« セミナー | トップページ | スルーと我慢のスキル »

2010/05/26

ホームベーカリーについて

私にとって、言ってることは参考になったりならなかったりする
勝間和代さんだが、
自転車通勤とかパン作りとか、はまったことには共通点があったりするので、
決して嫌いじゃありません。
こないだ勝間さんがテレビで家電を紹介していたときに、
ホームベーカリーをおすすめしていて、
その関係かブログでホームベーカリーに関するエントリをあげてらっしゃった。
内容にはおおかた同意なのだが、
スーパーキングやゴールデンヨットを「おいしい粉」と言い切ってしまうのは微妙。
上記2種類の粉は「最強力粉」といって、食パンなどを作る用に、
ふわふわもっちりとよく膨らむように、強力粉にたんぱく質などの成分が添加というか
追加されている粉なのだ。
ホームベーカリーでこれらの粉を使ってパンを焼くと、ふつうの強力粉と比べると、
すごくよく膨らんでふんわりして確かにおいしいが、
追加物なしの小麦粉で作ったパンもまたおいしい。
私は別に添加物排除派じゃないので、ふわふわパンを焼きたいときは最強力粉も使っていた。
ふだんふつうの強力粉で焼いてて、たまに最強力粉を使うと、
ホームベーカリーの蓋がもちあがりそうにふくらむので感動するのは確か。
でも味の差はそんなに気にならなかった。
勝間さんも実ははるゆたかだったか、国産小麦を使ってた気がするので、
「初心者がホームベーカリーで失敗なくよくふくらむパンを焼くためのおススメ」として
最強力粉をあげたのだと思う。
まーでも「業務スーパー」で売ってた安い「イーグル」(強力粉)でも、
マニュアルどおり材料を計ってセットすれば十分おいしいパンができるのだ。
材料よりも正確な計量と操作が大事。
あとドライイーストも金サフじゃなくて赤サフでじゅうぶんよく発酵する。
確か金サフはお砂糖の多い生地でも発酵する、耐糖性の高いやつじゃなかったか。
でも赤いほうでもかなり耐糖性があると聞いたことがある。
そういうわけで勝間おすすめレシピよりもコストダウンしても、
そこそこおいしい食パンが作れると思う。

私ですらこれくらい語れちゃうんだから、
これくらいの情報はぐぐればすぐ見つかるよー。
個人的には
「焼きたてのあったかいのを手でちぎって食べられる」
のがホームベーカリーのいいところだ。
あと私、食パンとかバゲットとか、何もつけないで(飲み物は必要だけど)
もりもり食べられる人間(甘いパンより味なしパンが好き)なので、
そういう人には強力にホームベーカリーをおすすめするよ。

追記:
私が使っているホームベーカリー(最近は全然使えてない)は、
4年くらい前の象印のやつ。1斤焼ける。
コンパクトで音が静かだが、特殊な配合にしたときとか、
こねが足りないことがあるので、しっかりこねたいときは
一次発酵の手前までやって中止して、
また最初からスタートする、なんて感じの「運用でカバー」。
でもプレーンな食パンを標準的な強力粉やイーストを使って
マニュアルどおりの分量で作るなら、全自動でおいしく焼ける。
プレーンなパン好きにはこれくらいで十分。

|

« セミナー | トップページ | スルーと我慢のスキル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53222/48416272

この記事へのトラックバック一覧です: ホームベーカリーについて:

« セミナー | トップページ | スルーと我慢のスキル »