« 日曜日 | トップページ | しょうがない »

2007/02/15

菌かえてみました

行方不明になった羽根をとりよせて復活したうちの象印ホームベーカリーで
白神こだま酵母ドライ
を使ってパン焼いてみた。
この酵母、だいぶ以前に買ってあったんだけど一度も使ってなかった。
買った時いっしょに専用レシピの本なども購入してたので、
その本に載ってたホームベーカリー用のレシピで作ってみた。

粉(国産) 280グラム
砂糖 15グラム
塩 4グラム
バター 15グラム
水 150グラム
酵母 6グラム
酵母をとかす温水 18グラム

だいたいこんな感じ。
粉がホームベーカリー用の標準レシピとあまりかわらない分量なので
全部この本のレシピどおりにした。
粉は国産って書いてあったので家にあった「はるゆたか」を使用。
標準レシピと一番分量が異なるのは水で、標準より40グラムくらい
少ないのだが、粉も10グラム少ないし、国産小麦粉は水分が多くて
グルテンが少ないのでこんなもんでいいのかな。
温水で酵母をといてから、ホシノの種のように水に溶かして、
粉入れて、残りの材料も入れてスイッチオン。
たまに心配なときはコネまで終ったところでいったん切って、
またコネをやりなおすんだけど、今回はそのままいってみた。

焼いてる最中がすごいいいにおい。
焼きあがり。

Img_0327


ホームベーカリーが復活して以来使っている外国産粉のゴールデンヨットに比べると
高さは出てないが、なかなかのふくらみ。
まぁ、材料の全量がやや少ないし、粉の特性を考えると、
これくらいで上出来なんじゃないかな。
いつもは焼いたあと冷ましていると表面がだんだん
固くなっていたのだが、
このパンの場合、焼き上がり直後は固めだったが、
荒熱がとれたころさわってみたら、しっとりやわらかくなっていた。

粉も酵母も配合も違うので、「いつものパン」との違いがどこから
くるのかはわからないけど、
とりあえず初「白神こだま酵母」はうまくいったよ。よかったー。

|

« 日曜日 | トップページ | しょうがない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日曜日 | トップページ | しょうがない »