« 「配慮」 | トップページ | ネタ化 »

2008/05/30

風邪薬は必要

足の筋肉の痛みとか炎症を押さえるのに飲んでた薬、
風邪のときにも効くから余ったらとっておくといいよーと
薬局のおじさんが言ってたので、名前からちょっとぐぐって
成分とか調べてみた。

すると出て来たwebのQ&Aというか、だれかの質問にいろんな人が
答えてるサイトで、風邪薬について質問してる人に対し、
すげー極端な回答をしている人を見つけた。

風邪薬は所詮対症療法なので風邪は直せません。 風邪は薬を飲まないほうが早く治ります。

というのはともかく

なんで医者は風邪で受診する人に薬を処方するんでしょうねえ

みたいに、嘆いてさえいらっしゃる(笑)。
確かに間違ったことは言ってなんだけどさー。
私も、風邪薬で風邪が治らないのは百も承知。
でも、風邪を直したいというよりも、
鼻水とか頭痛とか肩こりとか節々の痛みとか、
つらい症状を緩和するために薬を飲むのだ。
ただし、今熱が上がってるとわかるときだけは、
薬(解熱剤)は飲まずに、水分を摂りながら、
熱が上がり切るまでじっとしている。
熱が上がり切るまではだいたい数時間だし(私の場合)。
また、私は風邪で鼻が完全につまって口で息してると
喉が痛くなって、そこから悪化することが多い。
それよりは、鼻水を止める薬を飲んで、
水分摂って(こればっか)安静にしてたほうが治りが早い。
薬飲まずに鼻づまりのまま口でふーふー息してると、
安静にしてても悪化して、結局治りが遅くなることが多いのだ。
だから、やたら薬を飲むよりは安静にしてたほうがいい
というアドバイスには同意するけど、
安静にしてれば薬飲まないほうが治りが早いとは限らない。
と、体験的に知っている。

そういえば、風邪薬なんてものが市販されてるのは
日本くらいだという話もどこかで聞いたことがある。
しかし、自分に合った市販の風邪薬がわかってて、
風邪ひいたときに飲むのに何か問題あるのか?

いくら早く治るからって、
薬を飲まないで苦しいのを我慢しているのもバカみたいだ。
つらい症状で使い物にならない状態で耐えて短い期間で風邪を治すのと、
完全に治るには時間がかかっても、体がそこそこ楽な状態で生活するのと、
どっちがいいか。
それぞれ好みのほうを選べばいいじゃん。
私はQOL重視だから、鼻水ダラダラとか喉が痛くてたまらないとか
頭痛肩こりがひどいとき、症状に合わせて薬を飲んで休む。

とにかく、薬について調べるとよく出て来る
「風邪に薬はいらない派」
のあの知ったかぶりと押しつけがましさが嫌でしょうがない。
風邪が薬で治らないのも、ウイルス感染に抗生物質がきかないのも
知ってて薬飲んでますので、おかまいなく。

ポイントとしては、
風邪を治す薬はお店では売ってない。
風邪でお医者さんから処方される薬も、症状緩和の薬か、細菌感染時の抗生物質。
風邪を治すのは自分の免疫力。水分と栄養をとって安静にしているのが一番。
というのを踏まえて、
薬が必要かどうかは大人なら自分で判断すればいい。
でも、
高熱が続いたり、下痢で栄養や水分が充分摂れなかったりして、
体力を消耗している場合は早めに受診しましょう。

|

« 「配慮」 | トップページ | ネタ化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53222/41370388

この記事へのトラックバック一覧です: 風邪薬は必要:

« 「配慮」 | トップページ | ネタ化 »