« 本格的一歩手前 | トップページ | がっかりの連鎖 »

2010/09/15

さすがに自分は捨てられない

この話の続き。
断捨離ってやつですね。まだブームだよ。
こないだ、ワールドビジネスサテライトでもやってて、
完全に商売になっとるやんけ
と、うんざりした。

まー私の家は断捨離以前の汚部屋で、荒みまくっているので、
自分は心の問題を抱えているんだよなーという自覚はあるが、
「誰かの提唱した『捨てる』論」によりかかって自分を改造したいとは
まーったく思わない。
自分をはるか高い棚に置いて、ものすごい反感を覚える。
この断捨離の人とか捨てる技術の人とか、
捨てることを思想としてかかげて教祖になっちゃう人が
気持ち悪くてしょうがないのだ。
これは前にも同じこと書いたな。

しかもそれを商売にしてる。
商売になったらもう「ノウハウ」であり、
どうやって捨てられない人を言いくるめて捨てさせるか、
洗脳するかという「技術」になってくるから、
いっそ完全に「商売としてやってます」と言ってくれたほうが
よほどすっきりするんだけどねー。

単に私が「キレイキレイな他人様の高邁な思想」を好まない
だけの話なのかもしれないなー。

とりあえず私は、できてないこと
(まとめるだけまとめてリサイクルに出してないダンボールとか
新聞紙をちゃんと出す)あたりから、
「捨てる習慣を身につける」ことを目標にして、
自分で地道にやってきますよ。


|

« 本格的一歩手前 | トップページ | がっかりの連鎖 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53222/49454844

この記事へのトラックバック一覧です: さすがに自分は捨てられない:

« 本格的一歩手前 | トップページ | がっかりの連鎖 »