« 気の毒な爪、そして裏腹 | トップページ | 戦慄の通知書 »

2009/01/10

ありがたさ

国会でもめてるのを見るとイライラしてくる定額給付金、
うちは老人も子供もいないので、出たとしたら2万4千円。
うーん、微妙だ。
オトナ一人ぶん1万2千円、
ちょっとした買い物だったらけっこう使いでがある額だと思う。
私にとっては2週間分の食費くらいか。
でもねー、先月から国民健康保険に加入したんだけど、
この毎月払う保険料の半分にもならないのよー。
契約社員になって会社の保険に入るまでもそうだったけど、
国保の上限額じゃないか。
そんなわけでもしこのまま仕事が決まらないうちに
給付を受けたなら、
たぶん景気には全然関係ない年金とかの保険料に
当ててしまうだろうなー。
あ、住民税も退職以来まだ全然払ってなかった。
どっちにしろ国庫か区に逆戻りみたいな。

やっぱりなんだか微妙な額だよなー1万2千円。
1個でこれくらいの値段のものがどうしてもほしかったら、
給付金じゃなくて必要に応じて家計から捻出して買ってしまう
んじゃないか。多くの家庭では。
あぁ、家族が多くて子供がいたりすればそれなりの額になるか。
子供2人の4人家族で6万4千円?
年収200万円台の母子2人の世帯に3万2千円はけっこう大きいかなー。
私の感覚だと、自分一人に5万円くらいもらえたら、喜んで
「何に使おう?」ってうきうきするけどねー。なんと贅沢な。
自分で工面というほどでもなく捻出できる額だと、
そんなにうれしくないものかもしれない。

|

« 気の毒な爪、そして裏腹 | トップページ | 戦慄の通知書 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53222/43692489

この記事へのトラックバック一覧です: ありがたさ:

« 気の毒な爪、そして裏腹 | トップページ | 戦慄の通知書 »