« 力持ちではないのだが | トップページ | やあ、1年3ヶ月ぶりー »

2008/04/02

働く母に無責任にがんばれーと言ってみる

約1年前、こんな記事(「子宝の席」と格差社会)を書いたが、
あの席、本当に霊験あらたかだったよ。
妊娠して離脱した人にかわってやってきた二人目の派遣の人は、
別の事情で数ヶ月で離脱したんだけど、
そのまた後任の人が、またご懐妊!
任期いっぱい務めてくれたが、ついこないだ、
「お疲れ様でした」と見送ったときには、
すでにかなりおなかが大きかった。
やっぱすごいよあの席は。

1年たったので、子宝の席初代(笑)の、
育児休暇をとっていた常駐先プロパーの女性が、
職場に復帰してきた。
育児中なので定時がちょっと短い。
普段他のプロパーが先に帰るのが恨めしい私も、
実家も遠い夫婦だけでの子育ては大変だろうから、
制度があるならどんどん利用してくれ、と思っていた。
そういう制度どころか、1年契約だから育児休暇なんて
ありえない私からすると、確かにうらやましいんだけど、
もし制度があったらガンガン使ってたはずだから。

まわりの子育て経験者のプロパー女性も、
みんなそうやって彼女を応援してるものだと思っていたのだが、
「まわりに迷惑かけてるって自覚があるのかしら」
という発言を聞いてしまい、大ショック。
曰く、
・私のときはそんな制度なかった
・保育園の送り迎えも夫がやってるみたいなのに
・最近の人はそういうとこドライなのかしらねえ
など。
いや、そういう意味では私も「最近の人」です…。

想像でしかないが、毎日1時間早く帰っている本人も、
直接にはないとしても、こういう批判をされてることも、
じっさいまわりに負担をかけているということも、
自覚した上で制度を利用してると思うんだよなー。
これら無言の圧力を感じつつも、
毅然とした態度で働き続けないといけないんだから、
働く母はほんとにエライ。尊敬する。
とにかく、圧力に負けずに制度をがっつり利用して働き続けて、
後に続く人が制度を利用しやすい雰囲気に
もっていってほしいよねー。

しかし、
私たちのころはこんな制度なかったけど、
最近はよくなったわねー、どんどん利用してほしいわ
という発想にならないところが、意外で怖かった。

|

« 力持ちではないのだが | トップページ | やあ、1年3ヶ月ぶりー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53222/40739475

この記事へのトラックバック一覧です: 働く母に無責任にがんばれーと言ってみる:

« 力持ちではないのだが | トップページ | やあ、1年3ヶ月ぶりー »