« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007/06/27

さいはての契約社員 8

いうてもせんないことやけど
イタさ満載小ネタ集。

<会社編>

所属会社が東証一部上場になるのを
オフィシャルホームページを見て初めて知った

せめて所属部署で自己紹介くらい、とアポとって
会社を訪問したのだが所属部署に人はいなかった

その日会社で会って話をした人合計5人
うち4人は人事と営業
残り一人は偶然出張から戻っていた上司と初対面
契約社員になって8ヵ月後のある日の出来事

社員証・名刺類なし
会社との関係を証明できそうなのは保険証のみ
その保険証をこないだ紛失

<常駐先編>

落雷による停電があった日ある人が残した記録
「停電で小物サーバは落ちたが大事なサーバは大丈夫」
落ちたのの大半は私が構築したサーバだった

ああ、最後におとせるネタがない。
こんなとこでもトホホかよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/25

いちおう奥さん

いつも見ている「女子リベ」の安原さんの書いた記事があるというので、
「おはよう奥さん」7月号(学研)を買って読んだ。
もうだいぶたってしまった。

書店で手に取ったとき、まず
ああ私みたいな見るからに主婦(妊婦にも見える)が手にとって、
最も違和感ない雑誌だなー買うのはじめてだけど。
と、なんとなく自意識過剰に。
ふだんその書店では、青年マンガ誌くらいしか買ってないから。

会計を済ませて家に帰るとき、いつもの書店帰りより袋が重い。
そうだよ、別冊ふろくつきだよ。重いよ。値段はそれなり(540円)なので、
重量でもお得感を出してるの?などと考えつつ帰宅。
「おは奥」の読者層とか内容について予備知識はあったので、
さっそく目当ての記事「『危ないニュース!』のウソ★ホント」
を読む。

以下感想(順不同)。

えー、ダイオキシン発生を恐れて、どんど焼きとかも
やめちゃってるの?それはさみしいなーと素朴に思ってみたり。
だいぶ前にすでにどこかで
「だいたい何燃やしてもダイオキシン出るし」
と教えられていたので、とっくの昔にそんな心配は解消されてるかと
思っていたよ。

ゲームに関する項目も然り。
実は私が今常駐しているとこは、「ゲーム脳」の先生と若干関係が
あるところなのだが、
私の華麗なる(ウソ)転職履歴の中には、ゲームソフト作ったり
ゲーム雑誌出したりしていた会社もあるので、
ゲーム脳?んなあほな。
とつっこんでいたなあ。
はっきり言って今常駐してるとこよりも、そのゲーム関係職場のほうが、
よほどインテリな人が多かったよ。
でも、相方がTVゲームやってる最中は「こっち見ない」「話聞いてない」
状態で私をイライラさせるので、子どもにゲームをやってほしくない
とか「時間決めてやれ!」と言う親の気持はわかる(笑)。

「治安の悪化」「凶悪犯罪の増加(特に少年によるもの)」の不安なんてのも、
悪趣味なうちの相方が、
「戦前とか昭和30年代とかでも、こーんなひどい事件起きてるんだけどねー」と
いろいろ具体的な事件を(データじゃないのでなんだけど)
教えてくれていたので、私自身は「昔とかわらないねー」と思っていた。

全体通しても、この特集はわかりやすいし、よくまとまっていると思った
(えらそうだな自分)けれど、モノクロページで字がみっしり書いてあって、
はたしてきちんと読んでもらえるだろうか?と、最初思った。
やっぱりカラーページのほうが見やすいし、私も予備知識がなければ、
カラーページのほうについ目がいくし。
まあ確かに内容としてはカラーは必要ないけれども。

しかし、よく見たらそのカラーページにも、みっしりと情報満載な
レイアウトなんだなー「おは奥」って。
以前の職場の同じフロアで作っていたパソコン雑誌のレイアウトとも、
後述するナチュラルスロー系雑誌のレイアウトとも、
身内が編集やってた育児雑誌のとも違う独特な感じ。

「おは奥」はメインが家計や家事の合理化、というかずばり言うと「節約」なので
1円以下のコスト計算にこだわる主婦のみなさんに買ってもらうには、
値段の元がとれるどころか、お得感が出るほど誌面に情報入れないと
いけないんだろうなー、と勝手に想像。重量も重かったし。

じゃあやっぱり、直接「お得」と結び付かないような記事は読んでもらえないんじゃ?
と余計な(しかも失礼な)心配をしてしまった。
でも、別記事で
ゴキブリの卵がついた食品を食べてしまった人の胃の中で
ゴキブリが羽化してしまった!?

という都市(?)伝説に対し
食べてしまっても胃酸で溶けてしまいます
キチンと回答してるのを見て思い直した。
ああそうか、この調子で正しい知識(認識)を載せていけば、
読者は「かしこい生活のための正しい知識」として受け止めてくれるかも、と。

逆に私がよく買っている、ナチュラルでスローな生活狙いの
「天然生活」なんかでは、こういう内容は載せにくいんじゃないだろうか。
あの雑誌の目指すところは、ムダなものを捨てた持ちすぎない生活だったり、
効率よくなくてもナチュラルな生活(ひらたく言うと豊かな専業主婦向け?)だったり
するので、下手な客観性や合理性はかえって嫌われそうな気がする。偏見?
でも私がよく買ってるのは「天然生活」であるというのも現実。

そんな私も、「おは奥」に出て来た奥さんたちのマメさや節約や貯蓄ぶりを
見てたら
なんか私、贅沢して怠惰ですいません。
という反省の気持でいっぱいになりました。
私もいちおう奥さんだもんね。見習わないと。
いや、おっさんにも見習ってほしいけど。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/06/22

グリル三昧

Img_0505


吉祥寺のお店で取り寄せたグリル・ロンドの青がデビュー。

給料日前なんだけどなけなしの金をはたいて、
西友でいろいろ買い込んでしまったよ。
なすとエリンギとホタテと、ラム肉ロースと
オージービーフのステーキを焼いて食した。
ステーキもラム肉もやわらかくおいしく焼けたなー。
しましまにつく焦げ目がまたおいしそうなんだよねー。

肉を相当食べたので、翌朝恐る恐る体重計に乗ったら、
意外なことに体重が数百グラム減少していた。

確かに主食系のごはんや麺は食べなかったけど、グリル三昧の後、
賞味期限が当日の「よもぎ入り甘食」(半額になってたので購入)を
モリモリ食べたのに、なぜ?
グリルの波波で油が落ちるってもそれほどじゃないぞ。
羊肉のカルニチンで脂肪が燃焼したのか?

まあ現実は、グリル三昧の前の食事の量が少なかったってことだろう。
朝→ぷっちん風プリン1個(←本物のプッチンプリンじゃない)
昼→カップヌードルに乾燥ほうれん草をぶちこんだものと野菜ジュース
おやつ→メロン16分の1(常駐先へのおみやげ。大玉2個分を家で切って持っていった)

確かに少ないわ。まあ歯が痛いしねー。
日曜日にお店で受け取ってたグリル・ロンドを木曜日まで使わなかったのも、
歯痛で肉を充分味わえなさそうだったからだった。
相変わらず歯は痛いが、反対側で噛めばお肉もばっちり味わえることが
わかってしまった。危険かも。

ところで、私は今までなぜかずーっと「ル・クルーゼ」を「ル・クレーゼ」と
表記していたよ。
最初にココット・ロンドオレンジ20センチを9800円で買ったときからだから、
かれこれ3年以上
自分の中では「ル・クルーゼ」という文字列を見ても勝手に脳内で変換
してたのね。
なんだかもう自分自身が信じられなくなったよ……
でも、過去の誤記は修正しないで、羞恥プレイ兼放置プレイでいく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/21

さいはての契約社員 7

自分の健康は自分で守る

まだ偽装請負だった去年の1月に、近所の医院で
区民検診を受けた。
去年の4月から一応契約社員になり、会社の健保に入れたので、
健康診断の案内は来るもんだと思い込んでいたが、
1年間まるで来なかった。
今年春の契約更新時のメールのやり取りの中できいてみたら、
組合提携の医療機関で検診受けたら補助が出ます、とのこと。
詳細は健保組合のwebページ参照ってことで。
どうせ受けるなら多少体重落としてから(おい)と思ってしばらく
放置していたのだが、さっきそのwebページをのぞいてみた。
体重は全然落ちてないんだけど。
えっとー、提携医療機関で検診受けて、一般検診で1500円とか
自己負担あるのね?
で、一般検診の検査項目見てみたら
…………無料の区民検診のほうが項目多いじゃん。
しかも提携医療機関て近所にないし。
中央線で3駅くらいのところに直営の検診センターあるけど、
そこじゃ一般検診してないような感じ。
区民検診受けようかなあ。
近所のお医者さんなら土曜日にいけるし。
それとも有給休暇とって1日人間ドックやろうかなあ。
これなら割安だし。
しかし、正社員もこういうシステムだとしたら、健康管理とかできないよなー。
正社員には集団検診とかあるのだろうか。
でも正社員の人に「集団検診ないんですか?」と聞いてない。
「ある」って答えだったら、私は絶対泣くと思うから。
全然違う会社でもちろん健康保険組合も違う相方(40代)は、
一応会社からお知らせが来て、人間ドックをおそらく無料で受けているようだ。
超音波で肝臓が白く見えたから脂肪肝だって言われたそうだ。

まあ、直営検診センターは割と近いし、人間ドックとか婦人科検診とかは
比較的安く受けられそうだから、こっちは積極的に活用しようっと。
来年この健保に入ってるかどうかもわかんないしねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/19

日々最適化

注:人生の話とかではない

Thunderbirdを1.5.いくつかから2にあげた際、
フォルダの最適化をしようとしたら、
大きすぎてディスクの空き容量が足りず、
最適化できなくなっていたフォルダがあった。
その後そのフォルダのおかげでCドライブがいっぱいになって、
いろいろアプリケーションをアンインストールしたりしたが、
空きができたらその分Thunderbirdが使ってしまう勢い。

メールのたまっているフォルダを調べた結果、
Thunderbirdを一旦終了し、
C:\Documents and Settings\アカウント名\Application Data\Thunderbird\Profiles\なんとか.default\Mail\メールサーバ名\Inbox.sbd\フォルダ名
(途中適当に書いてるので推測してください)
というファイルを削除すれば、巨大化したフォルダをまるごと
消せることが(やってみて)わかった。
もちろん、まるごと削除する前に、そのフォルダから
必要なメールをよそに移動しておかないといけないが。

私あての重要なメールは皆無なのだが
サーバから自動で送られて来るメールが毎日数百あるので、
フィルタ書いてフォルダに振り分けてもあっというまに
何千通もたまってしまう。
古いメールを自動で消す方法はないもんかと探していてやっと見つけた。
受信メールのフォルダのプロパティの「保管ポリシー」タブ。
ここで、フォルダ内のメールを自動削除する設定ができる。
フォルダに振り分けたメールの内容によって、
10日とか90日とかたったメールは削除するように設定した。
これで、全部で5万通とかにはならないはず。
ただし単純に削除するだけでは、フォルダのサイズは小さくならないので、
毎日「フォルダの最適化」を行ってフォルダの巨大化を防がないといけない。
たぶん、たくさんメールが入ってきてたくさん消すフォルダほど
巨大化しやすいと思うので、油断はできない。
一日一回は必ず最適化するようにしている。
モノをためこんで収拾がつかなくなってからあわてるって
私のいつものパターンだよなーとほほ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/14

さいはての契約社員 6

年金問題

私の年金履歴、けっこう大変よー。
何度も何度も職場をかわり、しかもブランク期間もあるため
国民年金と厚生年金をいったりきたりしまくりである。
働いているのに国民年金、てときも(つい最近まで)あったし。
まず学生時代に年金保険料納入が義務化されたので国民年金に入って、
新卒で会社に入社したら勝手に別の年金手帳を作られてしまい、
だいぶ後になってから統合。
今の客先に来るようになって5年目なのだが、始め3年は
個人事業主というか偽装請負だったから国民年金で、
去年の4月からは厚生年金。
そんなこんなで学生→社会人のときのも含めると、
11回も国民年金と厚生年金をいったりきたりしている。
しかも厚生年金の組織は当然いっしょのとこじゃないし。

こんな履歴の私だから身にしみて思うのは、
有期雇用の厚生年金っってすごくめんどくさい!
派遣社員なんて、契約は3ヵ月更新で、
最初は断れても、1回更新があるともう強制的に厚生年金払えとか
言われるみたい。
私は5ヶ月しかやらなかった派遣の仕事で最初から天引きされた。
次契約更新できるかもわかんないのに迷惑だよなー。
半年だけ国民年金オンリーよりも高い掛け金かけて、
あとでどれくらいお得になるのだろう。

これもずっと同じ年金を払い続けているまっとうなサラリーマンには
実感のない話だとは思うけどねー。

こまぎれで大変な年金履歴だが、一応お金がなくて滞納してた分とかも
無効になる期限ぎりぎりで納めて、抜けはないはず。
でもやはり不安なので照会はしてみたい。
会社が払ってくれてるはずの厚生年金の分だって抜けてることも
あるらしいからな。
照会したいのは山々なのだが、
年金手帳を会社に人質(笑)にとられているので基礎年金番号がわからない。
会社に問い合わせれば教えてくれるんだろうけど、
できることなら返してほしいよ年金手帳。
今までは手続き終ったら返してくれた会社もあったんで、
会社が預るものでもないと思うし。
十数年間、社会の荒波を一緒にくぐってきた仲間である年金手帳と
生き別れになっているのはなんだかさみしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/06

小豆を煮る

先月、新宿京王の富沢商店で買った大納言小豆を煮た。
あんこも好きだが、それ以上にゆであずきが好きなので。

幼児期、親が働いている間預ってもらってたおばちゃんが、
主婦仲間と定期的(?)に開いていた「お茶講」の
定番メニューだったように思う。
まあ「お茶講」といってもただの「お茶会」だったような
気がするが。
ちょっと深めの大皿に、ほとんどつぶあん状態にまで
煮つめられたあずきが山盛りになっていて、
それをスプーンでとりわけていただいた。
私の家でそのお茶講に参加したことがあるのは
もちろん私だけなので、私以外の実家の家族は知らない
食文化である。
同様の食文化ギャップとして「たらこの生食」がある。
昔は関東ではたらこと言ったら焼いて食べるものだった。
千葉生まれ岡山県育ちで、製鉄所関係者だったため、岡山なのに
近隣住民がみんな千葉から来た人だったという相方が言うんだから
間違いないだろう。(千葉=焼き、岡山=生食)
しかし大阪出身のおばちゃんの家では、私が幼いころから
たらこは生で食していた。
たまに食べさせてもらうことがあったが、
当時の私はだんぜん生たらこ派で、
なぜウチでは焼いてしまうのだ!と腹立たしく思っていたものだ。

それはともかく、お茶講体験のおかげで、
私にとってのゆであずきとは、餅や団子の味付けだけではなく
単体でも食べるものという認識があった。
しかし缶詰のゆであずきは、保存のためか砂糖が大量に
入っていて、単体で食べるには甘すぎる。
というわけでときどき自宅で煮るのである。
真新しいル・クレーゼだと鍋の内側が着色してしまいそう
だったので、内側にだいぶ年季が入ってきた初代オレンジの
ココット・ロンドで煮た。
砂糖は小豆300グラムに対して上白糖カップ1(約110グラム)。
砂糖が一般的なあずきを煮る分量よりだいぶ少ないが、
単体で食べるんだからこれくらいでよし。
皮がやぶれてつぶあん状になったほうが好きなので、
水はたっぷりめで2時間くらい煮る。

で、煮あがったら小どんぶり1杯によそって食べる。
3回くらいに分けて食べるから1回小豆100グラムくらい?
おやつというより食事がわり。ああなんて贅沢。

同時に買った北海道産大納言と、能登産大納言(特大)を煮て、
大変おいしく食した後しばらくして、
2年くらい前にたぶん西友で買った古い小豆(大納言ではない)を発見。
賞味期限は切れてたが、見たところ大丈夫そうなので
煮てみた。
直前に贅沢して大納言小豆を連続で煮てたので、ふつうの小豆は
ものすごく小粒に見えた。
古い豆だからひと晩水につけて、しっかりゆでこぼしもした。
それでも、煮てみるとなんか色が真っ黒。
蓋してとろ火でしばらく煮た後、蓋あけて様子を見たら、
水面よりちょっと上のほうの鍋の内側に黒い線がついてるよ。
これはアク?アクたよね?
まあでもアクはとればいいし。
と、あやしげな真っ黒い部分を取り除き、やわらかく煮えた
ところで砂糖を入れ、味をしませてから食べてみた。
おいしいんだけど、なんか皮が多い。
大納言を煮たものと比べると、「豆感」よりも「皮感」が強いというか。
昔、菓子作りの本で見たこしあんの作り方の解説の中に、
「大納言小豆は値段は高いが、粒が大きいため、通常の小豆と
比較すると同量の豆から多くのあんがとれる(からコスト的には
そんなに悪くない)」

って書いてあったのはこういうことか。
逆に言うと、粒が小さいと皮の分量が多いわけだ。
ゆであずきの場合は皮も食べるし、皮が多ければ食物繊維が
いっぱいとれそうだし、これはこれでアリだけど。
皮が多いからアクも多いのだろうか。
小豆は冷えやむくみにいいというが、そのいい成分らしい
「サポニン」はやっぱ皮のほうに多いのだろうか。
なんかいろいろ調べたくなってきた。
そしてそのうち近所の乾物屋でまた違う小豆を買って来て
煮てみたりすると思う。ややマニア。小豆の。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/05

5月最後の週末

私がル・クレーゼコレクションを増やした週末、
相方は土日とも仕事で朝早くから出勤。
神奈川県の奥のほうにある自社の工場(?)に行ってるらしい。
ふだんは自分の洗濯物は各自で洗うのだが、
その日は相方のぶんも私が洗濯。
すすいでもすすいでもすすいでも濁っている……
相方は洗濯を液体石けん+水道水オンリーでやっているので、
洗濯機の標準のすすぎ2回だとすすぎきれないみたい。
それがどんどんどんどん蓄積してるんだなぁ。
日曜日も天気がよかったので、相方使用のパッドシーツや
パジャマを回収して洗濯。
そして、、何色なんだかよくわからない枕カバー……
他のものと一緒に洗えないので、
電動洗濯バケツに単独で入れて、軟水のお湯で洗剤なしの予洗い。
水がまっ茶色……。
たばこのヤニもあるのかなー。
もう一度予洗いしてから、
軟水のお湯+粉せっけん+酸素系漂白剤の強力コンビでぐるぐる回した。
案の定、ものすごい茶色になる洗い液。
予洗いで水溶性の汚れをだいぶ落したはずなのにこれだもん。
布ってこんなに大量のいろんな成分を付着させることができるんだなー
と妙な感心をしてしまった。
さすがに、すっかりきれいにはならなかったが、
もとの色が薄いグリーンだってことがわかるくらいにはなった。
本人は洗濯しないでこのまま捨てるつもりだったのかもなぁ。

ちなみにその日曜日の朝、なにやら相方あてに宅配が届いた。
品名に「ケーブル」って書いてあった。
もしかしてずーっと待っていた絹巻きのアレだろうか。
しかし、その日の夜、本人はついに帰って来なかった。
タイミング悪い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »