« 石けん生活の理由 | トップページ | つまらない昔語りをしてもいいですか »

2007/11/05

適当に作ってうまかった料理

最近体調がよくなくて、おなかはすくんだけど、
おなかすいた!そうだあれを食べよう!
と食べたいものがさくさくと思いつかない。
買ってくるにしても作るにしても、ターゲットが定まらなくて
困っている。

それでもこないだ、なんとなーく「親子丼」のイメージが
頭の中にモヤっと現れたので、2日後くらいに親子丼を作った。
その日に作ってしまうほどの勢いはなし。

他におかずを作るのも面倒だが、純粋に親子丼だけだと
野菜が足りない感じがするので、とり肉とねぎの他に、
えのきだけとエリンギと小松菜もいっしょに煮て、卵でとじた。
(きのこ類はよく煮て、小松菜は最後に入れた)
だしは使わず、高級(私にとっては)みりんと、うすくちしょうゆで味付け。
煮すぎないように気をつけた甲斐あって、
卵は半熟、とり肉もやわらかく、特にきのこ類に味がしみていて、
いつも目分量の自分にしてはよい出来。

完成した後でふと見ると、うすくちしょうゆ(ヒガシマル)の瓶の口に
カビらしきものがついてるわ、しょうゆ本体の水面にもなんか
浮かんでるわで、げげっと思ったけど、臆さず食べてみたところ、
味的にもお腹的にも問題なし。でもよいこはまねしてはいけません。
坂東女なもので、うすくちしょうゆ使用頻度が低いからこんなことに。
次から冷蔵庫で保管しよう。

お鍋はビュッフェ・キャセロールの小さいの(現在廃番品)を使用。
オーブンで使うために買ったんだけど、親子丼を作るにあたって、
自分が実は浅くて蓋のできるお鍋をあまり持ってないことに気づき、
こいつを使ってみた。
3人前くらいできちゃうし、お玉とかフライ返しを駆使しないと
盛りつけられないけど、いい感じに煮えるから、
今後親子丼の具はこの鍋で作ることになるだろうなー。

|

« 石けん生活の理由 | トップページ | つまらない昔語りをしてもいいですか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53222/16983165

この記事へのトラックバック一覧です: 適当に作ってうまかった料理:

« 石けん生活の理由 | トップページ | つまらない昔語りをしてもいいですか »