« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008/12/30

抹茶とあんずのパウンドケーキ

最近バターはお店で見かけるようになってきたが、クリスマス前は特に
いっぱい生クリームやらバターやら出てたので、
少しずつ買いためてお菓子を作った。
安原さん編集「抹茶のお菓子」のパウンドケーキを。
お菓子作りは割と得意だと思っていたのだが、今回は衝撃的だった。
干しあんずがやわらかく煮えすぎて、
水分をたくさん含んだまま、刻んで生地に混ぜちゃったので、
焼けてるにもかかわらず、型から出したとたん、
ダラーっと崩れていった。びっくりしたー。
原形をとどめないパウンドケーキって初めてだ。
数日後、2個目に挑戦し、あんずの汁気をしっかり切って入れたら、
ちゃんとパウンドケーキの形にできあがった。
でもまだ水分が多目なのか、焼きあがるのに本に書いてあったより
時間がかかり、すぐには型から出せなかった。

食べてみたら、おいしいけど干しあんずがすごくすっぱい!
シロップで煮てあるのにあんなにすっぱいとは。
別の干しあんずならこんなにすっぱくないのだろうか。
量を少なめにしたほうがいいかもしれない。
年が明けたら再挑戦しよう。

このあんずを煮たシロップ(焼いたケーキに塗る)が、とってもいいにおい。
今回、塗布用にとってもまだ残ったが、捨てるのはもったいないと思って
いたら、料理に利用できた。
野菜と一緒にスープで煮た、豚ロースかたまり肉用のソース。
気軽に鍋に放り込んでいい感じに煮えたまではよかったが、
かたまり肉を食べるにはソースが必要だと後で気づいた。
冷蔵庫を捜索し、生クリーム+粒マスタードに塩を入れて鍋で温めてみた。
が、味見したらマスタードの味しかしなくて絶望。
ところが、思いついてそこにあんずシロップを入れたら、
いきなり風味豊かなおいしいソースになったのだ。
もちろん、以前にジャムを入れたちょっと甘酸っぱい豚肉用のソースの
レシピを見たことあったから入れたんだけど、
余ったシロップが意外なところで使いまわせたのが妙にうれしかった。

うまくいかなかったら原因を考えて改めるってのは仕事も料理もかわらないねー。
あと、ある仕事の結果がまったく別の場面で役立つのはうれしい。
仕事や料理に限らず、日常の行動すべてがそんなものか。
次に同じ失敗をしないように、「あんずがすっぱい」とか
「焼き時間もっと長く、でも上がこげるので途中でアルミ箔をかける」とか
「真ん中からきれいに膨らまない」とか、
うちのオーブンが原因と思われるのも含めて、気になった点は紙切れに書いて
作り方のページにはさんでおくのは、仕事でついたクセかもしれない。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

悪い知らせのタイミング

派遣会社で見つくろってもらったお仕事候補4つのうち、
スキルが見合わないとか、
他社で決まってしまったとか(つまり競合。なら最初っから言って。)
で2つはダメ、もうひとつはまったく音沙汰なしで、
唯一、先に進みそうだったものがあったのだが、
先週、結果は年明けになりそう、というメールをもらっていたのに、
29日の朝にまたメールが来ていて、これも競合で他社に決まったと。
何この絶望的な年末。
私の気分への影響を考えると、この連絡は年明けにしてもらっても
よかったかもなぁ。就業活動的にまったく動けない約1週間の年末年始を
がっかりして過ごすことになったから。
派遣会社では、就業にこぎつけられなかった(=失注)場合、
担当者が「こんな人が仕事を探しています」と社内連絡するみたいで、
すぐ後に別の仕事の紹介メールが他の担当者から来てたんだけど、
ネットワーク機器専門の仕事だから、私の経歴だと向こうから断られる
可能性高いよなー。おそらく顔合わせまでこぎつけられないだろう。

しかも返事をしようにも、これらのメールに気づいたのは29日夜で、
派遣会社ももう年末休みに突入していた。
一応返事のメールを出しておいたけどねー。

1月中には何か仕事をしよう思っていたのに、
派遣の仕事で就業できるかどうかあやしくなってきたなー。
とりあえず何か収入を得ようったって、最近日働きの仕事ってあるのか。
手近に何か売れるものはないか、とあたりを見まわしてしまった…
いやー、さすがにまだ蓄えが尽きたわけじゃないんだけど、
月給のお仕事って、働いて1ヶ月くらいしないとお金入んないからね。
すでに再来月の生活のことを考えてしまう。
ま、もう今日(30日)には実家帰っちゃうし、このまま年越してやるー。
実家では、いつもどおり荷運びとかする以外は暇なので、
かえって余計なこと考えそうでやだなー。
正月はいつもどおり、2日に東京に戻ると思う。

