« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008/10/29

自宅毛染め2

3ヶ月の時を経てやっと2度目の毛染め。
熱するときに使う新しいドライヤーほしいー
とか言ってたら時期がどんどんのびた。
毛も伸びた。
前回染めたところはその後のカットでほとんどなくなってしまったらしく、
伸びきった白い毛は、いいとこ先端になんか色がついてる程度。
前回、自然な茶色になるはずが、白い毛がブルーグレーになってしまったので、
今回は加熱時間をしっかり加熱したり、つけおき時間を長く取ったりしてみた。

トリートメントになるかと思って前回入れてみた椿油とか卵とかは
今回入れず、ぬるま湯でゆるすぎるくらいまで溶いた。
前回ちょうどいいくらいの固さにしたら、髪に塗ってるうちに粉が水分を吸って
どんどん固くなっていったから。今回も最後のほうはかなり固くなっていた。

結果。
前回は、ブリーチ跡に色が入りすぎて真っ黒になったが、
今回は黒い毛はそれほど変化なし。
白い毛は、やっぱりブルーグレー。
よほどオレンジ色が入りにくい髪質なのか。
総白髪だったら青い毛の人になっちゃいそうだ。
ただ、まだ黒い毛に比べたら白い(あたりまえ)が、染める前よりは格段に
目立たなくなったので、次回は近いうちにやりたいと思う。ドライヤーもあるし。
今の粉を全部使い切ったら、次はヘナが多い配合の粉にしてみる予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/28

こんなコメントはいやだ

Aさんがブログで
「こうこうこういうことをする人を見た。
自分には信じられない!」
みたいな体験的批判記事を書く。
または、誰かまた別の人のブログやら著書の感想として
「この人の言ってることはこういうふうにおかしい」と批評する。
とある人の言動に対する批判。
これらは、ブログにはよくある内容だ。

しかし、その後に気になることが発生する。
Aさんの仲良しらしきBさんが、コメントを書く。
「その人はきっと○○なんですよ!」
と、Aさんに同意する内容。
「きっと○○」という分析的なことも書いてはあるが、その根拠は書いてない。

私がよく読むブログの筆者のうち、面識のある人は数人しかいないので、
もちろん上記のような場合のAさんともBさんとも面識はないのだが、
「その人はきっと○○なんですよ!」みたいなコメントを見ると
Bさん、「その人」に会ったことあるの?
もしくは「その人」の書いてるブログとか本とか、読んだの?
と、気になってしまう。

Bさん(たち)がそんなコメントをを書く意図を(憶測で)考えていたら
こんなオチできた。

その人、きっと元記事の意見(または書いた人)に同意したいだけなんですよ。

もちろん、単に書いてないだけで、Bさんたちだってちゃんと
それなりの根拠があってコメントしたかもしれない。
実際、「その人はきっと○○なんですよ!」と書いた同じBさんが、
別の記事に対して適切なコメントを書いているのもたくさん見ている。

ただねー、私は昔、ブログもなかった頃、某ホームページ運営者に
抗議のメールを送って、返事がなかったので無視されたと思ってたら、
いきなりそのホームページでメールの文面を部分引用された上に、
その文章の内容だけを根拠(?)に、
「この人(=貝柱)は、リアルで会ったとしても後で文句言うに決まってる」
と、一方的に決め付けられた経験があるのだ。
事実無根なので、当時は怒りに震えた(今でも思い出すと腹が立つ)が、
なんで、1回か2回メールを出しただけの人からこんな決め付けをされるのか、
決め付けできるその人の精神構造っていったいどうなっているのか、
と非常に不思議に思ったのだった。
抗議に対する回答とか、私に対するまっとうな批判ならよく読んで
反論もするが、事実無根だったからねー、私が
宴会であんまりしゃべれなかったことを人のせいにする
とか、身に覚えもないし、宴会どころか会ったこともない人から言われて。
しかもその人、子分(私から見ると)が多い人だったので
子分の人たちからすると、その人が書いたままの人=私ってことになる
んだなーと思ったら、ぞーっとした。

そしてそれ以降、この体験を反面教師として、

根拠なく「よく知らない人を」決めつけるような内容をwebに載せない
ただし、思い込みを排除するのではなく、思い込みと認識した上で、
読んだ人に誤解をされないように表明する

