« 箱座りできない季節 | トップページ | 見えないところに出る »

2008/07/18

インフラ志向

コメント書こうと思ったら長文自分語りになっちゃったので、
自分のとこで書く。

私のギークハウス的な時代

ということで探してみると、うちの近所つーか下町エリアには「最上階に大家が住んでいるオフィスビル」なんて物件が結構ある(つか、それがほとんどだし) ので、そういった物件を探してみるのがいいかなーとか、だったらこの近所を探せばありそうだなとか思ったりする。ちなみに、私のところがまさしく「最上階に大家が住んでいるオフィスビル」で、その大家の住んでいたスペースに私がいる。

本題とちょっと違うとこなのだけどすごいよくわかる。
私が秋葉原の会社で働いていたときの最初のオフィスも、
まさにこの「最上階の元ビルオーナーの住居フロア」だった。
玄関で靴を脱いでスリッパをはいてあがり、
畳の上に灰色の事務机を置いた席で仕事(ハードからソフトまでのサーバ構築)していた。
窓の外に見える近隣のビルの屋上の植木に、
そこのビルのオーナーらしきおじさんが全裸で水やりしていた
のを目撃したのは、私じゃなくて別の女子だったが。
それから、そのビルの下の階には「とらのあな」が入っていて、
エレベータは一基しかなかったもんだから、昼間外に出るときには
とらのあなの客に囲まれることになり、大変難儀した。

こんな感じで、秋葉原は一般的なオフィス街で働くのとはまた違った
楽しさがあったが、インフラ的にはいまいちだった記憶もあるなー。
10年くらい前の話なので、1.5Mbpsの回線をひくのに光ファイバの
引き込み工事をしたかったのだが、
国道(中央通り)は一度掘っ(て地下に何か埋設し)たら、
その後4年だかは掘れないので、去年掘ったここの道には
光ファイバ通せません、とNTTの人に言われてあきらめたような。
結局、回線設備がすでにあるところに引っ越した。

私はITな人が集う場所といっても、コミュニティとかそっち方面には
さほど興味なく(だから業界に友達いないんだな)、
インフラのほうに想像をふくらませがちらしく、
今のマンションに入居する前にこんな妄想を語っていた。
こんなマンションを建てたい
ハムスターとかガラナとかメンタル面(?)に配慮した小ネタは入ってる。
ここでも光ファイバが引けなかった話を書いてるな。
「データセンター併設の住居」というのも考えたのだが、
絶対に地獄になるのでそのアイディアは捨てた。
ただデータセンターというと、都心部にもあるけど、以前私が仕事した
ところの中は、今のさいはて常駐先(データセンターではないが)みたいに、
「郊外の駅からさらに延々バスに乗る」というロケーションのところもあり、
作業場所がそんなに遠隔地になると、
家とか会社から行って帰ってくるだけで体力と時間を消耗する。
職住はほどよく近いほうがいいよなぁ
と今はしみじみ実感している。

あぁもともとの話題とは全然違う話になった。

|

« 箱座りできない季節 | トップページ | 見えないところに出る »

コメント

> データセンター併設の住居

それなんて我が家?

投稿: おごちゃん | 2008/07/18 22:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53222/41893972

この記事へのトラックバック一覧です: インフラ志向:

« 箱座りできない季節 | トップページ | 見えないところに出る »