« 下から目線で考えた | トップページ | 大地震発生後の個人的まとめ »

2010/11/30

行動激遅

○○したいなーと思いつつ、平気で数ヶ月実行できなかったりする。
おかげで今は家の中は水まわり以外はほぼ機能停止してる状態。
唯一機能している水まわりも、かなりごちゃごちゃ。
もういつだったかすら忘れたが、軟水器の中のイオン交換樹脂を新品にとりかえて、
軟水器から出した使い古しのイオン交換樹脂で、ペットボトルを使った手作り軟水器を
作成してみた。
水道の蛇口じゃなくてお風呂ポンプにつないで、
「自動お湯はりでたまった湯船の湯の軟水化」にチャレンジしたのだった。
しかし、私の技術力のせいでできが悪いのか、そもそも中古のイオン交換樹脂の
性能がなくなっているのか、ほとんど軟水化できず。
その残骸もお風呂に放置されていたりする。
反省点はいろいろあり、また作りたいと思いつつ、しばらくは動けず、
なんか最近ようやく着手して、必要な部材を集めている。

まず、新しいイオン交換樹脂を買わないといけない。
これはまだ買ってない。

前回はポンプと本体をつなぐホースが耐圧じゃないやわらかいやつだったし、
ホースと本体(1.5リットルの炭酸のペットボトル)のつなぎめも、
ペットボトルのキャップのかわりにとりつける便利グッズを流用したもので、
隙間からだいぶ水が漏れていた。
今度は耐圧ホースで漏れないような工夫がしたい。

100円ショップで、同じくペットボトル用のワンタッチで開くキャップを見つけ、
そこにホースが接続できそうだったので、径の合う耐圧ホースを買おうと
ホームセンターに行ってみた。
しかしそのホームセンターのホース(切り売り)売り場は、店のはじっこのほうで
店員さんに切って値段を書いてもらわないと買えないのに、店員がぜんぜんいない。
仕事帰りに寄ると閉店30分前くらいで、ますます店員がつかまらない。
というわけで、2回くらい店員を捕まえられずあきらめて帰った後、
やっと近くで店員さんを見つけて切ってもらって買うことができた。
使う予定のキャップを持っていって、径が合うものを探したら、
結局一般的な内径15ミリよりも細いホースになってしまい、
ポンプのほうに合うホースは15ミリなので、太さの違うホースを接続するため、
ワンタッチで着脱できるアダプターも購入。

Twitterのほうではこそっとつぶやいていたけど、
あとはイオン交換樹脂を買うのと、炭酸飲料の1.5リットルの空きボトルを
用意すれば、たいだい部材の準備は完了。
1.5リットルの炭酸4本くらい飲み干さなくては…

しかし、なんか着手してからここにくるまでに、すでに3ヶ月くらい経過している。
3ヶ月ですんだのはまだ早いほうで、半年たってもまったく終わらないことも
多々ある。そうしてる間に新たな懸案事項発生で、どんどん積もっていく。

いやー困った。どうすればいいのか。

まずはちゃんと機能する軟水器を作って、今放置されているガラクタ化した
前バージョンを廃棄しないとな。
懸案事項は一つずつ片付けていくか、あきらめてぶっつぶすしかないもんね。

|

« 下から目線で考えた | トップページ | 大地震発生後の個人的まとめ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53222/50135482

この記事へのトラックバック一覧です: 行動激遅:

« 下から目線で考えた | トップページ | 大地震発生後の個人的まとめ »