« 変態と社会 | トップページ | ゲテじゃないっす »

2008/10/11

実は好きだったということにいまさら気づく

(注:引き続きたいぶ前に書いたネタ)
日曜日、高円寺まで歩いて行って、お昼を食べた。
料理の名前は忘れたけど、羊肉と玉葱とかを炒めたものがごはんに
のっかっていた。その上にミントの葉がたっぷり。
それでわかりました。
私は羊肉が好きなんだ!
周囲に北海道人の多い職場にいたとき、はじめて食べた
冷凍肉でのジンギスカンも全然平気だった。
この正月にホットプレートで肉焼いたときにも、
ラム肉食べたいとリクエストしたのは私だったし。

高円寺で食べたやつは、ミントのせいか羊臭さはほとんど
感じなかったんだけど、その後、夜になってもなんとなく
自分がナンプラー臭いことに気づき、
ナンプラーの匂いは羊肉のにおいを凌駕するのかもなぁ
と思った。
ほんとにナンプラー最強かもしれない。
翌日トイレでも強烈に存在感を示していた。
ミントでも羊でもなく、ナンプラーが。
失礼しました。
羊肉にナンプラーだと羊臭さは消えるけど、
それ以上にナンプラーがいつまでも薫るわけですな。

|

« 変態と社会 | トップページ | ゲテじゃないっす »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53222/42754729

この記事へのトラックバック一覧です: 実は好きだったということにいまさら気づく:

« 変態と社会 | トップページ | ゲテじゃないっす »