« 鍋をこがした | トップページ | 歯、その後 »

2009/05/16

歯を抜くことになった

先月、歯の定期クリーニングのついでに虫歯関係の検査と、
奥歯の間の虫歯発見のためのX線写真を撮ったら、
前に「端的に言うと抜くしかない」という宣告を受けた
下の大臼歯の具合が、さらに悪くなっていることがわかった。
今日、唾液検査等の結果を聞きにいき、
歯科医師にそのヤバイ歯をどうするか相談した結果
「前回より悪くなってるので歯根に亀裂の可能性高い」
つまりやっぱり抜くしかないということになった。
問題は抜いた後で、ブリッジにするか入れ歯にするか
インプラントにするかの3択。
ブリッジは健康な隣の歯を削ることになるので、歯医者さん的に
おすすめではないらしい。入れ歯はメンテナンスの手間がかかる。
私としてはインプラントにしたいのだが、なにしろお金がかかる。
以前同じ歯でインプラントをすすめられたときには、
「40万かーうーん」とか言ってやらなかったが、
実は当時は貯金をはたけばお金は出せたんだよね。
今は無職時に貯金を使い果たして、40万(今回は45万と。値上げした?)
なんてとてもない。
でも、歯根の亀裂とインプラントについてちょっと調べてみたら、
歯根の亀裂で炎症が起きると、歯周病のように
その毒素が体中をまわるとか、こわいことが書いてあったりするので、
こりゃ治療したほうがいいなという気分になった。
もう何年も左あごのリンパ腺はわずかに腫れた状態が
続いているし、左の肩甲骨まわりが痛いのも左だけの頭痛も
もしかしたらこのせいかもしれない、なんて妄想も広がる。

歯科医師の先生いわく、炎症が起きているということは
その下の骨がおかされているので、インプラント(骨に埋め込む)を
するなら早く抜歯したほうがいいとのこと。
そして、抜歯してからインプラントの手術をするまでに、
3ヶ月くらい間をおかないといけないということなので、
思い切って抜くことにした。
20年くらい前に、別の歯医者で横になってる親知らずを
抜いたときは、肉切って歯を割って抜いてあとは縫って
もらって、かなり大変だったけど、それくらい大変ですか?
なんてきいてみたら、
根が割れてるといろいろ大変な可能性もあるとのこと。
紹介してもらって大学病院の専門のところで抜いて
もらうことになった。
予約はそのかかりつけの医院から入れてもらうので、
まだ決まってないけど、抜くのは1ヵ月後くらいに
なりそう。
平日だから仕事も休むことになるし、きびしいけど
来月(6月)なら出勤日数も多いし、なんとかなるか。
その後3ヶ月奥歯がないのは不便そうだが、
炎症がおさまって体調がよくなる可能性もあるので、
ちょっとだけ期待もしている。
その3ヶ月後からインプラント治療開始ということならば、
その頃には有給休暇もらえてそうだし。
まあそれまで今の派遣の仕事が継続してれば。
インプラント専門の歯科医師が、月一だかでかかりつけの
歯科医院に来て治療してるそうなので、
手術するにしても早くて10月くらいだと思われる。
資金はそれまでにたまりそうもないが、
なんとかする…なんとか。
やっぱり手作り弁当で節約だ。
結局貧乏ネタ。

|

« 鍋をこがした | トップページ | 歯、その後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53222/45028559

この記事へのトラックバック一覧です: 歯を抜くことになった:

« 鍋をこがした | トップページ | 歯、その後 »