« 給料日前 | トップページ | 歯を抜くことになった »

2009/05/14

鍋をこがした

鍋を壮絶にこがしてしまった…
ごく弱火で5時間とか、数年に1度のペースでやるんだよねー。
相方にばれたら怒られるので内緒だ。
鍋がどうとかより、ガスコンロを長時間つけっぱなしなのが
きわめて危険なので、こがすたびにもう二度とやるまいと
肝に銘じているはずなのに、数年経つとまたやってしまう。
すでにル・クルーゼで2回これをやっている。
最初のココット・ロンドは、鍋いっぱいに煮ていたときに
やってしまったので、地道にこげを落として鍋は復活。
赤いソースパンは、内容物が完全に炭化してしまい、
やさしくこげ落とししたつもりが、表面のホウロウがはげて
しまったので、今は台所のインテリアになっている。
だって外側はピカピカできれいなんだもん。

今回は無印良品のステンレス何層だかの片手鍋で、
しかも商品切り替え時に生産終了品を割引で買った
気がするので、金銭的損失は今までほどではないが、
精神的ダメージは大きい。
しかもうちの3口コンロの、センサーつきのところで
やらかしているのだ。
あのセンサーあてにならないぞ。
というかトロ火の長時間加熱おそるべし。
鍋底の温度はセンサーの閾値まで上がらないまま、
内部の食材にずーっとずーっと加熱していくのだ。
完全に冷ましてから炭化したところを水につけてはみたものの、
もうあの鍋だめだろうなあ。
6月になったらいつものデパート友の会のつみたてが満期だし
カード会員優待もあるから、反省しつつ新しい片手鍋を買おう。
柳宗理のやつにしようかな。
うう、買い物する理由を見つけて喜んでいるよ。
これが何度も繰り返すほんとの原因かもしれない。

|

« 給料日前 | トップページ | 歯を抜くことになった »

コメント

以前ホーローの鍋で手羽先の煮付けを炭化させたとき、
重曹と水を入れてしばし煮る -> 重曹スポンジでこする、
というのを何度か繰り返したらすっかりきれいになりましたぞ。
炭化の程度によるかもしれないですが。

投稿: KU | 2009/05/21 18:30

KUさま

今まで重曹でこげつきをきれいにしたことは
もっとたくさんあります…。
特にひどい例をここにあげただけで(笑)。

今回も、とりあえず重曹入れてわかしてみたら、
だいたいの炭はとれました。
見事にいぶされて内側真っ黒になっていた蓋も、
重曹でみがいたらすっかりきれいになりました。
重曹ってすばらしい。

投稿: 貝柱 | 2009/05/22 12:42

ああやはり。やってないはずはないよなと思いましたが。
うちのもかなりの焦げ具合だと思ってたんで、
重曹煮込みで無理な焦げってどんな! 見てみたい気もします。

投稿: KU | 2009/06/01 14:46

焦げはだいたいとれたのですが、ホウロウの一番表の層が
はげました。あの丈夫なル・クルーゼで。
こんど写真撮ってごらんにいれましょう。
今回の片手鍋もまだ焦げ落とし途中なのでこちらの惨状も
撮影してアップしましょう…って、焦げた鍋マニアか。

投稿: 貝柱 | 2009/06/02 12:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53222/45015295

この記事へのトラックバック一覧です: 鍋をこがした:

« 給料日前 | トップページ | 歯を抜くことになった »