« 菌かえてみました | トップページ | 細く長く10年 »

2007/02/15

しょうがない

職場では2月14日の行事には参加しなかった私。
一応、連休の間に材料を買って、チョコレートを作ってみた。
できがよければ職場にもっていってみんなで食べようと思ったのだが、
見てくれがあまりよくなかったのでやめたのよー。
最後、ナイフで切りわけたら砕けちゃって。

作ったのはいうなれば「生姜チョコ」。
いわゆる生チョコに生姜のすりおろしを入れている。
切れ端あたりを自分で食べてみたら、すーっとして口どけがよく、
けっこうおいしい。材料はいいもん使ってるし(下記参照)。

表面にココアをふりかけて、見てくれをちょっとごまかしてから
相方に食べてもらったら、いきなりお茶をがぼがぼ飲み始めた。
曰く
口に入れたとたん強烈なしょうが味がして、後味はどこまでも苦い」と。
苦いのはあとからふりかけたココアのせいかと思い、
自分でも食べてみたが、甘くてすーっとして、
ココアもほろ苦い程度でおいしいぞ。
しょうが味をあまり感じないのは、私が今風邪ひいてて
鼻水出まくりだからかなあ。
ま、人によってはこれくらい激しい反応があるんだから、
うっかり職場に持って行かなくてよかったよ。

しかし、材料のチョコレートには、
作り方が掲載されてた雑誌で使っていた
「ヴァローナ カラク」(カカオ56パーセント)を探して、
富沢で売ってたので買ってきたから、間違いはないはず。
もちろん作り方通りに作ったし。
混ぜそこなって生姜が固まってたのか?

材料はまだ余っているので、相方にはまたこんど
生姜なしの生チョコを作ってあげる約束をした。

ちなみに、私はチョコレートには全然詳しくなくて、
材料を買いに行く前は
「ヴァローナ?カラク?なんじゃそりゃ」
てな感じだったが、お店でのラインナップを見て、
ヴァローナ社製のカラクという種類のスイートチョコだとわかった。
製菓用チョコとしてはけっこう有名みたい。お値段もそれなり。
たぶんそのまま食べてもおいしいと思う。
製菓の世界はまだまだ知らないことだらけだなー。

|

« 菌かえてみました | トップページ | 細く長く10年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 菌かえてみました | トップページ | 細く長く10年 »