ということを心がけて、webに文章を公開している。

そういうわけで、
自分が「知らん人を勝手に決めつけちゃいかん」と強く思っているので、
他人のブログの人物批判記事に対する他人のコメントが
気になってしょうがないんだね。
元記事自体が「憶測」「決めつけ」だったらどうしようもないが、
元記事にはそれなりの根拠がありそうなのに、同意はしてるけど
憶測の混じったコメントが入ってるの見ると、
「せっかくの内容が台無しだ」と思う。

副作用で、私自身がひとさまのブログにコメント入れようと思うと、
半日考え込んで推敲しまくらないとできないのだった。
つか半日考え込んで推敲しまくった挙げ句、結局投稿しなかったりもする。
自意識過剰なのは承知の上だ。

人としゃべってる中では、私だってけっこう「それは○○なんじゃないのー?」
と適当なことを言うけれど、聞いてる人が特定されてるもんな。
AさんのブログにBさんがコメント入れても、読むのはAさんだけではない、
というあったりまえのことを、
……重大に考えすぎてるのは私だけ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/23

過去の自分に対面(ウソ)

さいはての自分の席の机の引出しを整理していたら、
意味のまったくわかんないメモが出てきたぞ。
自分の字なんだけど、何聞いて書いたのかまったく記憶がない。
内容は仕事と関係ないので、そのまま引用。

---ここから

500円でおやつ買わないと
5期ぶり解消
ぜんざい3杯の …
その辺大変でしょ?
地区陸上大会
電車間に合いそう
言わなくたっていい
深くお詫び
今年じゅうに埋蔵金を
帰省中で渋滞
助走 速
…空いてます
…海外に
散乱
大体コツ
見に
波及効果 ないようをりかいしたいお
内容を理解し 対応時には
言えなかった
ビデオとって
正解

---ここまで

なんだこれー。
若干ダジャレ入ってる?「5期ぶり」とか。うーん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/22

進捗状況 その2

祝  2週間延長で終了日決定!
最適な人材が見つかったそうだ!
よかったよかった。
経歴も見せてもらったが、私より全然仕事できるじゃん(経歴書上は)。
年はひとまわりくらい下だそうだ。
やっぱできる人は若いうちからできるんだねー。
しかし、さんざん書いたように、こういう人が完全フリーで偶然近くを
流れているわけがない。
私みたいな直接雇用じゃなくて別の会社の人を業務委託で
つれてくるとのこと。実質二重(以下略)

労働問題的なことはおいといても、別の会社に業務委託料を払うことに
なったら、会社の儲けは減ったりしないのだろうか。
私の直接雇用による給料+会社負担分と、
業務委託料とどっちが多いのかは不明だけど。
別に私が気にする必要はまったくないのだが、
いままで私は使われている立場にあっても
常に会社に損させないようにコストを考えて動いてきたので、
気になることは気になる。
それから、できる人がさいはてにずっと留まっているか、
という疑問もあるけど、それこそ私とは全然関係ない話だ。
気にはするけど心配はしないよーん。
それよりもまず、さいはての地のさいはてぶりにショックを受けたり
しないかどうか、それが心配。
女子ならかわいそうだけど違うからまあいいか(男女差別)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/21

元ネタを確認しよう

とあるブログのコメント欄に「東方不敗」という名前で
コメント入れてる方がいらした。
えーと、
強くなるために、自分のを切っちゃったんですかー?
すげー!

「Gガンダム」に出てきた「東方不敗」には元ネタありますから。
金庸の武侠小説「笑傲江湖」ね。
武侠小説で超強い人ならイメージどおりと思うかもしれないが、
このオリジナル東方不敗さんは、究極の技を習得するために
「自宮」した人だから。
「自宮」については、上の記述と「宮刑」とか「腐刑」という言葉から
連想してみてもらいたい。
ガンダムネタだと思って名乗ると、とんでもないことになるぞ。
私なんか思わず「はるな愛」がコメント書いてるところを想像したぞ。

そういや、saku sakuで黒幕が「天空の城ラピュタ」の中のセリフとして
「見ろ、人がゴミのようだ」って何度か使ったけど、
それも「ラピュタ」オリジナルじゃなくてもっと昔の有名な映画からの引用だから!
(確か「第三の男」)

それに、このラピュタのセリフは「さよなら絶望放送」に投稿されたパロディが
秀逸だったので、今後そのまんま使ったら確実に見劣りするなー。
「見ろ、私がゴミのようだ!」
ってアニメの絶望先生の中の人が読んでて、とにかく笑った。
たとえ書いた本人が元ネタ知らなかったとしても、ここまでひねってくれれば満足。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/17

言葉の遣い方が間違っている

きのう見かけたニュースより

子宮頸がん予防に新ワクチン 感染研開発、臨床試験へ(朝日新聞)

いいニュースなんだけど、文章が不正確。

子宮頸がんはウイルス感染で起きるが、…

子宮頸がんは、国内で年間約1万5千人が発症し、約2500人が死亡している。原因はヒトパピローマウイルス(HPV)感染で、…

ってところが。
胃ガンの原因がすべてヘリコバクター・ピロリじゃないように、
子宮頚がんの原因もすべてヒトパピローマウイルスというわけではない。
確かに子宮頚がんの原因の大半はヒトパピローマウイルス感染
だが、感染しなけりゃ絶対子宮頚がんにならないってことではない。
ちょっと誤解を招きそうな文章。
ピロリ菌を除菌したら胃がんにならないと思ってしまう人みたいに、
ワクチン接種したら子宮頚がんにならないと誤解する人が出そう。

もひとつ。

「結婚が『おめでとう』の社会は、非婚の人が生きづらい」「婚姻制度は差別」…京都で女性らが「反婚」掲げデモ行進 (痛いニュース)

あー。痛い。
私も婚姻届けを出すにあたって、納得いかないことがいくつかあったから、
そのへんを問題視するのはわかる。
結婚するときどっちかが他方の姓にかわって
同姓にならないといけないのはもちろん、
姓が変わらなかったほうが自動的に戸籍の筆頭者
(つまり私たちの場合、私が筆頭)になるっていうのも
意味がわからなかった。
私たちの場合、マンションを共同名義にするにも、住宅ローンの額を
おまけしてもらうにも、法的に結婚してることが前提だったから
「結婚」しただけなので、
他人から「おめでとう」と言われても微妙に違和感があった。
しかしそれは私達個人の問題だから、
おめでとうと言ってくれる人の気持は素直に受け止めたけどなあ。
まさか「結婚」しなければ「おめでとう」といってくれない
のが差別だってんじゃないだろうな。

確かに、制度的に変なところとか、「結婚して一人前」とか
「結婚してる人がスタンダード」という決めつけには
非常に抵抗を覚えるので、非婚の人が「生きづらさ」を
感じるのもわからんことはない。
しかし憎むべきはその変な制度とか、
結婚した人にもしない人にもふりかかる他者の偏見であって、
結婚した(する)当人でもなければ、「おめでとう」という人たち
でもない。

なんつーか、
学校に行けなくてフリースクール等に居場所を見つけた人が、
学校のダメなところを批判するだけにとどまらず、
「学校行ってる奴のほうがおかしい」とか言い出しはじめた
のと同じ印象を受けるのだが。

ほんとにそんな理由(「おめでとう」の社会)で生きづらいのなら、
それは生きづらく感じる人自身の誇大妄想。個人的に解決するべき。
つか、なんで生きづらさを感じるのか、自己批判はしないのかな。
自分のせいじゃないから全部社会のせいだっっていうのも、
極端な考え方だよなぁ。
って、すでに元スレで指摘してる人がいるけどな。
他にはちゃんとまともな問題提起をしてるかもしれないのに、
こんな変なこと主張してたら、誤解されてかえって社会からの
偏見を強めて、逆効果だよね。

ものは言いようというか、言葉遣いには気をつけないとね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/14

進捗状況(追記あり)

先週末に、所属会社に先月の月例報告を送ったついでに、
「後任の件どうなってますか?」という質問もさりげなくつけてみたが、
回答はまだ来ない。
会社からの大切な話はまずさいはての人たちのところに行って、
私に知らされるのはだいぶ後、ってパターンが多いので、
今回もそんな感じ?
ほんとに今月いっぱいで去れるのか、そこだけ知りたいんだけど。

追記:
回答きた。
後任見つかってないから10月いっぱいでは交代は無理だそうで、
2週間延長の依頼が。
えー(さのすけの声で)。
このエントリのうしろのほうに、必要条件は書いてあるから、お願い、誰かきてー。
交通費支給、給料は月額固定だけどけっこういいよー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

