« ある意味特別な日だった | トップページ | 新仕事のその後 »

2009/04/06

駅周辺不具合箇所

一つめ。
駅南口のロータリーの下に排水のためのなんかを
作る工事をしていて、ロータリー周辺のバス停と
タクシー乗り場の位置が全部変わってしまった。
バス停はまあいいんだけど、
タクシー乗り場がひどい。
タクシーの右側から乗り込まないといけないのだ。
初めて意識したのだが、タクシーの自動ドアは、
運転席の対角線上、後部左側についている。
道路でも歩道があるのは車の左側で、
運転席側は通常対向車線に面しているのだから、
当然そうなる。
ところが、この乗り場だと人が待つほうが運転席側。
乗ろうとする人は、手動でドアを開けないといけない。
別にそれくらいはいいんだけど、通常の反対側から客が
乗ってきては、運転手もやりにくかろう。
ロータリーはまだまだ工事中なので、
一時的な措置かと思ったんだけど、
タクシー乗り場の人の待つ場所にはちゃんと屋根もついて、
その屋根にばっちり
「タクシーのりば」
って書いてあるんだよねー。
あそこまで固定的な施設だと、今後このままって気もする。
しかし、ちょっと考えればわかるはずなのになぜ右側から乗車なんてことに?
設計ミスじゃないの?誰が設計したの?
気になる。

二つめ。
駅周辺というか、駅前の西友に3日ぶりに行ったところ、
1・2階の食料品売り場、前は2階が閉鎖になっていたが、
今回は1階がほぼ閉鎖になっていた。
2階は真っ黒な棚にかわって、すっかり改装されていたが、
1階閉鎖中のためまだ商品の置き場が暫定的な感じで、
ちょっと荒んだ印象。
なぜか吉祥寺の西友の地下食料品売り場は
通常もこんな感じで、商品の置き方とか大雑把だけど。
しかし、もっと大変だったのは3階以上で、
フロア構成が大幅に変わるらしいのだが、まだ移動の途中らしくて、
どこに何が売っているのかよくわからない。
たぶん店員さんにきいてもわからないと思う。
だったらいったん閉鎖して改装に専念しろよー!
せめて、改装後はどういうフロア構成になるのか
計画だけでもわかっていれば、この一時的な混乱も
なんとか我慢するんだけど、
「23日にリニューアルオープンしますのでお楽しみに!」
って書いてあるだけだと、買い物しにくくてストレスが
たまるだけだ。
何を意図してのリニューアルなのか、さっぱりわからないのが
よけいイライラするのだ。
これでリニューアル後さらに取扱商品の種類が減ったり、
売り場構成が使いにくくなったりしたら、
先日予告したとおり、キレるぞ!と再度思った。

しかし、さきほどまでMXTVでやっていた新番組
「未公開映画を観るTV」で、現在西友のバックにいる
米ウォルマートの極悪ぶりを紹介しているのを見て、
とりあえず西友がんばれ!負けるなよ!
という気持ちになってしまった。
同じウォルマートでも国が違えば労働条件は違うって
映画でも紹介されてたから、西友はあんなひどくないとは思うけど。
まーウォルマートの傘下に入る前から西友を利用してるけど、
ウォルマートならでは(?)の商品みたいなのもないし、
(以前あったけど人気なくてすぐ消えた気もする)
傘下に入ったメリットを感じたことは一度もないんだよねー。
いろんな意味で大雑把になっていってるとしか感じられない。
ただ、食料品売り場が24時間で、それ以外の売り場も遅くまで
やってるのはとても便利なので、店ごとなくなったりはしないでほしい。
意味のわからない改装しても怒らないから。

改装とか改修とかするのは結構だけど、
最終的にどうなるのか完成図を見せてもらわないと、
もしやこの不便な状態のまま?って不安になるものなんだなーと
同時多発的なこの2箇所の不具合で実感した。

|

« ある意味特別な日だった | トップページ | 新仕事のその後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53222/44580728

この記事へのトラックバック一覧です: 駅周辺不具合箇所:

« ある意味特別な日だった | トップページ | 新仕事のその後 »