« 旬の話題 | トップページ | 原因物質特定 »

2008/03/04

被害者意識をうまくこなす

超有名ブログ書評記事で見た紹介内容の中で

なぜ自分ばかり損をしているのか、という気持ちを捨てる。
という一行に「ちげーよ」と思った。

私だって、仕事や会社や生活上のことで被害者意識にさいなまれたところで、
何もいい方向には行かないとわかっているので、
「なんで私だけこんななの」
と思うたびに「失敗したなー」と後悔するのだが、
客観的に見ても私だけ不利な状況にあるのは事実であることも多い。
自分の中の被害者意識というものを無闇に否定するのは
かえってまずいんではないか。
多かれ少なかれ、ほんとに被害者なことがほとんどなんだから。
ただまあ、100パーセント被害者なのか、2パーセントなのか、
被害者である自分を冷静に評価しないといかんとも思う。

他人のせいは他人のせい、状況のせいは状況のせい、
自分のせいは自分のせい。

被害者意識を持ったら、自分がどの程度被害者なのか、
加害者はいるのか、加害者の責任は問えるのか、
加害者がいない・責任を問えない場合は、
自分が被害者でなくなるにはどうすればいいか、
最善の方法を考えないと、いつまでたっても被害者のまま。

考えた最善の方法が「逃げる」なら、逃げる。
極端に言えば、全面的に人におまかせする、というのも
解決策ではある。

私が「ちげーよ」と思った一行も、別に正反対の意味で書いている
わけではないと思うのだが、
「自分だけ損してる」と思うこと自体を禁止するのはよくないぞ。
たとえそれが被害妄想だったとしても。
大事なのはそっから先だ。

自分はっていうと、「そっから先」には半歩くらいしか
踏み出してないんだけど。

追記:問題ありそうなところからアクセスきたのでTB受付やめました。

|

« 旬の話題 | トップページ | 原因物質特定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旬の話題 | トップページ | 原因物質特定 »