« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009/04/28

自称予知能力

今日仕事中に、
「そういえば先月終わりころ文句いいながら簡易書留で
送った再就職手当はどうなったんだろう?」
ということが急に気になり出し、
「出ないことってあるんだろうか?」とにわかに心配になり、
こっそりぐぐってみたりしてしまった。
ハローワークから再就職手当を振り込む通知を
もらったというどなたかのブログを見つけたりはしたが、
「出なかった」ことを書いている人は見つからない。

ハローワークの人の説明によると、再就職手当は
私が書類送った時点から支給が決定して振り込まれるまで
1ヶ月半か2ヶ月かかるということだったから、
もうちょっと先かなーと思いつつ、なるはやで出してほしい
と強く願った。
今月は3月に働いた7日分しか収入がないから、
今月分の住宅ローンと光熱費の口座への入金を、
「再就職手当が出たら」することにしているんだけど。

そして、
帰宅して集合ポストをのぞいたら、自分の字で住所を
書いてあるハローワークの封筒が入っていた。
おお、これは簡易書留で送ったもののひとつ、
結果の返信用封筒!
中を見たら、昨日の日付で支給が決定したと。
わーいわーい。
実際振り込まれるまでには1週間くらいかかるらしいが。
1週間後というとちょうど5連休の真ん中。
連休前に入るか後になるか、微妙だな。
でも、給料日前には口座の残高2ケタくらいいきそうだったから、
とっても助かるよ。
リアルに値段を書いちゃうと、
77日分の30パーセントで13万円ちょっと。
あのまま失業してたらもらえる額に比べてあまりに少ないと
思っていたが、今日あれこれぐぐって読んでわかったことには、
残日数の30パーセントの再就職手当が支給されても、
残った70パーセントは残日数としてちゃんと残っているという。
再就職手当の通知に同封されていたが、
雇用保険受給資格者証を見ると、まだ54日残っている。
万が一何かあって今の仕事の契約を派遣先の都合で
切られたりしても、54日は失業給付が出るはずだ。

ちなみに、
10年以上前、特に好きなわけでもないのに、
なぜか急に「ナボナ」(亀屋万年堂謹製お菓子のホームラン王)
が食べたくなって、職場でそれを話していたら、
数日後に職場へのお中元でナボナが届いて無事食べることができ、
予知してたんだーと勝手に思ったことがあったが、
今回は、再就職手当のことが急に気になったその日に
支給決定通知書が届いた。
もちろん時期的にそろそろ…とは思っていたけど、
こんなに無性に気になったのは今日が初めて。
予知の精度、あがったような気がする。

…予知の対象は「食べもの」と「お金」みたいだ。

追記:4月30日に振り込まれていた。ありがたや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/27

鳥ムネ肉・豚ヒレ肉調理法

鳥ムネと豚ヒレ、どちらも脂肪分が少なく、さっぱりした部位だ。
ヘルシーにはちがいないが、調理法によっては、あっさりしすぎて
パサパサになり、のどにつかえる悲しいお肉になりがち。

いろいろ持っているレシピ本や雑誌の記事を見て
これらのお肉の調理法を検討した結果、
2点をおさえればおいしく食べられることが判明した。

1 しっかり味付けする

脂分の多いお肉は、うす味にしても脂のうまみを味わえるが、
鳥ムネ・豚ヒレは肉そのもののうまみのみ。
ともすると単調になりがちで、続けて食べるとすぐ飽きる。
味付け、とくに塩をしっかりふって全体に味をしみこませると、
肉のうまみがぐっと引き立つ。
私はうす味好みで通常塩するときからして少なめなので、
意識してたっぷりふっている。


2 しっとりさせる

鳥ムネについては、肉自身の持っているしっとり成分(コラーゲン?)
でコーティングすると、特に何も足さずともしっとりする。
皮付きのまま蒸して、肉から出た汁ごと冷ます
熱いうちはしっとり成分が液化して肉から逃げていくので、
冷ましたのちスライスすると、内部にまでしっとりが
戻ってきていて、蒸し鳥単体でもじゅうぶんおいしい。

温かくてしっとりした鳥ムネを食べたい場合は、
薄いそぎ切りにしてスープにするとか、
細切りにして、片栗粉でコーティングして加熱するとか。
そのまま油で炒めると、しっとり成分が逃げるので、
コーティングが必要だ。

豚ヒレは鳥ムネほど肉自身にしっとり成分がないみたいなので、
基本的にはコーティング。
塩コショウののち片栗粉をまぶして焼くだけでもずいぶん違う。
とりあえず片栗粉をまぶせば、脂分の多いお肉同様、
他の食材といっしょに炒めたりしておいしくいただける。
炒めるときには、お酒と片栗粉をかけて軽くもむといいかも。
豚ヒレというとヒレカツくらいしか思い浮かばないのは、
やっぱこの「コーティング必須」ってとこが原因かなー。
ぐぐってみたら、小麦粉ふって卵にくぐらせて焼く「ピカタ」の
レシピもあった。
おいしそうだけどまだ作ったことがない。

まー、この2点をおさえれば、鳥ムネや豚ヒレを目の前にして
「何作ろうかなー」と思ったときの方針を決められるのではないかと
思い、まとめてみたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/22

ひと月だ

引継ぎ期間を含めると今日で就業1ヶ月。
自分の中ではけっこう仕事に慣れてきた感じ。
とはいっても、特に誰とも親しくなってないし、
1日ほとんど喋らず仕事して帰ってくることもあるし、
好きに使っていいといわれているポットのお湯
(ミネラルウォーターをわかしているので、おいしいはず)も、
まだ一度も使っていない。
傍目にみれば、すごく遠慮している。
でもまー、ほとんど誰とも喋らない職場は今までにもあったし。
お湯(無料)やら飲み物(100円)を利用しないのは、
実はお湯をもらうその場所で他人と遭いたくないからだし、
つまりは自らバリヤーはりまくりなんだからしかたない。
どうも、この職場にいる人にあまり興味わかないんだよね。
仕事的にも、Linux使いが自分ひとりなことは割と気にならない
(誰かに相談したいような難しいことはしてないので)が、
本質的に、会社の業務のコアな部分が、まったく興味ない分野なので、
話についていけないし、積極的に入っていきたいと思えない。
それがネックだ。

でも、そんな私でも周囲はなまあたたかく見守ってくれている感じ
(周囲以外の人からは、なまあたたかくスルー)なので、
とにかく今貢献できるとこは適度に貢献していこうかと。
いつのまにか担当が私一人になってしまった
アカウント管理やら、一覧を作ってひとつずつチェックしていくような
地道な作業は、本当は大っきらいだが、
なんで私ばっかりこんなことやらなきゃいけないの?もううんざりだよ!
と思うまでは(笑)、やっていこうと思っている。
高度な作業でも単純作業でも時給は同じだし。

ああそれから、WindowsでGUIばっか使ってるとすごく疲れて、
ときどきさしたる目的もなくLinuxサーバにログインして、
ログ見たりあれこれオペレーションしていると、
心が落ち着く自分に気づいた(笑)。
Windowsでは、いわゆる入力仕事も多いんだけど、
コピー&ペーストの連続が実はつらい
体質だということがわかってきた。
キーボードで手打ち入力なら、かなり大量でも平気。
指を動かしているほうが脳に刺激があっていいのかもしれん。
脳の出力装置として、キーボード打つ指がもっともつながってる
感じがするなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/20

今年初芝刈り

外を歩けば、沿道のお宅の庭ではつつじや他の草も花盛り。
うちの庭にも雑草が生えてきて花まで咲いてきた。
これは草取り+芝刈りをせねばなるまい。
昨年晩秋から冬~春まで家にいたにもかかわらず、
その間一度も庭に出なかった。
平日も家にいて初めて知ったが、うちの真上、2階のお宅では
毎日布団やら毛布やらをベランダから干していた。
冬の時期の貴重な我が家の室内の日照を妨げる上に、
取り込むときその布団類を激しく払ってほこりやらなにやらを
うちの庭に落とすもので、天気がいいからといって
うっかり庭に出て2階の家のほこりにまみれたくなかった。
ほんとは2月くらいに枯れてる芝を刈り込んでおかないと
いけなかったんだけど。
しかし、このまま放置しておくと、ますます雑草が繁茂するし、
枯れた(去年の)芝がもさもさしているのは見た目が悪い。
とりあえず、2階に何も干してないのを確認してから、
土曜日の午後と日曜日の昼前の2度に分けて、雑草を抜いて、
勝手に生えてきた木(高さ70センチほどに成長)も
植木はさみでばっつり切り、17平米ほどの広さの芝生を
地道に手で刈った。
「手で」というのは、電動じゃない芝刈り機を使うんじゃなくて、
芝切りはさみで、ちょきちょきちょきちょき切ったのだ。
狭いワンルームくらいの面積だけど、はさみでも刈れるもんだ。
右手親指の腹、関節横あたりにマメができたけど。
もちろん、バリカンじゃなくてはさみで頭を刈るようなもんだから、
きれいに長さが揃ってるわけではなくて、トラ刈り状態で不揃いだ。
でも、下から生えてくる新しい芝もそんなに均等に生えてくる
わけじゃないから、きれいに刈ってもあんまり意味がない。

刈りながら、雑草を見つけたら抜いていたのだが、
日当たりの悪いほうにいっぱい生えてきたシダ類は、
地下茎(根?)がとんでもないことになっていた。
大きな葉っぱのところを抜くと、そのすぐそばに
産毛に覆われたワラビというかぜんまいみたいなやつが
必ず生えてきている。
その「さわらびちゃん」の下をスコップで掘ると、
太くてかったい根っこだか地下茎だかが横に長く
伸びている。
こないだ、「鉄腕ダッシュ」で、わらび粉つくるのに
こんな根っこ掘ってたなー。

なんかうちの庭には地下茎か地上のランナーで
横へ横へと伸びていく植物が増えがち。
クローバーしかり、ヘビイチゴしかり、ドクダミしかり。
まあ、ひと冬庭に出ず、地面を踏みかためなかったおかげで、
土はわりとやわらかく、掘るのはそんなに大変じゃなかったけど。

結局、刈った芝と抜いた雑草で70リットルの袋がいっぱいになった。
手はマメ以外は割と平気だけど、しゃがんでいたせいで
足腰がつらい。明日ちゃんと出勤できるかなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/15

働いている

密度としては、今までやってきた仕事全部の平均程度だと
思うんだけど、月曜から金曜、ちゃんと仕事に行って働いているよ。
残業も少ししている。
まだ4週間目なんだけど、内容的には前職の3ヶ月分くらい
働いているような気がする。
残業しても前職よりは月給10万円くらい下がるんだけど、
今「私の能力でやることがある」ことに安心している。
前職に戻りたいと思うことはない。
朝はいつも眠くてぎりぎりまで寝てはいるが、
「ああーこのまま休んでしまいたい」と思わないのは
まだ4週間目だからだろうけどね…

あ、とりあえず最初の契約は4月末まで、ということ
だったけど、来月から3ヶ月間契約更新されることが決定した。
これで社会保険にも加入させてもらえるぞ。
今は雇用保険にしか入ってないんだよねー。
これも当初は入らないつもりだったらしいが、
私がハローワークに「就職」としてこの派遣仕事を
申告したためハローワークから派遣会社に問い合わせがいき、
つつかれるのを恐れたのか雇用保険だけは加入してくれた(笑)。
来月社会保険に入った時点で
「4月から入ったことにする」とのことで、
5月分の給料から2か月分の社会保険料を引くんだって。
よくわからん。
つか今月歯医者に行く予定になっているが、そのときは
国民健康保険の保険証を出すしかない。
結局その保険負担分はどこが払うんだ?
まー、国保よりは派遣健保のほうが保険料安いから、
結局はお得なわけだし、いいや。

ところで、
今のこの職場で、前任者が辞めるとなって後任を探し始めたら、
(「協力会社」とか派遣会社から)しばらく見つからなかったんだそうだ。
Linuxの運用経験はあっても、構築経験のある人は
いなかったんだって。
前職でも私に決まった経緯について似たような話を聞いたな。
以前書いたように、私くらいの経験とスキルの人は
多くはないけどレアでもない程度の数いると思うけど
みんなどこかの仕事にしっかり固定されてて、
需要が発生した時点で都合よくそのへんを流れてる人は
なかなかいないということだろう。
流れてるほう(自分)から見ると、
ちょうどいい需要のほうこそなかなかないんだけどー。
4ヶ月も仕事見つからなかったからなー。

とか考えながら仕事しているよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/07

今日はいい日だから

スゴ録、さきほど復活した。
結局、テレビ台の奥の電源コードを捜索する勇気がなくて
そのまま放置し、翌朝見ても固まったままだったので、
仕事の帰りに一番安いブルーレイレコーダー買って
帰ろうと売り場まで行ったが、思い直して買わずに帰宅。
ソニーのサイトから取扱説明書をダウンロードして、
電源ボタン長押しの再起動を試したら、
一度勝手に電源オフになったけど、リモコンで電源
入れたらたちあがってきた。
今までの録画も無事みたい。
パソコンなら一度フリーズして電源ブチ切りしても、
ファイルシステム破損することはめったにないもんね。

それにしても、
あわててBDレコーダ買わなくてよかった。
テレビのほうも液晶とはいえ古いので、
HDMIとかないし、D端子ってよくわかんないし、
家にケーブルあるかどうかもわかんないし、
持ち帰ってみてつながらなかったら元も子もないなー
と思ったからやめたんだけど。

きっと、今日は1日おきの「いい日」にあたるので、
私の判断が正しいという結果になったにちがいない。

とりあえずたまった録画はまめにDVDに焼こうー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ついにご臨終か

金曜日までは元気に録画していたうちのスゴ録だったが、
さきほど見たら、完全にかたまっていた!
リモコンに反応しないのはもちろん、
本体のボタンを押してもうんともすんともいわない。
電源も切れないぞ。コンセント抜くしかないか。
ここにためこんできた録画がすべてパアかも…
引きこもり時期に構築したテレビっ子ライフを
ここで断ち切られるとは…

仕事では調子いい日とダメな日(自分で失敗というより、
他人の言うことにむっとしたりどんよりしたり)が
ふしぎなほど毎日入れ替わりでやってくるのだが、
ダメな日は仕事以外でもこういう不幸に見舞われる確率が高い。
お金ないから明日新しいの買ってくるわけにもいかないしなぁ。
泣き面にハチ。

でも、今日(もう昨日)通帳記入したら、先週木曜日に
なんの知らせもなくひっそりと、
認定日から仕事開始の前日までの失業給付が入金されていた
ことが判明した。
5日分なので少額だけど、助かるわー。

思い切って明日仕事帰りに新しいレコーダーを…いかんいかん。
でも確かに、今かたまってるスゴ録も、もう3年も前に買ったやつだから、
そろそろちゃんと地デジチューナーつきのを買わないとだめなのだが。
夏くらいにうちのマンションに入っているケーブルテレビの
アナログ放送が終了しちゃうらしいし。
このへんは難視聴地域らしくて、地上波チャンネルもケーブルで見てるのだ。
しかしレコーダーだけ新しくしても、テレビがハイビジョン対応じゃないし…
とか、考えるときりがない。
まあ、保障期間(1年)を過ぎたとたん故障して、修理に出したら
ハードディスクがまっさらになって帰って来た相方のPS3に比べれば、
長持ちしたほうだよね。

さ、勇気を出して、コンセントを抜こうっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/06

新仕事のその後

ほぼ毎日
「ダメだー」と「大丈夫」
でゆれていた仕事だけど、なんとかやっている。
気がついたら仕事開始から2週間過ぎていた。
前任者が去って一人で働いたのはまだ3日だけど。
今のところ、知識と経験の範囲で対応できている。
ダラっとした最近数年間の仕事ぶり(職場は非企業)と、
なんにもしてなかったここ数ヶ月の状況から、
企業の仕事のペースについていけるかしら、とびびっていたのだが、
意外にきっちり仕事できている。自分では。

忘れないようになんでもかんでもメモとってるのが
いいのかもしれない。
そういえば、前に企業で働いていたときも、ものすごい勢いで
ノートを消費していたよ。年に何冊も。
前職とかその前が、いかに
「明確に解決すべき課題」の見えない職場だったかということが
よくわかる。ノートとる必要なかったのだ。
かわりにテキストエディタで作業記録(+コピペで作業手順のログ)は
とっていたけど。

Linuxやってる人は私だけなので、肩身は広くはない。
でも、Windows使いのLinux毛嫌い的発言を聞くと、
今まで逆パターンの発言ばかり聞いていたので、
内容は正反対だけど言ってることは大してかわんないなーと
苦笑してしまった。
なんか、単に慣れてないとか知識がないとかいうだけなのに、
なんやかやと理由をつけて排除しようとするの。
確かに使ってるOSの系統が統一されていたほうが管理も楽だ。
でも、統一に際して廃止されていく側のOSの悪口言うのは
どうにもかっこわるい。
それじゃただの好みの問題になっちゃうじゃん。
私は、何かが嫌いというんじゃなく、なんでもそこそこ使える
ほうがかっこいいと思うから、Windowsだって機会があったら
覚えちゃうよ。

とはいえ、やっぱり私個人としては、せっかく詳しいUNIX系OSの
仕事をもっとしたいなーと思うので、
今回はちゃんとゴールを決めて働こうと思う。
とりあえずある程度景気が回復するまでは、というのもある。
10回めの仕事にしてようやくこれかよって感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駅周辺不具合箇所

一つめ。
駅南口のロータリーの下に排水のためのなんかを
作る工事をしていて、ロータリー周辺のバス停と
タクシー乗り場の位置が全部変わってしまった。
バス停はまあいいんだけど、
タクシー乗り場がひどい。
タクシーの右側から乗り込まないといけないのだ。
初めて意識したのだが、タクシーの自動ドアは、
運転席の対角線上、後部左側についている。
道路でも歩道があるのは車の左側で、
運転席側は通常対向車線に面しているのだから、
当然そうなる。
ところが、この乗り場だと人が待つほうが運転席側。
乗ろうとする人は、手動でドアを開けないといけない。
別にそれくらいはいいんだけど、通常の反対側から客が
乗ってきては、運転手もやりにくかろう。
ロータリーはまだまだ工事中なので、
一時的な措置かと思ったんだけど、
タクシー乗り場の人の待つ場所にはちゃんと屋根もついて、
その屋根にばっちり
「タクシーのりば」
って書いてあるんだよねー。
あそこまで固定的な施設だと、今後このままって気もする。
しかし、ちょっと考えればわかるはずなのになぜ右側から乗車なんてことに?
設計ミスじゃないの?誰が設計したの?
気になる。

二つめ。
駅周辺というか、駅前の西友に3日ぶりに行ったところ、
1・2階の食料品売り場、前は2階が閉鎖になっていたが、
今回は1階がほぼ閉鎖になっていた。
2階は真っ黒な棚にかわって、すっかり改装されていたが、
1階閉鎖中のためまだ商品の置き場が暫定的な感じで、
ちょっと荒んだ印象。
なぜか吉祥寺の西友の地下食料品売り場は
通常もこんな感じで、商品の置き方とか大雑把だけど。
しかし、もっと大変だったのは3階以上で、
フロア構成が大幅に変わるらしいのだが、まだ移動の途中らしくて、
どこに何が売っているのかよくわからない。
たぶん店員さんにきいてもわからないと思う。
だったらいったん閉鎖して改装に専念しろよー!
せめて、改装後はどういうフロア構成になるのか
計画だけでもわかっていれば、この一時的な混乱も
なんとか我慢するんだけど、
「23日にリニューアルオープンしますのでお楽しみに!」
って書いてあるだけだと、買い物しにくくてストレスが
たまるだけだ。
何を意図してのリニューアルなのか、さっぱりわからないのが
よけいイライラするのだ。
これでリニューアル後さらに取扱商品の種類が減ったり、
売り場構成が使いにくくなったりしたら、
先日予告したとおり、キレるぞ!と再度思った。

しかし、さきほどまでMXTVでやっていた新番組
「未公開映画を観るTV」で、現在西友のバックにいる
米ウォルマートの極悪ぶりを紹介しているのを見て、
とりあえず西友がんばれ!負けるなよ!
という気持ちになってしまった。
同じウォルマートでも国が違えば労働条件は違うって
映画でも紹介されてたから、西友はあんなひどくないとは思うけど。
まーウォルマートの傘下に入る前から西友を利用してるけど、
ウォルマートならでは(?)の商品みたいなのもないし、
(以前あったけど人気なくてすぐ消えた気もする)
傘下に入ったメリットを感じたことは一度もないんだよねー。
いろんな意味で大雑把になっていってるとしか感じられない。
ただ、食料品売り場が24時間で、それ以外の売り場も遅くまで
やってるのはとても便利なので、店ごとなくなったりはしないでほしい。
意味のわからない改装しても怒らないから。

改装とか改修とかするのは結構だけど、
最終的にどうなるのか完成図を見せてもらわないと、
もしやこの不便な状態のまま?って不安になるものなんだなーと
同時多発的なこの2箇所の不具合で実感した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/02

ある意味特別な日だった

エイプリルフールのネタを考える気力もなかった4月1日、
思えば仕事をあがってからもへこむこと続き。
食料品を買いに西友に寄ったら、
肉・魚・調味料・菓子などを売っていた2階が改装中で、
肉や魚は1階レジ前に少しだけ陳列…って、肉の棚空っぽじゃん!
おそらく、2階にあった肉の加工とか包装をやるところを改装していて
使えないので、今売ってる肉は他の店からパック済みのを仕入れて
いるんだろうな。だから売り切れても補充できないと思われる。
ああ、作ろうと思っていた料理の計画が崩れた…
なんか惣菜とかカツ重とかはいつもどおりたくさん並んでいて、
そのカツの肉を生で売ってくれ!と思ったな。
適当に買い物して西友を出たら、入ったときには降っていなかった
雨が!しかもどんどん大降りに!
雨のやみ間に帰る予定だったもんで、傘持ってなかった。
頭の地肌までぬれてしまった。
買ったものをとりあえず冷蔵庫(古代遺跡状態から発掘作業は
ほぼ完了してスペース確保できた!)に入れた後、
雨にあたって体力消耗したので寝ていたら、
雨はどんどんひどくなり雷まで鳴り出して、ものすごい地響きを
伴った重ーい感じの大きな雷鳴を聞いたときには、
ミサイルが落ちてきたのかと思ったよ…
ミサイルじゃなくても、なんか巨大なものが落下したような音
だったんだよねー。
バリバリ派手な稲光とか雷鳴はさほどこわくないけど、
地響き系はほんとにびびる。
親から空襲とか艦砲射撃の話をさんざん聞かされてるからかなぁ。
そういうわけで仕事で精神的に疲れきった後、
西友にがっかりし、雨に降られ、雷に眠りを中断された、
近頃なかった感じのひどい1日だったー。
かわりに明日いいことないとキレるぞ。
あ、阿佐ヶ谷西友、リニューアル後利用しにくくなったらほんとにキレるぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10年前から味は違う