並スキルのまま年をとること(分析編)

35歳以上の人が、特にコンピュータ関係の仕事をしてると、
なんだか周囲からの要求水準が恐ろしく高くなっていく
気がするのは私だけ?
他業界も似たようなものなのだろうか。

でも、35歳になるまで真剣に働いてまじめに勉強したって、
みんながみんな高いレベルに達するわけじゃないよなあ。
だいたい、
高スキル25歳→高スキル35歳
並スキル25歳→並スキル35歳
になるわけで、高の人の数と並の人の数の割合も、変化はしない。
自分からは、www方面で見る「年のいったエンジニア向け話」がみんな
「高い人たち向け」になっちゃってるように見えて、
内容が理解できないか、もしくは理解できてもそれを実践できる業務や
立場にいないってことがほとんどで、参考にならない。
さらにそこに、
「40歳(35歳以上だったかも)ならその道の第一人者くらいのレベルでないと」
という、とある会社の人の発言と、背後にあるその会社の意識も
重なってくる。
「第一人者レベル以外の年取った人は去れ」ってことかな、と。

会社の人事や採用にかかわる立場の技術系社員の人たちには
「並の仕事しかできないんなら、年寄りはちょっと…」という意識が
しみついちゃっているみたいなんだけど、
年とったって並の人の割合はかわんないんだからさー、
実は大多数は「いらない人」になるの?なんかおかしくないか?
年とったというだけで若い人より評価が下がってしまう並スキルの人は
正社員として会社にとどまってれば食うには困らないだろうけど、
非正規な立場の場合、もろに理不尽に拒否される。

私みたいなすれっからしですら感じる、この「並の年寄り不要圧力」により
35過ぎたのにとびぬけたところのない、普通なオレってもうダメなの?
と、思い悩むコンピュータ技術者は多いみたい。
正社員でそんなせっぱつまってなくて、本人が意識してなくても、
無意識のうちにいろいろストレスを抱える35歳以上コンピュータ関係の人は
多いという話。
私も人間ドックで「ストレステスト」という問診表みたいなのをやったら、
「神経系の訴えが目立っている」という判定だったが、
当日医師からは
「こういうお仕事だと、この程度のストレスは平均的ですね!」
という判定をもらった(笑)。
もちろん、コンピュータ関係の会社の健保組合。

あー、
「若い子はちやほやするのに、ちょっと年とるといきなり相手にしなくなる」
って、女性に対する一部の男性の態度と同じだ。

年を取れば取るほとキャリアパスが限定されていくというのは
どこの業界も同じだろうけど、コンピュータ業界はほんとに
並(以下)の年寄りに厳しいよ。
しかも「年功で給料が高い」という理由以外に、その厳しさに
あんまり根拠がないんだよね。

スキルに関して数値化するのは難しいけど、なんとか統計なども調べて
働き続けながら今後の自分の仕事に悩む35歳以上の並のコンピュータ技術者
(スルーされがち)の実態を洗い出したいなあ。
35歳とか40歳って、あと20~30年は働かないといけない年代だもんなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/11

ゲテじゃないっす

(注:これもおととしあたりに書いたネタと思われ)
去年のクリスマス(イブじゃなくて当日)のお昼、
もちろんふつうに仕事をしていたのだが、
いつも現物(肉とかパンの耳とか)を気前よく提供してくださる
職場のエロい人が、我々に大鍋いっぱいのシチューを
ふるまってくださった。
見た目はビーフシチューだったが、お肉は鹿だそうで。
しかも(だじゃれじゃないよ)、猟で獲った鹿なんだって。
やわらかくておいしいお肉だった。
というか、昔鹿肉の刺身と食べたことがあるが、
刺身で食べてもやわらかくておいしかったなー鹿は。

