« 実は好きだったということにいまさら気づく | トップページ | 並スキルのまま年をとること(分析編) »

2008/10/11

ゲテじゃないっす

(注:これもおととしあたりに書いたネタと思われ)
去年のクリスマス(イブじゃなくて当日)のお昼、
もちろんふつうに仕事をしていたのだが、
いつも現物(肉とかパンの耳とか)を気前よく提供してくださる
職場のエロい人が、我々に大鍋いっぱいのシチューを
ふるまってくださった。
見た目はビーフシチューだったが、お肉は鹿だそうで。
しかも(だじゃれじゃないよ)、猟で獲った鹿なんだって。
やわらかくておいしいお肉だった。
というか、昔鹿肉の刺身と食べたことがあるが、
刺身で食べてもやわらかくておいしかったなー鹿は。

後日、職場の他の課の女性職員たちと立ち話したとき、
鹿シチューおいしかった、鹿刺しもおいしいよ
という話をしたら、私がひそかにマダムと呼んでいる、
毎週美容院に行かれてるという美人女性職員の方が
「シス○(私のいる課)は忘年会もモツ鍋だしねー」
とのたまった。ひどいっ。
確かに狭くてそんなにキレイでもない店でモツ鍋食べて
忘年会だったけど、おいしかったぞっ。
まあでも他の課の忘年会は毎年会費1万円以上だというし、
モツ鍋?という反応はしかたない。
でもさー、鹿っつったらジビエだよ?
ジビエを味わったのに、あの反応はどうよ。
と思いつつ、自分でもジビエって正確にはどういう定義なんだか
よく知らないことに気づいて、ぐぐってみた。
「狩猟でとった肉全般」
みたいな感じらしい。野鳥とかウサギとか鹿とか。
ほらーやっぱりあのシチューのお肉はジビエじゃん!
それも、冷凍とかしてない国産ものだよたぶん。
グルメだよ、グルメ!ほんとか。

別にジビエとかじゃなくても、私は羊肉も好きだし、
鹿の肉も猪の肉も食べたことあるけど、みんなおいしい。

と、おいしいもの(肉ばっかだが)を並べてみると、
好き嫌いがないほうがいろんなおいしさを味わえるんだなぁと思い、
なんだか得した気分になった。

あぁちなみに、鹿の肉というと眉をひそめるマダムは、
職場最寄りの駅前のごくふつうの食堂で、私に何度も
ラーメンとかおごってくれました。
そこがマダムのおもしろいところ。

|

« 実は好きだったということにいまさら気づく | トップページ | 並スキルのまま年をとること(分析編) »

コメント

鹿肉 美味しいお肉ですね

大好きです

投稿: ryuji_s1 | 2008/10/16 08:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53222/42754767

この記事へのトラックバック一覧です: ゲテじゃないっす:

« 実は好きだったということにいまさら気づく | トップページ | 並スキルのまま年をとること(分析編) »