母親が先の週末に、御茶ノ水~上野あたりの
「駅からハイキング」に姉といっしょに参加して、
おなじみ黒門町(上野)の「うさぎや」でどら焼きを買ったが、
食べてみたら、黒門町の親類がのれん分けで始めたという
阿佐ヶ谷のうさぎやのどら焼きのほうがおいしい気がする、
と言っていた。
一番有名なのはもちろん本家である上野のうさぎやで、
私たち家族が初めて食べて感動したのも、ここのどら焼きだ。
でも最近私が買って行く阿佐ヶ谷のばっかり食べてたせいか、
姉も母も阿佐ヶ谷の味が標準になっっちゃったのか。

実は、10年ほど前に御徒町付近の仕事場で働いていたとき、
昼休みに上野のうさぎやでどら焼きを買い、
同時に阿佐ヶ谷のも買って食べ比べてみたことがある。
そのときすでに「身びいきではなく阿佐ヶ谷のほうが私好みだ」
という結果を出していたのだよ。
10年前の私基準によると、
上野のは、
・あんこは割と濃いめ
・皮はかため
阿佐ヶ谷のは、
・あんこは水分が多くてやわらかめ
・皮はふんわり系
どちらも、その辺のどら焼きに比べればとってもおいしいが、
比較してみると、上野のほうが硬くて濃いめの「江戸の味」?
上野ののほうがおいしいって言う人もきっといる。
阿佐ヶ谷のはふつうの(「朝生」の)和菓子も売っていて、
私は桜餅や草餅も買って食べるけど、
つぶあんもこしあんも全体に水分が多め。
商品ラインナップによって、小豆の炊き方、あんの練り方が
違ってくるのかもしれない。

ちなみに親類関係の「うさぎや」は、日本橋にもあるけれど、
そこのどら焼きもまた違った味だった。
「うさぎまんじゅう」もそれぞれの店にあるけど、
仕様がそれぞれ違う。
チェーン店じゃないと、全店のを食べて比べてみたくなるのは
単なるマニア心?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「慣れ」と「なじみ」

仕事、引継ぎ終了して今日から一人~
やることがちゃんとあるから、やる気が出るかなーと思ったら
そうでもなかったよ。
ここ数日はわりと余裕を持って過ごしてきたのに、
今日は(この仕事担当者)一人で仕事初日だったからか、またびびってきた。
何ヶ月も家に引きこもってぬくぬくしてたのが、突然よく知らない人
たちの中に飛び込んだからねー。
仕事の中身以上にそこに負荷がかかる。
早く自分のペースをつかんで、慣れたいわー。
こうやってびびったりおちついたりを繰り返しながら慣れて
いくんだろうけど、年取って順応力とか落ちてきてるだろうから、
時間がかかりそうだ。
数えてみたら、新卒入社した会社から今の仕事で10か所めで、
どこでもそれなりにやってこられたから、順応性はそこそこあると思うが、
いつもどっぷりとはなじめないというか、なじむ気になれない。
前職のさいはてでの仕事も、最長在職記録だったのに、
自分では最後まで「すっかりなじんで」みたいな気持ちにはならなかった。
そのくせ人からは、さいはて以前の、期間半年から1年くらいの仕事でも、
3ヶ月くらいすると「3年くらいいる雰囲気」といわれたりしてた。
以前この「職場の雰囲気に染まりたくない」性質を指摘された
ことがあるが、
「慣れたい」けど「なじみたくない」
というのが正確かもしれないなー、と思った。
なんだろうなー、この距離のとり方。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »