« すごいネーミング | トップページ | テレビ見て泣く »

2008/03/31

サンスパに共感

先週、「イブニング」(講談社)8号の連載「サンスパ」の中で、
ライバル会社に産業スパイをしに事務員として入社した
主人公の女子技術者(現在左遷中)、花丸さんが、
同じ会社からスパイ先(?)の会社に引き抜かれた
優秀な技術者(技術バカ)の有馬から、
彼女の開発した携帯音楽プレーヤー「首メダル」
(まったく売れなかったので彼女は備品課に左遷)
の省電力設計を高く評価されて
「わかってくれる人がいた!」
と感動しているシーンにとっても共感。
自分の作ったものをポイントはずさずに評価されると
ほんとにうれしいよなーと。
しかし、ふりかえって自分を見ると
そもそも、たった一人でも他人が高く評価してくれるような
結果の出た仕事してないじゃないかー!
花丸さんがうらやましい、と軽くへこむのだった。
まーでもこの作品、私にはかなりおもしろい。
「島耕作」よりよっぽど会社員マンガになってるし。
花丸さんが有馬に「スゴ腕の技術者」と勘違いされて
心の中で「技術者だけどスゴ腕ではない」と否定して
自分で言ってて悲しくなってるとことか、これも共感。

じみーな連載だけど、同じ雑誌からドラマ化されるやつより
ずっとおもしろい。おすすめ。

|

« すごいネーミング | トップページ | テレビ見て泣く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53222/40701685

この記事へのトラックバック一覧です: サンスパに共感:

« すごいネーミング | トップページ | テレビ見て泣く »