« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009/05/28

宴のあと

仕事中雑談に参加して人となりを知るというのが苦手なので、
職場の人を知るために飲み会(送別会だけど…)に参加。
期せずして参加者のだいたいの年齢を知る。
げ、私のいるグループのリーダー、同い年だった…
あとはのきなみ30代前半とかもっと若いとか。
みんなが若いということよりも、自分がこの若い人たちとなんか
年齢なりの違いのある仕事をしてないような気がして
なんだか凹んでしまう。
実は違いを判別できるほど細かいところまで
他人の仕事内容を知らないんだけどね。
前職ほどではないけれどカルチャーの差も感じた。
大企業や大組織と関連の深いところだと、どうしてもそこ独自の
カルチャーがどこかしらににじみ出るんだろうなー。
いやー自分の宴会参加下手をカルチャーのせいにしてはいけないな。
そして明日も飲み会だ。

そういえば実際の仕事でも、
UNIX系、オープンソースの文化から微妙に離れてしまって孤独感がある。
(ほぼ全部Windowsだからしょうがないんだけど。)
10年くらい前にPostgreSQLを仕事で使っていたと言ったら
「ポスグレってそんな昔からあったんだ」と言われてこっちが驚いたり。
apacheでディレクトリごとにアクセス制限かけられる
のってふつう知ってることじゃあ?とか。
まあ設定したことなかったら知らないか。
いや、apacheの設定ってふつうやってない?やってないか。
でもこういう自分の中の常識がなかなか通じないのが
心理的にじわじわくるものなのだ。
まー私の場合仕事につくと毎度毎度毎度毎度この問題は出てくるんだけど。
話の通じる人がいるような現場からは、
スキル不足といわれて断られるから。

何かがつきぬけるまで地道にがんばったほうがいいのかなー。
と、最初の1杯のみのアルコールが抜けたあと考え込んで
しまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/26

大きいサイズの戦略

お金もないし、最近服はもっぱら西友で調達していたが、
先日デパートの「大きいサイズコーナー」の、
高齢マダム向けじゃない、国内アパレルメーカーの出してる
某ブランドの店で店員につかまって、
表示サイズを見て「はけません無理です」と言ったパンツを
「きっとはけるから」とすすめられて試着したら
はけてしまったので思わず買ってしまった。
このサイズ表示は絶対違うぞ!
デブのプライドを傷つけないためにわざと小さい表示してないか?
今まで、パンツは西友の大きいサイズのところで
置いてある一番大きいサイズを試着しても、
デザインや素材のストレッチ具合によってははけなかったのだ。
トップスは普通の売り場でも着られるサイズがあるんだけど。
そして、そのデパートでは勢いでブラウスまで買ってしまったが、
サイズは13号。
これもまたJISのサイズ基準を完全に無視していると思われる。
だって13号の基準ってバスト89センチだよ?
実際に89センチの人がアレを着たら、だぶだぶだと思う。
以前、無印良品と千趣会のサイズ(S/M/L/LL)の違いを
指摘したことがあるが、
JISのサイズは着る人のサイズの基準であって、
洋服の実寸ではないということがよくわかった。
いわゆるメーカー品、値段の高いものはやはりゆとりが
大きくとってあるものなのかなー。
でもあまりに表示サイズとかけはなれた自分の体に、
不当表示っぽさを感じてしまう。
ま、はけたから結果としてはよかったんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/21

歯、その後

とりあえず歯を抜いてあとはインプラント(45万円)と
決めた後、午後からまた出かけて荻窪の区役所駅前事務所へ。
国民健康保険の脱退の手続きをした。
以前、日曜も窓口をあけるようになった区役所へ行ったが、
土日区役所であけるのは住民票とか戸籍の係の窓口のみ。
保険とか年金とか税金関係の手続きは、
平日夜7時までと、土曜もやっている駅前事務所に
行かないとできないみたいだ。
駅前事務所でやってるなら日曜の区役所でもやればいいのに、
と思うのは私だけではないと思う。
特に阿佐ヶ谷には区役所があるから駅前事務所はなく、
平日昼間以外に役所関係の手続きをするときは、
となりの荻窪まで行かないといけない。
なんか矛盾を感じる。

それはともかく、ただ脱退するだけなので、
新しい派遣健保の保険証のコピーをとられて
書類に名前その他を書いたくらいで手続きはさくっと終了。
さかのぼって3月23日から加入したため、
3月分まで払い込んだ国保の保険料が過払いになるはずだ。
3月分まで払い込んだ旨伝えると、窓口の方は
「再計算して…保険料が返還されるかもしれません」
と、アイマイな表現で回答してくれた。
もし、昨年4月から国保に加入してて1年分払った場合は、
前年所得が確定して保険料が決定する6月から翌年3月
までの10ヶ月で年額を割るので、返ってくる1ヶ月分の保険料は、
自分が毎月払ってた額より小さいと思う。
しかし私は昨年11月に退職して、12月から保険料を
払っているので、毎月払ってたのは年額をきっちり
月割りしたもののはず。
つまり3月末に必死に払った4万いくら、そのまま返って
くるんじゃないかなー。
返ってきたらそれはそのままインプラント資金にあてるぞ。
定額給付金が入ったらこれもインプラント資金。
うーんこれって消費刺激には全然ならないよなー。
いまや頭の中は45万円でいっぱい。
まー足りなかったら親に借りるかな。
うちの親はこないだ、もう70歳を越えて自分には保険を
かけられないからと、貯蓄目的の一括払いで私に保険をかけた。
担当者が家に来て細かく説明してくれたので、
当然払い込んだ金額も知っている。
あの小金持ちめー。借りてやるー。そしてきっちり返してやるー。

そういや、かかりつけの歯医者さんに来ているインプラントの先生の
プロフィールをもらったんだけど、どこに留学したとかなんとか学会
に入っているとか華々しく書いてはあるけど、
一番気になる今までインプラントを何件くらいやってるのかが
書いてないんだよねー。それが肝心なんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/16

歯を抜くことになった

先月、歯の定期クリーニングのついでに虫歯関係の検査と、
奥歯の間の虫歯発見のためのX線写真を撮ったら、
前に「端的に言うと抜くしかない」という宣告を受けた
下の大臼歯の具合が、さらに悪くなっていることがわかった。
今日、唾液検査等の結果を聞きにいき、
歯科医師にそのヤバイ歯をどうするか相談した結果
「前回より悪くなってるので歯根に亀裂の可能性高い」
つまりやっぱり抜くしかないということになった。
問題は抜いた後で、ブリッジにするか入れ歯にするか
インプラントにするかの3択。
ブリッジは健康な隣の歯を削ることになるので、歯医者さん的に
おすすめではないらしい。入れ歯はメンテナンスの手間がかかる。
私としてはインプラントにしたいのだが、なにしろお金がかかる。
以前同じ歯でインプラントをすすめられたときには、
「40万かーうーん」とか言ってやらなかったが、
実は当時は貯金をはたけばお金は出せたんだよね。
今は無職時に貯金を使い果たして、40万(今回は45万と。値上げした?)
なんてとてもない。
でも、歯根の亀裂とインプラントについてちょっと調べてみたら、
歯根の亀裂で炎症が起きると、歯周病のように
その毒素が体中をまわるとか、こわいことが書いてあったりするので、
こりゃ治療したほうがいいなという気分になった。
もう何年も左あごのリンパ腺はわずかに腫れた状態が
続いているし、左の肩甲骨まわりが痛いのも左だけの頭痛も
もしかしたらこのせいかもしれない、なんて妄想も広がる。

歯科医師の先生いわく、炎症が起きているということは
その下の骨がおかされているので、インプラント(骨に埋め込む)を
するなら早く抜歯したほうがいいとのこと。
そして、抜歯してからインプラントの手術をするまでに、
3ヶ月くらい間をおかないといけないということなので、
思い切って抜くことにした。
20年くらい前に、別の歯医者で横になってる親知らずを
抜いたときは、肉切って歯を割って抜いてあとは縫って
もらって、かなり大変だったけど、それくらい大変ですか?
なんてきいてみたら、
根が割れてるといろいろ大変な可能性もあるとのこと。
紹介してもらって大学病院の専門のところで抜いて
もらうことになった。
予約はそのかかりつけの医院から入れてもらうので、
まだ決まってないけど、抜くのは1ヵ月後くらいに
なりそう。
平日だから仕事も休むことになるし、きびしいけど
来月(6月)なら出勤日数も多いし、なんとかなるか。
その後3ヶ月奥歯がないのは不便そうだが、
炎症がおさまって体調がよくなる可能性もあるので、
ちょっとだけ期待もしている。
その3ヶ月後からインプラント治療開始ということならば、
その頃には有給休暇もらえてそうだし。
まあそれまで今の派遣の仕事が継続してれば。
インプラント専門の歯科医師が、月一だかでかかりつけの
歯科医院に来て治療してるそうなので、
手術するにしても早くて10月くらいだと思われる。
資金はそれまでにたまりそうもないが、
なんとかする…なんとか。
やっぱり手作り弁当で節約だ。
結局貧乏ネタ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/14

鍋をこがした

鍋を壮絶にこがしてしまった…
ごく弱火で5時間とか、数年に1度のペースでやるんだよねー。
相方にばれたら怒られるので内緒だ。
鍋がどうとかより、ガスコンロを長時間つけっぱなしなのが
きわめて危険なので、こがすたびにもう二度とやるまいと
肝に銘じているはずなのに、数年経つとまたやってしまう。
すでにル・クルーゼで2回これをやっている。
最初のココット・ロンドは、鍋いっぱいに煮ていたときに
やってしまったので、地道にこげを落として鍋は復活。
赤いソースパンは、内容物が完全に炭化してしまい、
やさしくこげ落とししたつもりが、表面のホウロウがはげて
しまったので、今は台所のインテリアになっている。
だって外側はピカピカできれいなんだもん。

今回は無印良品のステンレス何層だかの片手鍋で、
しかも商品切り替え時に生産終了品を割引で買った
気がするので、金銭的損失は今までほどではないが、
精神的ダメージは大きい。
しかもうちの3口コンロの、センサーつきのところで
やらかしているのだ。
あのセンサーあてにならないぞ。
というかトロ火の長時間加熱おそるべし。
鍋底の温度はセンサーの閾値まで上がらないまま、
内部の食材にずーっとずーっと加熱していくのだ。
完全に冷ましてから炭化したところを水につけてはみたものの、
もうあの鍋だめだろうなあ。
6月になったらいつものデパート友の会のつみたてが満期だし
カード会員優待もあるから、反省しつつ新しい片手鍋を買おう。
柳宗理のやつにしようかな。
うう、買い物する理由を見つけて喜んでいるよ。
これが何度も繰り返すほんとの原因かもしれない。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

給料日前

前職辞めてから今まで、生活費(と税金とか健康保険料とか)の
財源というと
-貯金
-国税還付金
-失業給付と再就職手当
-3月に働いた分(7日)の給料
くらいであった。
4月に働いた分の(まともな額の)給料日を前にして、
計ったように銀行の普通口座の残高が3桁になった。

端的に言うとお金がないので、
昨日と今日はお昼はお弁当を作ってもってきた。
その前に1日、おにぎり(中身は梅干のみ)と
おかずはウインナーソーセージのみの
シンプルなお昼をもってきた日があったが、
後が続かなかったなー。
給料日前的な気分を盛り上げないと、
2日連続お弁当を作れないダメ人間である。
携帯用保温水筒を何本も持ってるわりには、
ペットボトルのお茶は毎日買ってるし。
今日のごはんは黒豆ごはん。
以前買ってあった黒豆(丹波産はお高いので北海道産)を炒って
ごはんと一緒に炊いただけだが、
砂糖も塩も入れてないのに、米よりも黒豆が甘い。
栗ごはんの栗より甘いかも。
この甘さはいったいなんなんだろう。

弁当を作りつつ今週不安だったのは、
給料日前日の朝の時点で、いつも数日前にシール式ハガキで
郵送されてくる給与明細が届いていなかったこと。
今月はさかのぼって社会保険に加入したため、
保険料が2ヶ月分ひかれることになっているから、
イレギュラーな計算で遅くなるのはわかるのだが。
しかもタイムカード〆日の先月末日を過ぎてすぐ
ゴールデンウィークがきて、〆日からまだ7営業日目
だから、給与の処理大変だろうとは思う。
でも万が一明日給料入ってなかったどうしようとか、
入るにしても正確にはいくら振り込まれるのかわからない
とか、弁当食べながら不安にはなるのだった。
さすがに、帰宅したらギリギリセーフで届いてたけど。
さらに、これまた計ったように給与明細と一緒に
「国民年金の納付書」が届いていた。
平成20年度の未納分と、平成21年度分が。
21年度は最初から厚生年金でこの給料から天引き
だから払わないよっ>社会保険庁
タイミングがいいんだか悪いんだかわからない。

5月は暦どおり出勤しても日数が少ない=次の給料は
少ないから、しばらく給料日前気分を維持して弁当作りに
励むことにする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/12

名刺を作られた

知らない間に派遣先の会社で私の名刺が作られていたらしく、
今朝いきなり渡された。
実はあんまりいらない…気分的には激しくいらない…
正直なところ、名刺もらって何か得になる会社というわけでもないし。
派遣の分際で何贅沢言っとるんだ、と思われるかもしれないが、
たとえば、出版やってる会社の名刺だと、出すと展示会にプレスで
入れたりと、いろいろおトクな名刺を持ってたこともあるんで。
今は営業が一人もいない、おそらくプリセールスの仕事もない会社なので、
名刺を使う機会は年に数回、会社にやってきた外部の人と
交換する程度だと思う。

ちなみに、前職では3年ばかり偽装個人事業主で続けた末、
所属会社の直接雇用になったので、だめもとで所属会社に
「名刺がほしいんですが…」と遠慮がちに言ったら
「会社と常駐場所が違うから(あたりまえだ)名刺に
どこの連絡先を入れたらいいのかわかりませんよねー」
と、やんわり断られた。
もともと、会社のメールアドレスも作ってもらえなかったし、
違うとこのメールアドレスや住所の入った名刺なんて
会社は作る気まったくなかったんだろう。
一方、常駐先では常駐者の名刺作成なんてありえなかった。

名刺がほしいと思った会社(直接雇用)からは拒否され、
別にいらないと思った今の派遣先からはいつのまにか作られる。
片思いの多い社会人人生だ。
でも結局、前職で名刺を作りたいと思った動機って、
ないと不便という実用的な面よりも、
・その会社に所属している証拠がほとんどなかったから
所属証明のブツづくり
とか、
・会社が私のようなさいはての契約社員の要望に柔軟に
対応できるのか確認する
という面が強かったかもしれないなー。
結果、ぜんぜん要望が通らなかったし代案提示の気配もなかったので、
これは会社に何か言っても言わなくても永遠に放置プレイなんだ、
と確信して、絶望したのも前職を辞めた一因だと思う。

そういえば、絶望の前段階として、
常駐先に直接「この仕事は契約にないからやらない」と
つっぱねたりしていたな。
まーほいほい引き受けると、ノーチェックの所属会社から放置されて
雪ダルマ式に仕事が増える可能性があったからね。

前職の会社も派遣会社だと思えば割り切れたかもしれないけど、
派遣会社にしては事務手続きがいまいちというか
担当者の人数が少ないから遅いし説明不足だし
社外に常駐してる人のこと考慮してないシステムだったから、
対応に困ることも多々あった。

今は私からは派遣会社にも派遣先にも全然期待してないし
どっちにも所属してるつもりもないので、
逆に名刺がありがた迷惑に感じるんだなー。
でももしかしたら明日使う機会があるかもしれんから
名刺入れ用意しとこうかな。
もう6年は使ってないからどこにしまったか忘れた(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/05

露天

阿佐ヶ谷の区民センターに行ったときに、駅前の工事の
概要を説明したチラシ(?)を発見。
やっぱりタクシー乗り場はあの位置で固定かー。
自動ドアではない右側から乗らないといけないので、
乗り場には案内の人が常駐して、ドアを開けてあげたり
している。
あれはあれでいいのかと思うけど、やっぱ設計ミスだと
思うよ。他に右から乗るタクシー乗り場を知らないもん。

以下、近隣住民の人以外にはわからない話。
今年はじめだかに、長久保行きの西武バスの乗り場に
屋根ができたので、よかったねー西武バスに乗る人、
と思っていたのに、各乗り場が移動した結果、そこは
渋谷行きのバス乗り場になってしまった。
渋谷行きの乗り場にはもともと屋根があった。
で、西武バスの乗り場は、位置的には前より駅近の
南口正面すぐにはなったものの、やっぱり屋根がない。
同じ並びのすぎ丸の乗り場にも屋根はあるし、タクシー乗り場にも
屋根ついてるのに、なんで西武バスのとこだけ露天
なんか政治的なもの?単なるいじめ?
バス停の屋根ってバス会社が自費でたてるものなのだろうか。
西武バスがお金を出し渋っているとか?
だとしたら乗客が気の毒。
都なり区が建ててるんだったら、西武バスは税金払ってないとか?
いやーでもそれ、乗る人には関係ないし。
北口のバス停は全部屋根つきだから、
本当に西武バスだけなんだよね、露天。

私はこの路線の西武バスには乗ったことないんだけど、
ここだけ屋根がない、ということに気づいたら最後、
気になって気になってしょうがない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »