« 自分で気をつけないといけないの? | トップページ | 超ゆっくり活動中 »

2008/12/04

届いた+その後

保険証その他を速達で返送した翌日、
離職票とか、人質にとられている年金手帳とかをいつ返送してくれるのか
辞めた会社に電話してきいてみた。
そしたら「これから手続きします。届くのは来週後半」って。
あきれて3秒くらい無言になってしまった。
理由は「保険証が返却されないと手続きが始まらないから」だって。
でもさー、区のホームページで調べたら、国民健康保険に加入するには、
離職票か会社の健康保険の資格喪失証明書だかが必要だから、
離職票が届いて国保に入れたら保険証返そうと思ったんだけど。
というのを丁寧語で説明したら、
「保険に空白の期間ができてしまうということですね」
とひとごとみたいに言うので、イラっとした。
それがわかってんのに、保険証を返さないと手続きしないわけ?
さらに会社の人は「でも古い保険証を持ってても使えませんよ」
とかまたまた余計なことをぬかした。
そんなのわかってるけど、免許証もパスポートも持ってない人にとって
保険証は大事なものなのだ。
と、一応説明はしたけど、こんな人たちに説明してもなんか効力あるだろうか?
あきらめの気持ちが大きくなり、「できるだけ早く送ってください」とお願いして
電話終了。

つか、健康保険証の返送と離職票って、直接関係ないじゃん!
そんなの、あの会社の人事の手続き上のローカルルールじゃん!
なんでローカルルール勝手に決められて、こっちから問い合わせしない限り
ずーっとずーっと放置されなきゃいけないの?
数分間怒りにぷるぷる震えた。でも10分くらいで立ち直った。
まあ、基本は放置する会社だよな、今までさんざんほったらかしにされてたし。
こういう会社(の事務処理)をあてにしていた私がバカだったのだ。
書類が揃ってなかろうが、自分でなんとかしないと。
つーわけでさっそく区役所に電話。離職票とかなくても国保に加入できないかどうか
きいてみた。
区役所から辞めた会社に問い合わせして、資格喪失したことを確認できれば
作ってもらえるそうだ。
ただ、一般的に長いこと離職票を出さないような事業所はダメなところが
多いらしく、区役所から会社に問い合わせしても、
「今担当者がいない」とか「個人情報なので教えられない」とか言われることも多いので、
あらかじめ会社に、区役所から確認の電話がある旨連絡しておいてほしいといわれた。
すぐ会社に電話して、区役所の確認に応じるようにお願いして、区役所に行って手続き。
しかし、本人確認できるものを持っていなかったので、
配達証明で家に郵送されるにことになった。
本人証明できるものとして「年金手帳」があったのだが、
「会社で預かってもらっていて、それも返送されてないんです」と言ったら、
区役所窓口の人が「ああーなるほどー」と大きくうなずいていた。
ああ、辞めた会社のダメイメージが……定着すればいいのに。
最初っから、会社が年金手帳を預かることに合理的理由はないしね。

後日、国保の保険証は無事家に届いた。
離職票その他の大切なものも、週後半とか言ってたけど、火曜日に届いた。
一応急いでくれたのねーありがとうございます(ぼうよみ)。

届いた翌日、離職票その他を持ってハローワークに行ってきた。
ハローワークの書類をよくよく読むと、ああ、ここでも本人確認が!
しかも2種類必要だってことで、住民票の写しもとった。
あー保険証先に作っといてよかった。
でも、最初の認定日がクリスマスイブ。今年のイブの予定は、失業の認定。とほほ。

|

« 自分で気をつけないといけないの? | トップページ | 超ゆっくり活動中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53222/43317109

この記事へのトラックバック一覧です: 届いた+その後:

« 自分で気をつけないといけないの? | トップページ | 超ゆっくり活動中 »