« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007/09/26

私の不審者対策

目的もなく、徒歩で行けるけどよく知らない場所を
ひとりでふらふら歩くのは楽しい。
こう書くと非常にあやしい行為だが、ただの散歩だ。
おもしろい物件を見つけたら、デジカメで撮ることもあるし、
周辺をぐるぐる回って観察することだってある。
熱心に歩いていて汗をかくと、
湿気で強度のくせ毛がぼさぼさになることも。
そして顔は日焼けどめだけのノーメイク、服装もきわめてカジュアル。
そんな中年女がうろうろしていたら、
当地の住民のみなさんにとっては「不審者」なのではないか?
知らない間に不審者情報メールとかに載ってないよね?
そんなことをわりかし気にしている。
とりあえず凶悪とか変な雰囲気をかもし出さないように
立ち居振る舞いには注意してるけども。
でもなー、他人から見たらなんでもない路地とか撮影してるし、
あやしいよなあ。

別に、やましいところは何もないので、
そんなに深刻に考えてはいない。
それでもやっぱり私は、本物(?)の不審者よりも、
自分が不審者扱いされるほうがずーっと不安だ。
夜間散歩が趣味の人は、たいていおまわりさんから
職質受けた経験があるみたいだし、散歩者にはつきものなのかなあ。
とりあえず散歩するときは、身元証明できそうなものを(保険証しかないけど)
必ず携帯している。
身元保証人(相方)と連絡とれるように携帯電話も。
これが私の「不審者(扱い)対策」。

まあ、わが子が家の外でどんなことに巻き込まれるか、
不安な親の気持ちがまるで理解できないわけではないが、
不安のあまり見知らぬ大人に遍く不審者の疑いをかけるような
振る舞いをするのであれば、
その親本人たちも含めた大人はみんな
「家の外を歩いている自分は他人から見たら不審者である」
という意識をもってもらいたい。
「成人はすべからく不審者たるべし」いや違う
「成人はすべからく不審者とみなされることを受容すべし」かな。
「自分は違うけど他人はみんな不審者」なんてへんてこな認識で
不審者対策とかしないでほしいよ。
どうもその客観性というか対称性に対する認識がすっぽりと
抜け落ちているように見えるんだよねー。

不審者不審者と不安がるんだったら、
あなたも不審者、私も不審者
とゆるーく考えられないものか。私がゆるすぎるのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/25

また車内で釣られてみた

秋分の日を含む3連休は、実家のお墓参りに行ってきた。
がけっぷちの林の中なので、落ち葉と蚊がすごかったー。
正直お墓参りだけで疲れたので、自宅に帰った最後の
休日はダウンしていた。

連休直前の通勤車内でみた「PRESIDENT Family」の
車内吊りに笑った。
特集は「得する学歴、ムダな学歴」
目的がそういう雑誌だからこのテーマには言うことはないが、
見出しに目をひかれる。
「偏差値30台で憧れの地方公務員になれる!」
偏差値30台で某大学に入った人が、大学の教育によって
公務員試験に合格したという話らしい。
個人的には
大学入試で偏差値30台だった警察官とか、不安。
私のいた高校は一応進学校だったが、
毎年数十人くらいは高校卒業してすぐ就職してたと思う。
某大学法学部でがんばって地方公務員になった
大卒さんよりも、高卒で公務員になったり企業に就職した
私の同級生たちのほうが、たぶんぜんぜん偏差値高かったなー。
私よりも成績いい人もいたし。
なんかこの見出しだけで、かえって学歴の意味のなさを
浮き彫りにしてないか(笑)?

しかも公務員になるための勉強って、大学で教えるべきことか?
国家公務員の専門職ならともかく。
それをウリ、かつ教育のメインにしちゃったら、すでに大学じゃないのでは。

実家から自宅に戻ってきて、新聞の雑誌広告欄を見たら、
本家「PRESIDENT」のほうも特集が「大学格差大図鑑」だって。
なんか「偏差値50台でもこんな大手企業に就職内定!」とか
書いてあったなー。
自分も某先生から「低学歴」指定された大学出身なわけだが、
棚に上げて感想を述べると、
この「PRESIDENT」系の雑誌って、
いい大学から大手企業に就職するのがいいことだと思っているけど、
現実では自分の子供は頭悪くて「いい大学」に入れないかも
という人を狙ってる、少なくともターゲットの中に含んでいるって
ことなんだろうなぁ。
あぁ、(低所得者という意味ではなく)貧乏くさいよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/20

電波が届かない場所にいます

NTTドコモも他社に負けないように、
いっしょけんめい割引サービスを展開しているが、
私は気がついたら主回線の携帯なんかもう12年くらい使ってて、
ファミリー割引・いちねん割引も利用して、
すでに半額近くに割引されてるんだよねー。
たとえ新割引サービスを使ってもそんなにお得でもない。
しかも、主回線以外はPHSだから、携帯よりも基本料金安いし。
ドコモPHSはもうじき停波になるので、
FOMAへ巻き取りしようと何回もお知らせが送られてくるが、
替えると結局基本料金が高くなるから、どうしようか考え中だ。
せいぜい、壊れて使えなくなっているカード型PHSを
ワンセグ見られる機種のFOMAに交換(無料で)して、
テレビ見るくらいかなー、携帯でやりたいことは。
どうも最近、携帯電話をはじめとするデジタル機器に対する
興味がわかない。
新製品情報もまったくチェックせず。すっかり枯れている。
私よりも上の年代で、携帯電話のいろんな機能を活用してたり
機種に詳しかったりする人を見ると感動するもんね。

もともと出不精で、今は通勤が最も長距離の移動だし、
出勤したら自分の席にいると圏外だし(他キャリアは電波入るらしい)、
出勤以外はほとんど家にいるから、
実は携帯電話がなくてもあまり困らない。
電池切れたっきり1週間気づかなかったりするし。

今の望みは、携帯電話がつながる場所で仕事することかなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/18

宮崎駿が気に入ったらとにかく保存かい

新聞(朝日)に載ってたのよー、
阿佐谷北のバラの咲くお宅のこと。
住んでらした方が退去してしまって、取り壊しの危機に瀕して
いるので、保存運動しているという話。
私がこのお宅を知ったのは、アニメ監督
といっても宮崎駿監督じゃなくて
杉並在住の大地丙太郎監督のwebページだった。
大地監督も偶然このお宅と遭遇して魅了され、
後になって宮崎監督が本で紹介してたのを知って、
しかも宮崎監督はお宅の中まで取材させてもらってるのを
うらやましがっていたけど、
私のような、歩いて現場に行けるご近所としては、
ときどき行ってそっと見守る
大地監督にすごい共感してたわけだ。

大地監督webにはふつうに人様の住んでいるお宅だから、
具体的な場所は書いていなかったが、私は写真を見て、
(新聞記事にあった)赤というよりもオレンジ色の屋根を目印にして、
Google衛星写真で場所を特定。
最初はなにげなく通行人として通りすぎて存在を確認。
生け垣のバラがきれいに咲いているときには、
家の中が写らないように気をつけながら写真も撮った。

それが何だろう、宮崎駿の本で紹介されていたから
文化遺産として大切にしたいって?
住民の方が退去されて、取り壊しの危機に瀕しているから
保存運動をしているって、ある日突然新聞に載せるのね。
宮崎監督お気に入りだから。

宮崎監督といえば、通勤途中の電車から(たぶん)見える
柳瀬川岸の「淵の森」の保存活動の場合、
ご自身で中心的に活動してるから納得できるけど、
今回のお宅についての一連の出来事は、
(ここ10年ちょっとだけど)地元住人としては
宮崎駿がいいって言ってんだから保護しよう
っての強調しすぎで、違和感ありまくり。
もちろん、私も取り壊さずに保存してもらったほうがいいと思う。
でもなー、これ以外の今まで私が気に入ってた近所の建物、
どんどん解体されてるし。
なんでここだけ?

いっそのこと宮崎監督に、
阿佐ヶ谷住宅も「トトロのなんとか」ってつけてもらって、
紹介してもらえればいいのに、なんてひねくれたことを
思ってしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/07

台風行った

どうやら台風は私の居住および通勤区域を通過したようだ。
でも空は曇っていて台風一過とはいかないが。
「台風一過」と聞くと勘違いとわかっていてもつい「一家」
が頭に浮かぶ。どんな「一家」かつい想像してしまう。
と同時に、
Windows2000ファミリ
という言葉を目にしたときに、
どんなファミリなのかつい想像してしまうことを思い出す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/06

やぁ2ヶ月ぶり

6月後半あたりに財布からするっと抜け落ちて
行方不明だった保険証とキャッシュカードが出てきた。
部屋の荷物が積み重なってるところの下のほうの層にいた。
なぜこんな下のほうに。
キャッシュカードのほうは、ないと即生活に支障が出るから
再発行しちゃったけど、
保険証はそれほど頻繁に使わないし、まあそのうち所属会社に
再発行お願いしようと思いつつ、9月の今まで報告もせずにいた。
家の中にある確率が高いし、なんか再発行したとたんに、
ひょろっとその辺から出てきそうな気がしていたんだよねー。
ああ再発行頼まなくてよかった。
この間、病院で診察受けることもなく過ごせたのはいいことだ。
いや実は歯医者で3ヶ月ごとのクリーニングと、そのとき見つかった
虫歯の治療をしたんだけど、
「保険証紛失しちゃったけど前回診療時とかわってないから」
と説明したらおっけーだったよ。

まあしかし、家の中に地層は作っちゃいかんだろう自分。
前エントリに書いた、以前使っていたヘッドフォンたちを「発掘」したのもこの地層からだし。
もう使えないと思ったのに、捨てずにおいといたからこそ復活したんだから、
ケガの功名といえなくもないが、とっておくんだったらちゃんとしまっとけ。
自己批判中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/05

断線じゃなかったのか

先日、へんなノイズの原因は再生装置(と音源そのもの)のほうにあるとわかって、
あらためて、ノイズの出にくいプレーヤー(MZ-RH1)に
発掘した歴代のヘッドフォンをつないで聞いてみたら、
実はオーディオテクニカのATH-AD700も全然断線してなかった。
断線してなくても、やっぱり音質というか音が分離してないのが
好みじゃないんだけど。
外用の耳入れ型オープンエア(カナル型は苦手)ヘッドフォン
もなんか次々発掘されたのでひととおり試してみた。
ゼンハイザーMX500が断線したと思って買い替えた
MX51も、買った早々断線?と思ったのがすべて勘違いだった。
MX51どころかMX500も全然断線してないじゃん。
そしてMZ-RH1に付属していたソニーのやつは、
MX550に比べると音がもっさりしていて私にはいまいちだ
ということもわかった。
もう使えないと思っていたヘッドフォンたちがいきなり甦った
というか勘違いで別に壊れてなかったのである。
もう新品が売ってない名品(値段のわりに音がいいという意味で)
MX550が復活したのは嬉しい。
しかし、耳は左右1こずつしかついてないし、
結局、室内用と外用に気に入った音のやつがひとつずつあればいいんだよなー。
ATH-AD700は、お正月に買った実家のミニコンポ用にもっていくつもり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/04

停電明け

8月最後の週末は、計画停電の後不具合が発生。
翌々日、その後始末(現場で手動でやらないといけない作業)に
さいはてから都内某所へ移動。
今週も別の某所で計画停電があってもっと(?)致命的な不具合が発生。
ほぼ勤務時間いっぱい使って調べて、なんとなく原因がわかったので
帰っていい時間近くになってから、別の某所に移動。
現地に行って作業したらあっさり解決しましたとも。
アドバイスしてくれたり、問い合わせの電話に対応してくれたり、
まわりの人はなんかひーひー言いつつ協力してくれたけど、
基本的に自分ひとりで解決した。
しかし、先週も今週も、別に自分の不始末が原因ではないので、
なんで後始末は私ばっかりやることになるのか、納得いかない。
問い合わせ電話が次々かかってくるのに軽く悲鳴をあげていた
人たちは、先週の金曜日は揃ってお休み
それどころか、先週一度もさいはての地に来なかった人もいるから、
私が先週も後始末に都内まで飛ばされていたことを知らないだろう。
ちょっと前にも書いたけど、なんでたくさん休める人のフォローを
休めない私がやるんだよー!
あといくら他にあいてる日がないつっても、停電の直後に休むなよー!
先週は用事があって私も1日休んだけど、お盆休みを除いて、
8月の平日に休んだのその1日だけ。
私からしたら、何日も休んでいる人は、出勤してきた日には
問い合わせの電話くらい精力的に取ってくれてもばちはあたんないと
思うんだけど。

「停電準備どうしましょうかね」なんて相談する暇もなく立て続けに不在だったりするし。
休んでて不在な人と打ち合わせしたりするのはそもそも不可能だし。
正直言って今私は、この不具合はすべて、休む人たちのせいだと思っている。
むやみに休むから出てくると忙しいんだし、
忙しいからといって事前準備はほとんどしないし、打ち合わせもしないし、
私みたいな休まないで事前に作業できる人に指示も出さない。
何かあったら「誰かがなんとかしてくれるだろう」と人まかせ。
その誰かを私に期待されてもなぁ。
さすがに愛想つきてきた。

こういう赤裸々な記述は読む人を限定できるmixiとかに書くのが向いてる
ような気もするが、mixiにつきまとう内輪感がどうも好きになれないので
あえてここで書いてみる。文句あるならいつでも来いって感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/03

再生装置の性能を知る

ヘッドフォンを買ったので喜々として
いろんなCDを聴いていたが、CDプレーヤーは何年も前に買った
CDウォークマンだった。自分ではアンプとか持ってないし。
すると一部のCDで、ボーカルが声張ってるとことか
オーケストラが盛り上がるとこととかで、
レコードの雑音みたいなザリザリとかパチパチという音が
聴こえることに気づいた。
ヘッドフォンのせいかと思って外用の耳入れタイプのやつで
聴いてみたが同じ。
安いCDウォークマンで聴いてるせいだろうなーと思って、
相方のちゃんとしたオーディオ
(ユニバーサルプレーヤー+AVアンプ+スピーカー)
で同じCDをかけてもらったら、案の定ザリザリもパチパチも聴こえない。
なぜに?と問うと
「CDだから、ディザが入ってるのをうまく再生できないんだよ」
何すかそれ?
24ビットとか32ビットで録音したものをCDの16ビットにするときに発生する
音の歪みを補正するためにディザリングという処理をしているのだが、
しょぼい再生装置だとそれが雑音に聞こえたりするとのこと。

ポータブルでもHi-MDウォークマンなら大丈夫かも、と思いつく。
値段が高い分、Hi-MDウォークマンの内蔵アンプは割といいやつなのだ。
CDの音源をパソコンにそのまま取り込んでHi-MDに転送。
まず、初めて買ったHi-MDウォークマンMZ-RH10で再生。
だめだ、CDウォークマンよりはましだけど、まだザリザリパチパチ。
次に同じMDのディスクを、今年買ったMZ-RH1で再生。
おお!ザリザリもパチパチも聴こえない!
MDに転送したのもWAVファイルなので、CDと同じソースである。
確かに、MZ-RH1はポータブルとしては音がいいと評判だったのだが、
なるほどこういうことかと納得した次第。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »