« せんでん | トップページ | おとなの風邪薬 »

2007/11/14

軟水風呂生活レポート

自宅お風呂で、石けんを洗い流すときぬるっとしなくなってきたな、
と感じつつも、そのまま1週間ほど軟水器のお湯を使い続けていたら、
ついに体を洗ったタオルをすすぐと石けんカスがプカプカ
浮かぶようになった。
この白い雪のようなもの見るのひさしぶりー。
重い腰をあげてやっとイオン交換樹脂の再生。
食塩を1.3キロほど入れて少しずつ水を流すだけだが、
定期的な作業が苦手な私が、毎月毎月再生だけは
(ぎりぎりまで引き伸ばしつつ)やってるなあ。
夏頃から、再生のときにしか使わないバルブ
(水道水が入ってくる上と、軟水化された水が出て行く下の2箇所あり)の
下のほうの口が詰まってしまい、
塩を入れた後ほんの少しずつ水を流すときは
ヘッドを外したシャワーホースから流している。
今のところ特に問題ないが、できたらバルブ交換したい。

軟水のお風呂は肌によさそうだし、
実際、前に別の軟水化装置を使っていたときは、
「尾てい骨あたりの皮膚が柔らかくなった」
という具体的な効果を実感したのだが、
去年軟水器を導入する直前は肌に特にトラブルがなかったせいか、
劇的改善は感じない。
オイリーな顔は相変わらず半日もするとべたべたになるし、
脚は今の季節、風呂あがり2時間でかさかさしてくる。
石けん+軟水の組合せだと、よく落ちて何も残留させない
から当然の結果だと思う。
かさつきがちな体には保湿ものをちゃんと塗らないとね。
しかし、洗髪では体洗いよりも軟水効果を感じる。
二度洗いしてすすぐと、ごわついていた髪全体が
ふにゃーとなって「ああ汚れ落ちたな」と感じるのだ。
軟水じゃないと、髪の毛が石けんカス(金属石けん)に
コーティングされてなかなかここまで落ちなかった。
石けん+軟水で洗髪した後の髪を乾燥させると、
何もつけてないけどつるつる。
しっとりはしていないが、何も余分なものがついてない感じ。
私は髪が短いからこれでいいけど、長い人は椿油とかつけて
おかないとからまるかも。

軟水器を買ってもうすぐ1年
(誕生祝に自分で買ったからも誕生日も近い!恐怖!)
なので使用感をまとめてみた。

|

« せんでん | トップページ | おとなの風邪薬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53222/17073560

この記事へのトラックバック一覧です: 軟水風呂生活レポート:

« せんでん | トップページ | おとなの風邪薬 »