« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008/01/24

よくあるアレンジだが

晩ご飯に何作るか考えていた。
家に豚肉とキャベツがあるから、麺買って焼きそば作ろう、
そうしよう、とあっさり結論が出た。
あまりにあっさり決まってしまって、なんか考えた充実感がないので、
いつもと違う味付けの焼きそばにしたいなー何味がいいかなーと
アレンジを考えてみた。
さっぱりと、オリーブオイル風味の塩コショウ味とか。

肉を炒めて塩コショウする
肉の上にキャベツと麺をのっけて蓋して弱火で蒸す
キャベツに火が通って麺がほぐれたら、全体を混ぜて味を調整
最後にオリーブオイルをかける

こんな感じか。

実際作ってみたときには、椎茸もあったので肉を炒めるとき
一緒に入れた。
お肉(豚切り落し)に比較的脂身が多く、また表面加工の
しっかりした鍋(ウーウェンパン)を使ったせいか、
肉を炒めるとき油は全く使わなくてすんだ。
キャベツは4分の1玉を1センチ幅横切り。
蓋して蒸す時間は7分に設定。
食材の水分だけで蒸らそうとしたせいか、
7分蒸しても若干麺がほぐれてなかったから、
蓋する前にちょっと水を入れるか、10分くらい蒸してもよかったかも。
オリーブオイルは加熱しすぎてはいけないというので
調理に油を使わないようにして、最後にかけたのだが、
オリーブオイルの香りが豚肉に負けてしまって
あまりわからなかったのが残念。
食べてみると、豚肉の脂と麺にまぶしてあった油で、
思ってたよりもこってりしていた。
塩こしょうだけのシンプルな味付けのせいかもしれないが、
蒸したキャベツがすごく甘くて驚いた。
キャベツ単独で蒸して食べてみたくなった。

この豚キャベツ塩焼きそば、私にしては想定通りに調理できて、
かなりおいしかったんだけど、まだ改善の余地はありそうなので
再チャレンジ(笑)してみよう。
肉と麺を先に湯通しして油を落としてカロリーオフするのもいいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/17

注意力を試されている気がする

ちょうど1年前にHi-MDウォークマンMZ-RH1を買った。
買った当初からいまいち充電がうまくいかなかったが、
だましだまし使っていた。
しかし、最近もう全然充電できなくなった。
USBのケーブルを専用のACアダプタにつないだり、
PCにつないだりすると充電できるはずなのだが、
ケーブルを一度さしただけでは充電が始まらない。
何度か抜き差ししていると、充電が始まることもあるが、
それも2分くらい続いた後、急に終わる。
もちろん充電なんてほどんどできていない。
PCにUSBでつないでも、最初はディスクの中身が見えて
通信できているのだが、やはりしばらくすると死亡。
電池がだめなのかと思って、新しい充電池を買って(高い)
とりかえて充電してみたが症状かわらず。
こりゃもう修理に出すしかない。
ところが保証書が行方不明。
というか、購入したときから、保証書見た覚えないんだけど!
飽和状態に達している部屋をひたすら捜索すること3日ほど。
ふと、テレビ台の上にあった、MZ-RH1の取扱説明書に目がいった。
……あ、取説の最後のページが保証書になっている。
どうりで単独の保証書を見た記憶がなかったわけだ。
去年の夏だか秋にも一度修理に出そうと思って、
保証書が見つからなくて断念したんだよなー。
アホすぎるぞ自分。
ちなみに購入年月日は昨年1月12日で、通常の保障期間は
過ぎているが、ソニースタイルの3年保障ワイドに入ったから
まだ修理代かからないぞ。近所のソニーショップへ急げ。

追記:
仕事が終わって阿佐ヶ谷に戻ってから、近所のソニーショップへ
行って修理依頼してきたよ。
やっと見つけた保証書だったのに、お店の人は全然確認せず、
ソニースタイルの購入明細(3年保証の証明書)だけ預かられた。
まぁ、製造番号っていうかシリアル番号も購入明細に書いてあるし。
早くよくなって退院してきますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/11

味付け(ココア編)

常駐先の給茶機の日本茶は飲めるんだけど、
コーヒーと紅茶はいまいち飲みたくないので、
1杯分ずつ分包になっている調整ココアの無糖のやつとか、
ティーバッグの紅茶とかを引出しに常備している。
紅茶はミルクティーが好きなので、小さいパックの牛乳を持ってきて、
アッサムのティーバッグでいれた紅茶でミルクティーを作っていたが、
このミニパック牛乳も、コンビニによっては置いてなかったり
して不便。
そこで、完全に代用にはならないと思いつつも、
スティック分包タイプのスキムミルクを持って来てみた。
このスキムミルクには「ラクトフェリン」という
タンパク質が入っており、50度以上のお湯で溶くとその
成分が分解してしまうのだそうだ。
とりあえず、熱湯と水を混ぜてぬるま湯を作って
スキムを溶かしてから、無糖ココアをいれてみた。
すると、甘味料は何も入れてないのにほのかに甘い。
調整ココアといえども無糖はかなり苦い。
でも、ふつうの砂糖入りのは私には甘すぎるので、
無糖のやつにこれも持ち込みの「スリムアップシュガー」を
入れて飲んでいたのだが、スキムミルクを入れたら、
このまま飲めるぞ。これはいい発見だ!
たぶんスキムミルクって「乳糖」がいっぱい入ってるんだろうな。
小さい頃、日中預ってもらっていたおばちゃんの家で、
他に預っている赤ちゃん用の粉ミルクを溶いて飲ませてもらったとき、
やたら甘かった記憶があったのだが、その味に近い。
でもココアの苦みがあんなにマイルドになるとは思わなかった。
ふつうの牛乳で入れても結構苦いのに。
なかなかいい仕事するなスキムミルク。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

味付け(玄米編)

昨年6月に買った玄米が、
自分への誕生日プレゼントである精米機の活躍により
全部消費できたので、新しく玄米を買った。
開封直後なら玄米そのまま炊いてもおいしいかも、と思って
炊飯器の玄米コースで炊いた。
炊くときに、実家製梅干し(梅の実も実家でなったやつ)を2個投入。
3合の玄米に薄く塩味がついた状態で炊きあがった。
梅干しの酸味はすっかりとんでいる。
実家では玄米食べなかったので、梅干し入れて炊くって
いうのも雑誌かなんかで仕入れた知識なんだけど、
確かに梅干し入れて炊いたほうが私はおいしく感じる。
単に塩味がつくからだと思うが。
私はこの玄米ごはんなら、おかずなしでもお茶椀一杯くらいは食べられる。
玄米に梅干入れて炊くのはデフォルトになりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/08

新年

本年もよろしくおねがいします。

12月28日から休みだったのだが、28日は実家から頼まれた買い物に
姉と二人で日本橋まで。
30日夜に実家に帰って、
31日は午前中買い物して、午後は水戸の親戚のところに行った。
元日は朝寝坊してお雑煮とおせちを食べて、
夕方母親と二人で鹿島神宮の森を抜けるコースで散歩。もちろん早足。
2日に姉夫婦が自動車で来たので、豚しゃぶ食べた後、
以前、屋外のほうで書いた「沼尾神社リベンジ」を果たした。
それから、名前だけは知っていても行ったことなかった、
宮中野古墳群の前方後円墳を見てきた。
実家は貝塚の上に建ってるし、なんか史跡には不自由しないなー。
その日のうちに姉夫婦の車に同乗して帰ってきた。
……それから4日間、本気で休んでいたような。
実家に帰ってる間、なんだかいろいろやっていたので、
帰ってきてからは休みっぱなし。
外に出てほっつき歩いたりはしてるけど、頭が完全に休んでいるよ。
もう仕事始まるのに大丈夫か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »