« アスパラガスを食べたらアレな件について | トップページ | 怒涛の散財 その1 »

2006/11/09

さいはての契約社員 2

シリーズ第2弾 「非正社員」について考える

コンピュータ系の技術派遣でも、
超スペシャリストは別として、時給2500円ってけっこう高いほうだと思う。
でも、これで1日8時間働いて、日給2万円。ひと月20日働くと、40万円。
けっこういい月給に見えるかもしれないが、ちゃんとした派遣ならば、
ここから所得税とか厚生年金、社会保険、雇用保険などがひかれて、
手取り33-34万くらいかなぁ。そしてボーナスなし。
派遣先がすごく忙しくて、残業しまくりだったらそこそこいい収入だけど、
時給2500円ってすごいいいじゃん!という第一印象と、
実は残業がなければ年収(税込み)500万いくかいかないかで、
すごい高給取りってわけでもないという事実との間にはけっこうギャップがある。

私の場合、新卒で入った会社以外で正社員だったときの待遇が、
月給安いのに固定給で残業代つかず、ボーナスもほとんど出ない
みたいなとこばかりだったので、
非正社員で働くようになってからのほうが、
年収も労働単価も上がったけどね。

でも、まだ技術系だからこんなこと言えるのであって、
事務系の派遣労働だと時給は1000円代がほとんど。
今は違うかもしれないけど、私がやってたとき派遣は交通費が出なかった。
自腹で定期代払って、他に家賃、食費、光熱費……と払うと、
自由に使えるお金なんてほとんど残らないんじゃないか?
ボーナスないから、月数万円お小遣いを使ったら、こつこつ貯金するのも
大変そう。親と同居ならいいけど、一人暮らしはつらい。
ましてや時給3ケタのパートとかアルバイト、あれでは少なくとも東京で
自活していくのは相当の覚悟がないと無理だろう。

晩婚化とか少子化とか言うけれど、女子は結婚したらしたで、
派遣で働いてて妊娠でもしようものなら、
産休も育休もとれないから即クビになることがほとんどだというし。
子供なんか産んでられないっつの。
別に妊娠しなくても、派遣された側になんの落度がなくても、
派遣先の都合でクビ切られることもあるし。
まったくもって企業に都合よくできている。
だからどう考えても、大多数の派遣労働者は割に合わないものだと
思わざるを得ない。

こないだwebを見てたら、たぶんコンピュータ系の仕事をしている正社員の人が、
自分の会社で事務仕事をしている派遣の女性たちの仕事ぶりが
気に食わないということを書いてるのを発見。
本人は非正規雇用が増えているという「問題」をテーマに書いてたみたいなんだけど、
事務職派遣女子は企業にいいように使われている人のひとつの典型だから、
私には、仕事やってるうちにやる気なくなる気持もよーくわかるのだ。
しかも同じ文中に、派遣の人の気に食わないエピソードとして
「社員が残業月100時間超える部署で派遣女子の空気読まない発言」
なんて書いてあるのだが、
事務職を派遣にまかせるって、企業がコストカットのためにやってるんだから、
派遣の人は仕事がいっぱいあってしかたなく残業したとしても、
後で怒られる場合だってあるんだよ!
時間外のつかない契約にしたら、時給の人には時間外出したくないからって、
周囲の人の都合悪い時間を全部私がカバーされられたこともある。

しかも、残業月平均100時間の部署なんて、所詮正社員の間違った自慢だよねー。
本人は自慢と思ってなくても、恥ずかしがらず堂々と言ってるわけだから。
いくらデスマ続きだとしても、職種の異なる派遣女子に「空気読め」と怒る前に、
会社に対して何か言えよ。

まぁ、確かに私も過去の職場で、事務派遣女子の仕事ぶりに対する批判に、
もっともだと思ったことはあるが、それは特定の個人に限っての話。
逆にバイトや派遣で働いているときに「あの正社員全然使えない」
って思ったことのほうがだんぜん多い。

派遣先企業からは使い捨て人材として扱われ、派遣会社には中間搾取されて、
その上派遣先現場の人からも「派遣の人たち」として批判されたら
会社が「誰にでもできる仕事」と認定した作業を黙々とやっている
事務職派遣の人たちだってたまったもんじゃないと思う。

でも私は、正社員になりたいですかと問われると、
今までの正社員体験が上記のごとく、
(技術的にはいろいろできてためになったが)
待遇的にはつらい思いが多かったので、
あんな条件の正社員だったら今のままのほうが全然いいや
と答えるだろう。

派遣の仕事の報酬のレベルを、せめて充分一人で暮らせる程度まで
あげるってことは、
企業が派遣やバイトや請負をコストカットの手段としてとらえている限り
無理なのかなー。

派遣労働を報酬にしろ制度にしろ、もっと働きやすい環境に引き上げて、
正社員も派遣も同じように安心して働けるようになれば、
(現状、正社員も安心はしてなさそうだけど)
理不尽な薄給でも正社員であることをありがたがる風潮がなくなって、
企業の、人を安くこき使おうという魂胆もぶっつぶせると思うのだが。
政府の施策とかも「何がなんでも正社員」って感じじゃん。
でも、待遇の悪い正社員にはならなくてもいいんじゃないの?
そんなの雇用者側の思うつぼだよなー。
あ、一行で言える。
労働市場の流動性を高めろって話なんだな。

|

« アスパラガスを食べたらアレな件について | トップページ | 怒涛の散財 その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53222/12616210

この記事へのトラックバック一覧です: さいはての契約社員 2:

» 自由度高い労働時間制 厚労省が導入案提示へ [社労士受験生のための日経新聞]
厚生労働省は10日に開く労働政策審議会(厚労相の諮問機関)で、労働時間規制を大幅に緩和する「自律的労働時間制度」について健康管理強化などを条件に導入する案を提示する。 [続きを読む]

受信: 2006/11/09 19:20

« アスパラガスを食べたらアレな件について | トップページ | 怒涛の散財 その1 »