« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006/10/23

また動物

夜、相方が帰ってきて玄関のドアが開いたのだが、
ドアを開けた手だけが見えたまま、中に入って来ない。
玄関まで行って声をかけたら、
「ねずみがいる」と言う。
ドアから顔を出してのぞくと、
玄関横にあるエアコン室外機の陰に隠れるように、
茶色い毛皮のねずみがじっとしていた。
けっこーでかい。
しっぽには毛が生えてない。
見た目、ドブネズミとかクマネズミではなく、
人を見ても逃げないでじっとしていたから、
ペットっぽいんだけど。

今回は外廊下側で発見したため、
そのままほっといて勝手にどこかへ去ってもらった。

しかし、1週間の間に猫とねずみを間近で見るとはなー。
まだほ乳類だっただけましか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/10/19

だいぶ遅くなったわけ

おとといの朝起きたら、前の晩からの腹下しが直ってないことに
気づき、薬を飲んで午前中仕事をお休みした。
3時間くらいで調子がよくなったので、もう出かけるか、
と思ったら外で猫が鳴いてる。
庭をのぞくと、2日前の夕方マンションのとなりの部屋の庭で
にゃーにゃー鳴いてたのと同じ猫が、うちの庭に置いておいた
空のプランターに入っていた。
私に気づくとさっと逃げて、フェンスの下をくぐってまたお隣の庭に。
逃げたくせに、フェンスのむこうから私を見てにゃーにゃー鳴いている。
おととい見たときは、おとなりの窓に向かって鳴いてたので、
おとなりで飼ってる猫かと思ってほっといたんだけど、
マンションでは猫も犬も室内飼いなはず。
どこかの飼い猫が間違ってマンションの庭に侵入して、
出られなくなったみたいなのだ。
マンションと外を隔てる塀をのぼることはできないが、
各住戸の庭を区切るフェンスの下はくぐれるので、
うちの庭とかさらに奥の部屋の庭とかをいったり
きたりしては、部屋の中をのぞいてにゃーにゃー鳴いている。

とりあえず捕獲しようと思ったのだが、呼んでも来ないし近付くと逃げる。
そのくせこっちを見てにゃーにゃー、私が部屋に入るとガラス戸の外まで来て、
のぞき込んではにゃーにゃー。どうせいっちゅうねん。
牛乳をやってガラス戸のそばまでおびきよせて、そっと戸を開けたら、
こんどは逃げるどころか部屋の中に入ろうとする。
あーやっぱ室内飼いされてたなこいつ。
でも私の靴下のにおいをかいではひきさがる(笑)。
ひきさがりつつも、やはり家の中に入りたいらしく、
ガラス戸付近でじっとしていたので、がしっとつかまえて、
そのまま玄関までつれて行って放してやったら、
ものすごい勢いで走ってどこかに消えていった。

こんなわけで、午後1時には出勤するつもりだったのに、
2時近くになってしまった。
猫つかまえるには、仕事して帰ってきてからじゃ暗いし、
なにより奥側隣の庭の芝生でおしっこしてるのを見てしまったので、
はやいとこ庭から出さないとウンコだってされかねない、
というかもうどこかでしたかもしれない。

翌日相方が帰宅してきたとき、マンションのそばの路地で
自分を見てにゃーにゃー鳴いているしっぽのふわふわした猫を
目撃したとのこと。
結局お家に帰れなかったのね。
でもうちの近所は猫の面倒を見る人にはことかかないから、
地域猫として定着しちゃうかもね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/10

連休のシメがこれか

一部既報だが、
体育の日の夜に自宅で足の裏を怪我した。
たぶん、缶のふたかなんかを踏んだと思われる。
最初はひっかいただけだと思っていたのだが、
5秒後くらいに床を見たら血がついていた。ぎょえー。
足の裏ってたぶん体の中で一番血圧が高いので、
たいした傷じゃなくてもすごい血が出るんだよね。
あわてて足の裏を見たらもう血まみれで
傷の大きさがわからないので、
台所から洗面所まで片足とびで移動して、
傷口をひたすら水洗い。
傷口は5センチくらいあった。
これでは家にある絆創膏じゃ手当てできない。
洗面所から匍匐前進(歩くと傷口も床も汚れるし)して
寝ていた相方を起こして、ガーゼとかヨーチンとか
買ってきてもらい、手当てしてもらった。

結局傷の深さはたいしたことなかったようだ。
ヨーチン塗ってもらったころには、血もかたまりかけてたし。
問題は治るまでお風呂に入りにくいことだな。

通勤中に足の親指の爪が割れてはがれたり、
古くは小学生の頃、折れた針が足にささって
手術でとってもらったりしたことがあるので、
「足の裏の傷は縫わない」という事実と、
「足を怪我するとお風呂が大変」なことは
身にしみてわかっている。
慣れているといってもいいくらいだ。とほほ。
うっかりへんなもの踏まないように
部屋をきれいにしないとなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地元商店街でお買い物

前々から買おうと思っていたけどついに買いました、
HDD/DVDレコーダー。
地デジチューナーとかついてない
ハードディスク容量200GBのソニーの「スゴ録」
39800円でしたー。
もっと安く買える店もあったかもしれないけど、
買ってから家に持ち帰るまで10分くらいの近所だからってことで、
阿佐ヶ谷パールセンターにあるソニーショップ、AVICで買った。

いままでビデオテープをとっかえひっかえして
録画していたものを、まとめてとっておけるのは便利だなーやっぱり。
しかし、録画予約作業自体はビデオ時代とかわらない。
EPG(番組表)とれるんだけど、番組表が出て来るチャンネルの
番組はほとんど録画しないから。
ケーブルTVでやってるCSのチャンネルとか、
地上波だけどUHF局(tvkとかMXとか)なんだよねー。
全部自分で入力して予約。

私がスゴ録を買って来たのを見て買物心を刺激されたのか、
相方が自室のテレビを買い替えたいと言い出した。
32インチワイド、ソニーのBRAVIA(ただし型落ち)をお持ち帰り。
こんな大きなものを持って帰ってきたってことはつまり、
同じ店で買ったということね。

品揃えが豊富とまでは言えないまでもそこそこだし、
通常(手ぶらの場合)徒歩5分くらいの距離にあるため、
電車では持ち帰れないものも持ち帰ってすぐに使えるので、
買ったらすぐに使いたい私達のような人間には
それなりに便利なお店なのだ。
セール品ならそれなりに安いし。
しかし、ソニー系列の店なので、勢いソニー製品が
増えてしまうんだよな。

地上波アナログ放送+ビデオデッキだったのが、
2日のうちにDVDレコーダーとデジタル放送も観られるように
なってしまった。

あれから1週間、テープとっかえひっかえの手間は消えたが、
ビデオと違って録画したものの簡単な編集が可能なゆえに、
気がつくと、来る日も来る日も手作業でCMカットとかしている。
だって「saku saku」なんて、
録画しっぱなしだとファイルサイズが1回1Gなんだけど、
CMカットするとちょうど単層のDVD-R(4.7GB)に
1週間分(5回)入るようになるんだもんなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »