« 過去の自分に対面(ウソ) | トップページ | 自宅毛染め2 »

2008/10/28

こんなコメントはいやだ

Aさんがブログで
「こうこうこういうことをする人を見た。
自分には信じられない!」
みたいな体験的批判記事を書く。
または、誰かまた別の人のブログやら著書の感想として
「この人の言ってることはこういうふうにおかしい」と批評する。
とある人の言動に対する批判。
これらは、ブログにはよくある内容だ。

しかし、その後に気になることが発生する。
Aさんの仲良しらしきBさんが、コメントを書く。
「その人はきっと○○なんですよ!」
と、Aさんに同意する内容。
「きっと○○」という分析的なことも書いてはあるが、その根拠は書いてない。

私がよく読むブログの筆者のうち、面識のある人は数人しかいないので、
もちろん上記のような場合のAさんともBさんとも面識はないのだが、
「その人はきっと○○なんですよ!」みたいなコメントを見ると
Bさん、「その人」に会ったことあるの?
もしくは「その人」の書いてるブログとか本とか、読んだの?
と、気になってしまう。

Bさん(たち)がそんなコメントをを書く意図を(憶測で)考えていたら
こんなオチできた。

その人、きっと元記事の意見(または書いた人)に同意したいだけなんですよ。

もちろん、単に書いてないだけで、Bさんたちだってちゃんと
それなりの根拠があってコメントしたかもしれない。
実際、「その人はきっと○○なんですよ!」と書いた同じBさんが、
別の記事に対して適切なコメントを書いているのもたくさん見ている。

ただねー、私は昔、ブログもなかった頃、某ホームページ運営者に
抗議のメールを送って、返事がなかったので無視されたと思ってたら、
いきなりそのホームページでメールの文面を部分引用された上に、
その文章の内容だけを根拠(?)に、
「この人(=貝柱)は、リアルで会ったとしても後で文句言うに決まってる」
と、一方的に決め付けられた経験があるのだ。
事実無根なので、当時は怒りに震えた(今でも思い出すと腹が立つ)が、
なんで、1回か2回メールを出しただけの人からこんな決め付けをされるのか、
決め付けできるその人の精神構造っていったいどうなっているのか、
と非常に不思議に思ったのだった。
抗議に対する回答とか、私に対するまっとうな批判ならよく読んで
反論もするが、事実無根だったからねー、私が
宴会であんまりしゃべれなかったことを人のせいにする
とか、身に覚えもないし、宴会どころか会ったこともない人から言われて。
しかもその人、子分(私から見ると)が多い人だったので
子分の人たちからすると、その人が書いたままの人=私ってことになる
んだなーと思ったら、ぞーっとした。

そしてそれ以降、この体験を反面教師として、

根拠なく「よく知らない人を」決めつけるような内容をwebに載せない
ただし、思い込みを排除するのではなく、思い込みと認識した上で、
読んだ人に誤解をされないように表明する

ということを心がけて、webに文章を公開している。

そういうわけで、
自分が「知らん人を勝手に決めつけちゃいかん」と強く思っているので、
他人のブログの人物批判記事に対する他人のコメントが
気になってしょうがないんだね。
元記事自体が「憶測」「決めつけ」だったらどうしようもないが、
元記事にはそれなりの根拠がありそうなのに、同意はしてるけど
憶測の混じったコメントが入ってるの見ると、
「せっかくの内容が台無しだ」と思う。

副作用で、私自身がひとさまのブログにコメント入れようと思うと、
半日考え込んで推敲しまくらないとできないのだった。
つか半日考え込んで推敲しまくった挙げ句、結局投稿しなかったりもする。
自意識過剰なのは承知の上だ。

人としゃべってる中では、私だってけっこう「それは○○なんじゃないのー?」
と適当なことを言うけれど、聞いてる人が特定されてるもんな。
AさんのブログにBさんがコメント入れても、読むのはAさんだけではない、
というあったりまえのことを、
……重大に考えすぎてるのは私だけ?

|

« 過去の自分に対面(ウソ) | トップページ | 自宅毛染め2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53222/42930781

この記事へのトラックバック一覧です: こんなコメントはいやだ:

« 過去の自分に対面(ウソ) | トップページ | 自宅毛染め2 »