後日、職場の他の課の女性職員たちと立ち話したとき、
鹿シチューおいしかった、鹿刺しもおいしいよ
という話をしたら、私がひそかにマダムと呼んでいる、
毎週美容院に行かれてるという美人女性職員の方が
「シス○(私のいる課)は忘年会もモツ鍋だしねー」
とのたまった。ひどいっ。
確かに狭くてそんなにキレイでもない店でモツ鍋食べて
忘年会だったけど、おいしかったぞっ。
まあでも他の課の忘年会は毎年会費1万円以上だというし、
モツ鍋?という反応はしかたない。
でもさー、鹿っつったらジビエだよ?
ジビエを味わったのに、あの反応はどうよ。
と思いつつ、自分でもジビエって正確にはどういう定義なんだか
よく知らないことに気づいて、ぐぐってみた。
「狩猟でとった肉全般」
みたいな感じらしい。野鳥とかウサギとか鹿とか。
ほらーやっぱりあのシチューのお肉はジビエじゃん!
それも、冷凍とかしてない国産ものだよたぶん。
グルメだよ、グルメ!ほんとか。

別にジビエとかじゃなくても、私は羊肉も好きだし、
鹿の肉も猪の肉も食べたことあるけど、みんなおいしい。

と、おいしいもの(肉ばっかだが)を並べてみると、
好き嫌いがないほうがいろんなおいしさを味わえるんだなぁと思い、
なんだか得した気分になった。

あぁちなみに、鹿の肉というと眉をひそめるマダムは、
職場最寄りの駅前のごくふつうの食堂で、私に何度も
ラーメンとかおごってくれました。
そこがマダムのおもしろいところ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

実は好きだったということにいまさら気づく

(注:引き続きたいぶ前に書いたネタ)
日曜日、高円寺まで歩いて行って、お昼を食べた。
料理の名前は忘れたけど、羊肉と玉葱とかを炒めたものがごはんに
のっかっていた。その上にミントの葉がたっぷり。
それでわかりました。
私は羊肉が好きなんだ!
周囲に北海道人の多い職場にいたとき、はじめて食べた
冷凍肉でのジンギスカンも全然平気だった。
この正月にホットプレートで肉焼いたときにも、
ラム肉食べたいとリクエストしたのは私だったし。

高円寺で食べたやつは、ミントのせいか羊臭さはほとんど
感じなかったんだけど、その後、夜になってもなんとなく
自分がナンプラー臭いことに気づき、
ナンプラーの匂いは羊肉のにおいを凌駕するのかもなぁ
と思った。
ほんとにナンプラー最強かもしれない。
翌日トイレでも強烈に存在感を示していた。
ミントでも羊でもなく、ナンプラーが。
失礼しました。
羊肉にナンプラーだと羊臭さは消えるけど、
それ以上にナンプラーがいつまでも薫るわけですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

変態と社会

(注:2年くらい前に書いて公開するのを忘れていた)
事故で亡くなった幼い子供の遺体写真やら生前の写真やらを
自分のサイトに勝手に載せてた東京都の小学校の先生が
話題になったな。
たまたま、この話題が盛り上がるきっかけになったと思われる
TV番組(TBSの「報道特集」)を見たので、
翌日から新聞でもほかのTV局のニュースでも一斉にとりあげはじめて
みんなとびついたなーと思ったけど、それはさておき。

私は、変態さんがインターネットで、自分の趣味に合う
コドモとか死体とかグロ写真なんかを収集するのは、
別にかまわないと思う。
気持悪いとは思うけど、変態であること=悪とまでは思わない。
自分の変態性欲を行動にうつさないで趣味としてこっそり楽しんでいるなら、
石もて追うようなことはしない。

ただし、
画像を収集しても公開はするな。
「日本名水百選」とかのフォルダに隠し持って一人で楽しめ。
そして、絶対に行動にはうつすな。
これを守ってくれれば、そっとしておいてあげる。
そんな感じだ。
変態であること自体は責めないけど、
変態的行動を他者に向かってしたら、それはもう犯罪だから。
異常性癖のある人は、その境界を越えないように
気をつけてもらいたい。ほんとに。
まず、変態じゃないふつうの人がどう思うのか、ちゃんと考えて
行動してもらいたい。

今騒がれている小学校教師は、小学校で先生になった段階で
行動しちゃってるし、
集めた写真をwebで公開してひどいコメントまでつけている。
完全にアウト。
でも、おそらく犯罪にまでいっちゃう卑劣な変態さんは
ほんのひとにぎりで、社会に潜在している変態さんは
もっとずっと多いと思うのよ。

なんでこんなくどくど書くかというと、
今回の事件にはすごい憤慨してるが、これをきっかけに、
ちょっとふつうと違う趣味を持っているだけで闇雲に社会から
排除しようとする魔女狩り的な流れにいきそうで、
恐いのだ。
社会全体が、とくに教育とか学校とか子供の周辺の全てが、
神経質でヒステリックで、しかも前時代的になりつつあるから。
おバカで単細胞で押しつけがましい総理大臣とか、都知事とか
国会議員とかが、何言い出すかわかんないもん。

こういう変態さんはいつの世にもいて、自分の性癖を隠して
ひっそりと、あるいは大胆にさらけ出して生きてたわけだし。
排除しても排除しても、「正常」な集団の中からまた発生する
ものだし。
変態さんをなくすための教育ってのはたぶん効果ないと思う。
変態趣味の人に、他人に害をなさないための自律を教育する
ことのほうが重要で有効なんではないかな。
「他人の立場に立って考える」「他人の嫌がることはしない」
ということは、変態さんだけじゃなくて誰にでも押さえといて
もらいたいよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/09

ここにきてプチ成功体験

さいはての地下コンピュータ室で床下にLANケーブルを敷設するのは
主に私の仕事になっている。
しかし、ケーブルの在庫の保管がむちゃくちゃだった。
届いたダンボール箱のまま床に置いてあるだけ。
何メートルのケーブルが何本残ってるのか、
いちいち数えないとわからないし、数えたと思ったら同じものが
別の箱にも入ってたりするし。
どうせやるのは自分だけなので、もう数年間この状態で
作業してきたが、もう辞めるし。
(追記:ケーブルを発注したり箱のまま置いたりするのは、
自分ではない)
大きさがバラバラのダンボールを床に敷き詰めるのは
スペースのムダ。収納とすら言えない。
小さいスペースで積み上げできて、ケーブルをうまく分類収納できる
ものはないか、諸々の事務担当の女子職員Tさんに探してもらった。
しかし、なかなかちょうどいいのが見つからないという話をしていたとき、
Tさんが私の背後にあった、紙の分別リサイクル用のボックスに注目。
セキスイのこれ
1段の真ん中に仕切りもできるし、追加で上に何段か積み重ねも可能。
紙の分別用だと思ってたから気づかなかったけど、サイズ的にも
機能的にもぴったりじゃん!と、二人の意見は一致した。
本体と3段分追加ユニットを注文してもらった。
ちょっと紆余曲折を経たが、1ヶ月くらいでさいはてに届いた。
おー、ケーブルの在庫分はぴったりおさまった!
しかも、ケーブルを収納し、6段積み上げたボックスを、
もともとあった棚の隙間に入れてみたら、ぴったり入った!
感動して一人で拍手し、わざわざ人に見せた。
4畳半くらい床をふさいでいたダンボール箱は、大小20個くらい
処分できて、だいぶすっきりした。
テプラで「CAT6ストレート 2m」とかラベルを作って貼って、
収納上手なOL気分も味わった(笑)。

たかが整理整頓だけど、これが数年間、やりたくてもできなかったのだ。
まず、自分ひとりしか作業しない部分だから、他の人にとってはどうでもいい
問題だった。
そのため、収納用品がほしくても、常駐者の立場では直接購入できないし、
「おねだり」もできなかった。
Tさんが育児休業から復帰してきて、「物品は管理しやすく整理する」という
コンセンサス(←4人くらいのだけど)ができあがって、ようやく実現できた。
必要な部材をすぐ取り出せるように収納するとか、
在庫をちゃんと管理できる状態にすることって
実作業者にはとても大事なんだけどね。
事務管理関係のことはいつも場当たり的なんだよなーこの課。

この成功体験を糧にして、家でも作業しやすいように整理整頓がんばろう…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/06

駅前の公共性と、阿佐ヶ谷的なもの

今住んでるマンションを買うときの思い出話を書こうとして、
「そんなに広告しなくても順調に埋まった」
という販売会社の話を思い出し、ふと考えた。
阿佐ヶ谷近辺の住人の多くは、ゴージャス仕様の
大規模マンションには魅力を感じないんじゃないか。
阿佐ヶ谷パールセンターの終点にある明和の巨大マンションは、
エントランス付近にゴージャス階段とかシャンデリアが見えるし、
分譲当初の値段がムダに高かったこともあってか、
広告もチラシもしつこく出てた割には、なかなか埋まらなかった。
売出戸数も多かったから30戸のうちとは比較にならないが。

今、駅前の南口真正面に建設中の野村のマンションも
最上階は2億円とかいう噂を聞いたが、正直
買う人いないんじゃね?
と思っている。
阿佐ヶ谷に2億円のマンションは似合わない。
というより、2億あるなら駅からそんなに遠くないところに
広めの一戸建てが買えそうなんだけどな。
しかもこのマンション、駅の真正面なのに、
1Fに店舗入れないとのこと。
駅前商店会が、野村に店舗を入れるように申し入れたが
拒否されたそうだ。
その後、商店会その他がいきなり奮い立って(?)、
野村マンションの隣に、駅前再開発ビル建設計画を発表した。
あきらかに野村マンションに対抗してる(笑)
だって野村マンションは13階建てだけど、再開発ビルは16階。
しかも5~6階くらいまで店舗を入れる計画になってるし。

近所なので、再開発ビルの建設計画説明会の資料を見ることができたが、
(そういえば野村マンションの建設説明会とか聞かないな)
1階に誰でも通り抜けできる通路を作ることになっているし、
少なくとも野村マンションよりは近隣住民に配慮しているから、
再開発ビルは歓迎、というか楽しみ。
急に計画が進んだため、再開発用地で営業していた
昭和な感じのお店がのきなみ閉店(いくつかは移転)
しちゃったのは残念だけど。

個人的には、自宅最寄り駅の真正面にただ立派なだけのマンションが
建ったところで、更地となんの違いもない。
それどころか、前にその場所にあった銀行ATMがなくなって、
不便になったくらいだ。
野村不動産が買った土地をどうしようが文句言う筋合いはないが、
駅前に、そこに住むせいぜい100人とか200人の役にしか立たない
建物を建てようという発想が理解できない。

とにかく、
再開発ビルが完成したら確実に駅から家への通り道だから、
帰宅途中に寄れると便利なお店が入ればいいなー。
でも、オシャレな店ばっかじゃなくて、
焼鳥屋とかスナックとかもいっぱい入ればいい。
すると野村マンションは
「飲み屋とゲーセンにはさまれた高級マンション」
になる(笑)
エントランス前にゲロ吐かれたりは日常茶飯事になるはず。
あのあたりは飲み屋街の入口にあたるから、
今だって毎日のように見かけるしね。
そんな光景こそ阿佐ヶ谷駅前の日常。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/02

並スキルのまま年をとること(卑屈編)

私の場合は25歳でもできちゃう仕事だから、
「並」より下かもしれない。
25歳どころか10代の人にでも、ちゃんと教えれば
できる仕事のはず。
適性によるところが大きい仕事ではあるが、
文系理系はあまり関係なく、コンピュータ操作が苦手な人で
なければ、できるようにはなるだろう。
ちゃんと教育さえすれば。

でも、会社はそんな「誰にでもできる仕事」を
未経験者に教える手間を省きたがる。
小さい会社はしょうがないけど、余力のあるはずの
大きい会社のほうが、なぜかこの手間を面倒がる。
そして、
「教えれば誰にでもできる仕事」の
「教えれば」の部分をスルーして

「誰にでもできる仕事なんだから必要になったら
その都度探せばいいんだ」と考える。
あー、だからその応用編で、
「誰にでもできる仕事だから給料の安い若い人が
いっぱいいるはず」ってことになるのか。
ところが現実はそううまくはいかないので、
結局即戦力を求めて派遣会社に案件が来る
ことになり、私にとってはありがたくもあるんだけど。

また、ある程度大きい会社になってくると、
上記のような「つまらん手間」を省き、
今すぐ手を動かせる人は派遣やバイトや有期雇用で
まかなっておいて、
新卒で入ってきた「優秀な」若者たちに対しては、
「もっと高いレベルの仕事」
を期待して、彼らは既にスキルを身につけているのに、
さらに高度な教育をほどこすのに、けっこうな時間と
手間をかける。
かけないで現場に放り込む会社ももちろんあるが。
確かに私のやってる仕事は、新卒で選ばれて期待されて
教育を受けるような人のやる仕事とは違うが、
それでも手間と時間をかけて覚えないとできないんだけどなー。
自分たちで教える気はまるでないのに、
誰にでもできる仕事扱いすんなっ、上級(笑)エンジニアたちよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »