« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008/03/31

サンスパに共感

先週、「イブニング」(講談社)8号の連載「サンスパ」の中で、
ライバル会社に産業スパイをしに事務員として入社した
主人公の女子技術者(現在左遷中)、花丸さんが、
同じ会社からスパイ先(?)の会社に引き抜かれた
優秀な技術者(技術バカ)の有馬から、
彼女の開発した携帯音楽プレーヤー「首メダル」
(まったく売れなかったので彼女は備品課に左遷)
の省電力設計を高く評価されて
「わかってくれる人がいた!」
と感動しているシーンにとっても共感。
自分の作ったものをポイントはずさずに評価されると
ほんとにうれしいよなーと。
しかし、ふりかえって自分を見ると
そもそも、たった一人でも他人が高く評価してくれるような
結果の出た仕事してないじゃないかー!
花丸さんがうらやましい、と軽くへこむのだった。
まーでもこの作品、私にはかなりおもしろい。
「島耕作」よりよっぽど会社員マンガになってるし。
花丸さんが有馬に「スゴ腕の技術者」と勘違いされて
心の中で「技術者だけどスゴ腕ではない」と否定して
自分で言ってて悲しくなってるとことか、これも共感。

じみーな連載だけど、同じ雑誌からドラマ化されるやつより
ずっとおもしろい。おすすめ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/28

すごいネーミング

こないだお彼岸に墓参りしに実家に行った(結局、荒天で墓参りにいけず)
ときに、姉に教えてもらった近隣のオリジナル商品。

行方市麻生商工会発の商品

「なめちん」「ぬるちん」

しばし呆然となるネーミングである。

茨城県行方(なめがた)市の特産品「チンゲン菜」のお漬物だから
「なめちん」だということは、十分理解できるのだが、
松前漬けふうにぬるっとした食感にして「ぬるちん」って、
そこまでやったら確珍犯……じゃない、確信犯だよなー。

昔は、茨城県東部地区は鹿島郡と行方郡(市はなかった)だったから
今でも鹿行(ろっこう)地区と呼ばれている。(NHK関東地方の天気予報参照)
旧行方郡のうち一部が合併して行方市(残りは潮来市)になった。
鹿行の「行」のほうを名乗る市でこんなことになってるとは。
このネーミングを許せるノリは嫌いじゃないけど(笑)。

まだ実物を手にしたことがないので、ぜひ買いに行きたい。
でも車がないと鹿嶋からは行きにくいんだよねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/26

やってみるもんだ

亀裂の歯への対応のつもりで
保険外の除菌治療を試してみたが、
よく説明をきいてみたら、それは歯周病の治療だった。
以前、歯のクリーニングのときに歯の汚れを採取されて
顕微鏡で見られ、動画で
「ほら、歯周病菌がこんなにうにょうにょと!」
と、グロ映像を見せられ、勧められた除菌治療なのだった。

でも、抗生物質の飲み薬+カビ菌対応の抗菌シロップ薬で歯磨き
という治療なので、結果としては抗生物質のおかげで
亀裂の歯の炎症というか痛みはおさまった!
そして治療本来の目的である歯ぐきのほうも、抗生物質はもちろん
シロップ薬で1回5分、1日3回ブラッシング
(今までは多くても1日2回、しかも2分くらい)した成果もあったのか、
たった1週間の治療なのに、いきなり歯ぐきの腫れはおさまり、
口の中すっきり。これは驚きだった。
治療開始から1週間後にまた歯科医院に行って、
前回のグロ動画と、治療後の今回採取した歯の汚れの動画の
「ビフォーアフター」を見せてもらったら、
劇的に菌が少なくなっている、ように見える。
顕微鏡で見る場所は任意に選べるだろうから、
菌の多い画像も少ない画像も思いのままなわけで、
ほんとに除菌できてたかどうか私には判断はできないけど。
まあ実際菌がどうだろうと、口の中の状態よくなってるから
ぜんぜんおっけーだ。

歯ぐきがひきしまって、見えるようになった汚れがあると言われて、
歯石削りみたいなことをガリガリやられた後、
こんどは虫歯予防のフッ素配合歯磨きと歯ブラシを渡されて、
診療台の上で歯磨き。
なんだか担当の歯科医師の先生はフッ素大好きみたい。
予防歯科先進国のフィンランドとかでは、
歯磨きとかに配合できるフッ素の量の上限が
日本の1.5倍で、それでも体に害はないから、
日本でももっとフッ素を取り入れていいのに、
と熱く語られてしまった(笑)。
最近歯磨きをてきとーにしていた私も、小学校低学年の頃には、
歯磨きの後フッ素のうがい液を使っていて、
そういえばそれ使ってるときは虫歯になってなかったような
気がする、と語ったら、先生は目を輝かせていた。
さすがに、私も先生の熱い思いをうのみにするほど素直じゃないが、
ほほえましくは思えたなあ。
状態がよくなったので心の余裕が出ただけかも。

結局亀裂の歯は、また様子見に。
3ヵ月に一度のクリーニングごとにチェックすることになった。
最終的にやってくるであろう抜歯→インプラント(入れ歯はやだ)のための
貯金を始めようっと。
この歯科医院、クリーニング担当の歯科衛生士さんと歯科医師の先生との
ベクトルが違う(職域が違うから当然といえば当然だが)ので、
患者の私が自分で判断しなけりゃいけない場面が多くて困ることもあるが、
今回は自分で選んだ治療がばっちりきいて、結果的にはよかったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/24

意外と難しい睡眠

土日でも、朝は6時前に目が覚めて、二度寝しても8時とか9時とかには
起きてしまう。
寝過ごすことに対する恐怖感があるらしい。
たまに夜更しして午前2時くらいまで起きてても、
6時くらいには一旦目覚める。
つまり、最近まとめてぐっすり寝ていないってことだ。
気がついたらこうなっていたので、何年この状態なのかわからない。

二度寝三度寝を合計すると平均6時間くらいは寝てるから、
昼間眠くてしょうがないということはあまりないが、
とにかくいっつも疲れている。

たとえ休日でも、ゴミまとめて出さなきゃとか
洗濯しなきゃとか台所の洗い物そのままになってるよとか
やることがいっぱいあるのでついつい目が覚めてしまうみたい。
ところが、そうやって起きたのにもかかわらず、
それらの家事がてきぱき処理できないから始末におえない。

原因はなんかのストレスとかいろいろ考えられるが、
原因を改めるにはえらい手間と時間がかかるに違いない。
とりあえず、気持ちよくぐっすり寝たいんだよね。

その時だけは気になることを全部忘れて、
ゆっくり風呂入ってマッサージでも受けて、
15時間くらいぐっすり眠る

くらいなら、自分で機会を作れるかなぁ。
気になることを一時的にでも忘れるってのが難しいと思うんだけど。
ふつう、温泉旅行とかがこれにあたるんだろうけど、
慣れないところでばたばたすると、かえって疲れるから、
環境設定もけっこう難しいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/12

いいネーミング

さいはて最寄駅(私鉄)から出ている路線バスの胴体に
天然ガスの広告がある。バス自体が天然ガス車だからかな。
ちっっちゃくしか書いてないが、その天然ガスを取り扱ってる会社の名前が
武州ガス
である。

ぶしゅうガス。

なんだか、ガスらしくて(?)いい名前だなあと思った。
単に地域名からつけたんだってことはわかるけど、
ガスにぴったりの地域名だよね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/03/11

亀裂

前々からときどき腫れていた左下奥歯(金属かぶせ)
の治療についてかかりつけの歯科医院で相談した。

前に聞いた話では、根っこの治療が中途半端で、
残っている歯の部分も少ないから、最悪抜くかも、
ということだった。
しかし、今回話を聞いたら、
歯の根っこ付近に亀裂が生じている可能性が高い、
とのこと。
あのー、先生、
2年以上前に撮ったレントゲン写真を見てるのに、
それって今回初めて聞く話なんですけど……

かぶせものをあけてみないとなんともいえないけど、
いくら根っこの治療をしても、亀裂がある場合
腫れはおさまらないかもしれず、
その場合は抜歯するしかないそうだ。
抜歯したら、入れ歯かブリッジで義歯入れるか、
インプラントで埋め込むか。
インプラントは45万円くらいかかるそうだ。

さすがにいきなり抜くってことはなく、
まず根っこの治療をして様子をみてみるのもよし、
「根っこ治療専門でやってるお医者さんがありますよ」
と先生は別の医院のチラシをくれた。
顕微鏡で見ながら細かい病巣まできれいにしてくれるそうだが、
保険外。4回で7万円くらい。
払えないことはないが、確実によくなるとは限らないしなあ。

とりあえず飲み薬とかで腫れを少しでも引かせることはできませんか?
と聞いたら、
それで改善される場合もあるので、飲み薬治療もありです
と突然言い始める先生。
私が言うまで「飲み薬」なんてひとことも出なかったじゃないですかー。

と、先生に対してつっこみどころは多々あれど、とどのつまり
どうするかは自分で決めなければならず。どうすりゃいいんだい。

いまのところ、なんか腫れてて不快、噛むとちょっと痛い程度なので、
飲み薬で口の中のよくない菌を除菌する治療をして様子を見ましょう
という、とりあえずの治療方針が決定された。

ぐぐったりしてみたら、「歯底亀裂」って状態らしいな。
最終的には抜くしかないだろうけど、
インプラントの45万円がたまるまで、今の歯でなんとかしたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/10

違うんです

かぜをひいた。
昨日屋外で某祭りを見ていたら、くしゃみ連発。
鼻水も止まらなくなったので人から「花粉症?」ときかれたが、
今日雨が降っていても状態がかわらないから
おそらくかぜ。
花粉症シーズンに鼻かぜひくとまぎらわしくてかなわん。
やっと、こないだ買ったスチーム吸入機を使いたくなってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/08

直射日光

2月の最後の日曜日、「真壁のひなまつり」に行った翌日と
先日正午ころ中野駅から自宅まで歩いた翌日、
顔(ツラの皮)がほてっていることに気づいた。
UVカットの化粧品は毎日つけてるのだが、
この時期はまだ、日光にあたりなれてないようだ。
今はまだ、仕事終わって帰るときには日が暮れてるし
休日も家にこもりがちだし、連続30分以上屋外にいることなんて
めったにない。
その慣れてない分をさしひいても、
3月はじめの昼間の日光は、すでにけっこう強いみたい。
気温があまり高くないのに、日光があたってるところの皮膚が
ちりちりする。
奥様、もう紫外線対策しっかりしといたほうがいいわよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/06

原因物質特定

材料を買ってから1週間、なかなか作れないでいたものがあった。
それは粕汁。
いいかげん鮭の切り身の賞味期限も切れてるし、
粕汁のことだけに意識を集中するんだ!
と、昼間(仕事中だっての)からイメージトレーニングをして、
やっと粕汁を作ることができたよ。
途中インストール作業とかしてたらあやうく粕汁のことが
頭から離れそうに(おいおい)。
先々週の日曜日に「真壁のひなまつり」に行ったとき、
現地の造り酒屋で母が酒かすをふたつ買って、ひとつくれたのがきっかけ。
そもそも粕汁自体をあまり食べたことがなかったから、
何入れるのかもわからず、まずはwebで検索。
鮭を入れるレシピが多い。
他の具は人参、大根、こんにゃくなど。私はごぼうも入れた。
だしはだしの素じゃない粉末だし、塩味は白みそを入れた。
作り方は要するに、具だくさん味噌汁の味噌を酒かすに
かえるようなものだと解釈した。
そうやってはじめて作った粕汁は、思ったよりおいしかった。

しかし、作る前から予想はしていたのだが、
酒かすに残留しているアルコールの影響で、
おいしくいただいた後、気がついたら寝ていた。
目が覚めたらそこらじゅう灯りはつけっぱなし、
レシピを確認するのに電源入れたノートPCもついたまま。
アルコールに弱い体質だから、お酒を多めに使う料理を作ると、
気化したアルコール分に反応してしまう。
できあがったとき、なんか暑い→食べたあとすぐ眠くなって寝る
というパターン。
要領が悪いから、料理をするとすごい疲れるんだなぁと
つい最近まで勘違いしていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/04

被害者意識をうまくこなす

超有名ブログ書評記事で見た紹介内容の中で

なぜ自分ばかり損をしているのか、という気持ちを捨てる。
という一行に「ちげーよ」と思った。

私だって、仕事や会社や生活上のことで被害者意識にさいなまれたところで、
何もいい方向には行かないとわかっているので、
「なんで私だけこんななの」
と思うたびに「失敗したなー」と後悔するのだが、
客観的に見ても私だけ不利な状況にあるのは事実であることも多い。
自分の中の被害者意識というものを無闇に否定するのは
かえってまずいんではないか。
多かれ少なかれ、ほんとに被害者なことがほとんどなんだから。
ただまあ、100パーセント被害者なのか、2パーセントなのか、
被害者である自分を冷静に評価しないといかんとも思う。

他人のせいは他人のせい、状況のせいは状況のせい、
自分のせいは自分のせい。

被害者意識を持ったら、自分がどの程度被害者なのか、
加害者はいるのか、加害者の責任は問えるのか、
加害者がいない・責任を問えない場合は、
自分が被害者でなくなるにはどうすればいいか、
最善の方法を考えないと、いつまでたっても被害者のまま。

考えた最善の方法が「逃げる」なら、逃げる。
極端に言えば、全面的に人におまかせする、というのも
解決策ではある。

私が「ちげーよ」と思った一行も、別に正反対の意味で書いている
わけではないと思うのだが、
「自分だけ損してる」と思うこと自体を禁止するのはよくないぞ。
たとえそれが被害妄想だったとしても。
大事なのはそっから先だ。

自分はっていうと、「そっから先」には半歩くらいしか
踏み出してないんだけど。

追記:問題ありそうなところからアクセスきたのでTB受付やめました。

| | コメント (0)

旬の話題

年間通じてときどきはあるものの、
最近また
「アスパラ 尿」
とかで検索してきたアクセスが増えてきた。
ああ、春だなぁ。

検索されてるのはこちら:
アスパラガスを食べたらアレな件について
アスパラガスを食べると……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/02

分別

こないだいつものさいはてじゃない某所でお仕事していて、
紙パックのお茶を飲んでいたら待ち合わせの人が来たので、
そのまま部屋を出て作業を済ませて数時間後、戻ってきたら、
私の飲みかけのお茶がごみ箱に捨ててあった。ショック。
あとで飲もうと思ったのに、勝手に捨てるなー!

でもまあ、名前書いておいたわけでもないし、
だれかが善意で片付けてくれたんだからしかたないよね。
と一人で納得したのだが、捨てられたお茶をよく見ると、
ごみ箱への捨て方がなってなくて、またまたイラっとした。
中身入ったまま、ストローさしたまま、「燃えるごみ」の箱に
入っていた。
この捨て方はいやだー。自分だったらこんな捨て方しないのに。
各部屋からごみを回収してくれる人に迷惑だと思う。
ごみ箱から取り出して中身を流しにしぼり出し、
ストローは燃えないごみ箱に、紙パックは燃えるほうに
分別して捨てなおした。
なんだか姑みたいだよな、自分。
でも、少なくとも自分の出したごみはちゃんと分別して捨てたい。
私の飲みさしを無断で片付けてくれた人も、誰が飲んだんだかわからない
お茶のパックが気持ち悪いのはわかるけど、
ちゃんと分別できないならそのまんまにしといてほしかった。
自分でごみの分別とかごみ出ししたことある人なら、
わかると思うんだけどなぁ。

と思ったところで、
自分の部屋が汚い原因のひとつがわかったような気がした。
ごみ以外の物品に関しても、ちゃんと分別できないなら
そのままのほうがいいという意識で、結局全部そのままなんだなー。
ごみはルールが決まっていて分別しやすいから、
まとめるのも容易だし、ちゃんと回収に出している。
相方が空き缶を燃えないごみに入れてるのが気になるけど、
(空き缶は資源ごみなので)黙って見過ごす。
そんなの気にしてないで部屋にある未整理のブツをちゃんと分別しろ、
と自分でも思う。なんなんだこのアンバランスさは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »