝られなくて、
深夜から月曜にかけて、停電の状況と、週明けの鉄道の運行状況をチェックしながら、
-月曜はたぶん出勤できない人がいるから、その分対応しないといけないかも
-データセンターは停電しなさそうだけど、いらんサーバは節電のために止めなくちゃ
-もしかするとデータセンター停電もありうるから、そのときの対応手順も考えないと
とか、月曜出勤して検討すべきことを頭の中で整理していた。

月曜朝。
計画停電は始まってなかったけど、中央線は駅に入れないくらい込み合って
いたので、青梅街道を新宿方面に歩きながら、入り易そうな丸の内線の駅を
探っていたら、東高円寺は奇跡のようにすいていた(すぐ改札通れた)。
激込みの車両に乗って、新宿へ。新宿で乗り換えた山手線は
通常よりすいていて、通常よりスムーズに走っていた。
30分遅れで職場に到着。
私の部署は、一人出勤してきていた。その人が一番あてになる人なので、
昨晩整理したことを雑談レベルで相談して、とりあえずいらんサーバを
シャットダウン。その前に監視停止依頼とか。
そのうち、居住地が遠くてとても出勤できない人と、予定の休みだった人を
のぞいて、ぼちぼちやっててきた。

社長とか、えらい人もだんだん揃って来たので、
出勤してきた人全員集めて何か指示とかあるのかなーと思っていたら、
まったくなし!
なぜか金曜日に発動した「安否確認システム」から「出勤できるかどうか」
を選択してください、というメールが来たので「出勤済み」を登録。
全社で60人くらいしかいないのに、誰が出勤してきているのか、
名簿片手に「○○さんはきてますかー」と確認しに来る人はおらず。
さらに、事務方から全員宛メールで「誰が出社しているのか確認したい
ので、派遣の人もサイボウズでタイムカードをつけてください」というお願いが。
だーかーらー、どこかに全員の名前書いた模造紙でもはって、
出勤した人に印つけさせればいいでしょ!
ただでさえ出勤大変なのに、携帯とサイボウズと、毎日両方やれと?
それ事務方が楽したいだけじゃないのー?

もともと、何やってもピントがずれてて、むこうはよかれと思っていても
こっちは全然うれしくない「心遣い」とか、そういうことばっかしてくる
事務方だったのだが、この非常時にそのダメさが爆発した。

続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年4月 »