ここまで読んでくださった皆様、よいお年を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/24

妄想力

おはようございます。そしてメリークリスマス。
一昨日、スキル的にも大丈夫だし、いけそうだと思っていた
派遣の案件がすでに他社に決まっていたと派遣会社から連絡を
もらった。
がっかりしつつもちょっとほっとしてたりして。
仕事しないうちにやろうと思ってたこと全然やってないからねー。

この時期だと結局動くのは年明けからだなーとか思いつつ、
漫画に関するテレビ番組を見ていたら、
私も好きな「町でうわさの天狗の子」(岩本ナオ)が紹介された。
紹介者が
「恋愛でいろいろ妄想することは女子力アップにつながる。
例えばデートでこんな服着たい→かわいく着られるように努力する、
みたいなふうに」
ということを語っていて、ふだんならケッと思ってしまいそうな私が
なんとなく自分にひきつけて考えてしまった。
働いている自分の姿を妄想することによって、なんか勉強しようとか、
ビジネスカジュアルなる服装について検討してみたりすることは、
社会人力アップってことだよね。

とりあえず年明け早々派遣で就業ってことはなくなったので、
年末年始はすっかり忘れていた某ベンダー系資格の勉強を
するつもりー。
試験受けるのにお金かかるから、受けるなら落ちるわけには
いかないし。

今日はクリスマスイブということは失業の認定日だ。
ハローワーク新宿に行かなくちゃ。
自己都合退職なのでまだ金は一切出ないし、正直なところ、
往復の交通費がもったいない。
求人の検索はハローワークの中のパソコンじゃなくてもできるからなー。

帰ったらケーキ焼いて、一人で食べる予定。
2週間前のワタクシの誕生日に、
プレゼントどころか気がついてすらいなかった相方にはあげない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/19

超ゆっくり活動中

一応、離職票が届いた翌日に、書類に書いてあった一式そろえて
ハローワークへ行ったが、半月遅くなったので、
失業給付を受けるとしても、3月終わり頃。しかもそのとき出るのは8日分。
いくらなんでもその頃には何か仕事してると思う。
自慢じゃないがハローワークに通った経験は3回くらいあるので、
次は説明会ねー、その次にお金の出ない認定日があるのねー、
とだいたいわかっている。
現在は説明会は済んで、前に書いたようにクリスマスイブの初回認定待ち。

離職票が届くのと前後して、以前仕事を紹介してもらった派遣会社に
行っていろいろ話を聞こうと思って予約を入れようとしたら、
12月第1週だったのだが「再来週になります」といわれてがっかり。
それじゃ年内に仕事決まらないなーきっと。
などと思ってる間にずるずると時は過ぎ、今週ようやくその派遣会社にも行ってきた。
一応条件に合いそうな仕事があった。
場所がいまいち近くない(さいはてに比べれば近いが)ものばかりだが、
このご時勢でそれなりに時給の高い派遣の仕事が「あった」ことにちょっと驚いた。
まあ、製造業じゃないからか。
すでに今年はじめから電機とか自動車とかメーカー系がヤバげだという話は
メーカーが発注元だったりする会社で働く相方から聞いてたんだけど、
技術派遣のほうにもその影響が及んできたらしく、開発系の案件(プログラマとか)
はすでに減ってきているという話。

仕事があるとはいっても、派遣会社の人が見つけてくれたものの半分以上は
実質二重(以下略)。
私は二重でも時給さえよければ気にしないのだが、
どういう現場かは知りたいので、担当営業に詳しく聞こうとしても、
「先方の担当者がつかまらなくて詳しいことはわからないんです」なんて言う。
さらに、この派遣会社からの就業実績はまだないとかいう案件も。
……それって「見せ案件」っていうんじゃ…
アパート探してるときによく見かけた不動産屋の「客寄せ物件」みたいだなー。

また、派遣会社で受けさせられた「EQテスト」の結果を帰宅後読んでみたら
とにかく対人コミュニケーションがうまくないみたいなことが書かれていて
ぶさけんなよ!と怒りを覚えた。

心理テストで計れない(そもそもEQって心理テストなのか?)ところに
私のコミュニケーション能力があり、
スキルシートに書けないところに私のスキルはあるんだよなあ。
転職のときとかにそんなこと言ってもだめなのはわかるんだけど、
私はあきらかに、「経歴はすばらしいのに就業したらアレな人」とは逆。
派遣会社からするとお客にお勧めするポイントもない商品なんだろうけど。

あと、派遣会社には、ちょっとお買い物に行くような、ふつうの服装で
行ったのだが
「この案件はお客様対応するお仕事なので、服装はビジネスカジュアル、
今私がしている服装くらいです」
と、タートルネックのニットにジャケット、といういでたちの営業の女子に
釘をさされた。
私の服装をまっこうから否定されてしまった…
あれがビジネスカジュアルなら、私が持ってる服はすべて普段着だなー。
まあ、ビジネスカジュアルな服を持ってなくても、買えばいいんだもんね、
お金なくてもリボ払いとか、夏のボーナス一括(ボーナスないけど)とかで。

EQとかビジネスカジュアルとか営業の適当さに「絶望した!」とは思ったけど、
別にへこんでないというか、なんとなく仕事は見つかりそうな気がしている。
まったくの気のせいかもしれないけど。

それにしても、仕事探しにかける時間の20倍はフリータイムをすごしているのだが、
驚くほどなにもしていない。家の中がさっぱり片付かない…こっちのほうが絶望的。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/04

届いた+その後

保険証その他を速達で返送した翌日、
離職票とか、人質にとられている年金手帳とかをいつ返送してくれるのか
辞めた会社に電話してきいてみた。
そしたら「これから手続きします。届くのは来週後半」って。
あきれて3秒くらい無言になってしまった。
理由は「保険証が返却されないと手続きが始まらないから」だって。
でもさー、区のホームページで調べたら、国民健康保険に加入するには、
離職票か会社の健康保険の資格喪失証明書だかが必要だから、
離職票が届いて国保に入れたら保険証返そうと思ったんだけど。
というのを丁寧語で説明したら、
「保険に空白の期間ができてしまうということですね」
とひとごとみたいに言うので、イラっとした。
それがわかってんのに、保険証を返さないと手続きしないわけ?
さらに会社の人は「でも古い保険証を持ってても使えませんよ」
とかまたまた余計なことをぬかした。
そんなのわかってるけど、免許証もパスポートも持ってない人にとって
保険証は大事なものなのだ。
と、一応説明はしたけど、こんな人たちに説明してもなんか効力あるだろうか?
あきらめの気持ちが大きくなり、「できるだけ早く送ってください」とお願いして
電話終了。

つか、健康保険証の返送と離職票って、直接関係ないじゃん!
そんなの、あの会社の人事の手続き上のローカルルールじゃん!
なんでローカルルール勝手に決められて、こっちから問い合わせしない限り
ずーっとずーっと放置されなきゃいけないの?
数分間怒りにぷるぷる震えた。でも10分くらいで立ち直った。
まあ、基本は放置する会社だよな、今までさんざんほったらかしにされてたし。
こういう会社(の事務処理)をあてにしていた私がバカだったのだ。
書類が揃ってなかろうが、自分でなんとかしないと。
つーわけでさっそく区役所に電話。離職票とかなくても国保に加入できないかどうか
きいてみた。
区役所から辞めた会社に問い合わせして、資格喪失したことを確認できれば
作ってもらえるそうだ。
ただ、一般的に長いこと離職票を出さないような事業所はダメなところが
多いらしく、区役所から会社に問い合わせしても、
「今担当者がいない」とか「個人情報なので教えられない」とか言われることも多いので、
あらかじめ会社に、区役所から確認の電話がある旨連絡しておいてほしいといわれた。
すぐ会社に電話して、区役所の確認に応じるようにお願いして、区役所に行って手続き。
しかし、本人確認できるものを持っていなかったので、
配達証明で家に郵送されるにことになった。
本人証明できるものとして「年金手帳」があったのだが、
「会社で預かってもらっていて、それも返送されてないんです」と言ったら、
区役所窓口の人が「ああーなるほどー」と大きくうなずいていた。
ああ、辞めた会社のダメイメージが……定着すればいいのに。
最初っから、会社が年金手帳を預かることに合理的理由はないしね。

後日、国保の保険証は無事家に届いた。
離職票その他の大切なものも、週後半とか言ってたけど、火曜日に届いた。
一応急いでくれたのねーありがとうございます(ぼうよみ)。

届いた翌日、離職票その他を持ってハローワークに行ってきた。
ハローワークの書類をよくよく読むと、ああ、ここでも本人確認が!
しかも2種類必要だってことで、住民票の写しもとった。
あー保険証先に作っといてよかった。
でも、最初の認定日がクリスマスイブ。今年のイブの予定は、失業の認定。とほほ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »