« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007/02/28

まぁ地球製じゃないし

職場でひさしぶりにFreeBSDのインストールCDを焼く。
インクジェット対応のCD-Rに印刷できるプリンタがあるので、
FreeBSDのロゴとかのファイルはないもんかと探したら、
一昨年新しいデザインのロゴができてたことを知る。遅すぎ。
まあまあかわいいデザインなんだけど、
このツノの生え方を見ると、
手塚治虫の「W3(ワンダースリー)」に出て来た
(漫画もアニメも自分が生まれる前の作品だけど、漫画は読んだ)
地球を消滅させる反陽子爆弾を思い出すなぁ。
ふりびロゴマークのほうは多少先端がまるまってるけどね。
ユニバーサルデザインかい。

| | コメント (0)

こんな叱られはイヤだ

リクナビNEXTの「叱ってちょーだい」より

こんな回答じゃ、なんの解決にもなってないよ猪瀬センセー。
これって結局、「気のもちようでなんとかなる」って結論じゃん。

自分の身は自分で守るって部分には賛成だけど、
仮に空手習って、二段だって公言したところで、
エロオヤジはセクハラするぞ。
武道ができて毅然とした態度の女性にひたすらセクハラ
発言を繰り返すオヤジが職場にいたよ、ちょっと前まで。
会社の誰かにわかってもらおうという考えは捨てるってのも、
間違ってるよなー。
それじゃあ本人が一人で追いつめられるだけだし、
セクハラ上司の思うつぼだ。
猪瀬センセーの回答通りじゃ、このセクハラ上司は野放しで、
セクハラ訴えたほうがクビになるような腐った会社も
そのまんま。
武道を習って毅然とした態度を身につけて問題解決能力とするって、
あまりにも本質からはずれすぎてないか?
仕事してくのにしっかり心がけするってのは大事なことだと
思うんだけど、仕事上の敵対関係なんかとは違って、
セクハラは犯罪じゃん。

こんな、組織自体の問題を曖昧にしたまま精神論で片付けようとする
センセーがいろいろ手掛けた旧道路公団
今は民営化してるが、ほんとに大丈夫なのか

もし私だったら、こんな会社とっとと辞めちゃうけどね。
転職できる自信があれば。
センセーの仰せのように
「違う会社に行っても同じ目に遭う」とはまったく思えないし。

会社を辞めたくないなら、相手か自分が異動になるまで
なんとかのりきりつつ、自分で積極的によその部署へ移れるよう
社内活動する。
「仕事の敵」というにはあまりにもレベル低すぎ、この上司。
こういう輩をかわすためのエネルギーは、仕事のもっと
別のことに使いたいよ。

そもそも猪瀬センセー、会社で女性社員が上司からセクハラ受ける現状を
ほんとに知ってるのか。
私も自分の経験こそないが、上記の最近まであったセクハラとか、
もっと以前も同僚がセクハラ受けた話をリアルタイムで聞いたりしたからなー。
センセーよりは実情知ってると思うぞ。

もし、猪瀬センセーに、
職場でのセクハラじゃなくてパワーハラスメントとか、
夫婦間のDVとかモラルハラスメント(おおさっぱに言うと精神的DV)の
相談をもちかけたら、
被害者側が毅然としてれば被害に遭わないはず
という回答をくださるのだろうか。
ピントずれすぎだ。
センセーもっと勉強してください。

| | コメント (0)

2007/02/27

いちごパフェ

銀行の手続きがおわってごはん食べても、
まだ正午だった。
相方が秋葉原に行くというのでついていった。

石丸電気のクラシックのCD売ってるところで、
昔、自分で吹いてた時代の懐かしい吹奏楽曲のCDを買う。

その後、かなり昔から秋葉原にあったとおぼしきフルーツパーラーでひと休み。
いちごパフェ食べた。
あまりにいちごが大きかったので思わず撮影してしまった。

Img_0329

なんか鼻デカ写真みたいだけどふつうに撮影してます。
真上から撮ると、いちごが大きすぎて器が見えない。

7年ほど前に秋葉原の会社で働いていたときにもこのお店はあった。
その後も何回かは来ているけど、
お客に若い女子が増えたような気がするなー
というか私たちが店に入ったとき、男は相方だけだった。
駅前にビルが建って、そこのオフィスに働く女子が増えたのかねー。
平日の、遅番のランチタイムくらいの時間帯だったからか満席に
近かったが、お客は全員オフィスで働いてるっぽい女子だったよ。
私がアキバで働く女子だったころは、ランチタイムの女子の客でも
おひとりさまが多かった気がする。
時の流れを感じた。
でも、このフルーツパーラーのある一帯は、
私が働いていたころとほとんど変わってなくて、
まだまだ昭和の町並みが残っている。
いつまでもこのままで残っててほしいなあ。

| | コメント (0)

銀行に行ってきた

仕事を休んで住宅ローンの繰り上げ返済と、
固定金利特約期間が今月で終了なので、その切替えをやってきた。
とはいえ相方だけの名前で組んだローンなので、
横で見てるだけだったけど。
銀行に行ったら窓口じゃなくてPCとプリンタとスキャナとwebカメラ、
マイクとスピーカなどのついた仕切られた場所に入れられた。
どうも住宅ローン担当者はどっか違うところにいるらしい。
まぁ、住宅ローンの窓口なんていつも客がいるわけじゃないから、
専門の担当者がリモートで複数の支店とやりとりしたほうが空き時間
がなくて効率いいんだろう。
というのは理解できるが、使ってみるとシステム的にいまいち。
リモート担当者が作った書類がローカルのプリンタから出力されたりするが、
印刷中にリモート担当者が喋ったりすると、
印刷データで帯域使いきってるので、とぎれとぎれにしか聴こえない。
「印刷中は話さないでください」とこっちからお願いしたよ。
もともとの音声もよくないし、よくあるテレビ会議システムですら
ないみたい。
銀行だから、支店と中央のシステム間で専用線くらいは
はってるだろうけど、このリモート窓口はすげーインターネット
くさいんだよねー。いいのかそれで。

住宅ローンで気になるのはとにかく返済期間と毎月の返済額なので、
そのへんをさくっと計算したもの教えてもらい、
今後確実に金利が上昇するだろうことを考慮して45秒ほど相談し、
今回は金利固定期間10年を選択。
10年後に自分が何歳になってるか考えたら暗い気持ちになった。
金利が今までの倍以上なので、月々の返済額ははねあがるが、
今二人してローン引き落とし口座に入金してる額で充分払えるし。
たぶんあと1年ちょっとくらいしたら、一番低い2年固定ものの金利でも
今の10年固定ものくらいになっちゃうと思うんだよねー。
来月のローン金利が上がったら、きっと「しめしめ」と思うな私。

ところで、繰り上げ返済して支払期間を短縮したら、
残り33年だったところが、30年を切って29年半になった。
でもまだ約30年だよーん。完済したときには70近いな自分。
相方は70越えてるな。
なんとか繰り上げして、二人とも60代のうちに完済したいよな。
ホワイトカラーエグゼンプション
(またの名を労働者定額使い放題プラン
の先取りというか、がんばって働いたところで給料は1円も増えないし
(それどころか今年は定率減税廃止で実入りは減ってしまうはず)
今後給料が増える見込みもまったくないから、
あとは節約しかない。
給料手取りが今の半分だったときのことを思い出して
節約しよう。

| | コメント (0)

2007/02/21

ほんとにおならで行けたらいいな

今日帰宅してマンションに入る直前
三日月が見えたので、
家に入って大急ぎでデジカメ(サイバーショット)に
テレコンバージョンレンズをつけて、また外に出て撮影。
でも路地からだと電線が邪魔だとわかり、
マンションの階段踊り場へ上って撮影再開。

Moon


さすがにあんまり大きくは写らなかったので適当にトリミングしてみた。
ぶれ加減は、手持ちなのでこれがせいいっぱい。
カメラの液晶画面で見たときは、
三日月の内側の弧のギザギザ何?汚いなーと思っていたが、
PCで拡大してみたら、月の表面のクレーターだったよ。

| | コメント (0)

2007/02/20

おばあさんは庭へ芝刈りに

先週土曜日は家の外に一歩も出なかった。
が、庭の芝生を刈った。
かなりふさふさに伸びたまま枯れてるので、
ちょっとでも火の気があったら燃え上がりそうだし。

以前は手動芝刈り機を買ってそいつで刈っていたが、
この芝刈り機、長く伸びちゃった芝がうまく刈れない。
しかもしばらくほったらかしにしたので、使える状態に
組み立てる手順を忘れた。
てなわけで、芝刈り機だと刈れないはじっこなどの
細部調節用の芝刈りはさみで、17平米の芝生を全部刈った

実は昨年12月頃にもはさみで刈ろうとしたのだが、
そのときの芝は枯れてはいたものの、完全に乾燥してなかった
らしくて、かたくて力を入れないと切れなかったのだ。
それが今回試してみたら、じょきじょき気持ちよく切れるではないか。
切れた芝を持ち上げては生えてる芝の根元をじょきじょき、
とやっていたら、やめられない止まらない。
なんとなく羊の毛刈りを連想した。
これが楽しいということは羊の毛刈りも楽しいのかなー、自分。

しゃがみこんでずーっとじょきじょきしてるとさすがに疲れるので、
昼前に1時間半やって、休憩して午後から2時間くらい。
どうせ枯れてるんだからと思って地肌…じゃなかった地面が
見えるくらいに短く刈り込んだ。
といっても、はさみでやってるから、あちこちに長い刈り残しが出ていて、
トラ刈り状態。
まあ、これだけ刈っておけば、春に新しい芝が生えてきても大丈夫だろう。

そういえばこの冬、芝はすっかり枯れているのだが、
シロツメクサ(クローバー)はずっと緑のまま生きていた。
それどころか芝が枯れてる間に勢力拡大したような感じ。
一昨年(芝生1年目)は、春に見かけた小さいクローバーの
ひと株がいつのまにかなくなっていたので、
クローバーは芝生に負けるんだなーと思っていたのだが、
去年(芝生2年目)にいつのまにか生えてきたクローバーは
あっというまに5倍10倍の面積に広がった。
しかも冬の間も緑のまま。
このままいくと今年は芝生の半分くらいクローバーに覆われるかも。
無論、今回芝と一緒にバリバリ刈ったけど、
小さい葉っぱは残っているからあっというまに復活するだろうなー。
雑草とりと、ごくたまに芝刈りしかしてないけど
庭の情勢は毎年変わるからおもしろいな。

| | コメント (0)

2007/02/16

細く長く10年

あをなじみを2日くらい前に更新したつもりだったのだが、
更新したファイルのサイズが全部0バイトになっていて
しばらく閲覧不能だった模様。

あわててアップロードしなおしてみたが状況はかわらない。
あ、MAXファイル容量超えちゃったのか。
いらんファイルを消してからアップロードして更新成功。
なにしろ容量制限5メガバイトだからねー。

なんとか更新できて、あらためて5メガバイトの内容を見てみたら、
「あをなじみ」を開設というか初めて近況をのせてみたのが、
1997年2月。
おおお、今月10周年じゃん!
おめでとう自分。

10周年にして5メガバイトがようやくいっぱいか。
ほとんどテキストなので、字数は結構あると思う。
数えてないけど。
フロッピーディスク満杯のテキストを一人で書くのも
実は結構大変なのだ。
とはいえ、あまりにも更新されてない昔のコンテンツが
放置されてて恥ずかしいので、
コンテンツを整理して改装しよう。10周年だし
容量を気にしつつこれからも続きます。よろしく。

| | コメント (0)

2007/02/15

しょうがない

職場では2月14日の行事には参加しなかった私。
一応、連休の間に材料を買って、チョコレートを作ってみた。
できがよければ職場にもっていってみんなで食べようと思ったのだが、
見てくれがあまりよくなかったのでやめたのよー。
最後、ナイフで切りわけたら砕けちゃって。

作ったのはいうなれば「生姜チョコ」。
いわゆる生チョコに生姜のすりおろしを入れている。
切れ端あたりを自分で食べてみたら、すーっとして口どけがよく、
けっこうおいしい。材料はいいもん使ってるし(下記参照)。

表面にココアをふりかけて、見てくれをちょっとごまかしてから
相方に食べてもらったら、いきなりお茶をがぼがぼ飲み始めた。
曰く
口に入れたとたん強烈なしょうが味がして、後味はどこまでも苦い」と。
苦いのはあとからふりかけたココアのせいかと思い、
自分でも食べてみたが、甘くてすーっとして、
ココアもほろ苦い程度でおいしいぞ。
しょうが味をあまり感じないのは、私が今風邪ひいてて
鼻水出まくりだからかなあ。
ま、人によってはこれくらい激しい反応があるんだから、
うっかり職場に持って行かなくてよかったよ。

しかし、材料のチョコレートには、
作り方が掲載されてた雑誌で使っていた
「ヴァローナ カラク」(カカオ56パーセント)を探して、
富沢で売ってたので買ってきたから、間違いはないはず。
もちろん作り方通りに作ったし。
混ぜそこなって生姜が固まってたのか?

材料はまだ余っているので、相方にはまたこんど
生姜なしの生チョコを作ってあげる約束をした。

ちなみに、私はチョコレートには全然詳しくなくて、
材料を買いに行く前は
「ヴァローナ?カラク?なんじゃそりゃ」
てな感じだったが、お店でのラインナップを見て、
ヴァローナ社製のカラクという種類のスイートチョコだとわかった。
製菓用チョコとしてはけっこう有名みたい。お値段もそれなり。
たぶんそのまま食べてもおいしいと思う。
製菓の世界はまだまだ知らないことだらけだなー。

| | コメント (0)

菌かえてみました

行方不明になった羽根をとりよせて復活したうちの象印ホームベーカリーで
白神こだま酵母ドライ
を使ってパン焼いてみた。
この酵母、だいぶ以前に買ってあったんだけど一度も使ってなかった。
買った時いっしょに専用レシピの本なども購入してたので、
その本に載ってたホームベーカリー用のレシピで作ってみた。

粉(国産) 280グラム
砂糖 15グラム
塩 4グラム
バター 15グラム
水 150グラム
酵母 6グラム
酵母をとかす温水 18グラム

だいたいこんな感じ。
粉がホームベーカリー用の標準レシピとあまりかわらない分量なので
全部この本のレシピどおりにした。
粉は国産って書いてあったので家にあった「はるゆたか」を使用。
標準レシピと一番分量が異なるのは水で、標準より40グラムくらい
少ないのだが、粉も10グラム少ないし、国産小麦粉は水分が多くて
グルテンが少ないのでこんなもんでいいのかな。
温水で酵母をといてから、ホシノの種のように水に溶かして、
粉入れて、残りの材料も入れてスイッチオン。
たまに心配なときはコネまで終ったところでいったん切って、
またコネをやりなおすんだけど、今回はそのままいってみた。

焼いてる最中がすごいいいにおい。
焼きあがり。

Img_0327


ホームベーカリーが復活して以来使っている外国産粉のゴールデンヨットに比べると
高さは出てないが、なかなかのふくらみ。
まぁ、材料の全量がやや少ないし、粉の特性を考えると、
これくらいで上出来なんじゃないかな。
いつもは焼いたあと冷ましていると表面がだんだん
固くなっていたのだが、
このパンの場合、焼き上がり直後は固めだったが、
荒熱がとれたころさわってみたら、しっとりやわらかくなっていた。

粉も酵母も配合も違うので、「いつものパン」との違いがどこから
くるのかはわからないけど、
とりあえず初「白神こだま酵母」はうまくいったよ。よかったー。

| | コメント (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »