« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008/08/23

生えてきた

うちのマンションの庭にユリが生えてきた。
雑草とりしていたときに、ユリっぽい葉っぱだったので
なにげに残しておいたら、ほんとにユリだった。
つぼみがこんなに大きくなってるし!

P8140569

最初は上を向いていたつぼみがユリっぽくうつむいてきたので、
もうすぐ咲くぞ!と思ってから1週間、まだ咲かない。
白い花であることはわかったけども。

実家のほうで野生のユリとしてよく見かけるのは、
花が大きく、花弁に模様のあるヤマユリだが、
うちに生えてきたのは葉っぱの形が違う。ヤマユリに比べるとかなり細い。

お盆に実家で聞いたところでは、ここ20年くらいの間に
海岸のほうの空き地に群生するようになった、
種で増える白いユリがあるそうで。
確かに私も高速バスが通りかかる海の近くのほうで、白いユリがたくさん
咲いてるのを見たことがある。
種類はよくわかんないけど、あんまり爆発的に増えるので
「バカユリ」って呼んでる人もいるそうだ。

webで調べてみたら、うちに生えたのは葉っぱの形などから、
おそらく台湾原産の「タカサゴユリ」の交雑したものと思われる。
種でものすごく増えるそうなのだが、発芽して1年目には
球根を育てるために花は出ないという。
なんでこのマンションが建って4回目の夏に突然生えてきたの?
と思ったけれど、2年目くらいにどこかから種が飛んできたんだろう、
と納得。
種は風で飛んできたかもしれないし、隣のアパートとの境界近くのほうに
生えてるところを見ると、外からこの庭に出入りしていた猫が
体にくっつけてきたのかもしれない。
でも近隣で咲いてるのは見たことないからちょっと不思議。
実家と群生地も数キロ離れているから、実家から持ってきたとも
思えないし。

それにしても、隣のお庭は芝生をはがして造園業者入れて
ばっちり木を植えて素敵なお庭(自動水やり装置もある)になってるし、
反対側のお隣も毎年何かしらの植物栽培に果敢にチャレンジして、
今年は紫陽花を植えて花を咲かせている(しかし、色がないつーかうすみどり色)が、
うちは、雑草とって芝を適当に刈ってるだけで、ネジバナと百合が生えてきた。
赤紫蘇と山椒も生えてきたし。
お金をかけず最低限の手間で勝手に花が咲いてくれるんだから、
自然の恵みってすばらしい!
薬剤はおろか肥料も使用してない。天然+人為的取捨選択。
つーか、古い木から落ちた実が発芽して育った梅の木をそのまま大きくして、
今年は百個以上実を収穫して梅干をたくさん漬けた実家の母と同じことを
やっているだけのような気がする。

まー、手も金も必要最低限だけかけて、間口だけは広く取っておく
つーのは庭に限ったことではなく、生活全般においてそんな感じか。

唯一ピントが合ったネジバナの写真。
P7050559

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/19

ほめてもたたいても

今更なんだって感じだけど、
iPhone激しくいらない……。
好きな人にはたまらないのだろうけど、
発売からしばらくの間、持ってる人とかほしい人がなんか必死に見えたのは
私だけだろうか。

iPhoneのよさのひとつに、中のソフトを自分で作ったりカスタマイズ
できるという点があるらしい。
開発者用キットが公開されてるのか。
誰でも使えるもんでもなさそうだけど。
自分も1ヶ月くらい必死に勉強したらなんか作れるかもしれないけどねー。
(いちおう大昔プログラマでした)
でも、そんなめんどくさいことするほどヘビーユーザじゃないしな。
OSとか最初から中に入ってるソフトの更新なら、他のケータイでも
できるし。
少なくとも、私が去年暮れから今年のはじめに、PHSのかわりに
もらってきた(タダだったので「もらった」としか言えん)FOMAのひとつ、
SO905iは、ソフトウェア更新を通知してくれて、
自動でダウンロードして更新できる。

別にiPhoneを叩く気はない。私には必要ない。あんまり興味もわかない。
こんな人が大多数だと思う。
「使えない」ところをあげつらって叩くのも意味ないと思うが、
iPhone好きな人が必死にいいところを紹介しても、
ほしくなる人はあんまりいないと思うなー。
多くの人がケータイに求めるツボはそこじゃなさそう。
好きな人は自分で楽しく使ってればいいんだし。

まー、
テレビ各局があんな大騒ぎしているオリンピックだって、
昨日(8月18日)、MXTVの「5時に夢中!」でやってたアンケートでは、
興味ない人のほうが多かったもんね。
ほめるにしろ叩くにしろ、騒いでる人が目立つってだけのことなんだな。

そういえば先月、髪切ってもらってるときに美容師さんから
「こないだそこの表参道のソフトバンクの店の前に人だかりが…」
と言われて、「iPhoneですか?」ときいたら、ハズレだった。
「あの白い犬が来てたんですよ」
ああ!お父さんが見られるんだったら表参道に並んでもいい(笑)。
北大路欣也の声でしゃべらないただの白い犬だったとしても。

(下書きのまま放置されてたものに加筆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/18

電球生活

ずいぶん更新してなかったな。
なんかゆとりキャンペーン期間に入ったら、高次脳機能が停止してしまった。
実は、ゆとり期間に入ってすぐくらいだったか、
家のリビングの照明(シーリングライト)がつかなくなってしまった。
蛍光管が切れたんじゃなくて、スイッチ入れると点灯するが、
数十秒後にふっと消えて保安灯だけになるので、
照明器具そのものが壊れたらしい。
それ以来、同じ部屋のダイニング側のペンダントライトをつけて暮らしているが、
電球1個の灯りはよく言えば間接照明ふう、端的に言えば薄暗い
なんとなく、この薄暗さが脳機能を低下させているのではないかと
照明のせいにしてみる。
早く新しい照明買って入れればいいんだけど、
壊れた蛍光灯は、ダイニングも含めた部屋全部の照明にしていたので、
同等の12畳以上用のシーリングライトを見ると、けっこー高い。
2万5千円以上する。
私にとっては気に入らなかったらすぐ取り替えられるような値段ではないから、
じっくり選びたいのだが、高い割には機能的にもデザイン的にこれといったものが
見つからない。
もう何週間も薄暗いリビングでテレビ見てるのだった。
そしてそのままお盆休みも終わってしまったよ。
欧米のすてきなリビングは間接照明主体で、蛍光灯で煌々と照らす日本人は
だっさいというセンスの人もいるみたいだが、
明るくないとすげー不便だよっ!
ソーラー電卓が使えないよっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »