« 片手鍋購入 | トップページ | 青山通りと明治通りと表参道の間に »

2009/06/09

やる気について考えた

ビジネス書とか、よく見るライフ八苦の類、読んでもほとんど参考にしたいと思わない。
なんであんな熱心に読む人がいるのか、よくわからない。
はてなーが自慢げに書いてる「○○する××の方法」とかは、
「え?それあたりまえじゃん?」って思うこともよく含まれてるし。

仕事の効率をあげるのはいいけど、効率よく働いて生まれた余裕に
また別の生産をしたいなんて思ったことがない。
とにかく私はやる気がない。
仕事はもちろん(←おい)生活全般にすべてやる気がない。
働かなければ死ぬとは思っているので、
新しい仕事、新しい職場に対してはある程度やる気を出して臨むわけだが、
今みたいに仕事を始めて2ヶ月くらいで、
モチベーションがものすごく下がっているのが常。

ここでやる気を維持できれば、ダラダラ仕事することもなく、
さらに発展した形で仕事ができるのかもしれないが、
仕事をかわるたびいろいろ試してみたのに、維持できたためしがない。
もともとのやる気レベルが低いから、減衰してダラダラレベルになるまでが早い。

なんだか、人がそれぞれ持って生まれた能力の中には
「やる気」っていうのも含まれている気がするなー。
今までの人生、自分がまったく努力しなかったとは思ってないけど、
大学受験大失敗の経験から推察するに、
「努力ができるのも能力のうち」だとしみじみ思う。
私は努力できる才能に欠けていると思う。
やる気も同じような感じ。モチベーションを下げないためには
何かしら努力をしないといけないんだよね。

とりあえず今は自分を「やればできる子」なんて勘違いしないようにして、
自分の処理能力とやる気レベルを考えて仕事をやっていくだけだ。
しかもちゃんと気分転換とかで自分をメンテナンスしてやらないと、
やる気は低レベルどころかマイナスになってしまい、何もかも嫌になってしまう。
やる気に満ちた自分に生まれ変わる、なんてことは、本当に一旦死んで
完全に生まれ変わらないとムリだ。

あーでもやる気ないつっても社会人だから一応、
「自分の能力とやる気でできる範囲で仕事を引き受ける」
「仕事が期限内にちゃんとできあがることが最優先」
っていうのはおさえているからねー。
やる気がなくて、おさえどころもおさえてない人は、
ただの仕事ができない人だよ。
私はふつうには仕事できるからね!(←必死)

|

« 片手鍋購入 | トップページ | 青山通りと明治通りと表参道の間に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53222/45285682

この記事へのトラックバック一覧です: やる気について考えた:

« 片手鍋購入 | トップページ | 青山通りと明治通りと表参道の間に »