« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007/03/27

すきまにも

Violet

春分の日にお墓参りに行ったとき、実家もよりの駅前で見つけた
小さい小さいスミレ。
わかりにくいけど、右側の小石に見えるのは歩道のアスファルト。

実家の庭はプチ花盛りって状態だった。

Pink

Purple

| | コメント (0)

2007/03/26

へくったときはネタにしろ

仕事で某インターネット生中継動画を見ていた。
でも、アクセスが集中したせいか、コマ落ちどころか
ときどき静止画が差しかわる紙芝居(←スライドショーともいう)状態。
何かに似てる、と思ったら某痔の薬のTVCMだった。
思わず、エライ人のアップの絵で止まったとき
実は私、痔なんです。内側の
とか一人で吹替えして遊んでしまった。
無論、動画としてなめらかに動かないと技術的にはヤバいんだけど、
ちゃんときれいな画面でなめらかに動いたところで、
つまらんもんはつまらん。
外には塗って、中には注入
あったまいー!
とか吹替えながら見た方がだんぜん楽しいよなー。
そもそも、仕事じゃなかったら絶対見ない内容だからねー。
もしどこかでこんなインターネット中継の不具合に出会ったら、
自分で吹替えしてみるのがおすすめ!

| | コメント (0)

2007/03/20

俺とりんごとちびふにゃと

アンチMS→Macってなんか変だよねー
というここで書いた話を相方にしていたら
「Macはウイルス大丈夫」というCMを見て、
昔からのMacユーザの人がむかついているのを
ブログで見た、と言っていた。
わかるわその気持ち。
私のコンピュータにおけるウイルスチェック初体験は
Macだったもん。漢字Talk7の時代だけど(笑)。
就職してしばらくはMacしか使ってなかったし。

当時、PCをLANにつなげるにはOS以外のあれこれや、
NICも買ってとりつけないといけなかったけど、
Macは比較的簡単にネットワークを使えた。
速度は激遅ながら、LocalTalk(プリンタポートにつなぐ)を使い、
MacTCP設定すれば、TCP/IPが使えたのだよ。
あ、ethernetとの接続になんか機材をかましてたけど。
それでNCSA Telnetとかを使ってSunのSS2とかにログイン
して作業してた。
端末にMacを使わなくなってからも、X端末(今見ないなー)
なんかを使っていてPCおよびMS製品を使うことはなかった。

ところが転職して次に入った会社はMSと因縁浅からぬところで、
今までさわったこともなかったPCとかWindows95(古っ)とか
いきなり使わされて、その後流れ流れて
笹塚とか調布のマイクロソフトに製品説明会みたいなのに
行ったりしたこともあったのだった。

Appleとも本社のお向かいで働いてたこともあって、
決して無縁ではなかったのだけど、
会社として見ると、どっちも外資系だし
そんなにかわらんなーという印象だった。
というかAppleのほうが社員が信者くさくて気持ち悪かった。
あくまで当時の印象だけど。
自社製品へのもっともだと思われる批判に対しても耳を貸さない
ところはどっちも似たようなもんだったし。
似たようなもんなのにMSは儲かっているので悪く言われ、
Appleは細々とマイナー路線でいってたせいか、それほど悪く
言われず、というか熱心なファンにマンセーされていただけ。

そして今でも「Macはウイルス大丈夫です」みたいな
自己批判のないあきれたCM(ラーメンズに罪はないが)
やってるんだから、
古くからのユーザーがむかつくのは必然ではなかろうか。
私が見たとこどっちもどっちだ、「マック」と「パソコン」。

| | コメント (0)

2007/03/17

低いのだ

年明けからこっち、体調は低空飛行。
病院に行くほどじゃないんだけど。

なかなかすっきり体調がよくならないのは
精神的に弱っているのが原因か。
確定申告の日、今まで血が出たことがないところで
血を見て、ちょっとびびった(痔じゃないぞ)。
よく調べたらたんなる傷でした。
とほほー
でもなんで傷ができたのか謎。
仕事休みでもなんかストレスがたまるー。

そういえば区民検診受けるのを忘れた。
会社の健康保険に入って11ヶ月になるが、
検診の案内はきてない。
会社にきかないとわからないのだが、
問い合わせするのが気分的にものすごくめんどくさい。
忘れられてたとかだったらすげー落ち込むから。

ちなみに、やけ食いとかしたわりには体重減り気味。
これだけはうれしい。

| | コメント (0)

2007/03/16

のみこむ公園

日曜の午後、天気がよくなったので、
シンクいっぱいの汚れた食器を放置したまま、外に出た。
今回は近場の善福寺川を下流方向に散歩。
近場といっても、阿佐ヶ谷駅前の自宅から、
杉並区大宮、郷土博物館の向こう側まで行ってきた。

家から南下して青梅街道を渡って阿佐ヶ谷住宅の中を抜けて
川岸に出て、ひたすら下る。
雨あがりなので、川が若干ドブ臭く、
駅前に住んでいるとなかなか見られない
「水たまり」とか「ぬかるみ」がたくさんできているのも楽しい。
歩いている間にもどんどん天候が回復。
和田堀野球場が工事中なことを知り、
工事のフェンスのまわりをぐるっとまわって、
郷土博物館の対岸あたりに出た。
わー、青空がまぶしい。
写真を取るとなんかペイントソフトで塗ったみたいだ。
芝生も芝以外の雑草が生えてきていてかなり緑。

Img_0346_3


そんな公園の一角の川岸に、民家が取り壊された跡が
フェンスに囲まれ、土台だけずっと残っている。
すぐ隣にまだ建物が1棟残っているけれど、
こちらも立ち入り禁止になっていて、そのうち取り壊しになるだろう。

Img_0347_3

予算がつけば、あっというまにここも公園になるんだろうなー。
と思いつつ振り向くと、対岸の斜面が造成中。
橋を渡って確認に行ったら、やっぱりそこも公園にしている途中だった。
この斜面から、川のむこうのさっきの住宅跡、さらに公園を経て、
その先の小学校まで、すでにすっかり見通せる。

そのまま、造成中の斜面の道をのぼると、数年前すでに公園になっている、
岬のように突き出した高台に着いた。
対岸の住宅が見えるだけなので特にいい景色ではないが、
見晴らしはとてもいい。
一番高いところに大きな松と椎の木が生えている。
そんな岬の突端部分から景色を眺めていたら、
真下の川沿いにあった住宅が、ここも1棟除いて全部
土台だけになっていた。
前に来たときはまだ家があったと思うんだけど。

Img_0358


さらに、その岬の部分の道をはさんだ隣の空き地も
以前あったフェンスが取り払われて公園ぽくなっている。

岬の根元側には住宅が数棟建っているが、
その家の向こうはさきほどの造成中の公園用地だ。
そういえば、今自分が立っているこの岬の部分も、
以前はびっちり住宅が建ってたみたいで、
半分取り壊されて廃墟になってたときに通りがかったことあったなあ。

このあたりでは、住宅が公園に次々と飲みこまれている。
ここだけでなく、公園の上流側(荻窪のほう)でも、
最初、住宅の中に飛び地の公園ができたと思ったら、
いつのまにか住宅の方が公園に囲まれている、
ということがけっこうある。
たまにしか通りがからない私にとって、
前見たときにはちゃんと建ってた家が、今日はもう基礎の
部分だけになってしまっているのは結構衝撃的だ。

見晴らしのよい広大な公園、それはせいせいとして気持いいだろうなー。
でも、そこに以前あった住宅が取り壊されて、
それぞれの家で営まれていた人の生活の痕跡がまったく
残らないのかと思うと、複雑な気分。

| | コメント (0)

2007/03/15

確定申告終了っ

わざわざ仕事を休んで確定申告の書類を家で書いてから
税務署に持っていこうと思ったわけだが……
朝起きたら微熱があって頭が痛くて身体が動かない。
解熱鎮痛剤を飲んで昼ごろ復活。
記入と計算が残っていた収支計算書(経費とかの内訳を書くやつ)
に、去年まで計上していたVAIOの減価償却を書こうとして、
去年の同じ書類を探したら、見つからない!
めんどくさくなって、どうせ3ヵ月分なので、
旅費交通費(自腹だった通勤定期代とか)と
領収書の残っていた消耗品費だけ入れてそのまま計算。
別に今話題の経費の水増しじゃなくて、
逆に経費にできるものを計上しないで税金多めに払うんだから、
税務署も文句は言うまい。
光熱水費とかゼロっすよ。
それでも、
会社にお願いして昨年の年末調整をしないでもらって、
源泉徴収でけっこう払ってたので、
予定していた範囲の額で済んだ。
それにしても、給与所得控除ってすごいな。
控除後の所得は控除前の収入の3分の2くらい。
さらにそこから社会保険料の分とか基礎控除とかがひかれて
ようやく課税対象所得だもんね。
サラリーマンって何もしなくてもこんなに控除されてんのね。
楽でいいなー。
ずっと給与所得だけのサラリーマン(正式な「派遣社員」含む)
には当り前のことで、実感わかないかもしれないけど。
確定申告必須だった私や姉(フリー編集者)はたびたび
「サラリーマンは楽でいいよねー会社が全部やってくれて」
とこぼしていたものだ。
私も少なくとも今年の分だけは、確定申告しなくて
いいんだなー。
来年春以降は契約があるかどうかわかんないから不明だが。

作業を始めたのが昼すぎだったので、
計算して清書してコピーとったりしていたら、
もう夕方だった。当然税務署はしまっている。
でも私の行きつけ(違うぞ)の税務署には時間外書類受箱
というポストみたいなものがあるから、そこに入れよう。

とりあえず封筒を組み立てて(郵送用の封筒にできる
チラシが同封されてる)、控え返送用の封筒に住所書いて
切手貼って入れて、とやってたら、もう夜。
とりあえずごはんを食べた。
夜遅く、阿佐ヶ谷住宅のお向かいの税務署に投函。
郵送するよりこっちのほうが早いし送料かからないし。
その後、南阿佐ヶ谷の駅の上にある通好みの本屋と
コンビニに寄って帰った。

とりあえず、これでいったんさようなら、私の確定申告。

| | コメント (0)

2007/03/12

ほほえましいとでも

朝、中央線が止まってるくさかったので、
西武線の駅へ向かうバスに乗った。
ひとつめのバス停で小さい女の子とおかあさんの
二人づれが乗ってきた。
おかあさん、こどもに向かって
「ねぇ、なんかすいてるね!いつも込んでるのにね!」
と、妙にハイテンション。

親子は、私の座っていた席のすぐ前の二人がけ席に座った。
子供が絵本を開いて読み始めたら、
おかあさん、いきなりその本を音読しはじめた!
うるさい!
車内はすいてるとはいえ、すぐ後ろに私が座っている。
でもそんなのおかまいなしに絵本を読み続けるおかあさん。
ふだん忙しくてこどもに本を読んであげられないのかもしれない
けどさぁ、バスの中で読むのは非常識だよ。
いや、バスの中で読んであげてもいいけど、場所柄を考えて、
子供の耳元で小さい声で聞かせればいいのに、
声もけっこうハイテンションなおかあさんだったのだ。
あの、別に私には読み聞かせてくれなくて結構ですから
こどもの教育上(公共マナーとか)もよくないよ。
でも、こどものほうはいたって静かに絵本を読んでいたから、
もしかすると彼女自身は自分の親のハイテンションぶりに
困ってるのかもしれないけど。
わりと頻繁に乗るバス路線だから
こんど同じことがあったら丁重に、丁寧に注意しようっと。

| | コメント (0)

2007/03/09

カミサマありがとう

きのうこのような具合で、
セルフパソコンヘルプデスクをやったのだが、
今日出勤して朝一番にかかってきた電話で受けたトラブル対応において
まさに同じ対応調査手順(エラーメッセージでぐぐる)により解決することができた。
昨日は
「マイクロソフトのサポート情報って実は役にたつのね」
と思ったけど、それから半日もたたないうちに、
トラブル内容とか対応そのものは違うけど、
また同じ手順でトラブルが解決できたので、
「昨日のアレは、きっとカミサマが
『明日のトラブルはこうやって調べれば解決するよ』
と事前にリハーサルさせてくれたのね。
カミサマありがとう!」
と思った。
まぁ、Windowsのよくわかんないエラーなら、
まずマイクロソフトの情報をあたるのは当然なんだけど。
私はあんまりトラブル対応やったことがないので、
昨日やってなかったら今日すんなり対応できたか
どうか疑問。
カミサマほと強力じゃないとしても小人さんたちが
助けてくれたんだろう。ありがとう小人さんたち。

| | コメント (0)

2007/03/08

さいはての契約社員 4

たいしたネタではない。
積年の不満を前項で書いたとはいえ、
本件は結局、最後には労働強化項目が加えられて、「あとはよろしく」
になりそうな感じ(泣)。

あぁ、いつの日にかほんとにキレて、
「(自粛)」
とか叫んで、契約書を破いて丸めてハナかんで捨てたり
するかもしれないなー。
と思っていたら、コピー機の使い方をたずねてこられた
某管理職の方から、
「自分の仕事でないと言うなかれ」
という後藤田正晴氏の言葉を教えていただいた。
最初の話は両面→両面コピーのとりかただったんだけど、なぜか。

教えてくださった方の心意気とか、
後藤田先生のおっしゃりたいことはわかっているつもりだけど、
正直、これは正社員(もしくは公務員)向けの言葉だと思うな。
自分の仕事じゃないよなぁと思いながら、(←言ってない)
けっこういろんな仕事やってる私だからこそそう思う。
ものには限度というものがあります。
それから、ちゃんとした上司の命令だったら黙って従います。
でも私の上司はほんとうはこの職場にはいません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

えりごのみ

さっき新しい記事を書こうと思ったら、
めちゃくちゃなひらがなの羅列になってしまった。
かな入力になっちゃってる…
IMEパッドでかな入力をはずすと、
入力モードが直接入力に戻ってしまった。
入力モードをひらがなにすると、KANAキーロック状態に。
IMEパッドを右クリックして「設定」を開こうとしたら

shell32.dll,Control_Run.DLL c:\WINDOWS\system32\input.dllで例外が発生しました

というエラーが出る。
とりあえず、アルファベットはふつうに入力できるから、
"input.dll"でぐぐったら、現象はちょっとちがうけど、
マイクロソフトのサポート情報の中に、対処方法がのっていた。

http://support.microsoft.com/kb/887852/ja

レジストリエディタいじるのはこわいけど、この情報のとおり
やったら復旧した。
ありがとうマイクロソフト。

マイクロソフトの商品とか商売のしかたをきらう人は多いが、
私はその裏に、
とりあえずけなしときゃいいや
みたいな雰囲気を感じて反感を覚えるのだった。
どちらかというと、
今は知らないけど、昔は社員が信者みたいだった
AppleとかAdobeの製品を使うのがイヤ(笑)。
MSのやりかたがきらいだからWindowsを使いたくないから
Macを使っているとかいう人を見ると(実在する)、
ある会社の商売がいやだからって単に他社の商用OSを使うのは、
たたのえりごのみだよね。Linuxとか使えばいいじゃん
と思うし。

こんな私も昔は立派なMac使いだったんだけど、
ジョブスがどうしても好きになれないので、
自宅にMacを買おうという気にはどうしてもなれない。
私が持ってるMacは、彼がAppleを追い出されている間の
製品ばかりだ。えりごのみしてるのさっ。

| | コメント (0)

さいはての契約社員 3

契約更新について考える

3月は年度末だ。
1年契約の私にとっては契約更新の時期である。
客先常駐である私にかかわる契約は、
・会社と客の契約
・会社と私の契約
のふたつである。
会社と客との間の契約内容は、私がここに来るようになってから
基本的にかわっていない。金額とか時間とかは。
でも、かわっているというか、増えてるところはある。
業務内容である。
金額とか時間に変化がないのにこれだけ増えるのである。
今までは、いやだなー、単価下がるなーと思っていたけど、
営業から
お客さんにダメとはいえないから
といわれてしぶしぶ受け入れていた。
そしたら今年も
「ドキュメントの作成」業務を追加してこようとした。
それで営業の人が、
「こんな打診がありますがきいてます?」
と私に確認してくれた。
いえ、きいてないっす。

今までは、どうせだめだと思いながらもとりあえず「いやだ」と
意思表示してきたのだが、
今年からは
「金額とか定時とか、労働条件そのものがかわらないのに、
業務内容だけ増やすのは労働強化である」
とはっきり主張することにした。
今年からは私も会社に雇用されてる立派な労働者だしー。
個人事業主とは名ばかりの偽装請負じゃなくて。

実は、もともとドキュメントの作成、ときどきはやっていた。
でもはっきり「業務」に含められるのはごめんだ。
確かに現状はすんげー忙しいわけじゃないので、たとえ仕事が増えても
過労死することはないと思うんだけど、
仕事増やすならカネをくれ
ということを、あたりまえなのに言えないような雰囲気を
なんとか打破したいのだ。
今まで、他の条件を改善することなく業務内容だけを
ずんずん追加してきた客、人をなめるのもいいかげんにしろ
それって労働強化ですから。
たとえ日常忙しくないように見えたとしても、業務内容追加するなら
金額もあげていただかないと。
これを直接客に言ったら契約更新されないかも(笑)。
もちろん営業が客に言うわけないから、ここに書くのだ。

しかし、4年間金額はビタ一文上げてないはすなのに、
気軽に「これも追加してください」ていう態度がほんとムカつく。
しかも私の業務を追加しようとする人たちは、定時は1日7時間だし
残業すれば時間外手当も出るのだ。つまりヒラってことだけど。
私は週40時間労働(ごくふつう)で時間外働いてもなにも出ない。
客から会社に支払われる額が月額固定だからだ。
こんな環境で仕事内容ばっかり増やされちゃ、
私ひとりが損するだけだ。
客は「料金の発生しない追加注文」するだけでいいし、
会社は書類に文言を追加するだけでいい。
影響うけるのは私だけ。
でもこういう話が世間にはごろごろしてるんだよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/07

3回目の散歩にて

Img_0336_1


@練馬区立野町
西荻窪駅から徒歩30分。
吉祥寺駅からだったらもっと近いかも。
という場所にこういう景色があるんだなぁ。

| | コメント (0)

2007/03/05

ひよってる?

数日前、フジテレビで向井亜紀の代理母出産の話を
ドラマ化した番組が放映されていた。
チャンネルかえてるときに「あ、やってるな」って程度でほとんど
見なかったけど。
子宮がんで子供と子宮を失ったいきさつのドラマ化は再放送で
見たんだけど、どうも、向井亜紀の子供がほしい最初の理由
「彼の遺伝子を残したい」ってのに違和感を覚えた。
そんなに遺伝子大事なら、もし生まれた子が遺伝性の疾患とか
もってたときどうすんだ、と気になった。
それから、今も争ってる、代理母から生まれた子供が自分の実子として
戸籍を作れないってのも、今の法律制度じゃしょうがないじゃん。
そもそも、たかが戸籍、ろくに合理性もないあんな書類上で
実の親子じゃなくても、現実に親として育ててれば、
本当の親子なんだからいいとどうして思えないか。
私からすると、この人の遺伝子とか戸籍に対する
思い込みの深さというのは「妄執」にしか見えない。

が、一方で、そこまで思い込みが深くないと、
困難を乗り越えて子どもを得られないのかも、と思う。
私は代理母出産で子供を得ること自体が悪いとは
思っていないんだよね。
ただ自分では、代理母までいかなくても、不妊治療だって
きついものだと聞いてるし、不妊症だったとしても
そんな大変なことまでして子どもがほしいと思っていない。

しかし、実際不妊に悩む人の割合はけっこう高いというし、
その人たちがみんな、私みたいにあっさりと子供を
あきらめちゃったら、出生数減りまくりかもしれない、
それはちょっと困るかも、と思ったりして。
だから、理由はどうあれ子供のできにくい人が「子供がほしい」と
強く思うことを安易に否定する気もない。

遺伝子や戸籍にこだわるのはちょっとなーと思いつつ、
でもどうしても子供が欲しい!産みたい!って人には
がんばってほしいと思いつつ、
だからって産まない人を非難するのはおかどちがいと思う。
最もいやなのは「こうあるべき」という単一モデルの押し付け。
こういうのって、ひよってる?

| | コメント (0)

続うちの庭

正確に言うとうちが借りてる庭だけど。
あったかいせいか、こないだ芝といっしょに刈った
クローバーが復活しつつある。
掃きだし窓を開けると、お日さまのにおいというか、
よく乾いた洗濯物のにおいがした。

実は昨年、クローバーとともにわが縄張りの芝生で
芝の存在をおびやかしていたのは、
ヘビイチゴ
であった。
昨年春にはまだ庭のすみっこで黄色い花を咲かせ、
赤い実がなったところまではかわいらしく、
雑草とりのときもそのままにしておいたのだが、
夏ごろから地面を這うように茎をのばしてどんどん広がり、
ランナーというのか、伸びた先でまた地面に根っこを伸ばして
拡大を続けていった。

冬になって芝とともにあらかた枯れたのだが、
暖冬ゆえか一部緑のまま残っていて、
先日芝生を刈ったら日照がよくなってしまったらしく、
あちこちから芽吹いてきていた。
このままほっとくと、今年は去年の春の10倍くらいの面積が
ヘビイチゴで覆われてしまうかも……
出かける前にちょっと庭をのぞいただけのはずが、
結局庭に出て、30分以上もヘビイチゴをひっこぬいていた。
まだ最も密集しているところが残っているが、
200株くらい抜いたかなぁ。

そう、やな気分だったので、
ヘビイチゴを気に食わない奴に見立てて執念ぶかく抜いたのだよ。
見た目にヘビイチゴがなくなるまで撲滅作戦進行中だ。
どんなに必死に抜いたところで、絶対何本かは生えてくるだろう。
数本程度なら花や実を愛でることもできる。

クローバーはいいのになぜヘビイチゴばかりを目の敵に
と思うかもしれないが、奴ら湿っぽいところに生えてるから、
ナメクジがいっぱいたかるし、やつらが繁殖すると地表全体を
覆うので、芝が枯れちゃうのだ。
クローバーは共存してるのになー。
迷惑なやつのほうがはびこるのだ。とほほ。

| | コメント (0)

-15+1

うう、調子悪い。
仕事でおもしろくないことがあるわ、
会社の人にもなんか「がっかりだよ」って感じだわ、
家でもむかつくことが多く、
どこにいても何しててもストレスがたまるー

休日は、なぜか土曜日はたいてい熱が出て動けなくなるので、
最近は日曜日に3週連続同じところめざして散歩している。
はじめの2回は到着したころには日が暮れて、
真っ暗だったが、3回目はなんとかまだ明るいうちに到着。
2回目の途中で偶然、某バス折り返し所のターンテーブルを
発見したのだが、3回目に同じところを通りがかったら、
ちょうどバスがターンテーブルにのっかって回っている
ところだった。バスが回ってるのは初めて見たよ。
その日うれしかったのはそれくらい。
気分としてはマイナス15プラス1、合計マイナス14ってところ。
ああ、もう月曜日じゃないかー


| | コメント (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »